清境農場ガーデン民宿2泊と「星・月・太陽」ツアー

閉店・移転、情報の修正などの報告

きもちのいい高原のの民宿泊。東南アジア最高の道路から無理せず見れるご来光。お料理もエコ体験もまってます!

ツアー内容概要



●清境農場近くにある「明琴清境荘園」に宿泊し、民宿主催の楽しいツアーなどに参加できるお得なセットプランです。

●超オススメの「星・月・太陽」ツアーは2泊のコースに参加される方のみ体験できます。

●2名様以上から参加できます。上記に表示されている値段はおひとり様の料金となります。お気を付け下さい。

2泊プラン

2泊3日プランに含まれるもの

◎高鉄「台中」駅~「明琴清境荘園」往復送迎サービス(高鉄台中駅以外の場所は別途料金が発生いたします)
※高鉄「台中」駅出発時間:9:30、12:40、14:30、17:00

◎「明琴清境荘園」レイクビューツインルーム宿泊料(2名様1部屋)

◎朝食2日分

◎夕食は12%オフでご提供
※その他サービス料10%がかかります
【1日目】

◎「明琴清境荘園」~清境遊客中心商圈の往復送迎サービス(小瑞花園入場券もプレゼント!)



【2日目】

◎「星・月・太陽」ツアー(合歡山日の出ツアー)
※2日目の朝に出発します。季節により出発時間は変更になりますが、朝3:30~4:00の間に出発となります。
※雨天の場合は申し訳ざいませんが、「明琴清境荘園」アフタヌーンティーへ変更とさせていただきます。

◎「明琴清境荘園」~青青草原(清境農場)の往復送迎サービス(入場券付き!!)

最高の日の出があなたを待っています!

最高の日の出があなたを待っています!

ハイジ気分になれちゃう「清境農場」の入場券付き!

ハイジ気分になれちゃう「清境農場」の入場券付き!

【3日目】

◎オーナーによる園内ガイド
※朝8:00~9:00の1時間行われます
ハーブのこといっぱい知れちゃいます ハーブのこといっぱい知れちゃいます

ハーブのこといっぱい知れちゃいます

ナビ、体験してきちゃいました!

こんにちは、台北ナビです。
今回はなんと南投県は清境農場にあるステキな民宿「明琴清境荘園」にきています。清境農場附近は台湾のスイスともいわれる有名な避暑地。こちらの民宿では清境の魅力をぞんぶんに味わえるツアーがあるときいて参加してきました!

まずは民宿へGO!

清境へは以前は台中から南投県に入り、さらに埔里~霧社~清境農場へと公共バスを乗り継いでしか行けませんでしたが、こちらの民宿の直通送迎車を利用すれば高鉄(新幹線)「台中」駅から約80分、台中空港からでも約90分という短さで到着。午後に台北を出発しても余裕で到着できるようになりました。
高鉄「台中」駅出口7から送迎車に 

高鉄「台中」駅出口7から送迎車に 

高速道路と国道を乗り継いで90分!

高速道路と国道を乗り継いで90分!

着きました~!車を降りたとたん、気候の心地よさにびっくり!台北や台中とはぜんぜん違います。温暖化のせいか年々厳しくなる台湾の夏の暑さにメゲてしまいそうだったナビ、ここにきて生き返った気分になりました。テラスに出てみれば眼前に中央山脈の3000mを越える山々が見えます。遠くに見えるのが埔里の市街地。文句なしの絶景です。1日目夜はとりあえずこちらのレストランで夕食。民宿で作る自慢の野菜と新鮮な山の幸をいただきま~す!

お目当てのツアーは

台湾で日の出といえば有名なのは阿里山ですが、南投県の合歓山でも大変美しい日の出を見ることができます。実は清境農場の先にある合歓山の位置は中部横貫公路沿い。ということは車でも行けちゃうんですねー。合歓山まで車で1時間程度という清境農場の民宿ならではのツアー。お年寄りからお子様まで、手軽に楽しめる3000m級高山での日の出鑑賞なのです。
今回のツアー車

今回のツアー車

これは車に準備してある人数分の防寒着

これは車に準備してある人数分の防寒着


超早朝の出発と知りつつ、興奮してなかなか眠れなかったナビ、モーニングコールに起こされました。早朝3時。そとは真っ暗です。夏場で日の出が早いため、3時25分に民宿を出発。ドライバーさんによると、こちらの民宿から合歓山まで、片道約50分だそう。山頂は低温になるため上着は必須だそうです・・・が!前日30℃をかるく越える台中の暑さを経験しているナビ、ちょっと懐疑的・・・いくら山の上でも台湾の6月ですよ~!そんなに寒くはないでしょう???

 ◇明琴清境荘園 出発時刻

       夏場  3時30分前後
       冬場  4時30分前後

南投県の仁愛郷(旧名:霧社)から合歓山を通り花連の太魯閣渓谷へ出るルート、正式には「中部横貫公路霧社支線」といいます。道幅が狭いところがあるため、路線バスや遊覧バスなどの大型車がいけるのは清境農場の先の松崗とか翠峰まで。でも7人乗りのバンやマイクロバスまでならOK。そして冬場は降雪のためチェーン規制がでることもあるんだそう。台湾で確実に積雪するのは玉山とこの合歓山だけで、雪がつもった日は山の駐車場で車にちっちゃい雪だるまを飾って大喜びの様子がよくテレビに出るんです!清境農場や合歓山は夏も冬も人気の観光スポットなんですねー。 

台湾一高い7-11で朝食を調達

清境農場地域のいちばん端にある7-11富嘉店は台湾で最も高い位置にある店舗。もう標高2000mを越えています。ツアーはここでちょっとした食べ物や暖かい飲み物を購入。ナビは茶タマゴとミルク。もちろん暖めてもらいました。帰りは8時ごろまでに民宿に帰り着く予定なので、モーニングには間にあうという算段。おいしい朝食に期待して食欲セーブのナビです。
明るくなってやっとキャベツだと分かりました

明るくなってやっとキャベツだと分かりました


このあと合歓山への登り道、ときおり出会う唯一の対向車は高山野菜を積んだトラックだけ。都市の朝市に間に合うように深夜に摘み取りした合歓山附近の農家の野菜です。周囲は明かりひとつ無い人里離れた高地、お月様だけが照らしています。こんな高山でも人の営みはあるんですね~。なんとなく感動してしまいました。

日の出を待ちます

ずんずんと登って、ナビたちの乗ったバンはかなり高度があがってきました。この道は合歓山の稜線に沿って進むため、奇莱山峰の方角からきれいな日の出が望めるところが何カ所かあるそうです。
この日のドライバー、小真(シャオゼン)さん

この日のドライバー、小真(シャオゼン)さん



ドライバーは当日の雲の状態により、一番よく見える場所をドライバー同士の無線でさがしてくれます。この日はとりあえず一番大きい展望台がある合歓山遊客中心に行ってみました。
車から降りるとあまりの寒さにびっくり。風もあってまるで日本の真冬なみです!あわてて車の防寒衣を着用。きゃ~、遊客中心の電光掲示板の温度はなんと5.7℃!それでもアジアからのお客さんなのか、展望台には半そでの人たちもいました。早く防寒衣を着ないと風邪ひきますよ~!(ナビ)
防寒着で待ちますが・・・

防寒着で待ちますが・・・

うーん、雲が低いですねー

うーん、雲が低いですねー

「よしっ!」っとシャオゼンさんが、無線をとりあげ確認。もう少し先の石門山の道路沿いに行ってみることになりました。少し下り坂です。ちなみに石門山は子どもでも登頂できる3000m級の山として有名なのだとか。道路わきからゆるやかな登山道が出ていて、30分たらずで山頂に着けるそうです。さて、見晴らしのいいカーブに到着。こんどこそ、日の出が見えますように~。

日の出?雲?UFO?

シャオゼンさんによるとほんとうのご来光のシャッターチャンスは数秒ということなので、ずーっとカメラを構えて待つナビ。やはり雲がかかってますねー。日の出時間になってしまったのか、雲が赤く染まりだしました。わぁー、高山の朝焼け雲ってとってもきれい!これだけでも来たかいはありました。今日のご来光はあきらめるしかありません…と、ナビ、あかね色の雲の中に奇妙に光るよっつの点を発見! 

こ、これはもしかしてUFOでは?もしかしたら劇的写真をゲット??? でも周囲の人たちにはさわぐ様子なし…あれー??ずーっと見ていたら全然動かないし、そのうちぼやけて消えてしまいました。ナビが見たのはどうやら小さい雲の反射だったようです。残念!スクープかと思ってドキドキしましたー(^^;
ね、UFOっぽいでしょう?

ね、UFOっぽいでしょう?

いちばんご来光らしい一枚

いちばんご来光らしい一枚

さて、なんとか自分なりのご来光を撮ったナビ。白々と明け始めた周囲の様子にやっと気づきました。来る時は見えなかった合歓山からの眺望がすごくきれい!いいですねー。ぐるっと見渡すと西の山際にはくっきりと朝の月が。月と太陽が同時に出ているんです!実は「星・月・太陽」というのがこのツアーの正式名で、来る途中で星が美しく出ていれば、停まって満天の星を鑑賞させてくれるのだそう。南十字星、まだ実際にみたことのないナビ。雲さえなければ…これはもう一度チャレンジするしかない?

帰りはゆっくり自然鑑賞をしながら

いやー、こんな道をのぼってきたんですね いやー、こんな道をのぼってきたんですね

いやー、こんな道をのぼってきたんですね

「じゃ、そろそろいきましょうか、人がいないうちに。」とシャオゼンさん。どこへ?着いたのは中部横貫公路最高地点「武嶺」の記念碑。来る時はまったくわかりせんでしたが、ここからの眺めも最高。そうこうするうちにまたお客さんが集まってきました。武嶺は東南アジアの道路の最高点でもあります。
ここで記念写真をとらないでどこで撮るんです! ここで記念写真をとらないでどこで撮るんです!

ここで記念写真をとらないでどこで撮るんです!

次は「昆陽」。この地点からタロコ国家公園内に入っているんですねー。ここで植物にもくわしいシャオゼンさんの解説。「山は土がすくないので、限られた植物しかはえないんです。これは剣竹。」「食べられますか?」(ナビ)「う~ん、タケノコはでるけど食べられる部分はほんの先っぽだから誰もとらない。」すいません、何でも食べたがるナビでした。
「あれは雪松。あれは鉄杉。日本時代、台湾の木がたくさん切られて日本へ送られたんだけど鉄杉だけはあんまり堅くて切れないから難を逃れたんです。」「そうなんですかー。」

斜面ところどころのピンクは春の終わりの高山紅毛つつじ。葉っぱにうぶ毛がはえてました。6月~8月には台湾百合が白く可憐な花をつけるそうです。それも見てみたいですねー。

着きましたー。朝ごはーん!

モーニングがまってます! モーニングがまってます!

モーニングがまってます!

民宿に戻ったナビ、ちょっとぼーっとしてますが、おいしいと評判のモーニングははずせません。こだわりの豆乳や新鮮なフルーツジュースに生き返ります(^^)。そしてしっかり食べたらお部屋にもどって睡眠補給! というのは、このツアー、なんと清境農場の入場券もついているんです。午後まで眠ったら好きな時間に送迎をお願いして清境農場をゆっくり見てまわる予定。2泊だからこそできる余裕のスケジュール、すてきな民宿と高地のよさがいっぱい味わえるフリー度のたかいツアーです。

以上、台北ナビでした。
清境農場まっててねー 清境農場まっててねー

清境農場まっててねー

1泊プラン

1泊2日プランに含まれるもの

◎高鉄「台中」駅~「明琴清境荘園」往復送迎サービス(高鉄台中駅以外の場所は別途料金が発生いたします)
※高鉄「台中」駅出発時間:9:30、12:40、14:30、17:00

◎「明琴清境荘園」レイクビューツインルーム宿泊料(2名様1部屋)

◎「明琴清境荘園」~青青草原(清境農場)の往復送迎サービス(入場券付き!!)

◎「明琴清境荘園」~清境遊客中心商圈の往復送迎サービス(小瑞花園入場券は含みません)

◎オーナーによる園内ガイド

◎朝食1日分

◎夕食は12%オフでご提供

記事登録日:2015-08-31

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-08-31

スポット更新日:2016-05-18

利用日
大人 子供

関連記事

明琴清境荘園

明琴清境荘園

避暑に行きましょ♪中部の奥座敷「清境農場」でイチオシのすてきな民宿

清境かいわいの魅力スポット

清境かいわいの魅力スポット

清境にはおもしろいお店やスポットがいっぱい!ナビのイチオシぞろいです。

清境農場(南投県)

清境農場(南投県)

まさに雲の上の桃源郷。スイスの高原に来たみたいです!

高鉄3日パス(高鉄(新幹線)3日間周遊券)

高鉄3日パス(高鉄(新幹線)3日間周遊券)

高鉄に乗って中南部まで足をのばしてみませんか?