オークラ プレステージ台北(台北大倉久和飯店)

The Okura Prestige Taipei台北大倉久和飯店

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

サービスの手厚さはさすが日系の高級ホテルならでは。台北旅行のホテル選びをますます楽しくさせるイチオシです!

こんにちは、台北ナビです!

ナビのご近所、南京東路と中山北路が交差する付近は、日本からの観光客も多く宿泊するホテルが集まり、土産物店やレストラン、ショッピングスポットでにぎやかな街並みとなっています。

そんな中山エリアに注目の新しいホテル「オークラプレステージ台北(台北大倉久和飯店)」が満を持して登場。日本でも元祖「ホテル御三家」として国内外から高い評価を受けているホテルオークラ系列です。

実をいうと、ホテルのプレオープンは7月下旬、正式オープンは8月3日でした。しかし、営業開始当初から超大人気で連日大忙し。やっと落ち着いてきたということで本日の取材となりました。今か今かと期待していた皆さん、お待たせしましたー!

実はナビもホテルの前は何度も通っているものの、なかなか入るチャンスはなく、今日が初めて。南京東路に面した車寄せは余裕を持ってスペースが取られており、前の車が出発するまで後続の車が待たされるということはありません。

足を一歩踏み入れると・・・

ドアマンが笑顔で迎えてくれたロビーへ一歩足を踏み込むと、高い天井にチェコから取り寄せたというピンクがかった大型シャンデリアがお出迎え。白を基調とした館内には水音が響き、いきなりラグジュアリーな気分にひたれます。

入口から入って正面にはフロントと客室専用エレベーター、右手にソファーとコンシェルジュデスク、左手には昼はカフェ、夜はバーになる「The Pearl」、南京東路に面した側にはスイーツやパンを扱うショップと、モダンクラシックな雰囲気を醸し出しつつ機能的にまとめられています。
カフェにもバーにもなる「The Pearl」

カフェにもバーにもなる「The Pearl」

東京とおんなじベイカリー

東京とおんなじベイカリー

ところで、ホテルの正面入口にはタクシーなどからも分かりやすいよう「大倉久和大飯店」の大きな看板が建っています。この「久和」という名称、ナビは勝手に「合弁している台湾側の企業の名前だろう」と思い込んでいました。ところが、今日案内をしてくれた池さんに確認してみたところ全然予想と違う答えが!「久(きゅう)はホテルの住所、南京東路一段9号の9から、中国語でも久と数字の9は同じジョウという読み方です。和はオークラが大切にするコンセプトから名付けたものです」。名称にも深い意味を持たせたこだわりを感じます。

ホテル?美術館?



館内を案内していただいてそこかしこで目に入るのは芸術品の数々。エレベーターホールにはもちろん、廊下のちょっとしたスペースにも、趣味のいい食器や花瓶が飾られています。これらはすべてホテルを運営する「長鴻栄実業」という企業のオーナーの私有物だとか。建設業界などで成功したオーナーが、次なるビジネスとして選んだのがホテル業界。詳しく聞くと、合弁ではなく、台湾側が100%出資し、日本のオークラ側がスタッフを派遣し、マネージメントしている形になるそうです。

客室は全部で208室、大型高級ホテルと比べると決して多い数字ではありません。その分、ラグジュアリー感を大切にして付加価値を高めることで、都会型高級プチホテルのスタイルを目指しているようです。

お部屋へおじゃましました♪



それでは、さっそく客室からご紹介していきましょう。客室のグレードは全部で7つ。今日は一番需要の多い「プレステージルーム(Prestige Room/菁英客房)」と「オークラプレステージルーム(Okura Prestige Room/大倉菁英客房)」を見せていただきます。客室フロアへは専用エレベーターにて。カードキーを持っていない方は利用できないため、セキュリティも万全です。客室フロアもやはり白を基調としてまとめられた明るい廊下。こちらでもかわいい芸術品がお出迎え。

お部屋の設備、備品をご紹介!


ビジネスにも、旅行中に手紙を書くにも便利なデスクとデスク周りの小物はオレンジで統一。こちらのオークラは日本料理レストランを除き、すべて香港のデザイン事務所によってデザインされているそうです。デスクの引き出しには、何かと便利な文房具やソーイングキット、オークラのロゴ入りレターセット、室内には無線LANの電波も入りますが、LANコードも用意されています。そしてこのチェアの座り心地が抜群なのです!
旅行だけじゃなく、

旅行だけじゃなく、

出張にも強い味方!

出張にも強い味方!



機能的なのはテレビ下の収納棚。右手にはミニ冷蔵庫(中のドリンクは有料)、真ん中の引き出しにはグラスやカップ類、ワインオープナーなどが用意されており、どこに何があるかが一目瞭然。ナビママお気に入りの収納棚は、指先で押し込むとスーッと最後まで収納されるスムーズさ!
ポットも

ポットも

カップ、グラス類も豊富に用意

カップ、グラス類も豊富に用意

冷蔵庫内は有料です

冷蔵庫内は有料です

水分補給にうれしいミネラルウォーターは無料で4本!

水分補給にうれしいミネラルウォーターは無料で4本!

時代はタッチパネル!

時代はタッチパネル!


部屋のライト、カーテン、ブラインド、アラームなどの操作はすべてベッドサイドのタッチパネルで可能。SONYの大画面テレビとDVDプレイヤーで映画を楽しむことだって出来ちゃいます。また、一方のサイドテーブルには収納式のセーフティボックスがあります。パスポートなどの貴重品をしまっておくのに便利ですね。
エスプレッソマシンも最新式

エスプレッソマシンも最新式



リラックスのお供にエスプレッソはいかがでしょう。館内のすべての客室に「ネスプレッソ」ブランドのマシンが置かれ、引き出しには4つのカートリッジが。もちろん烏龍茶などのティーバッグも完備です。
バスルーム
洗面所は明るい大理石の床に大きな鏡、シンクの深さも充分です。アメニティは台湾オリジナルのものを使用。シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、歯ブラシセット、ヒゲソリなどの基本的なもののほか、シェイビングクリームや、女性にはうれしいコットンパフなど「あったら嬉しいな」というアメニティがちゃんと準備されているんです。「あれ?ウイスキー?」と見間違うような袋のなかにはパナソニック製のイオンドライヤー。シャワールームもバスタブの広さもゆったり。湯上りの体重チェックは日本のタニタ製で。台湾で美味しいものを食べすぎてビックリしないでくださいね。
シャワーは2種類

シャワーは2種類

バスタブも日本人好みの大きいもの

バスタブも日本人好みの大きいもの

一か所にまとめられているアメニティ

一か所にまとめられているアメニティ

オークラオリジナル

オークラオリジナル

体重計は…

体重計は…

こちらでかくれんぼ

こちらでかくれんぼ

お風呂に入りながらニュースやドラマをチェック可能

お風呂に入りながらニュースやドラマをチェック可能

音量やチャンネルはこのパネルで操作♪

音量やチャンネルはこのパネルで操作♪

なになに?ウイスキー?

なになに?ウイスキー?

と思いきや、ドライヤーでした

と思いきや、ドライヤーでした




トイレは、日本人にはうれしいバスとの分離型!TOTO製のウォシュレット導入で、あらゆる動作が脇のタッチパネルで操作可能。大きな文字で日本語表示もあるので、慣れない方でもご心配なく。トイレにもさりげなく絵が掛けられているところにセンスが光ります。
操作はタッチパネルにて

操作はタッチパネルにて

トイレのなかにも芸術品が!

トイレのなかにも芸術品が!



実はナビやナビママが気になったのは室内に掛けられていた絵。どうも今まで見てきた台湾の画家さんとはちょっと違うタッチなので、「もしかしたら日本人が書いたのかも」と考えましたが、どうやら台湾の新進気鋭の若手女性画家のようです。
クローゼット
クローゼットのなかには、バスローブのほかにパジャマが用意されています。台湾でパジャマが用意されているホテルは少ないので、これは嬉しい!


と、ここまで見終えてナビたちは気付きました。エレベーターに乗ってから廊下を歩き、客室のドアを開けてパスルームやベッドルームへ、一切の段差がない「バリアフリー」仕様になっています。これなら、車椅子利用の方やお年を召した方も足元を心配することなく宿泊していただけます。

人気のお部屋を見てみましょう!

Prestige Hollywood Twin Bed Room(菁英客房/2單床) 13坪
まず見せていただいた「プレステージルーム」は白+オレンジの配色が明るい印象を与えてくれます。部屋は台北市内の高級ホテルではかなり広い部類に入る13坪。バスや洗面所との仕切りとなるドアは全開にすることが可能で、より一層広さを感じられます。反対に、完全に閉じて目隠しすることもできるので、恥ずかしがり屋の方もご安心を。
見せていただいたお部屋は南向きで、窓からは新光三越ビルや台北101、眼下には南京東路の賑やかさが飛び込んできます。
こちらは「元祖摩天楼」の新光集団ビル

こちらは「元祖摩天楼」の新光集団ビル

遠くに霞むは台北のランドマーク「101ビル」

遠くに霞むは台北のランドマーク「101ビル」


Prestige King Bed Room(菁英客房/1大床)  13坪
こちらは同じ広さでキングサイズのベッドが一つ。基本1名での利用となります。

Okura Prestige Room(大倉菁英客房) 13坪
続いて見せていただいたのは、プレステージルームの上位に位置する「オークラプレステージルーム」。部屋の広さは同じですが、アロマセラピーをコンセプトにしたアメニティが取り揃えられています。
先ほどのオレンジがエッセンスとなった「プレステージルーム」と異なり、「オークラプレステージルーム」は深いブラウンを基調とした落ち着いた雰囲気。デスク周りやチェアもすべて統一されています。
基本的な設備は「プレステージルーム」と同じです。

基本的な設備は「プレステージルーム」と同じです。

オークラプレステージ台北には、今日ご紹介した2つのグレードの客室のほか「プレミアプレステージルーム」「エグゼクティブルーム」「ジュニアスイート」「ザ・スイート」「ロイヤルスイート」の全7グレードが用意されています。

最上階には何があるのかな

笑顔でお待ちしております

笑顔でお待ちしております


明るい廊下を通り、続いて向かったのは20階にあるジム。イタリア製の機器を取り揃え、タオルも完備。ウェアとシューズだけお持ちいただければ、旅行中になまった身体や、食べ過ぎて気になるお腹もシェイプアップ可能。ロビーも清潔で、トレーニング後に小腹がすいたらルームサービスの注文も可能。


そして最上階にあるプール。ちょっと肌寒くなってきた11月の台北ですが、温水プールになっているのでまだまだ楽しめます。ちょっと小ぶりのプールサイドからは、近くの新光グループビル、遠くの台北101ビルと、台北のランドマークを見渡すことも可能。ソファーやラブチェアも用意されているので、夏にはホッと一息つくのに最高の空間になりそうです。宿泊客以外にも、会員になればプールとジムが使用可能。ただし年会費は9万元(約27万円)!
101の花火が見えるかも

101の花火が見えるかも

レストランエリアに潜入~☆

オークラプレステージ台北のレストランは全部で4つ。日本料理、広東料理、朝食レストランにもなるブッフェと、ラウンジバーにもなるカフェです。

そのなかで特に台湾のグルメの方々や、駐在員の皆さんから高い評価を受けているのが日本料理の「山里」です。店内は大きく3つのエリアに分かれており、会席料理は陽光が差し込む明るいテーブル席で、お寿司、天ぷら、鉄板焼は専用のカウンター席で料理を楽しめます。もちろん、お寿司のカウンターで天ぷらを注文することも可能。
天ぷらエリアでは職人さんがランチの準備中

天ぷらエリアでは職人さんがランチの準備中

寿司カウンターも大忙し

寿司カウンターも大忙し

こちらは鉄板焼コーナー

こちらは鉄板焼コーナー

陽光が差し込むテーブルでランチもいいですね

陽光が差し込むテーブルでランチもいいですね

お待ちしております

お待ちしております



そのほか、会食などに使える個室も用意されており、大切な食事会には最適です。営業時間は、ランチが午前11時から午後2時30分まででランチメニューも用意されています。ディナーの営業は午後6時から午後10時まで。

ホテル全体は香港のデザイン事務所によるものですが、このレストランだけは日本のデザイン事務所によるものです。店内の細かい造作などを見ていると、台北にいる気がまったくしません。

朝食はこちらで


朝食のレストランとして使われるのは、2Fにあるブッフェレストランの「コンチネンタルルーム」。ナビが取材に訪れたのはちょうど朝食の時間帯が終わるころ。案内してくれた池さんによると、宿泊客の70%は日本人、残りが台湾や欧米、アジアからだそうです。そのため、レストラン内には日本語版の新聞も用意。最新の紙面をチェックしながら朝食、今日のビジネスの情報収集も可能です。
和も

和も

台も

台も

洋も

洋も

麺はその場で作ってくれます

麺はその場で作ってくれます


料理は大きく分けて、和食、洋食、台湾のジャンルに分かれており、種類も豊富。いつも食べ慣れた朝食で一日をスタートさせたい方には嬉しいですね。

広東の名店



同じフロアには、広東料理の「桃花林」。東京のホテルオークラでは50年の歴史を誇り、世界から訪れる国賓にも愛された名店です。

お茶やお酒はこちら


1Fロビーには、昼はカフェ、夜はラウンジバーになる「パール」。午後の時間帯には灰ティー形式のアフタヌーンティーもいただけます。夜は壁に飾られた美術品の数々を眺めながらワインやウイスキー、カクテルなどを楽しめます。軽食も注文可能となっており、食事もお酒も楽しめるスポットです(営業時間は午前10時から夜12時まで。アフタヌーンティーは午後2時30分から5時まで)。

ナビの一押しはこれ!!!!!


そのお向かいにあるのがベーカリー。トーストやスイーツ、ホテル内で調理されたお持ち帰り用のお惣菜が並んでいますが、ナビのイチオシはオークラプレステージ台北オリジナルのパイナップルケーキ。ご覧下さい、このラッピング!もう開けた瞬間に「キレイ!」と声が出ちゃったお客さんもいたほど(営業は午後8時30分まで)。
台湾で人気の微熱山丘と同じく、酸っぱい台湾産パイナップルを材料にして、ひとつひとつに異なる包装紙が使われています。値段は12個入りが480元、20個入りは780元。毎日午後に入荷するそうですが、早いときは夜にはもう売切れてしまうので、購入をお考えの方は要チェック。予約も可能なので、お土産に大量購入予定の方はチェックイン時に予約しておくことをオススメします。
お持ち帰り用のお惣菜が

お持ち帰り用のお惣菜が

こんなに豊富

こんなに豊富

よいホテルステイを~☆


満を持して台北にオープンしたオークラプレステージ台北。東京にも台北にも続々と新しくラグジュアリーなホテルがオープンしていますが「元祖御三家」の看板は伊達じゃありません。日本式のきめ細かなサービス、心をくすぐるような気配りで快適な旅を、お食事を、買い物をお楽しみ下さい!

以上、台北ナビがお伝えしました。

記事登録日:2013-01-08

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    ジンズ

  • photo

    ジンズ

  • photo

    ジンズ

  • photo

    ジンズ

  • photo

    ジンズ

  • photo

    ジンズ

  • photo

    ジンズ

  • photo

    nanamimi

  • photo

    nanamimi

  • photo

    nanamimi

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2013-01-08

スポット更新日:2015-01-09

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供