閉店・移転、情報の修正などの報告

傍らを平渓線の列車が走っていく…ぜひ窓際で感じてください

photo

台湾のローカル線である平渓線。台鉄「台北」駅からならまず「瑞芳」駅へ行き、そこから平渓線に乗り換え、終点は菁桐駅になります。今日ナビが訪れたのは、終点より一つ手前の平渓駅。まずはここでランタンを上げました!多くの人が十分駅でランタンを上げるのですが、実はここ平渓駅でも上げられるんです。まだ知ってる人は少ないから穴場…、と書いたらもう穴場ではなくなってしまいますが。

ランタンを上げた後は、平渓駅周辺を散策してみましょう。駅を降りてまっすぐ歩いていると、線路に突き出しているような(?)、古いおうちがあります。なんと、ここカフェ、なんですね!オーダーは1階のカウンターでどうぞ。注文し終わったら2階へ。ナビたちが行った日は平日で、しかもお天気が悪かったからか席は空いていましたが、週末はすごい混みようとなり、食事なら90分まで、飲み物は60分以内の制限があります。また、最低消費は90元で、アメリカンが90元~。チキンやビーフなどのセットメニューもありますね。支払いは運ばれてきたときに済ませます。

さて、もちろん窓際の席にほっと一息、と座ったら、ねえ、次の列車の時間は何分?誰もが気になるのはこれですね。だって、列車とすれすれのところにあるカフェですから。8分後と分かったナビたち、線路沿いにはカメラを構えた人たちもちらほら集まり始めました。ここからは列車が停まっているのもほぼ正面からよく見えます。乗客の乗り降りが終わったら、さあ出発です!来るぞ、来るぞ~。列車はあっという間にナビたちの真横を駆け抜けていきました!一瞬ではありましたが、このためにこのカフェに来る価値はあり、ですね。

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-03-22

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

台湾好行 木柵平溪線

台湾好行 木柵平溪線

木柵平溪線に乗って、豆腐を料理を食べて、ランタンも上げてきました!