小茶栽堂(永康旗艦)

閉店・移転、情報の修正などの報告

スタイリッシュな台湾茶が手に入る!デザイン賞を取ったマグカップは使いやすいうえにキュート♡

現在は同じ永康街エリアである「台北市大安區永康街7之1號」へ引越しています。以前は喫茶スペースがありましたが、現在は販売のみを行っています。


こんにちは、台北ナビです。

今日はモダンなパッケージデザインと茶葉の種類の豊富さが魅力の「小茶栽堂永康旗艦」へやってきました。

一歩入店すると、間口は狭目ですが奥行きのある店舗で、1F部分は茶葉とスウィーツのショップになっていて、若いスタッフの方たちが、キビキビ働いています。まずは1Fからご紹介。間口が狭く奥行きのある店舗の特長を生かして、入り口から入って左の壁全体が茶葉のパッケージで埋まっています。かなりの高さまでぎっしりとおかれた茶缶に圧倒されますが、その規則性が直線的なインテリアによく合っていて美しくみえます。茶葉の種類はとても多く、選ぶのに困ってしまいそうなほど。「小茶栽堂」の茶葉はどれも無農薬なので、どれを選んでも安心して飲むことができるし、贈り物にも最適です。コーヒーブラウンで統一されたパッケージに、ステッカーで茶名が張ってあるというシンプルなデザイン。現物を見て買うと首が疲れそう、でも、日本語の商品説明書も用意されているから、心配ありません。
片側はお茶の棚

片側はお茶の棚

もう片側はスイーツとキッチンが

もう片側はスイーツとキッチンが

種類豊富な茶葉

商品のラインナップは、不発酵、半発酵、全発酵の台湾茶に、花茶(茉莉花、薔薇、金木犀、梔子、茶の花など)、フレーバー茶(生姜、レモングラス、玄米、ドクダミ)などが組み合わされているので、実に種類が豊富です。また、不発酵茶の部分では、焙煎度の違いも組み合わせに入るので、またまた種類が倍増。どれもおいしそうです。迷ってしまいます。

どのお茶も、散茶もティーバッグも用意されています。ティーバッグは背の高い黒い筒缶に入っていて、お茶の種類別に色分けされたステッカーに茶名が記されています。すっきり綺麗で素敵です。散茶もあります。やや背の低いコーヒーブラウンの筒缶が散茶様で、同じく解りやすいステッカーが張られています。贈り物にも、自宅においても、オシャレでよろしいです。

散茶、ティーバッグには、レフィル用に最的なエコパックもあります。缶が増えるのが嫌な人や、そもそも缶が嫌いな人には嬉しいですね。

売れ筋は…

売れ筋は、とお尋ねしたら、桂花(金木犀)シリーズが日本人に人気があるそうです。ほのかな桂花の香りが漂うティータイムを自宅で。烏龍茶も、生茶からしっかり焙煎のあるものまで揃っているので、好みで何種類か購入できますね。茶壺で入れるのがお好きな本格派は散茶を、マグカップ派は気軽にティーバッグを。お店で売られている散茶をそのままティーバッグにしてあるので、中身は一緒。安心です。

オリジナル茶壺(急須)が素敵

【小茶栽堂】オリジナルデザインの茶壺もあります。直線的なデザインで、全5色。旅行セットだそうで、茶杯が2つ、マトリョーシカのように茶壺に組み込めるようになっています。旅行のみならず、収納性が高くて普段使いにもよさそうです。

焼き菓子も更に充実

【小茶栽堂】はお菓子を扱っています。持ち帰りや贈り物には、パックに小分けされたパウンドケーキ類が便利そう。しかも、素敵なギフトボックスが用意されていますので、お茶とあわせて大切な人への贈り物にどうぞ。 組み合わせかたで、自分のセンスを発揮しましょう。
焼き菓子を左側に

焼き菓子を左側に

右側に茶葉を

右側に茶葉を

黒いバンドで固定 素敵!

黒いバンドで固定 素敵!

お茶の実力を確かめてみました!

まずは「茶花咲烏龍茶」をいただきました。年に一回だけ咲くお茶の木の花を、そのままの形をとどめて烏龍茶と合わされて入ます。茶の花は、滋養があるそうで、もともとの烏龍茶の味わいに茶葉の香りが加わり、今までに無かった新しい茶湯が楽しめます。
オリジナル茶器で

オリジナル茶器で

お花がいっぱい入ってます

お花がいっぱい入ってます



甘いケーキを連続で試食して、喉が渇きました。黒茶(ダークティー)が気になり、淹れて頂きました。なんと、こっくりとした深みのある不思議なお味。黒烏龍茶とコーヒーが合わせてあるそうです。香港に、コーヒー&ティーというのみのがありますがそれとは全く違い、ここの黒茶(ダークティー)は、コーヒーっぽさはなくて、深みのある焙煎烏龍茶のようなしっかりしたお味が、甘いものやキッシュの残り味をお口の中からさっぱりと流してくれます。これはいろいろなものと相性がよさそうなお茶です。

安全なメイドイン台湾茶

【小茶栽堂】は、2006年に台湾で設立されて以来、台湾産の無農薬で安全なお茶を販売してきました。従来の種類の茶葉プラス、創意に富んだ組み合わせの花茶や調味茶を作り出し、人気を博しています。「自然尊重、オリジナルデザイン」がモットーだそうで、お店に並ぶ商品は、農薬、化学肥料、人工香料、人口添加剤を一切使っていないので、安心して購入できます。

何事も一刻をあらそうように言われる忙しい世の中で、わざわざ手間と時間のかかる無農薬農法を選んでまで、安全性にとことんこだわっていることが解ります。農薬や成長ホルモン、添加剤などの問題が多く取りざたされる今、このような姿勢は消費者にとって、とても頼りになりますね。
ナビ、個人的にまた来てみたいと思いました。皆さんも是非、永康街にいかれることがあれば、是非味わっていただきたいと思います。若くて親切なスタッフさんが、笑顔で迎えてくれますよ。
以上、台北ナビでした。
  • photo

記事登録日:2012-03-20

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2012-03-20

スポット更新日:2014-09-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供