スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

肉まん・あんまん 大集合

フワフワ、ホカホカッと笑顔を作る、台北のにくまん・あんまん14種類大集合!

こんにちは。台北ナビです。日本の庶民の冬のおやつ「肉まん」「あんまん」。中華まんの一つであり、台湾でもB級グルメのカテゴリーの一つを占めています。あまり討論されてこなかった「中華まん」グルメですが、日本の井村屋もびっくりのおいしい肉まん・あんまんが巷にはたくさんあります!今日は朝からナビスタッフが台北市内を走り回り、選りすぐりの14店舗の肉まん・あんまんをチョイスしてきました。

まず「マン」とは?

「マン」とは「饅」と漢字で書きますが、あの外側のふわふわの部分が「饅」なんです。かといって「肉饅」「餡饅」とは言わず、「肉包(ロウバオ)」「豆沙包(ドウサーバオ)」というので気をつけてくださいね。ちなみに中身に何も入っていない皮だけのものは、「饅頭(マントウ)」となります。たとえば朝ごはんの屋台で「饅頭」と見かけても、中身には何も入っていませんので、もし肉まんが食べたいなら「肉包」、この字をしっかり覚えてください。
黒糖の饅頭

黒糖の饅頭

菜っ葉の入った菜包

菜っ葉の入った菜包

日本と台湾の違いは?

□ 肉まんの違い
台湾の肉まんは「肉包」と書いていながらも、中身に肉以外の野菜が入っていることがよくあります(日本のにくまんもそうですね)。卵やたまねぎ、パクチー、たけのこ。その中身がお店の特徴ですから、いろいろ比較して食べたいものです。さらにサイズは日本の1.5倍ぐらいのサイズのものがたくさん。一つほおばれば、腹6分目。ということで、台湾のみなさんは、この肉まん(マン系のもの)は「朝ごはん」として食べることが多いのです。肉まんを売るお店は朝7:00開店、そして、夜20:00ごろ閉店というのが一般的、でもやっぱり朝一のほうが材料も新鮮でおいしいですよ!ビッグサイズの新鮮ホカホカ肉まんをほおばりたいなら、朝早くに出発するのが鉄則です!

□あんまんの違い

日本のあんまんは、あずきの味しかしませんが、台湾のあんまんは多くがナツメ(棗)のアンとミックスされているので、独特な味がしますよ。アンコ嫌いの人にとって見れば逆にチャレンジのし甲斐があるでしょう。アンにはほとんどがコシアンがつかわれていますが、たまにツブアンもありました。コシかツブかまではお店の看板には書かれていないので、アタックして食べてみてください。残念ながら、お店によっては、あんまんは売られていないこともあり、台湾では「あんまん」より「肉まん」に人気の軍配が上がっているようだということが今回の調査でよくわかりました。

食べ比べに当たって

肉まん・あんまんと想像すると、中身をあけるまではどっちがどっちがわからない・・・というのが日本人の想像ですが、こう見てみると、外見上でも明白な違いが見て取れました。たとえば、あんまんにはマンのトップに赤いしるしをつけたり、皮に細かい穴を開けていたりなど、それぞれに独自の存在感を光らせています。さらに、お店ごとに味付けも違えば大きさも千差万別。皮の照り加減、柔らかさ、形状などなど、その外見のバリエーションの豊富さに、わがナビたちも「肉まん・あんまん」の奥深い世界を覗いたようでした。

また、肉まんは全体的に好評価を得たのですが、あんまんは「いまひとつ」という消極的感想が抜けませんでした。日本と違い、皮が硬かったり、皮の分量が大きすぎたり、アンの中に棗が入っているので、風味的にも予想を反したのが、評価が低くなってしまった原因のようです。また形にバリエーションの幅が広かったのもあんまんでした。
肉!

肉!

あん!

あん!


ナビスタッフ人気の肉まん

冠軍 No,1 康楽意小吃店 

台北市中正區汀洲路二段46號 7:00-13:00(月曜定休) 電話無し  肉包15元

残念ながら食べたときはもうすでに冷めてしまっていたのですが、そのしっかりとした皮にしみこんでいる肉汁に感動を覚えました。野菜はほとんど入っておらず、肉を楽しみたい人には一押しです。

ナビそれぞれのコメント
皮が厚い感じがする。肉がジューシー。小ぶり。出来立てはおいしい。汁で味を楽しめる。おやつ感覚で気軽に食べれる。皮が変わってる。「台湾にきたら、食べたほうがいい」って感じの、日本の肉まんとはちょっとちがうところがグー。皮フワで甘め。好き。皮が肉汁に浸っている。ねぎくさくない。出来立てが食べたい。オーソドックスでおいしい。
 


亜軍 No,2 潮州包子山東饅頭 02-2343-5050 台北市忠孝東路4段216巷52號 7:30-20:00(日曜定休)

亜軍 No,2 潮州包子山東饅頭

02-2343-5050 台北市忠孝東路4段216巷52號 7:30-20:00(日曜定休) 肉包17元

まるで雲のような皮の中に眠っている味噌味の肉が決め手。実は同じ「潮州」という肉まん屋さんが忠考東路4段にもあるのですが、ナビのランクに入ったのは、中正紀念堂と永康街の間にある小さなお店です。お間違えのないように。味付けは、味噌の味が濃く塩味と胡椒の味が利いていて、塩分が高い料理を好む日本人には受けがよさそうな味です。

ナビそれぞれのコメント
でかいけど、味噌の味。皮がふわふわで甘い。肉が甘い。見た目も色合いもおいしそう。皮もおいしい。肉の味付けもしっかり。やや皮が厚めで残念。胡椒の香りが強め。日本のコンビニの肉まんに似ている。皮好きにはいいと思う。味付けが濃い。
 


季軍 No,3 真好包子饅頭店 

02-2570-1881 台北市八德路3段283號 06:30-20:30(日曜定休)  黃蛋鮮肉包20元

卵黄が入っていない肉まんもあるそうですが、売れ筋は卵入りということでそれを買ってきました。お月様が入っているみたいで、なんとなく縁起がよさそうです。卵は思ったより塩辛くなく、でもかなり濃厚。卵のまったりさが、程よく肉アンとマッチします。ねぎがたくさん入っているので、まさしく「おかずパン」としての意味合いが高い肉まんです。

ナビのそれぞれのコメント
卵黄と肉がよくあう。皮もおいしい。肉厚。皮はしっとりとしておいしい。具の味は独特。肉の味付けがおいしい。卵も台湾らしくGOOD。肉の味は良いけど、ちょっとぼそぼそしている。皮は固めだけどおいしい。卵黄入りは個人的にはNG。卵の味が強い。ボリュームたっぷりで良し!
 

☆ナビスタッフ人気のあんまんNo,3

冠軍 No,1 宏益蛋黃肉包
02-2314-4537 台北市漢口街2段54號之31 7:00-23:00 豆沙包15元

非常に標準的な味でした。ほのかにナツメの味がするのですが、悪い味ではありません。逆にナツメの味付けが懐かしいような香りでほのぼのとなります。さらっと口の中に解けるので、お茶請けに良いかも。

ナビのそれぞれのコメント
甘ったるいかなと思ったけど、意外にさっぱりと口に残らない。コシアンが良い。さらっとしてて、味もしつこくない。アンのコシがよろしい。キモチ皮がボソボソ。棗の味がほのかにする。
 


亜軍 No,2 三發點心總會轉賣店
02-2559-6322  台北市大同區迪化街一段21號 永楽市場裡面 9:30-18:00(月曜定休) 紅豆沙包18元
肉まんよりも一回り大きい柔らかなパン生地の中に、しっかりと詰まるツブアン。あまり棗の味がしなかっただけに、比較的食べやすいものでした。ただ、女性にとってはちょっと大きすぎるかな・・・

ナビのそれぞれのコメン
日本らしい味・ツブアン・でも甘すぎる。つぶあんが台湾では珍しい。小豆の色が悪いけど、小豆の味はしっかりする。あんがしっかり詰まっていて、中華まんという感じ。小豆好きな人は好きでしょう。一番日本のあんまんに近い。甘さもいい感じ。
 


季軍 No,3 潮州包子山東饅頭
02-2343-5050 台北市中正區信義路二段19號 8:00-22:00 (日曜10:0-14:00) 紅豆豆沙包13元

肉まんと同じお店がランクインにでました、やはり肉まんもおいしい店はあんまんもおいしいのでしょうか?色合いは、他のあんまんと比べて、色が鮮やかで、見るからに味が濃そうです。しかし、皮が硬めだったため、アンとのバランス面が一部不評の結果に。

ナビそれぞれのコメント
甘すぎずちょうどいい感じ。皮が厚い・アンがぺちゃぺちゃしている。皮が硬い。小豆の味が濃いけど、しっとり。いまひとつ。小豆の香りがする。

とにかく不評だった肉まん・あんまん

肉まん 
江淅點心
02-2395-1216 台北市麗水街2號之1 9:00-21:00(月曜定休)鮮肉包25元

小ぶりの肉まん。毎日朝から全て手作りで作っていて、味にもこだわりがあるのか、非常に独特な香辛料の香りがします。これがいい人はOKだけれど、B級グルメ初心者には厳しいかな?ナビ個人的には好きなんですが・・・

ナビそれぞれのコメント
香り高い・肉が柔らかく粘り気が。台湾の味・好き嫌いが別れる。熱々ならおいしいと思う味。味に癖がある。台湾の味という感じ。肉が少なく皮厚い。ん?ソーセージか?って感じで飲み込めない!変わりすぎ!八角なのか、中華の香料がつよい。

あんまん 
開封包子
02-2838-1213 士林區福林路229號 8:00-12:00 14:00-19:30(月曜定休) 紅豆包15元


あんが全くしっとりしておらずパサパサ。粒あんがたくさん入っていますが、小豆の味はほとんどせず、一体何が入っているのか良くわからない・・・しかもなんだか得体の知れない香りがする・・・というさんざんな結果となりました。近くにいってみたら、怖いもの見たさでぜひ買ってみてください。

ナビそれぞれのコメント

× 圏外 小豆じゃない・・・ やっぱあんまんに、粒はないっしょ。色も嫌い。あんに小豆以外を入れていてはだめ。くさい・作り物の味がする・のみこめない。「ツブシテヤルー」って思った。漢方くさい、NG。パンに変なにおいがする。

エントリーのお店全てご紹介します

宏益蛋黃肉包
02-2314-4537 台北市漢口街二段54號之31 7:00-23:00(旧正月のみ休み) 
卵黄が入っている、台湾らしいタイプです。黄身以外には、たけのこがゴロリと入り、シャクシャクとした食感が楽しめます。逆に卵黄が入っていないと、ぼんやりとした味付けになってしまうようです。
あんまんは見事No1に輝いています。宏益蛋黃肉包20元 豆沙包15元
------------------------------------------------
開封包子
02-2838-1213 士林區福林路229號 8:00-12:00 14:00-19:30(月曜定休) 
あんまんは見事ワースト1にノミネートされましたが、肉まんこそはそこそこいけました。しょうがとねぎの香味が利いていて、ひとによっては野菜の味ばかり気になる・・・という人もいました。実は、あまり有名なお店ではなく、スタッフが通勤途中についでに買ってきたお店です。やはり「有名な」お店のほうが無難に味に期待できそうです。鹹肉包 15元

-------------------------------------------
潮州肉包
02-2773-8371 台北市忠孝東路四段216巷52號 7:30-20:00(日曜定休)

忠孝東路4段にある潮州。小さめの肉まんは皮が薄めで、「皮だけ食べているみたい」という感じがありません。満遍なく肉のうまみを感じることができます。こちらのでは肉まん専門店であんまんは、朝の10:00の時点ですでに売り切れのため、手に入れられませんでした。潮州肉包18元 豆沙包15元
 

--------------------------------------------
三味麵食小吃(2009.11.15現在休業中)
02-2313-1158 8:00-20:15(日曜定休) 台北市衡陽路59號

☆肉まん
鹹肉包という名前のにくまんは一つ25元とちょっと高め。それでも日本円にしたら100円ぐらいですからありがたいものですね。濃い目の醤油の味付けで、お肉たっぷり肉汁もたっぷり。でもちょっとあぶらっぽ過ぎて、食べると身がボロボロと崩れてきてしまいました。鹹肉包 25元
☆あんまん
舌触りが滑らかですが、小豆の味よりも、なつめのような甘いものの味わいが先に来てしまい、小豆本来の風味が損なわれているような。全体的には可も無く不可もなくといったところ。豆沙包 25元

----------------------------------------------
真好包子饅頭店
02-2570-1881 台北市八德路三段283號 6:30-20:30(日曜定休)

肉まんランキングで見事3位を獲得したお店。肉まんも卵入りで、存在感がありましたが、あんまんも異色。皮に入っているのは小豆。外からも中からも小豆で攻めている・・・と思ったのですが、意外に小豆の味があまりせず、予想外の「薄味」という判定に終わりました。逆に、皮に小豆があると、せっかくのフワフワパンの部分の食感を貶してしまうのではといった評価もありました。黃蛋鮮肉包 20元 芋頭豆沙包17元

-----------------------------------------------
三發点心専賣店  
02-2559-6322 台北市大同區迪化街一段21號(永樂市場内)9:30-18:00(月曜定休)
あんまんで2位を冠したお店です。アンがどっぷり詰まっているのとは対照的に肉まんは小ぶり。でも肉汁がうまく皮にしみこんでいます。そんなに大きくないので、女性でも無理なく満足して食べられます。青蔥肉包17元 紅豆沙包18元

------------------------------------------------
姜太太包子店
02-2781-6606 台北市大安區復興南路一段180號 6:00-19:00(日曜定休)
☆肉まん
東区の緑のSOGOの隣で、いつも人がたくさんのところといえばお分かりでしょうか。かなり人気の肉まん店です。今回の中で、もっとも小さな肉まんでしたが、皮が比較的硬めで、肉汁をもっともたたえているお店。冷えてしまうと、皮が硬くなり、皮にしみこんだ肉汁にちょっと油っぽさを感じるところもありました。鮮肉包15元
☆あんまん
同じく皮は固め。せっかくあんまんを食べるのですから、やはり皮はフカフカであってほしいものです。ただ、逆に「皮がモチモチでよい」という意見もありました。硬いのかモチモチなのかは、その人の評価の分かれるところでしょう。あんこはしっかりこしてあり、若干やわらかい羊羹のような感じもします。豆沙包15元

-------------------------------------------
三味香包子
02-2331-0756 台北市中正區桃源街19號 8:00-20:15 日曜定休
☆肉まん
西門町の東側、中山堂の付近に有るお店で購入。大き目の葱が入っていますが、葱の臭みはあまり感じられません。塩味やスパイスが効いていて、比較的日本人が望む味付けに近いような気がします。鮮肉包 25元
☆あんまん
ちょっと色が黒いので、きっとなつめあんの分量が多いのかなと思いましたが、案の定、あずきというか「なつめ」のあんまんでした。他のあんまんよりも「油分」が多いようで、中には「ミルクっぽい味がする」という意見も出たほど、かなり濃厚なあんまんです。豆沙包25元

-----------------------------------------
潮州包子山東饅頭
02-2343-5050 台北市中正區信義路二段19號 8:00-22:00 (日曜10:0-14:00)

肉まんは二位にランクイン。詳細はそちらをご覧下さい。
あんまんはツブアンで、小豆の香りがして、一見高評価そうですが、意外にもに皮が硬く(しっとりという評価もあり)、アンが「ぺちゃぺちゃ」しているような感じになってしまいます。皮がもっとふわふわしていれば、評価が変わったかもしれません。肉包17元 紅豆豆沙包13元

------------------------------------------------
新竹光復饅頭店 02-2713-9300 台北市長春路376號 7:00-22:00(不定期で休み)
☆肉まん

大きさに比べて、肉の量が圧倒的に少なく、これは詐欺だとの悪評価が続きました。味付けは醤油の味が強く、これを好きととるか、嫌いととるか意見がわかれそう。鮮肉包14元
☆あんまん
長細い変わった形のあんまん。でも、これも同じく、中身のアンが少ない!おかげで、食べても「皮」の味がしないのです。評価外というキビシイコメントもありました。豆沙包14元
-----------------------------------------
江淅點心
02-2395-1216 台北市麗水街2號之1  9:00-21:00 月曜定休
永康街にあるお店ですが、肉まんの評価は非常に悪く、ワースト1に選ばれてしまいました。鮮肉包25元
あんまんは、羊羹のような濃厚のアンに高評価が集まりました。食べた後にやってくる棗の香りが特徴的。豆沙包 25元

-----------------------------------------
佳味香包子饅頭専門店
02-2834-3318  台北市士林區德行東路109巷97號  6:30-19:30(不定期休み)

☆肉まん

ビッグサイズの肉まんで、お昼ごはんとしても通用します。味付けは、これは塩加減がきいているのですが、調味料のお酒の甘みも感じることができました。鮮肉包17元 
☆あんまん
同じくビッグサイズ。ただ、甘さが少ないのか、いまいち味付けがピンとこないそうです。甘いものが苦手な人にはちょうど良いかもしれませんが、こうやって食べ比べをすると、その味付けの希薄さに評価が下がります。白糖豆沙17元

 

士林國光饅頭
02-2882-1861 台北市士林區福港街111號 5:00-20:00(不定期休み)

しいたけや青ねぎが入って、肉まんというか、野菜まんに近い、健康的な肉まん。ねぎのシャキシャキとした食感が他の肉まんとは違い、やわらかい肉まんの皮と対照的で、印象に残る肉まんです。鮮肉包15元

こうやって蒸しながら食べました

こうやって蒸しながら食べました

食べるのだって楽ではありません。

食べるのだって楽ではありません。

採点に当たっては大変苦労しました。ナビ内で台湾リピーターならおなじみの「大同電鍋」を買ってきて、その場で蒸したり、もちろん、一応リストも作ったりしたのです。でも14軒全ての肉まん・あんまんを食べ比べするのは、思ったよりも体力を要し、食べ終わりのころには、皆おなか一杯でバテてしまいました。もう次の冬まで肉まんは見なくても良いかななんて思いながらも、ひとつひとつ味が全く違うので、次の饅に手が伸びてしまうのでした。台北ナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2009-04-06

ページTOPへ▲

その他の記事を見る