猫空小木屋

貓空小木屋

閉店・移転、情報の修正などの報告

貓空のおしゃれ眺望スポット!ジャズが流れるテラスでティータイムはいかが?

こんにちは、台北ナビです。

包種茶や鉄観音茶の名産地貓空といえばトラディショナルな茶藝館…と思って辺りを散策していたら、ジャズの流れるおしゃれなレストランを発見!気になってのぞいてみると、平日の夜なのににぎやかな雰囲気で、メニューも貓空ではかなり珍しいピザやリゾットなどの洋風モノではありませんか。

気になる、気になるこの「貓空小木屋」というレストラン!!…ということで、後日取材を申し込んでさっそく行って参りました。

貓空ロープウェイ「貓空駅」から徒歩4分

緑が生い茂るかわいらしい木小屋。夜はライトアップされて雰囲気UP

緑が生い茂るかわいらしい木小屋。夜はライトアップされて雰囲気UP

看板が昔の「小木屋茶坊」となっていますのでご注意ください

看板が昔の「小木屋茶坊」となっていますのでご注意ください

陽明山あたりにありそうなレストランの雰囲気です

陽明山あたりにありそうなレストランの雰囲気です

「貓空小木屋」は、貓空ロープウェイ「貓空」駅から西方向へテクテク300メートルほど歩いた場所にあります。自動車やスクーターで来なくてもアクセスしやすい立地です。

お茶のメッカ貓空=本格的な功夫茶を楽しむ場所と思っていたのですが、ナビのそんな古~い概念をガラリと変えてくれたのがこのレストラン。
夜になると、白熱灯の温かな光で建物がライトアップされ、眺め抜群のテラスには心地よいジャズが流れるなんともステキで開放的な空間。閑散とした茶藝館も多く、『台湾人の貓空ブームも去ったのか…』とてっきり思っていたのですが、いやいや居るところには居る!ここはお客さんがいっぱいで、ジモティはこんなお店に来ていたのかとはたと気づいたのです。

貓空を訪れたことがある方ならお分かりかと思いますが、こういうおしゃれな雰囲気のお店ってとっても希少。今までとはちょっと違う貓空を楽しみたい人にオススメです。
貓空ロープウェイ「貓空駅」から徒歩4分

貓空ロープウェイ「貓空駅」から徒歩4分

マイナスイオンたっぷり!

マイナスイオンたっぷり!

季節の花々があちこちに咲き乱れていて癒やされる~ 季節の花々があちこちに咲き乱れていて癒やされる~

季節の花々があちこちに咲き乱れていて癒やされる~

台北101もバッチリ見える眺望スポット

店名通り、建物は木造で温かみのある空間になっています。外から見るとこぢんまりとした作りに見えますが、実は地下1階フロアもあってかなり広~い!約200席もあるそうです。室内なら冷房が効いて快適、テラス席なら台北市内を一望できます。
実はこの建物、オーナーのご両親が建てた店舗兼自宅で、現在も2階にご両親が、地下2階にオーナーが暮らしているんだとか。アットホームな雰囲気が漂う素敵な空間です。

<1階>
テラス席と屋根付きのテラス席、室内席の3タイプ。気候に合わせてお好きな席を!
屋根付きのテラス席<br>屋根があるので若干暗めですが、開放感あり。シーリングファンがあるので真夏の昼間以外なら大丈夫そう 屋根付きのテラス席<br>屋根があるので若干暗めですが、開放感あり。シーリングファンがあるので真夏の昼間以外なら大丈夫そう

屋根付きのテラス席
屋根があるので若干暗めですが、開放感あり。シーリングファンがあるので真夏の昼間以外なら大丈夫そう

テラス席<br>パラソルだけなのでさすがに熱いかも。だけど明るくて気持ちいい~!台北101もバッチリ見えます テラス席<br>パラソルだけなのでさすがに熱いかも。だけど明るくて気持ちいい~!台北101もバッチリ見えます

テラス席
パラソルだけなのでさすがに熱いかも。だけど明るくて気持ちいい~!台北101もバッチリ見えます

室内席<br>木材に囲まれてホッと落ち着きます。冷房ありなので景色よりも快適さ重視の方向き 室内席<br>木材に囲まれてホッと落ち着きます。冷房ありなので景色よりも快適さ重視の方向き

室内席
木材に囲まれてホッと落ち着きます。冷房ありなので景色よりも快適さ重視の方向き


<地下1階フロア>
週末など混み合っている時に開放しているそう。洋風な1階フロアとガラリとかわり、なぜか和室もあり…この辺に台湾らしさが垣間見られてまた面白い! それもそのはず、こちらも元々は自宅の一部として使われていたから。
テーブル席

テーブル席

和室。小さいお子様連れやご年配の方もゆっくりとくつろげます

和室。小さいお子様連れやご年配の方もゆっくりとくつろげます

窓に面した席からは台北市内が眺められます

窓に面した席からは台北市内が眺められます

うさぎちゃんがいっぱい!

うさぎちゃんがいっぱい!

暖炉、冬に使うのかな?

暖炉、冬に使うのかな?

夜になるとこんな夜景が見られる??

夜になるとこんな夜景が見られる??

洋食ならお任せ!自家製ピザとリゾットが人気

イラスト付きのメニューがカワイイ

イラスト付きのメニューがカワイイ

オーナーは南アメリカ帰りの張志豪さん。江口洋介似のイケメン男子で、これもこのお店が人気の理由かなと思ったりもしたナビです。

お店の歴史を聞くと、1992年創業で意外にも古くからあったことに驚きました。初代オーナーのお父様は台湾料理や熱炒などを提供されていて、現オーナーに代替わりしてから洋食にチェンジしたそうです。
オーナーのお兄様が作る看板メニューの手作りピザとパンのほか、サラダ、パスタ、炭火焼き料理、ワッフルなどの洋風料理がズラリ。この中からおすすめ料理をいただいてみました。

南瓜奶油鮮蝦燉飯 250元

立体的な盛り付けが美しい、かぼちゃクリームの海鮮リゾット。シーフードの旨味としっかり目のコンソメ風味がかぼちゃによく馴染んでいて、食欲をそそる味わいです。見た目にはわかりにくいですが、キノコやベビーコーン、豆などのお野菜がたっぷり入っています。

總匯番茄海鮮披薩 280元

台湾人に人気の手作りピザからシーフードをオーダー。生地が手作りで、トマトソースとモッツレラチーズ、イカやパプリカ、キノコなどがトッピングしてあります。アメリカンピザとイタリアンピザの中間くらいの厚さの生地で、食べ応えあり。ナビたち、写真を撮影していたので食べた時にはちょっと冷めてしまっていましたが、焼きたてだったらもっとおいしかったはず…。皆さんはぜひ熱々を味わって見てください!

法式羊肩排 480元

ラムチョップのハーブ焼きに季節の野菜を添えた一品。ハーブでマリネしたラムチョップは臭みがなく、とっても柔らか。実はラムが苦手なナビなのですが、これは臭みがほとんどなく、ハーブのパンチが効いていておいしい!ボリューミーなのでシェアするといいかも。

お茶は“お手軽”にいただくのが今の貓空流

ドリンクは中国茶にハーブティー、コーヒー、ソフトドリンク、アルコール類と各種揃っています。本格的な茶器セットでいただく功夫茶もありますが、周りを見れば、お手軽なポットタイプの中国茶やグラス入りのアレンジティーをオーダーしている方が大多数。

聞けば、昔は貓空に来たらおしゃべりしながら一日かけてお茶をゆっくりと楽しむ方が多かったそうですが、最近は『サクッとティータイム』が主流だそう。時代とともに貓空の楽しみ方も変わっていっているのですね~。

水果茶 170元

ピッチャーサイズでシェア用?と思ったくらいの超ビッグサイズ。でも、ストロー1つなので基本的には1人前のようです。
下にオレンジジュース、上に紅茶の層になっていて、新鮮なパッションフルーツとリンゴがたっぷり!酸味の効いた砂糖控えめのさっぱり味で、フルーツ天国ならではのぜいたくなドリンクです。

拿鐵咖啡 150元

お茶の名産地貓空でコーヒーを飲むのもなかなかツウっぽい…?完成度の高いラテアートで、安定のおいしさです。
いかがでしたか?眺めと雰囲気がバッチリで、洋風料理も食べられる「貓空小木屋」。リピーターの方も初めての方も、いつもとちょっと違う貓空に出会いにぜひ訪れてみてくださいね。

以上、台北ナビでした。
手作りパンも販売中

手作りパンも販売中

ロープウエイに乗って

ロープウエイに乗って

緑豊かな貓空へプチトリップ!

緑豊かな貓空へプチトリップ!

記事登録日:2019-08-06

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2019-08-06

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供