竹耕レジャーファーム(嘉義県)

竹耕生態教育休閒農場

閉店・移転、情報の修正などの報告

ジャックフルーツ(パラミツ)を食べたことがありますか?台湾南部で栽培されているジャックフルーツをいただきましょう!

こんにちは、台北ナビです。

台湾に来てから菠蘿蜜(ぼーろーみー)というフルーツを口にする機会が多々あったのですが、実際どういうものか見たこともなかったナビ。今回は菠蘿蜜畑が見られる!という竹耕生態教育休閒農場を訪れました。

菠蘿蜜って一体何者??

台湾に来て初めて知った菠蘿蜜(ぼーろーみ)。台湾人の友人に聞くと、「中身はパイナップルみたいなものだよ~」という人や「臭くないドリアン」という人等々…。いまいちピーんと来ませんでした。

そこでネットで調べてみると菠蘿蜜とはジャックフルーツ(和名:パラミツ)と呼ばれるフルーツだそうで、東南アジア、南アジア、アフリカ、ブラジルなどで栽培されているフルーツだそうです。(Wikipediaより)台湾へはインドから入ってきたと言われているジャックフルーツ。台湾の南部でのみ栽培されています。一年中食べられるんですって!ふ~ん、でもやっぱり実際実物を食べてみないとどんなものかわかりませんねぇ…。

ジャックフルーツだらけ!

すべて道の左右にはジャックフルーツの樹がい~ぱい

すべて道の左右にはジャックフルーツの樹がい~ぱい

車でこちらへ向かったナビ一行。途中道がいまいちわからなくてオーナーの黃榮發さんがスクーターで目印となる信号で待っていてくれ、道案内してくれました。

そこから約1Kmほど運転すると一面に樹!樹!樹!よく見ると大きな実が枝もたわわに実っていました。そう、これがジャックフルーツ。一面がジャックフルーツの樹。養生坊に到着すると黃さんのジャックフルーツをさっそくいただきましょう!

ジャックフルーツとご対面!

期待は高まる中、養生坊の入口にごろ~ん置かれたジャックフルーツ!代表してナビ一行の一番小柄なものが持ってみるとほぼ上半身の大きさ!産まれたての赤ちゃんよりもずっしり重い!でもこれでも大きい方ではなく、こちらで採れた一番大きなジャックフルーツはなんと102kgもあったそうです(驚)

まずは、食べ方すらわからないナビ達に黃さんがジャックフルーツの切り方と食べ方を教えてくださいました。
黄さんは軽々持ってらっしゃいますが…

黄さんは軽々持ってらっしゃいますが…

小柄な女性が持つとふらふらです!

小柄な女性が持つとふらふらです!

ジャックフルーツの皮は見た目以上に柔らかいため、パン切り包丁で切っていくのが正しい方法!

まずは半分に切って、中身を見せていただくと切り口はなんだかパイナップルのよう。また半分に切って、真ん中の白い部分を除きます。皮を剥いだらジャックフルーツの果肉が出てきました。果肉と果肉の間にある仮種皮もお料理に使えるそうで、捨てることなく保存!ジャックフルーツは皮と真ん中の白い部分以外はすべて食べられるそうです。

早速果肉部分を食べてみましょう。ひと口目は「えっ?フルーツのガムの味」というような甘~い香り。歯ごたえも独特で、おいしい!たま~にドリアンの様なニオイがする時もあるのですが、スーパーなどで感じる「臭~い」というものではなく、ドリアンをおいしいという人の気持ちがわかったような気がしました。
パン切り包丁をご用意ください

パン切り包丁をご用意ください

2つに切ると…

2つに切ると…

じゃ~ん!断面図大公開~

じゃ~ん!断面図大公開~

白い部分を切りとり

白い部分を切りとり

皮を剥いていきます

皮を剥いていきます

これが果肉部分

これが果肉部分

種も食べられます

種も食べられます

細長い仮種皮も食べられますよ~

細長い仮種皮も食べられますよ~

ジャックフルーツ狩り~

思う存分ジャックフルーツを食べたナビ一行。それだけでは物足りず、ジャックフルーツ狩りに挑戦!と言ってもまずはどれがおいしいのか見てもわかりません…。そこでおいしいジャックフルーツの見分け方を聞いてみました!

すると……樹の皮を見ても、形を見ても、色を見てもわからないそう。「心をピュアにして何本か樹を見つめてください。」という言葉でシンプルに眺めてみるとわかりました!それは…樹の一部に色が付けられているんです。えっ!まさか…そうなんです。黄さん、自分では見分けられないそうで、3~4年かけて全部の樹を食べ、おいしい樹に印として色を付けたそうなんです。

保険会社で働いていた黄さん。お父様のこの農園を受け継いだ時にジャックフルーツのお勉強を開始!台湾大学の教授に種類を教えてもらったりもしたのですが、誰もどれがおいしいのか見てもわからなかったそうなんです。それならば!と、効率が一番悪くてバカな方法だけれど自分にはこの方法しかない!と食べて食べて食べました。

黄さんは言います。スーパーなどで売られているジャックフルーツを食べて、まずい…と思っている人もいるけれど、実はジャックフルーツは当たり外れが大きい果物。だから、そういう人は外れのジャックフルーツを食べている可能性がとっても高いんです。ここで初めておいしいジャックフルーツを食べたという人も多いんですよ!と。農薬を一切使用していないので、身体にも害がないそうです。
ひとつの樹にたくさんの実がなるんですねぇ

ひとつの樹にたくさんの実がなるんですねぇ

樹液はねばねば!これを落とすにはサラダオイルに浸すと簡単に取れるそうです

樹液はねばねば!これを落とすにはサラダオイルに浸すと簡単に取れるそうです

おいしい樹を増やすため日夜研究にいそしんでいます。これは接ぎ樹の様子

おいしい樹を増やすため日夜研究にいそしんでいます。これは接ぎ樹の様子

では、早速ジャックフルーツ狩りに挑戦!

まずは紐のついた籠と細長い棒を用意します。その棒で中の実が熟しているかどうかを調べます。狩り時のジャックフルーツを見つけたら、紐を樹にひっかけて籠をジャックフルーツの真下まで移動させます。最後に細長い棒で枝を切れば、ジャックフルーツがかごにへイン!この時、ドスンとかなりの重さが腕にきました。ここまで約15分ほどかかりました。この樹で採れたジャックフルーツは「ヤオシィウディンエィ(とっても甘い)」だよぉ~と台湾語で嬉しそうに黄さんがおっしゃっていました。
高いところにある実の状態をこの棒で調べます

高いところにある実の状態をこの棒で調べます

紐をひっかけて…

紐をひっかけて…

かごの位置を微調整します

かごの位置を微調整します

かごに入ったら…

かごに入ったら…

一人は籠を紐でひっぱり、もう一人は棒で枝を切ります!

一人は籠を紐でひっぱり、もう一人は棒で枝を切ります!

やった~捕獲成功!

やった~捕獲成功!

かごをスルスルと下ろし…

かごをスルスルと下ろし…

大満足!

大満足!

鳥さんとも遊べます

鳥を見て行くかい?と黄さん。鳥園觀賞區へ連れて行ってくれました。

ジャックフルーツと鳥さんにどのような関係が?聞いてみると、ただ単に黄さんが鳥を好きだから。人にも慣れている鳥さん。靴のひもをひっぱり続けたり、エサを食べに来たりとかわいい!黄さんが鳥好きだという気持ちがわかります。
足をケガしている鳥さん

足をケガしている鳥さん

とても人懐っこい鳥さん

とても人懐っこい鳥さん

エサを投げるとぴゅーんと飛んでエサを食べていました。

エサを投げるとぴゅーんと飛んでエサを食べていました。

靴紐が大好き!

靴紐が大好き!

ジャックフルーツのお料理

こちらではフルーツとしてだけではなく、お料理としてもジャックフルーツを食べることができます。

看板名物はジャックフルーツカレーなのですが、今回は残念ながら食べることができませんでした。そこで黄さんの奥様がナビたちのために仮種皮のフライを作ってくださいました。フライドポテトよりもおいしいよ~という言葉通り、サクサクしていておいしい。たまに果肉が入っていて甘~い。ナビはボリボリポリポリたくさん平らげました。種も湯がいて食べると中の実がホクホクしていて意外といけます。

最後にジュースもおいしいよ!と特製ジャックフルーツジュースをいただきました。ジャックフルーツに黒糖、ミント、ミルク、お水を少々加えるとできあがり!ミントの味がさわやか~。夏にぴったりのフレッシュジュース!ほんとジャックフルーツはほとんど無駄がありませんねっ!

また、こちらでは福建茶も売っており、料理上手の奥さまが福建茶とスペアリブのスープまで用意してくださいました!苦さと肉の濃厚な味でおかわりするものが続出。ナビにはちょっと苦かったかな…。
仮種皮フライ

仮種皮フライ

種も湯がくと食べられます

種も湯がくと食べられます

福建茶とスペアリブのスープ

福建茶とスペアリブのスープ

材料をミキサーに入れて…

材料をミキサーに入れて…

すぐ出来上がり~

すぐ出来上がり~

福建茶は1袋380元で売っています。

福建茶は1袋380元で売っています。

ジャックフルーツってほんと魅力的なフルーツ!フルーツ自体の味が濃いのに色んなお料理へと変身する様子がとっても不思議。こちらでジャックフルーツの魅力にはまってしまった方は1箱(180元)から購入することができます。(台湾国内郵送は6箱(1.000元から)

ジャックフルーツをまだ食べたことがない方、台湾のフルーツの制覇をもくろむ方、是非こちらへ遊びに来てみてくださいねっ!
黄さんがナビたちのために石に文字を書いてくださいました! 黄さんがナビたちのために石に文字を書いてくださいました!

黄さんがナビたちのために石に文字を書いてくださいました!

以上、ジャックフルーツの味が忘れられないナビがお届けしました。
予約の際はこちらの用紙参考にしてください

予約の際はこちらの用紙参考にしてください

この地図を参考に向かってください!

この地図を参考に向かってください!

記事登録日:2011-08-01

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2011-08-01

スポット更新日:2014-07-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

嘉義市

嘉義市

台湾南部の嘉義市、行ってみると溶け込みやすくて、ホッとできる街でした

龍雲農場(阿里山)

龍雲農場(阿里山)

阿里山の自然に包まれるレジャー農場!マイナスイオンを感じてリフレッシュ♪運が良ければ茶摘み体験もできちゃいます☆

緑盈牧場(嘉義県)

緑盈牧場(嘉義県)

阿里山へ行く前にちょっと寄り道!動物さんたちと遊んで癒されちゃいましょう♪名物ミルク鍋もお忘れなく!!