清心飲食店(澎湖)

閉店・移転、情報の修正などの報告

新鮮海鮮パラダイス♪地元民いちおしのお店で澎湖食材をいただきまぁ~~す



こんにちは、台北ナビです。澎湖に来たら食べたいシーフード。台湾本島よりも断然安くて、新鮮海鮮が食べられる「とっておきのレストラン」を澎湖民に教えてもらいました!

貝殻のお店




澎湖では、外観にあまりこだわりがないお店が多いので、こちらも外観はこだわりがないように感じますが、よぉ~く見てみると、いたるところに貝殻をあしらっていました。そして、お店の対面にある駐車場の建物は貝殻だらけ~。なるほど!地元の子供たちから「貝殻のお店」と呼ばれているゆえんがわかった気がします。店内にも貝殻柱がありますよ。でも、おしゃれなビーチカフェにあるような貝殻ではなくて、海鮮料理で出てしまった貝殻を無造作に飾ってみたような素朴な装飾になぜだか心が和みます。
店内はもちろん… 店内はもちろん…

店内はもちろん…

店内以外にも貝殻アート♪ 店内以外にも貝殻アート♪

店内以外にも貝殻アート♪

手すりや…

手すりや…

駐車場も貝殻だらけ~☆

駐車場も貝殻だらけ~☆

蒋経国の愛したお店


数々の著名人も訪れるというこちら。写真がたくさん飾られていますが、そのなかでも蒋経国元総統との思い出の品がダントツに多く飾られています。それは、蒋経国がこちらを訪れた際、オーナーの呂さんと仲良くなったためだそう。その仲のよさは呂さんの名前を改名してしまうほど!!もともと「呂酒瓶」という名前だったのですが、お手紙で「呂九屏」への改名を促したんです。その手紙も飾られていますので、是非見てみてくださいね。
お手紙まで飾っちゃってました! お手紙まで飾っちゃってました!

お手紙まで飾っちゃってました!

シンプルイズベスト!


こんなにアクセスが悪いのに、多くの方を魅了する秘密は…ずばり!リーズナブルにおいしい海鮮料理を食べられるという点でしょう。そして、新鮮な食材のおいしさを味わうため、味付けは極力シンプルにしています。そして、盛り付けなどは全く凝ってないので、出てきた瞬間は「あれ?すんごいおいしいものが食べられると聞いてきたけど…普通だなぁ」と感じますが、(失礼!)口に入れると「うぅんまぁ~~~い」と叫んでしまいます。

シーフードパラダイス

今回は澎湖人のガイド阿杜さんのチョイスで、お料理をいただきました。島外からお友達が来た時には、こちらをオススメするというほど、こちらが大好きな阿杜さんが選んだお料理の数々を見てみましょう。

炸大蝦 150元

お店の看板メニューのひとつ。一度注文したら、追加注文はお断りしているというほどの人気なので、注文は必須です。衣をいっぱいつけたえびのてんぷら!かぁ…とちょっとがっかりしたのですが(苦笑)、えびを開き、衣をつけて油で揚げていたのでした。甘めの味付けのてんつゆまでついていて、和食にも携わったことのあるオーナーだからこそのお料理です。えびは言うまでもなくプリップリで香りが強い!日本料理のような繊細なてんぷらではなく、澎湖風の野性味あふれるてんぷらだと思います。
こんな風にがぶりつきましょう♪ こんな風にがぶりつきましょう♪

こんな風にがぶりつきましょう♪



生蚵仔130元

小ぶりの生牡蠣はうまみがぎゅっとつまっていて、箸が止まりません。新鮮なので、牡蠣特有の臭みは一切なく食べやすいのも嬉しいです!酸味のきいたスープ(タレ?)ですが、お椀につけられたわさびを混ぜて食べるとうまさ倍増!澎湖流に豪快に混ぜていただきましょう♪
わさびをかき混ぜて…

わさびをかき混ぜて…

みんなでシェア

みんなでシェア

澎湖のおばさんたちが捕ってくる牡蠣!

澎湖のおばさんたちが捕ってくる牡蠣!


大蚌 時価

澎湖でよく食べられる貝。清炒(炒める)、清蒸(蒸す)のどちらかの調理方法が選べますが、阿杜のオススメは炒めるもの。にんにくやショウガと一緒に軽く炒めただけなのに、なんでしょう、このおいしさは!!舌に当たったときにはやわらかくなめらかなのに、噛むとその弾力にびっくりしてしまいます。かめばかむほど貝のうまさがにじみ出てきて、ノックアウト!ナビ、一番気に入ったお料理です。



生魚片 130元

さっぱり味の白身魚はつやっつや!大根のけんが太いのが澎湖流?



清蒸石斑 時価

台湾本島では旧正月などのお祝いの際によく食べられる高級魚である石斑魚。澎湖では、本当よりもリーズナブルに食べることができます。阿杜のオススメで、半身を蒸し、お頭をスープにとしてもらいました。


身はほどよくしまり、あっさりとしたお味。それなのに魚本来の甘みも感じられますよ~。また、澎湖では魚を食べる際、魚をひっくり返すのはご法度。船の転覆を想像させるそうなので、お気をつけください。



塩味と甘みが絶妙なバランス。ショウガが味をぐっと引き締めています。このスープ、かなりのレベルですので、是非味わっていただきたいです。

南瓜炒米粉 80元


澎湖名物のひとつともいえるかぼちゃビーフン。たっぷりのかぼちゃがよく絡まっています。イカとお肉も加えた豪華バージョンのビーフン。澎湖に来るたびにかぼちゃビーフンを食べますが、今までで一番おいしかったのがこちら!


炒絲瓜 180元

澎湖のヘチマは格別に甘く、食感も良いと、台湾本島の多くの小籠包屋さんでも採用されているほど。熱を加えたヘチマは、中はトロっと、外は少しカリっとしています。にんにくの味がよくしみこんでいて、ご飯が食べたくなっちゃいます。


お店は西嶼にあり、澎湖の中心地馬公から車で50分ほどかかりますが、近くには大菓葉玄武岩や二崁傳統聚落などの人気観光があるので、西嶼まで来たら是非訪れたい優良店です!

以上、海鮮大好きなナビがお届けしました。

記事登録日:2015-08-11

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-08-11

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供