和菓森林紅茶荘園(南投県)

閉店・移転、情報の修正などの報告

魚池台湾紅茶を世界へ!製茶やパッケージからきき茶、入れ方まで紅茶のいろいろ学べます

photo

「和菓森林」ブランドの始まりは、和菓森林紅茶のオーナー石茱樺さんの父親である石朝幸さんにさかのぼり、その昔「茶業伝習所」で日本人のプロから製茶技術を学んだ後、魚池郷で茶葉を作り始めてからの長い歳月がベースにあります。その後、観光業の繁栄に伴い、ゆっくりと現在の姿に形を変えてきました。
美しい山々の美を望みながら、ここでは日月潭の極上紅茶を味わえることはもちろん、紅茶工場でお茶作りを体験することもできます。紅茶の生産過程を見学した後、自らの手で茶を揉み、自ら描いた唯一無二の缶にパッケージしてお土産に持ち帰り♪また、紅茶の入れ方やきき茶・茶葉鑑定など、誰もが紅茶博士になれちゃうはずです。
オーナーは「心を込めてよいお茶を作るのは私達の責任です。私達はただ文化継承の使命を背負って、百年と続くお茶文化を広めることに力を尽くしています。紅茶文化が台湾に根づくことを願い、また魚池紅茶が世界に広まるよう勤めていきたい。」と強調します。さあ、台湾の紅茶世界へ足を踏み入れてみませんか?

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2012-07-25

スポット更新日:2015-03-06

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供