福君海悦大飯店

FORTUNE HIYA HOTEL福君海悦大飯店

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

台北駅と中山駅の中間に位置し、どちらからも徒歩圏内の好立地!ビジネスにも最適です


こんにちは、台北ナビです。
今日は、2007年9月に全面改装した「福君海悦大飯店」にやってきました。観光にもビジネスにももってこいの、お手頃ホテルです。内装は、中国風のテイストが感じられ、落ち着いた雰囲気。それでは、ご紹介しましょう!

魅力的な立地

こちらのホテル、実はその歴史は長く、民国64年に営業を開始しました。かれこれ30年以上の歴史です。そして、2007年9月に全面改装後、再オープンとなりました。主にアジア圏の方を中心にご利用いただいているということで、日本人客は約3分の1を上るといいます。そのほか、韓国やシンガポール、マレーシアの方も多いそう。そのため、フロントスタッフは日本語が可で安心です。そして…とにかく、立地が魅力的!旅の拠点である台北駅、また、日本人に人気で、デパートやレストランが並ぶ中山駅、なんと、このふたつの駅、両方から、徒歩10分程度の場所に位置してるんです。また、徒歩約3分のところには、おいしい食べ物であふれる「寧夏夜市」があります。さらに、ホテルの目の前にはコンビニ、近くには玉を扱ったアクセサリー店や、問屋風の店が立ち並び、ブラブラと歩いてみるだけでも楽しいこと間違いなし。日本統治時代の古い建物を見つけることもできますよ。

エコノミーらしくない?ロビー!

ロビーは大きくはなく横長です。黒のシックな大理石の壁と、中国風の調度品のおかげでしょう、高級感が感じられます。調度品は、壺や鏡、時計など、価値がありそうなのが見ただけでわかります。鮮やかな色の大きな生の胡蝶蘭も飾られています。音楽もジャズが流れ…そのエコノミーホテルらしからぬ雰囲気に、少し驚きました。

ホテルロゴの由来

調度品の中に、これまた価値のありそうな木製の船の模型を見つけました。フロントの後の壁にも船が、ホテルのパンフレットにも船…お話を伺った総支配人の許碧珠さんの名刺にも同じロゴ。そこで、その由来を伺うことができました。ちょうど、このホテルのある辺りの一帯は、大稲埕(ダーダオチェン)と呼ばれ、清末から日本統治時代にかけて、台湾で最も発展した地域でした。この地に淡水港を開港し、大型船を中心に停泊するようになり、台湾北部の商業、貿易の中心地としての地位を確立しました。そして、この土地のようにホテルも発展してほしい、という願いからロゴを船に決定しました。また、ここは経済、社会、文化の台湾の中心地であったばかりか、学術の中心地でもあったことから、現在でも当時の様子を伝える建造物等が見受けられます。どうりで…。ぜひ、ホテル付近を散策してみることをオススメします。

アメニティや備品はいかが?

薄型液晶テレビは常識

薄型液晶テレビは常識

冷蔵庫

冷蔵庫

ミネラルウォーターサービスは、おひとり様1本サービスです

ミネラルウォーターサービスは、おひとり様1本サービスです

インターネットは有線(線は机の引出しの中)LANで、無料です

インターネットは有線(線は机の引出しの中)LANで、無料です

枕と紙スリッパはクローゼットの中に

枕と紙スリッパはクローゼットの中に

荷物はこちらへ

荷物はこちらへ

シャワーはハンドシャワーです

シャワーはハンドシャワーです

タオルはバスタオルとフェイスタオルの2種類

タオルはバスタオルとフェイスタオルの2種類

アメニティは、シャンプー、ボディフォーム、ボディローション、石鹸、シャワーキャップ、カミソリ、歯ブラシ、ブラシ

アメニティは、シャンプー、ボディフォーム、ボディローション、石鹸、シャワーキャップ、カミソリ、歯ブラシ、ブラシ

ドライヤー

ドライヤー

冷房、部屋内のスイッチで切り替えできます

冷房、部屋内のスイッチで切り替えできます

カードキー

カードキー

部屋内のこのボタンで、「起こさないでください」「掃除してください」の表示ができます

部屋内のこのボタンで、「起こさないでください」「掃除してください」の表示ができます

セキュリティーボックス

セキュリティーボックス

ルームナンバーのプレートは、かわいい木彫りのもの

ルームナンバーのプレートは、かわいい木彫りのもの

通路のセキュリティも万全です

通路のセキュリティも万全です

客室情報



Superior Double Room(スーペリアルーム/精緻客房)

こじんまりとしていますが、大きく窓が取られていて、日当たりがよく明るいです。うれしいことにバスタブ付き。(すべてのお部屋に付いているとは限らないそうです)



Superior Twin Room(スーペリアルーム/精緻客房・二小床)

同性同士のふたり旅にピッタリの、シングルベッド2台のお部屋です。



Superior Triple Room・T3(スーペリアトリプルルーム・T3/精緻客房・三人房)
※T3タイプはシングルベッド3台、TSタイプはダブルベッド1台+シングルベッド1台です。写真はT3タイプとなります。

3人旅用。こちらのお部屋には、バスタブはありませんでした。



Deluxe Double Room(デラックスダブルルーム/福君豪華雙人房)

ダブルベッド1台のデラックスルーム。シックなお部屋で、ゆったりと過ごせそう。



Deluxe Family Room(デラックスファミリールーム/福君豪華家庭房)

ダブルベッドが2台で、最大で4名様まで泊まれます。落ち着いた雰囲気。

付帯施設情報

レストラン・バー

11階には、海悦レストランがあります。朝食はビュッフェ形式で、7:00~10:00。約50種類の料理が並びます。中華式が主で、西洋式は少し。広さもゆったり85席あり、日本人客は団体客とは別の静かなスペースに通してくれます。外には眺めのいいテラス席も。晴れた日は、遠くの山々まで望めます。かわいいブランコもありましたよ。

中華式

中華式

西洋式

西洋式


会食ができる個室が3部屋あり、人数も30名まで対応できます。また、レストランと併設されたバーがあります。午後は、アフタヌーンティーが、夜はアルコールが楽しめます。夜は、台北のど真ん中の夜景が楽しめそうです。


ミーティングルーム・ジム



最上階の12階には、ミーティングルームとジムが。こちらは、3階と5階のデラックスルームに宿泊の方は無料で利用することができます。雑誌や新聞、コーヒー、お茶、パソコン等のサービスがあります。ビジネスでの打ち合わせにぴったりです。


ジムは、利用状況により、デラックスルーム以外の宿泊の方でも利用できることがあるようです。希望の場合は、フロントにてご確認ください。


どうでしょう?ロビーやレストランなどの公共の場所は、チャイナテイストあふれ、デラックスな雰囲気。お部屋は、それとは違い、シンプルな感じですよね。そんなところからも、ビジネスでここで待ち合わせをしたり、ミーティングしたりしただけでは、まさか相手の方は、ここがエコノミークラスのホテルだとは気付かないのでは。メンツも保てますね!でも、お部屋では、その気分を切り替え、静かに過ごすことができそうです。
ますます開発が期待される、台北の中心地にあるホテル。ぜひ、お試しください。
以上、台北ナビでした。

記事登録日:2009-07-21

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    ココ

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-07-21

スポット更新日:2014-11-20

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

御珍軒(福君海悦大飯店)

御珍軒(福君海悦大飯店)

クラシックな雰囲気の店内で、おいしい飲茶をどうぞ!女優の大久保麻梨子さんイチオシの本格広東料理店です