タイムトラベル、大稲埕歴史の旅

閉店・移転、情報の修正などの報告

新旧が入り混じる台北の下町、⼤稲埕を歩いて町の魅力や歴史に触れよう!


新しいものと古いものが共存する都市台北。今を旅しながらも、過去を歩くことができる不思議な魅力がいっぱいです。台北人を支えてきた民間信仰と、台北の商業発展のエンジンとなって発展した大稲埕を巡る旅に出かけましょう。

旅は孔子廟と台北の文化遺産として有名な大龍峒保安宮からスタート。常に前進し続ける台北人の心の世界をのぞけます。

近代台北の商業発展を常にリードしてきた大稲埕は、台北人の生活必需品を提供しながらも、全世界に多くの商品を発信してきた商人の街です。あなたを待っているのは、伝統的な漢方薬剤の店、色彩の永楽布市場、台湾の伝統的食材たち、百年の年月を超越し伝統製法を伝えてきた製茶工場などなど。

ただ古いものを守るだけでなく、新しいものに変えていく台湾人の絶え間ない努力にも驚かされるでしょう。シルクスクリーンによる手芸体験、あなただけの特製のグッズとの出合いがあります。

タイムトラベル、大稲埕歴史の旅は、あなたを台北の昔と今をつなぐ旅、そして現在と未来をつなぐ旅へといざないます。

ツアーデータ

ツアー名:タイムトラベル、⼤稲埕歴史の旅

集合時間:9:30
集合場所:MRT「圓山」駅 出口2
所要時間:6時間30分
解散場所:MRT「北門」駅
催行人数:4~14名様

旅行条件に含まれるものは以下の通りです。
随行ガイド、大稲埕の手芸体験費用、昼食代、ツアーに関する旅行保険

ツアースケジュール

09:00 MRT「圓山」駅出口2にて集合
10:00 学問の神様・孔子廟を参観
11:00 アジア太平洋文化資産保存賞受賞の大龍峒保安宮を見学
12:00 昼食
13:00 大稲埕・迪化街を周遊 (近代台北の商業発展の中心地)
14:00 霞海城隍廟(縁結びの神様)
14:30 永楽布業商場、大稲埕で手芸体験
15:00 家族経営の製茶工場を見学
16:00 MRT「北門」駅にて解散

(休業日や天候不良、不測の事態が生じた場合、ルートやスケジュールが変更になることがあります)

オススメポイント


【台北市孔子廟】

思想家、教育家で儒教の創始者、孔子を祀った孔子廟は1879年に建立された由緒正しき学問の神様。毎年9月28日の孔子の誕生日には盛大な儀式が行われることで知られています。


【大龍峒保安宮】

こちらは主神に「医学の神様」保生大帝を祀った寺廟ですが、台湾の寺廟らしく、子宝・安産・航海・学問・商売・財運などなどさまざまな副神も祀られています。建立は1742年。2003年にユネスコ「アジア太平洋文化資産保存賞」を受賞しています。

【大稲埕】

清の時代から日本統治時代にかけて樟脳や茶葉の集散地として栄えた大稲埕エリアは台北地区の経済発展の牽引役でした。中でも南北を貫く迪化街は現在も漢方、乾物、布問屋街が立ち並ぶほか、お洒落な雑貨を扱うショップやカフェなども増え、日本人観光客に大人気のエリアになっています。


【霞海城隍廟】

城隍廟とは都市の神様「城隍爺」が祀られている廟のことですが、合祀されている縁結びの神様「月下老人」が特に有名です。また、「城隍夫人」へのお参りをすると、夫婦円満につながるといわれています。

【永楽布業市場】

元々は日本統治時代に建設された市場で、次第に布を扱うお店が増え、戦後には台湾最大規模の布市場として成長しました。日本ではなかなか手に入らない柄や模様の布がたくさんあり、手芸好きの人にお勧めのスポットです。

注意事項

※当ツアー最少催行人員は4名様となっています。参加者が少なく催行できない場合は事前にお知らせしますが、英語ツアーと合同で最少催行人数に達する場合は、合同ツアーの催行をお知らせします。それでも催行できない場合は、返金対応いたします。

※また、強制ではありませんが、もしガイドのサービスに満足いただけた場合は、励みとなりますのでお心付けをいただけますと幸いです。

主催会社:My Taiwan Tour

記事登録日:2018-11-27

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2018-11-27

利用日
大人 子供