スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

困った・不思議Q&Aスペシャル Part 2

みなさまの疑問にナビが全力でお答する第2弾!!




こんにちは、台北ナビです。困ったこと・不思議なことQ&A第2弾!がやってきました。
日本とは違うあんなことやこんなこと。

バイク問題

バイクは何人まで乗れるのですか?
2人までです。でもなぜか子供はカウントされないようで、警察の前にも関わらず、大人ふたり+子供ふたりの4人乗り原付が走っていくこともしばしば・・・。

結論:でも…法律上、2人乗りまでしか許されていません!!
登下校時によく3人乗りを見かけます

登下校時によく3人乗りを見かけます

ふたり+犬3匹という上級者まで!

ふたり+犬3匹という上級者まで!


バイクに乗っている人が、上着を反対にして走っているのですが・・・
日本ではまずあり得ない光景ですが、一度実際に試してみるとこれが結構便利なんです!
バイクを運転中、前からの風を受けます。その際上着を反対にして着ると上着がバラバラバラ~という風の抵抗を受けずにすむし、前からの風の寒さからも守ることができます。着る際も上着を反対に着る方がラクチン!しかも…雨が降ってきた際、レインコートをこのように着ると、足も雨から守れる&後ろに座っている方も一緒に着られるということも!!

結論:郷に入れば郷に従え!バスなど寒い車内でも使えるこのテク♪使ってみて、台湾人になりきっちゃおう♪
二人乗りしていると後に乗っている人も温かいんですねっ!

二人乗りしていると後に乗っている人も温かいんですねっ!

ひとりの方はバッチリファスナーまでしています。脱ぐ時が少し大変そうですね。

ひとりの方はバッチリファスナーまでしています。脱ぐ時が少し大変そうですね。

気候問題


なぜ冬でも冷房をかけているお店やバスがあるのですか?
ナビもこの疑問を台湾の友達にぶつけてみましたよ~。「空氣新鮮!(空気がきれいになるから」という???な答えもありましたが・・・。台湾は暑い時期が圧倒的に多いため、暖房機能を搭載していないエアコンが大多数を占めます。そして換気も大好き!悪い気が溜まると考えている人が多いとか・・・。だから、クーラーを付けてしまうらしいんです。また、バスではエアコンをつけなければ窓が曇ってしまい運転に支障が・・・。
結論:冬に台湾に来られる方は、大きめのスト―ルや上着を持参!安全第一なので、我慢しましょう。

街を歩いていると、Tシャツ短パンの人の横でダウンジャケットを着込んでいる人がいます。
冬、そんなに寒くない日でもダウンジャケットを着て歩いている人を見かけませんか?台湾人は寒がりだなぁと思っちゃいますよね。そんな人のほとんどが原付を運転している人だそうです。実際ナビも原付に乗る時はダウンジャケットを着込みますよ~!室内と室外の温度差も激しいので台湾ではダウンジャケットが案外重宝するんです!

結論:着たい服を着るのが台湾流!


ダウンジャケットではありませんが、温かそうなジャケットを羽織り、短パンにサンダル・・・

ダウンジャケットではありませんが、温かそうなジャケットを羽織り、短パンにサンダル・・・



ダウンジャケットを着ているのに、サンダルやスリッパを履いている人よくみかけます。寒くないの?
ナビスタッフに聞いてみると、靴下履くのが面倒!どうせ近くにご飯買いに行くだけだし・・・。と、怠け者の性格が原因だそうです。もちろん寒いからダウンジャケットで上半身だけは守るのだそう。足首を温めるだけで体感温度はずいぶんと変わるのに・・・と多くの日本人は言ってますが…。

結論:寒さよりめんどくささが勝つのが台湾!

気温の変化についていけません。
台湾は暑い!でも室内は寒い!この温度差に負けて体調を崩す方も多いのも事実。小まめに汗を拭き、温度調節できる恰好をおすすめします。ナビは大きめの薄いストールをかばんに忍ばせています。また、台湾の太陽はとても強烈なので帽子、サングラスがあると心強いです。

結論:旅行だからといってついつい予定を詰め込みがちですが、スケジュールに余裕を持って、ゆっくり旅を楽しみましょう!

その他の問題

日本語や英語が通じない
中国語が話せないから・・・と英語を使う方が多いと思います。台湾の若者は結構話せる人が多いのですが、母国語ではないのでもちろん話せない人もいます。また、日本人になじみのある単語でも台湾ではあまり使わないこともあるんです。その昔、カフェオレを注文したかったのですが、カフェオレってフランス語だしなぁと思い、「コーヒー、ミルク、ハーフ&ハーフ」と注文したらちゃんとカフェオレが出てきたこともありました。単語だけを言うのではなく、簡単な英単語で説明するとわかってもらえることもありますよ!でも、やっぱり通じない!そんな時は「筆談」をしましょう!漢字を使っている者同士、わかりあえることも多いです。

結論:英語より筆談をオススメします。身振り手振りで伝えるのも台湾では案外通じます!

この看板があるお店は合法で両替してくれます!

この看板があるお店は合法で両替してくれます!


両替商がないのがとても困ります
アジアの都市ではよくある両替商。台湾にはないんです。空港での両替が足りなかった時には非常に困ってしまうもの。銀行で両替ができますが、営業時間は平日のお昼のみ…。銀行が営業していない時には、レートはあまりよくありませんが、ホテル・デパート・免税店でも両替が可能です。また7-11などにあるATMでキャッシングすることも可能です。最近では、両替できるお茶屋さんもあります!営業時間も長くとっても便利です。
その昔、道行く人に両替場所を聞くと銀樓と付くシルバーアクセサリー屋さんを教えてもらいました。何もわからず両替できますか?って聞くと両替してもらえたのですが、後から調べると違法!くれぐれもお気を付けください。

結論:両替は合法で!お茶屋さんやマッサージ店、お土産屋さんでは日本円で支払えるお店も多いです。

どこにでもある7-11

どこにでもある7-11

ATMの機械を見つけたらカードの種類を確認してくださいねっ!

ATMの機械を見つけたらカードの種類を確認してくださいねっ!

PLUSと書いてあるATMはPLUSマーク付きの国際キャッシュカードでも引き出せます!

PLUSと書いてあるATMはPLUSマーク付きの国際キャッシュカードでも引き出せます!


台湾の方って朝早くから夜遅くまで元気ですよね?いつ休んでいるのですか?
朝市や朝の公園で汗を流す方々。夜は夜市で遊んでいる・・・。本当にいつ眠るのだろう。それは・・・お昼!台湾の企業ではお昼休みが1時間半というところが多いのです。この長いお休みでみんなお昼寝をするんです。これで朝と夜、元気に動けちゃうのです。まるでスペインのシエスタのようですねっ!

結論:お昼寝効果もあるけれど、朝は年配者、夜は若者が元気!

朝は太極拳!

朝は太極拳!

夜は夜市!

夜は夜市!

ほんと台湾の方ってエネルギッシュ!!


台湾のお店は開店時間が遅い!
旅行中は朝早くからショッピングなどを楽しみたい!と思っているのに、デパートでさえ11:00~というところも多く、しかも開店時間になっても空いていないお店もたくさん!これぞ台湾タイム~なのですが、旅行中の時間がない時には「もう~!」と思ってしまうもの。そんな時には博物館や24時間開いているスーパーなどに行くのも手です。パン屋さんやマッサージ屋さんは朝早くから開いているところも多いですよ!

↓↓朝活の情報はこちらをご覧ください。↓↓
台湾式朝ごはんを堪能したり・・・

台湾式朝ごはんを堪能したり・・・

博物館へ行ったり・・・

博物館へ行ったり・・・

マッサージ屋さんへ行ったり!

マッサージ屋さんへ行ったり!


他のお店から食べ物を持ち込んで、違うお店で食べている人を見るのですが・・・
台湾ではよく見るこの光景。基本的には問題ないんです。でもお店によっては【禁帶外食】と書かれ、持込み禁止のところがあるのでご注意を!また、服屋さんなどでドリンク片手に入ってきてお買い物をしている方がいるのですが、お店の前に【禁帶外食】と書かれていなければ基本的に持込みOKです。

結論:お店の外で【禁帶外食】の文字が書いてあるか書いていないかを確認しましょう!


お茶が甘いんですけど・・・
台湾ではペットボトルで売っているお茶の基本は「微糖」。甘くないお茶が飲みたい時には必ず「無糖」と書いてあるお茶を買ってくださいね!また、街にたくさんあるジューススタンドでは甘さと氷の量を調節できますよ!ほとんどのお店のカウンターに甘さと氷の量を書いた表が置いてありますので、それを参考に指差しで注文してみてください。ジューススタンドの言う「正常」とは砂糖をたくさん足し、氷をめいっぱい入れるということです。日本とは正反対ですのでご注意を!

結論:お茶以外にも台湾ではカスタマイズできるお店がいっぱい。食べたくないもの、調整したいものはどんどん伝えてみましょう!

台湾の方が親切すぎて、お誘いを断れないんです
台湾の方の優しさって、日本人の我々からすると考えられないほど!だから断ったら申し訳ないし・・・と思ってしまいますが、理由をきちんと告げて断っても大丈夫ですよ。台湾の方って世話焼きだけど、根に持ったりしない方が多いので・・・。でも、こういう困りごとならちょっと嬉しい☆
きっとまだまだあるであろう困ったことや不思議なこと!
何か他にあればedit@taipeinavi.comまでど~ぞ☆
もしかしたら第3弾があるかも・・・。

でも、文化が違うからこそ面白い!それが海外に行く醍醐味ですよね♪
どうぞ、日本とはひと味違う台湾を楽しんでください!!

以上、最近はちょっと微糖もおいしいなぁと感じ始めているナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2015-08-07

ページTOPへ▲

関連記事

困った・不思議Q&Aスペシャル Part 1

困った・不思議Q&Aスペシャル Part 1

みなさまの疑問にナビが全力でお答します!!

ビギナーの1日満喫コース Part2

ビギナーの1日満喫コース Part2

台北を自分の足で回ってみたいという方、ツアーの自由時間にどこに行くか悩んでいらっしゃる方に耳寄り情報Part2です!

ビギナーの1日満喫コース Part1

ビギナーの1日満喫コース Part1

台北を自分の足で回ってみたいという方、ツアーの自由時間にどこに行くか悩んでいらっしゃる方に耳寄り情報です!

「台湾常識」の基礎知識

「台湾常識」の基礎知識

ナビスタッフがおとどけする、知ってて損はないかも?旅で役立つ「台湾常識」の基礎知識…デス

その他の記事を見る