閉店・移転、情報の修正などの報告

嘉義と言えば雞肉飯ですが、それだけじゃありません!夜市に来ればびっくり!

こんにちは、台北ナビです。
地方の夜市は、その土地ごとの特色を持ちますが、嘉義も美食の宝庫でした。
こちらの文化路夜市は、台鉄「嘉義」駅から徒歩15分くらいのところにあります。スタート地点は中山路と文化路のちょうど噴水のあるところとしましょう。ここから垂楊路の文化公園までの約900mで、毎晩17時くらいから深夜零時までにぎわっています。19:00~23:00は歩行者専用通りとなり、台湾十大夜市の一つでかつ嘉義新八景の一つとも言われています。
このロータリーから入ります

このロータリーから入ります


文化路は昔から各種の商店が発達してきた通りです。日中は一般車道で、夕方になるとぼちぼち人並みが増えてきて、歩行者のみの時間帯になったら…、それはそれは特に週末はすごい人込みで、人気のある店や屋台には、お約束のようにあっという間に行列が出来上がります。

その中でも行列必須、行かなきゃ!の5軒を中心にご紹介しましょう。

若い子たちが多い夜市だと思いました!

若い子たちが多い夜市だと思いました!

厳選の店は?


林聰明沙鍋魚頭
さて、冒頭から一番混んでいる店のご紹介。文化路からちょっと左に入ります。夜市へ来たらまず最初にここへ来て、番号を確認してから他のところを回って戻ってくるというのも夜市を効率よく回る一つの手ですね。この日ナビが取った番号は、297番。そして、電光掲示板は210番。それでも食べる?と一瞬ひるみましたが、意外と進むのが早そうとわかり、ここで待つことにしました。待つこと約40分…。台湾ではおいしい物には皆行列ですから右に倣え、です。ここまで来たからには名物を食べずして後戻りはできません。
ナビたちが注文したのは、沙鍋菜+魚肉(1人分)、青菜拼盤、火雞肉飯の3種。魚頭は3人分からなので、2人にはちょっと多いかなと魚肉にしました。感想は沙鍋菜+魚肉は、スープが絶妙においしかったです。沙茶醤の辛味と甘味が混じり、これは飽きません。魚肉はナビ友によると普通においしい。青菜拼盤は、このきれいな色を見てのとおり新鮮、美味。ニンニクソースにつけていただきます。火雞肉飯は、ナビは某人気の店の方が好きでしたが、ご飯にかかるタレはおいしかったですね。回転が速い=サービスもテキパキ=トイレがきれいでした。
★台湾人に人気のメニュー︰沙鍋魚頭、冬菜蝦仁蛋、火雞肉飯
住所︰中正路361号 電話︰(05)2270-661 営業時間︰16:00~22:00


豆奶攤
嘉義人の深夜食堂と言われる豆奶攤。店の営業時間が他の店と全然違います。なんと19:00~翌日12:00!
初めてここへ来たときは夕方で、まだ空いていませんでした…。販売しているのは、確かに朝ごはんメニューがほとんどです。でもお客さんたちは晩御飯として朝ごはんメニューを美味しそうにいただいています。ナビたちも看板メニューの刈包、法式土司、鮪魚(ツナ)蛋餅、そして、米漿を注文しました。最初に鮪魚(ツナ)蛋餅。う、うまい!冗談抜きで驚きでした。米漿も今まで飲んだ味と全然違います!刈包は、痩肉だけど脂身もちょっと多かったのでその部分は外しましたが、酸菜等との相性もよく高得点。法式土司は、甘いのかと思っていたら、目玉焼き、ハム、野菜、肉鬆が入り、微かに甘みもありますが、ナビは好きな味でした。どの夜市を探しても未だこのような店には出会ったことがありません。文化路夜市に来たら、ぜひまた寄ってみたい店の一つになりました!
★台湾人に人気のメニュー:豆漿牛奶、土司夾蛋、培根蛋、芋頭饅頭
豆奶攤
住所︰文化路103号(郭家粿仔湯雞肉飯の向かい) 営業時間︰19:00~翌日12:00


郭家粿仔湯雞肉飯
さて、お向かいも豆奶攤に負けないくらいの人込みです。
ここの看板は、粿仔湯。ニラ、モツ、豬血、酸菜、粿仔が入っています。粿仔は、タロ芋を米粉で固めたもの。弾力があり、食材全部、食感の楽しさもあります。もしスープだけをいただきたかったら、「清粿湯」という選択もあるそうです。いろんなものが凝縮された味をスープで楽しむのもいいですね。
雞肉飯は、各店によって様々ですが、こちらのものおいしかったです。やはりタレですね。香りもいいです。あっという間にかきこんでしまいます。
郭家に来たら粿仔湯と雞肉飯の組み合わせは必須だそうですよ。
★台湾人に人気のメニュー︰粿仔湯、雞肉飯、糯米大腸

郭家粿仔湯雞肉飯
住所︰文化路148号(豆奶攤向かい) 営業時間︰9:00~15:00、17:00~翌朝5:00


郵便局前が、夜は様変わり

郵便局前が、夜は様変わり


屋外の夜間食堂!
郵便局の前は、毎晩テーブルと椅子が並べられ、屋外食堂に変身します。
郵便局前には、「江味軒日本料理」という文化路で有名な屋台があるのですが、このテーブルで食べている人たちの多くもどうやらこちらの寿司や刺身を食べている模様。嘉義はシーフードもおいしいので、こちらも期待できますね。次回はナビもここで食べよう!と思いました。

他にも郵便局前で、以下が人気でした。
方櫃仔魯味(鹽水雞)
住所︰文化路の郵便局前 電話︰0918-420021 営業時間︰15:30~深夜24:30(売り切れまで) ★台湾人に人気のメニュー︰鹽水雞、雞胗、雞腸、大腸、青菜
こちらが人気の寿司!

こちらが人気の寿司!

魯味もいつも行列!!

魯味もいつも行列!!

郵便局のあたりは夜市の真ん中で、一番にぎやかです 郵便局のあたりは夜市の真ん中で、一番にぎやかです
郵便局のあたりは夜市の真ん中で、一番にぎやかです 郵便局のあたりは夜市の真ん中で、一番にぎやかです
郵便局のあたりは夜市の真ん中で、一番にぎやかです 郵便局のあたりは夜市の真ん中で、一番にぎやかです

郵便局のあたりは夜市の真ん中で、一番にぎやかです


阿娥豆花
文化路夜市の美食の中で、食べなきゃいけないリストの上位に入っているのが、「阿娥豆花」。夜市に来たらスイーツも必須アイテムですよね。ナビは花生豆花豆漿(30元)をオーダーしました。お碗に入った豆花を覆うスープはいわゆる砂糖水ではなく「豆漿」。ほのかに豆の香りもし、ツルッといただくことができます。よく煮込まれた落花生も柔らかく、体にいいものを食べてる感。
ここで通の人は油條も注文。豆漿に浸しながらいただきます。文化路夜市のスイーツはここに決まりですね。
★台湾人に人気のメニュー︰花生豆花、粉圓豆花(記得要+油條喲)

阿娥豆花
住所:文化路と延平街の交差点(麥克龍の斜め向かい)
営業時間︰14:30~深夜1:00 (火曜日休み)(売り切れまで)



阿岸米糕
さて、文化路のにぎやかなエリアを歩ききったら、民族路で左に曲がりましょう。人混みが見えてきたなと思ったら、長糯米で作った鹹米糕の店「阿岸米糕」です。上に乗っかっている肉燥は、干しエビと台湾エシャロットの香りもよく、味が十分しみ込んでいてうまい。味は濃いめなので、このスープがよく合います。糯米もおいしい。これで小さいサイズが25元なんて。甜辣醬をかけてもおいしいそうですが、ナビはこのままで十分でした。卵もおいしく、一個10元。貢丸は5元で、貢丸湯(団子スープ)はなんと10元。幸せな気分になれます。
★台湾人に人気のメニュー︰鹹米糕、魷魚盤
阿岸米糕
住所︰民族路420号 電話︰(05)225-9359  営業時間︰17:00~深夜1:00(売り切れまで)

文化路夜市のすぐ近く


噴水雞肉飯(圓環總店)

嘉義で一番有名な店「噴水雞肉飯」は、駅から文化路に向かう途中にあります。

住所︰中山路325号 電話︰(05)2222-433 営業時間︰10:00~21:00
◆人気メニュー︰火雞肉飯、紅槽肉

源興御香屋(噴水火雞肉飯の隣)

ジューススタンドですが、いつも長蛇の列。ナビ、オーダーしてませんが、パパイヤミルクとかがおいしいそうです。
住所︰中山路321号 電話︰(05)2253-828、(05)2287-886 営業時間︰8:30~22:00(週末10:00~) ◆人気メニュー︰葡萄柚綠茶

記事登録日:2016-05-17

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-05-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

嘉義名物って……豆花?

嘉義名物って……豆花?

嘉義文化夜市の大人気店!