馥都飯店(板橋)

GRAND FORWARD HOTEL馥都飯店

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

今注目の板橋から一番近いアットホームなホテル!ビジネス用にも、旅行用にも気兼ねなく宿泊できます

ラウンジのアフターヌーンティー

ラウンジのアフターヌーンティー


こんにちは、一青妙です。
今回お邪魔したのは2010年に入り、大型ショッピングセンター‘グローバル’ができ、注目されるようになった板橋から一番近い「馥都飯店(GRAND FORWARD HOTEL)」です。
場所は、板橋の一つ先のMRT「府中」駅から徒歩1分(ほぼ駅の真上)。規模としては小規模なホテルですが、4年前にオープンしたとあってまだ外観も綺麗。過剰に華美でなく、シンプルで必要なものが一通り揃っているので、ビジネス用にも、旅行用にも気兼ねなく宿泊できる感じです。
向かいにもう一つホテルがあるので間違わないで! 向かいにもう一つホテルがあるので間違わないで!

向かいにもう一つホテルがあるので間違わないで!

■ ホテルの顔 〜フロント〜■

ホテルの入り口は2カ所あり、一つは入ったらロビー、もう一つはラウンジを横切ってフロントにたどり着きます。フロントは赤と黒がイメージカラー。チャイナテイストたっぷりです。スタッフは全員英語を話せる他、近くに日本の会社があるためか、平均して一日20~30人の日本人ビジネスマンが泊まっているので、簡単な日本語もできるからで安心ですね。カウンターの横には各国の両替レートを示す電光掲示板もあり、観光客も困りません。フロントの奥にはビジネスセンター。
このビジネスセンターは24Hオープン。普通のA4コピーなら一枚2元(約6円)。ファックス、PCからのプリントアウトもできビジネス対応もばっちり。
ロビー横はラウンジ。結構広いので待ち合わせにも十分。2台の無料PCに雑誌や新聞。日本語の新聞は読売新聞がありますよ。(部屋への日本語の新聞は別途有料注文になります。)
また、ここは午後にはアフタヌーンティーを楽しめる場所になります。サンドイッチと焼きたてのワッフルとフルーツ。スパゲッティにはスープが添えられます。

■ レストラン■


2階がビュッフェ式の朝食会場。150席あるレストランで明るくて広々しています。朝食時間は18:30~22:00。昼と夜は火鍋のお店になります。洋風、中華と各式揃っていて、この規模のホテルとしては珍しく、本格的にその場でオムレツや目玉焼きを焼いてくれるコーナーがありました。また、日によって日本人の宿泊客が多い場合は納豆やみそ汁などリクエストに答えてメニューを変えてくれるそうですよ。
中華:豆乳や肉まん、マントウ、シュウマイ、春巻き等 中華:豆乳や肉まん、マントウ、シュウマイ、春巻き等 中華:豆乳や肉まん、マントウ、シュウマイ、春巻き等

中華:豆乳や肉まん、マントウ、シュウマイ、春巻き等

洋食:各種チーズ、サンドイッチ、サラダ、パン(種類豊富)等 洋食:各種チーズ、サンドイッチ、サラダ、パン(種類豊富)等 洋食:各種チーズ、サンドイッチ、サラダ、パン(種類豊富)等

洋食:各種チーズ、サンドイッチ、サラダ、パン(種類豊富)等

その他:季節の果物、ケーキ その他:季節の果物、ケーキ

その他:季節の果物、ケーキ

■ お部屋紹介■


5~13Fが客室。
今回紹介するお部屋のタイプは3タイプ。
どのお部屋にも共通なのは全室禁煙、全館無線•有線LAN(無料、スピードは20メガ)、コーヒーとお茶、2本無料ミネラルウォーター、セフティボックス、アイロン、アイロン台、ケーブル対応テレビ、DVD、基本アメニティ(リンスは無し)、ドライヤー、水洗トイレ。
お部屋の内装はホワイトと茶系で品良くまとめられていて落ち着きます。
ベッドサイドには日、英、中国語対応のセントラルリモコンがあり、寝たままで室内のスイッチをコントロールできます。 ベッドサイドには日、英、中国語対応のセントラルリモコンがあり、寝たままで室内のスイッチをコントロールできます。 ベッドサイドには日、英、中国語対応のセントラルリモコンがあり、寝たままで室内のスイッチをコントロールできます。

ベッドサイドには日、英、中国語対応のセントラルリモコンがあり、寝たままで室内のスイッチをコントロールできます。


Standard Room(スタンダードルーム/標準客房)

9.6坪(32㎠)

9.6坪(32㎠)

ベッドは165×200のクイーンサイズで一人で寝るのに十分な広さ。大きな窓があり、明るくて気持ち良いお部屋です。バスルームはバスタブとシャワーが一緒ですが、寝室との間がガラス張りのため、お風呂場も明るさは十分。勿論気になる方はシェードを下げられるのでご安心を。
バスルームから

バスルームから


Deluxe Twin Room(デラックスツインルーム/豪華雙人客房)

12坪(40㎠)

12坪(40㎠)

ベッドは150×200のキングサイズで2人でもゆったり。

Panoramic Room(パノラミックルーム/全景套房)

13.8坪(46㎠)

13.8坪(46㎠)

部屋からの眺め

部屋からの眺め

バスタブからこの眺め!

バスタブからこの眺め!


この部屋に入ってみて驚いたのは、とにかく眺めが良く明るい事!建物のコーナーに位置していて、一面ガラス張りのため実際以上に広く感じられます。窓からは昼間は深緑の町並みを、夜は夜景を楽しめますよ。大きなソファも置いてあって開放感いっぱい。バスルームもガラス張り。バスタブとシャワーが別々になっていて、バスタブに浸かりながら外が眺められます。
ベッドは150×200のキングサイズで、2人でもゆったり。

この型のお部屋は5Fから12Fの各階に一部屋しかなく、またDeluxe Twin と比べて価格も殆ど変わらないので、お得感もあって、一度この部屋に泊まったら、このタイプを指定して予約する人が殆どとか。ホテルでゆっくりしたい気分にしてくれる部屋でした。

■ フィットネスセンター■

閲覧室

閲覧室


館内には宿泊者が自由に使用できる閲覧室とラウンジ、フィットネスセンターがあります。
驚くのはフィットネスセンター。ホテルのフィットネスセンターと言うとランニングマシーンが2台~3台並んでいるくらいで、窓もないところが多いけれども、ここはかなり本格的。窓が沢山あって明るい中、ランニングマシーンの他、ストレングスマシーンやフリーウェイトがある他、無料のミネラルウォーター、タオルもありました。
更にロッカー、ドライサウナ、ミストサウナ、広々とした水風呂、シャワーが完備されていて、使わないと勿体ないくらい充実した設備でした。

■ ランドリー■


地下1Fにあるランドリーコーナー。ビジネスマンが長期滞在しているだけあって、しっかりしています。洗剤(無料)が置いてあり、洗濯機と乾燥機、そして、手洗い用の洗濯板も完備。洗濯機は1回30元で利用できます。その他電子レンジと大同電鍋(台湾で使われている万能鍋)、お水のサーバーもありましたので、ご自由にどうぞ!

■ 周辺などおすすめポイント■

徒歩10分圏内に誠品書店、遠東百貨店、パソコンショップ、南雅夜市などがあり、ショッピング、食べ歩き共に困りません。また、林家花園という観光地にも歩いて行けます。
台北駅からMRTで西へ6駅、そのまま東へ向かって乗って行けば世界貿易センターまで乗り換え無しで行けるため、催しがある会期中は予約で一杯になるから気をつけて下さいね。

取材した感想として、団体客も少なく、静か。長期滞在のビジネスマンが多いだけあって、シンプルでありながら便利使い勝手の良さそうなホテルでした。いつも台北市内に泊まっている方、違った角度から2回目以降の台北を楽しみたい方。
ちょっと台北県に足を伸ばしてステイしてみてはいかがですか。

記事登録日:2010-09-14

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-09-14

スポット更新日:2014-12-05

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供