スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


噴水鶏肉飯(嘉義市)

噴水雞肉飯

閉店・移転、情報の修正などの報告

嘉義に来たらコレ食べなきゃ!な「雞肉飯」を考案した元祖店



こんにちは、台北ナビです。今回は映画「KANO」上映後、観光に訪れる人が増えたという嘉義にやってきました。嘉義にやってきたら食べたいもの、それは…「雞肉飯」ですよね!そんなマストofマスト食べグルメ「雞肉飯」を考案したという「噴水雞肉飯」をレポートしたいと思います。
食器もオリジナルでかわゆし~☆

食器もオリジナルでかわゆし~☆

エビもぷりっぷりですよ~

エビもぷりっぷりですよ~

偶然の賜物だった!

現在使用する七面鳥は雲林の「北港」と台南から仕入れています

現在使用する七面鳥は雲林の「北港」と台南から仕入れています

「雞肉飯」発祥店といわれる「噴水雞肉飯」。なぜ嘉義だったのか、なぜ雞肉飯といいながら、七面鳥(火雞)を使用しているのか…などなど、ナビの疑問を2代目にぶつけてみました!
2015年取材時、73歳という元気な2代目

2015年取材時、73歳という元気な2代目

1943年(昭和18年)開業ですが、元々は魯肉飯を販売していました。この頃はすでに太平洋戦争が始まっており、物資も足りないような時代。魯肉飯は豚肉を煮込んで作りますが、配給制となっていたため、豚肉はお金を払っても買えず、服などと物々交換しなくてはならない状況でした。ある旧正月、「七面鳥」が配給され、余った七面鳥の肉に魯肉飯のタレをかけてみたら、口当たりが良く、おいしかったので、戦後になって「雞肉飯」を売り出したというのが「雞肉飯」の由来。その時代、鶏肉よりも安価に手に入ったのが「七面鳥」だったそうですよ。ナビ思うんです。配給が「鶏肉」だったならば、あのさっぱりヘルシーなのにしっとりとしていて旨味の詰まった「火雞飯(七面鳥を使用した雞肉飯)」は生まれていなかったと。偶然の賜物だったのですね!
2014年、3000人前のビッグ雞肉飯を作りギネスの認定を受けた際に、嘉義市政府から感謝状が送られました

2014年、3000人前のビッグ雞肉飯を作りギネスの認定を受けた際に、嘉義市政府から感謝状が送られました

油、たまねぎなどを24時間煮込んで作ったタレ

油、たまねぎなどを24時間煮込んで作ったタレ

噴水の近くだから「噴水雞肉飯」

台鉄「嘉義」駅から徒歩10分の場所にある「噴水雞肉飯」本店。嘉義噴水のすぐ近くにあるので、道に迷うこともないでしょう。真っ赤な看板に鶏のイラスト、これを目印にしてみましょう。
ド派手な看板 ド派手な看板

ド派手な看板

名前の由来となった噴水

名前の由来となった噴水



屋台から始まった「噴水雞肉飯」。その時代から噴水の近くにあったことからこの名前がつけられました。その後、竹製→木製のお店になりましたが、1964年白河地震が発生した際、嘉義市内も火災に巻き込まれ、こちらも焼失してしまいました。その後は今のように立派な鉄筋コンクリート作り!間口は小さいお店ですが、奥に長くなっていて、70席ほどあります。
本店ではスタッフがフル回転!

本店ではスタッフがフル回転!



研究を重ねてその品質を向上させ、保ってきた老舗。リピーターはもちろん旅行者が増えているため、本店だけでは手狭になったため、現在は本店と支店あわせて6店舗に拡大しました。本店は2代目が、支店は3代目が管理しています。しかし、品質確保のため今後店舗の再度拡大は考えていないそうで、本場老舗の「雞肉飯」を食べるなら嘉義まで来ないといけないのです!
忠孝店の様子 忠孝店の様子

忠孝店の様子

雞肉飯御殿?

ご立派!!

ご立派!!


というわけで、今回は旗艦店と位置づけられる「忠孝店」へ移動し、お料理の数々をいただきました。お店到着後、腰が抜けてしまうかと思いました。なんせ、想像以上にデッカイ!嘉義市を南北に走る主要道路の「忠孝路」沿いにど~んと作っちゃいました。なんと土地代とお店建築費あわせて2億元!!雞肉飯を売ってこんな御殿を作ってしまうとは…恐るべし、雞肉飯。
お昼を過ぎたのに、まだまだお客さんでいっぱいでした

お昼を過ぎたのに、まだまだお客さんでいっぱいでした

窓際は2~4人使用に

窓際は2~4人使用に

オリジナルロゴがかわいい看板!これで遠くからでもすぐ見つかります

オリジナルロゴがかわいい看板!これで遠くからでもすぐ見つかります

ド派手はここにも♪

ド派手はここにも♪

「忠孝店」は観光スポットの「檜意森活村」「北門駅」などからも近いので、この近くで雞肉飯を食べたくなったらこちらへ♪ 「忠孝店」は観光スポットの「檜意森活村」「北門駅」などからも近いので、この近くで雞肉飯を食べたくなったらこちらへ♪

「忠孝店」は観光スポットの「檜意森活村」「北門駅」などからも近いので、この近くで雞肉飯を食べたくなったらこちらへ♪

それではお待ちかねの実食☆

雞片飯55元

雞肉飯にして一番おいしいと言われるのが七面鳥のモモ肉の部分。そのモモ肉のみを使用しているのが「雞片飯」です。イメージしている「雞肉飯」より立派な鶏肉が乗っていてビックリ!ジューシーなモモ肉とタレを吸った白ご飯の見事なコンビネーション♪見た目以上にあっさりしているためか、あっという間に完食です。
小雅店で食べた際の写真です

小雅店で食べた際の写真です



胸肉も混ぜたもう少しさっぱりしているのが「雞絲飯45元」。他のお店で「雞肉飯」として売られているのはこのタイプです。他のお店と食べ比べするなら、「雞絲飯」を試してみてください!

旗艦店である忠孝店と小雅店では、団体客の方にも対応するため、予め桌菜メニューもあります。

1テーブル2500元
例)「蒜泥鮮蚵」「山野過貓」「酥炸鮮蚵卷・蝦卷」「私房豆腐」「綜合沙拉」「鮮炒干貝」「蒲燒鰻魚」「季節鮮蔬」「金針丸仔湯」「雞片飯」「季節水果」などの8種のお料理(小菜)+スープ+雞片飯+フルーツのセットです
私房豆腐

私房豆腐

甜不辣&紅糟肉(小80元、中130元、大180元)

甜不辣&紅糟肉(小80元、中130元、大180元)

綜合沙拉(小80元、中130元、大180元)は…

綜合沙拉(小80元、中130元、大180元)は…

台湾マヨネーズでいただきましょう♪

台湾マヨネーズでいただきましょう♪

甘~い台湾タケノコには台湾マヨネーズが合う~☆

甘~い台湾タケノコには台湾マヨネーズが合う~☆

プリップリのえびちゃん

プリップリのえびちゃん

香菇膠凍(しいたけジェリー)は日本ではなかなか食べられませんよ~

香菇膠凍(しいたけジェリー)は日本ではなかなか食べられませんよ~



ローカル感を楽しめる「本店」、でっかい店内でゆったりと味わえる旗艦店。あなたはどちらで食べますか??

以上、噴水近くの人気ドリンク店「御香屋」でドリンクを買い、雞肉飯と一緒に飲みたいナビがお届けしました。

記事登録日:2015-09-22

ページTOPへ▲

関連タグ: 雞肉飯 鶏肉飯 嘉義 噴水

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-09-22

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

やさしい味のB級グルメ“雞肉飯”

やさしい味のB級グルメ“雞肉飯”

@嘉義・噴水雞肉飯・小雅店