閉店・移転、情報の修正などの報告

ちょっとだけ懐かしさ漂うオリジナル雑貨がたくさん揃うお店です

photo

迪化街に近い南京西路上にある日本統治時代に建設されたビルを利用した雑貨店です。元々は台湾師範大学の敷地内で定期的に開かれていた青空マーケットで雑貨を販売していたのですが、2016年7月に現在地に移転しました。
販売する商品の7~8割がオリジナルブランド。とはいうものの、その風格はアジアンテイストというよりも、アメリカンスタイル。実はオーナーは1950~60年代に米国留学していた経験があり、その時代の雰囲気やイメージが商品に反映されているそう。お店の内装も台湾の雑貨店というよりは米国の金物屋さんのようです。
現在流行している無駄を省いたシンプルで無機質なデザインは実用的でいいですが、ちょっと懐かしさとぬくもりのある個性的な雑貨はお部屋のアクセントになるはず。お気に入りの雑貨を見つけてください。
売り場は1階と2階あり、一通り商品を眺めるだけでも小1時間はかかってしまいます。荷物が増えてしまうと町歩きがしにくくなってしまうので、迪化街と合わせて訪問する時は帰り際に立ち寄るほうがよさそうです。
お店から日本への有料配送ができます。大きな商品を買った時も安心ですね。

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2018-05-22

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供