閉店・移転、情報の修正などの報告

この地はかつて日本の神社がありました、文物館も興味深いものがあります

photo

台東鹿野の自転車レンタル店「阿度的店」の近くにある「崑慈堂」。阿度さんが「崑慈堂」内には龍田文物館があって、そこはぜひ見てほしいけど、それ以外に神様も見てくださいとのこと。というのは、こちらの神様、どんどんお髭が伸びているそうですよ。入って左の奥にいらっしゃる神様です。神様には触らないでくださいね。「崑慈堂」は、瑤池金母を主神に祀っています。他にも釋迦牟尼や観音菩薩、天上聖母(媽祖)、臨水夫人、中壇元帥、玄天上帝の神様もいらっしゃいます。
「崑慈堂」に併設する龍田文物館内では、龍田村の歴史が紹介されていました。大正4年、龍田村に台東製糖株式会社の内地人移民村ができましたが、大変計画的に造られ、一戸当たり500坪ほどの敷地を持つことができました。碁盤の目に区画された跡は、現在の美しい龍田村の原型となっています。初期には200戸ほど600人余りの人たちが暮らし始め、多い時で1350人にもなり、台湾東部で最大の移民村を形成しました。多くが新潟県から来た人たちで、農業技術以外に建築、木工、水道、電気、家具や浴槽造りの職人たちも移住してきため、移民村には青年会議所や医療所、銭湯までもが作られました。大正6年には尋常小学校もでき、後に託児所や高等学校までも設立しました。ここでは、当時使用した農機具や生活用品も展示されています。
また、「崑慈堂」に向かって右の敷地は、かつて日本の神社があったところです。現在は神社の階段しか残されていませんが、近くこの場所は復元される予定だそうです。

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2014-09-07

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

鹿野駅(台東県)

鹿野駅(台東県)

「鹿野」と言えばその昔、東部で最大の移民村、龍田村があったところです

鹿野と台東で自転車に乗る~!

鹿野と台東で自転車に乗る~!

自転車ならどこでも行けます~

台東・鹿野で自転車の旅

台東・鹿野で自転車の旅

かつての日本人(新潟県民)移民村・龍田村を自転車で駆け巡ってみました!

阿度的店(台東県)

阿度的店(台東県)

かつて日本人移民村があった龍田村の自転車レンタル屋さん、オーナーの個性が光ります