閉店・移転、情報の修正などの報告

台湾の伝統スイーツ・豆花を気軽に楽しめるおしゃれなカフェが登場!

photo

近年の台湾ブームで、日本でもだいぶ知名度の上がってきた台湾の伝統スイーツ、豆花。この豆花をポップな店内でいただける可愛らしいお店が2017年、東京・高田馬場にオープンしました。場所は「高田馬場二丁目」バス停のすぐ近く。早稲田通りからちょっと路地に入ったところなので、見逃さないように!赤いハートマークのロゴとかわいいキャラクター「豆花ちゃん」が目印です。
店内には木目調のテーブルが並び、大きなカウンターテーブルはおしゃれなダウンライトで照らされています。観葉植物の緑が自然な優しさをかもし出していて、ほっとくつろげる雰囲気に。ロゴマークのハートと同じ赤い色の椅子が可愛らしいアクセントになっています。また、カウンターに飾られた台湾ビールの空き缶で作ったプロペラ飛行機の模型も必見!なんと、オーナーの親戚の方の手作りなんだそう。
このお店の豆花は、植物繊維豊富な寒天を凝固剤として使用。美肌効果も期待できる大豆とダイエット効果の高い寒天で、とってもヘルシー!しかも、おなじみのプレーン豆花に加え、黒ゴマ、マンゴー、抹茶、チョコレート、ストロベリーと、全部で6種類もの味からチョイスできるんです。トッピングもタピオカ、小豆、白玉、ピーナッツ、ハトムギ、緑豆、マンゴー、ストロベリーと豊富。さらにシロップも自家製シュガー、ブラックシュガー、ココナッツシュガーの3つから選べます。
プレーンを選んで豆花本来のシンプルな味わいを楽しむのもよし、マンゴーやストロベリーにココナッツシュガーを合わせてトロピカル気分も味わうのもよし。お子さまにはチョコレート豆花もオススメです。ナビは看板メニューの「豆花コンボ」(プレーン豆花+黒タピオカ、小豆、白玉+自家製シュガー)をいただいてみましたが、台湾でおなじみの優しい甘さにほっと癒されました。
豆花のほか、台湾の伝統朝食・蛋餅(ダンピン)や肉燥麺、大根餅などの軽食、タピオカドリンク、さらにはパイナップルケーキ付きの東方美人茶セットなどもあります。おひとりさまでも気軽にくつろげるので、ふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2019-01-30

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供