スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

エンタメ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


閉店・移転、情報の修正などの報告

100年を超した古跡建築物「西門紅楼」。劇場だけでなくショップやカフェ、展示館などでも楽しめます


こんにちは、台北ナビです。「西門」というと「若者の街」「台湾の原宿」などと言われ、多くの人でにぎわう街ですが、向かい側には“古跡”が存在するのをご存知でしたか?ナビは初めて見つけた時、街のイメージとのあまりのギャップにたじろいでしまったほど、本当にビックリしたものです。今回はこの古い建物「紅楼」にクローズアップしてみます!

100年の歴史


「西門紅楼」が建てられたのは1908年のこと。すでに100年以上の歳月が経っています。実は台湾で初めて政府が建設した市場で、当時は西門町のシンボルとなっていました。1963年、西洋の思想が流行し始めたこともあり、「紅楼映画館」が開館。西洋映画から時代劇まで幅広いジャンルの映画が上映されるようになりました。チケット価格も手頃で、当時の学生に人気のスポットとなったのです。その影響からか、現在もこの界隈には多くの映画館が点在し、西門町は「映画の街」という一面を持っています。現在の「若者の街」「映画の街」という西門町の姿…、実は「紅楼」が引っ張ってきたものかもしれませんね。
ところが、1970年代以降、建物の老朽化とともに「紅楼」は衰退。20年以上経った1997年、三級古跡として公告され、その年に映画館業務は休業しました。2000年の火事、2002年の「紙風車文教基金会」による再建築などを経て、2007年11月、現在の姿に生まれ変わったのです。現在は「台北文化基金会」が運営管理を引き継ぎ、文化の多元空間として新しい姿に。2008年には、第七期「台北市都市景観大賞」歴史空間活性化賞を獲得しています。

これら100年の歴史が、「紅楼」を入ってすぐ真正面に「百年祝福 紅楼物語」として、写真と文章で紹介されています。日本語でも記載がありますのでご覧になってみてください。
その後ろには、時代ごとに「紅楼」にまつわる物の原物が展示されています。当時のレンガや錆びた釘、写真や映画のポスターなどは、実際に見るとよりイメージが膨らみ、ナビを時代の旅へと誘ってくれるようでした。
使われていたブロックと釘

使われていたブロックと釘

社名などの当時のスタンプ

社名などの当時のスタンプ

一見の価値がある建築物

八角形の中心は円状になり柱で支えられていました。柱も八角形ですね…

八角形の中心は円状になり柱で支えられていました。柱も八角形ですね…


「紅楼」はただ古いだけでなく、建築物として見るとかなり立派なものです。建築に興味のある方でなくても興味をそそられる、一見の価値がある建築物ということができるでしょう。「紅楼」を設計したのは日本人建築家の近藤十郎氏。近藤氏は当時、台湾総督府建築科を担当しており、西洋建築が得意だったといいます。大胆なアイディアで「八卦造形」を取り入れ、入口の形としました。建築以前辺りはお墓などが多かったそうなのですが、東方の思想で八角形は八方からエネルギーが集まり、悪い運気を遠ざけるといわれていました。その後ろの市場の主体の特色は「十字架造形」であること。これはキリスト教から来ています。こういった設計は東西建築史上初めてのものでした。

◇特徴的な設計箇所
「扶壁」…この壁が支えとなり耐震力がUP

「扶壁」…この壁が支えとなり耐震力がUP

「山形牆」…壁の名称。中央いちばん上が三角形の造りとなっています

「山形牆」…壁の名称。中央いちばん上が三角形の造りとなっています

「拱心石」…窓枠の上の部分のみレンガが縦に放射状に並べられています

「拱心石」…窓枠の上の部分のみレンガが縦に放射状に並べられています

「老虎窗」…直訳するとトラ窓ですが…上の「拱心石」との相乗効果により、丸みのある美しい形状となります

「老虎窗」…直訳するとトラ窓ですが…上の「拱心石」との相乗効果により、丸みのある美しい形状となります

二楼劇場


2階から見ちゃいましょう。というのも、八角形部分の2階がまるごと劇場になっていて、ここにも特徴的な設計が見て取れるんです。まず階段から雰囲気があるのですが、劇場ももちろん期待を裏切りません。イスが外観同様アンティーク調にまとめられていて雰囲気があり…写真もボヤケルほど暗~い。また、むき出しになったレンガが時代を感じさせるのです。大小大きさの異なるレンガを組み合わせる方法は、イギリスの建築方式だとか。より重さに耐える効果があります。また、高さ6メートルある天井には重厚な鉄骨が張り巡らされているのですが、八角形の8の倍の16本使われており、この鉄骨はわざわざ日本から船で運ばれてきたものだと伺いました。
さて、ここは基本的に週末の木~日曜日に使われ、映画はもちろん、ライブ、写真展、演劇や記者会見など多目的に使用されます。台湾で大人気のバンド「五月天」のライブも開催されたことがあるといい、大きなイベントにも充分対応できる広さがありました。

1階には…


下に戻って、改めて展示スペース以外の1階のご案内をしましょう。入口入って右側にはインフォメーションカウンターがあります。こちらでダイヤモンド型をした日本語のパンフレットをもらいましょう。なぜこの形なのかというと、開くと八角形になるから!
右にあるのがパンフです

右にあるのがパンフです


その奥がカフェスペース。ノスタルジー心がくすぐられる絵が飾ってあったりして、なんとも心地よいカフェです。西門ってあんまりゆっくりできるカフェが多くないので、買い物で疲れた時や、喧騒から離れホッとしたい時などココはピッタリ!入口左側にキッチンスペースがあります。

そのほか、1階のところどころには昔なつかしい気分にさせてくれるものを見つけることができます。記念写真をとってもおもしろそう!
これはニセモノです

これはニセモノです

「台湾」が買えるショップ

左奥にあるショップ「精品區」は「紅楼」の自営ショップです。台湾みやげはもちろん、台湾新鋭デザイナーなどの作品も置いてあるので、ここでしか出会えない商品もあり要チェックですよ~。デザイナー物では、キャラクターの手描きのポストカードが人気なんですって。「台北」って書かれているのはおみやげにイイですね。あとは、「ROOFTOP’S LIFE@TAIWAN」というブランドの商品。台湾の町並みが黒ペンのみで描かれています。マグカップからテープまで品揃えも豊富。
手描きのポストカード

手描きのポストカード

ロボットモチーフのアクセ

ロボットモチーフのアクセ

「紅楼」の模型も人気アリ!紙製で、自分で組み立てるようになっています。八角形だけの小は20元、十字架部分も入った大サイズは40元とリーズナブルなのも人気のヒミツ~。
ナビの目を惹いたのはコチラ!「臺灣」という文字が入った花柄のラインナップ。色も青と赤だけのシンプルなところもGOOD。ポストカード(80元)、ハンカチ、Tシャツ、バッグなどがありました。ノート(230元)なんか実用的だし、ナビも本気で買おうか悩んじゃいました…
ナビが取材に伺ったのが年末ということもあり、メデタイ系のグッズも並んでいました。財運UPの提線醒獅(ミニ獅子)はいろんな色がありました。日本でいう七福神の神様も紙で作れちゃいます。

16工房

ナビも初めて足を踏み入れたのですが…後ろの十字架の部分はショップエリアになっていました。16もの小さなショップが入っているので「16工房」。こちらも台湾人デザイナーものがほとんどで、他ではあんまり見かけないものが多数。それぞれとっても個性のある店なので、見て歩くだけでも楽しくなっちゃう!オリジナルTシャツのお店や、シルバーアクセのお店を覗いてみました。シルバーアクセはカワイイ系のデザインがいっぱいで、ナビは結構スキ!同じデザインでも、石の色を自分の好きな色に選べるのもあるので、ちょっとしたオーダーアクセ気分も楽しめます。手彫りの木のかんざしのショップもステキでした。
OPENちゃん!…と思ったらちがった~

OPENちゃん!…と思ったらちがった~

LEGO風グッズがいっぱい

LEGO風グッズがいっぱい

南北広場


「紅楼」の両側には南北それぞれに広場があります。北広場は正面入り口前の右側に広がります。この空間は土日にはイベントテントが張られ、バザーのようなにぎわいに。こちらもまた、16工房のような雰囲気で台湾デザインに出会える手作り市が開かれますよ。また記者会見やアイドルの新曲発表会などで使用されることもあるそうです。
オブジェが特徴的でした

オブジェが特徴的でした

北広場から16工房への入口がとってもアーティスティック!

北広場から16工房への入口がとってもアーティスティック!


南広場は夜がメインです。昼間はなにもありません。夜になると数多くのパブが店開きをし、屋外のテーブルで飲む、というスタイルの場所に。ナビも以前ここで深夜1時近くまで飲んだことがあるのですが…男性ひとりで飲みにくると、男性から声をかけられる可能性があるかも、といえる場所です…念のため。


その歴史や建築に特徴があることを知らないと、なにげなく見て終わってしまうかもしれませんが、掘り下げて見てみると、こんなにも見所がいっぱいでした!また、ショップめぐりもなかなか楽しめるので、ぜひ「16工房」が開いている時間に出掛けてみては? 
以上、台北ナビでした。

記事更新日:2010-01-21

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    megukanamay

  • photo

    megukanamay

  • photo

    erawanphum

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2002-08-23

スポット更新日:2014-09-30

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

In Between Lab(西門紅楼 16工房)

In Between Lab(西門紅楼 16工房)

遊び心がちりばめられた手作りの牛革グッズの数々!名前の刻印もOK~

拓銀(西門紅樓 16工房)

拓銀(西門紅樓 16工房)

ひとつひとつ手作りしたシルバーアクセはそれぞれに表情があってステキ!

陳パパ手作り石鹸房(西門紅樓 16工房)

陳パパ手作り石鹸房(西門紅樓 16工房)

娘のために作った石鹸は体に優しい使い心地♪自然な香りにも癒されます

NEW NOISE(西門紅樓 16工房)

NEW NOISE(西門紅樓 16工房)

ギターピックに夢を込めたアクセの数々はかわいらしくてカッコいい!

Best Friend(西門紅樓 16工房)

Best Friend(西門紅樓 16工房)

「かわいいっ♪」と叫ばずにはいられない!ちょっと人見知りな仲良しキャラがいい味出してます

Shadow* BOSS(西門紅樓 16工房)

Shadow* BOSS(西門紅樓 16工房)

アクリル板とシルバーのドッキングアクセは軽くてお手入れも簡単♪

Picobaby(西門紅樓 16工房)

Picobaby(西門紅樓 16工房)

パソコンの基盤から取り出したパーツから生まれたキラキラ輝くロボットたち!見れば見るほど愛らしい♪

Li Li Link 繋(西門紅樓 16工房)

Li Li Link 繋(西門紅樓 16工房)

台湾ママとその家族が支える五色紐に、ブロンズと革を組み合わせたブレスレットは人と人の繋がり、愛そして生命の連鎖を表現!

自做自售創意供売局(西門紅樓 16工房)

自做自售創意供売局(西門紅樓 16工房)

ラブ台湾が大爆発しているレトロ系雑貨屋さん

shine away(西門紅樓 16工房)

shine away(西門紅樓 16工房)

カメラッ娘のためのカメラバッグやストラップがズラリ~☆

tode。(西門紅樓 16工房)

tode。(西門紅樓 16工房)

オシャレでユニークな台湾デザインに出会えちゃうMITのセレクトショップ♪

河岸留言 西門紅樓展演館

河岸留言 西門紅樓展演館

古蹟の中にあるライブハウス♪歴史を感じながら人気アーティストの演奏を楽しもう!

16工房

16工房

台湾クリエーターたちが最新MITを発信!思わず笑顔になれちゃうカワイイ&楽しい台湾グッズをお土産に!

emmaAparty(西門紅樓 16工房)

emmaAparty(西門紅樓 16工房)

ちょっとやんちゃでほんわか系な動物達が大集合!

剪刀兔本舖(西門紅樓 16工房)

剪刀兔本舖(西門紅樓 16工房)

デザイナーの日常をキュートなうさぎが表現!癒し系うさちゃんに胸キュン