スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


思慕昔(スムージー)

Smoothie House 思慕昔本館旗艦1+2F
  • 12%OFF。

    12%OFF。

    本店のみ適用。

    【利用条件】 本店のみ適用。

    【提示条件】 ご来店の時に提示してください。

    【有効期限】 2016-10-31

台北随一の観光スポットである永康街、そして、そんな永康街にかかせないかき氷!は「思慕昔 スムージー」で召し上がれ♪

長蛇の列!

長蛇の列!


こんにちは台北ナビです。
あつ~い台湾。湿気も多いので外を歩いていると冷たいお茶やアイスクリームがとにかく食べたくなっちゃいます。
そして、冷たいデザートの中でもとくに有名なのがマンゴーカキ氷でしょう!
今回は有名観光地永康街にある「スムージー2号店」に行ってきました。
取材日、たどり着いたお店の前には長蛇の列ができていました。さすが人気店!冬でもお客さんの列は途絶えません。
混みこみの1F席はお客さんに譲って2Fに上がり、お店の名前のスムージーにちなんでE1酷夏芒果思慕昔(マンゴースムージー)をいただきながら、副マネージャーの蔡怡婷さんにお話を伺いました。
3月なりたての暑い日だったので甘さすっきり、ほんのりすっぱいマンゴースムージーはぴったり。トッピングにもマンゴーがたっぷり乗っていてうれしい♪
2012年7月に冰館のあった跡地にオープンしたのが今回取材に来た「スムージー」。中国語で「思慕昔」(スムージー)と書くこちらのお店は永康街の2号店になります。
というのも冰館が永康街から撤退してしまってから街全体の活気がくんと落ちてしまった事を危惧して、地域の皆さんからスムージーに冰館の跡地にもう一店舗オープンしてくれないかという話が持ち上がったそうです。
冰館の跡地にあるという事で、間違われるお客さんも多いのではないでしょうかと伺ったところ「確かに冰館と思っている人もいるけれど、スムージーのカキ氷は雪花氷(ミルクカキ氷)だし、他店にはないメニューも沢山用意している。色んなうわさも立っているけれど冰館とは全く関係がないので特別意識はしていませんよ」という事です。
いつ来てもお客さんでいっぱいの1階席。

いつ来てもお客さんでいっぱいの1階席。

あたたかい台湾デザートはかき氷カウンターのお隣で販売中です

あたたかい台湾デザートはかき氷カウンターのお隣で販売中です

1号店は現在改装中で、デザート類の提供をしていないので、現在はこちらの「新・スムージー」でしかカキ氷は食べられないんです。2013年7月には1号店の改装も終わるそうなので、どちらのお店でもカキ氷がいただけますよ~。
混み合っているお店のわきにある階段

混み合っているお店のわきにある階段

この黄色い階段を上っていくと・・・?

この黄色い階段を上っていくと・・・?

ゆったり快適な2F席

2F席は旧正月前にオープンしたばかりで、とっても綺麗。ゆったりできるボックスシートが2つにカウンター席、テーブル席とあります。2F席は基本的には予約のあるお客様用ですが、1F席が満席の場合は2Fの利用もできます。(1名につき85元以上の注文が必要です)
光が入り込むカウンター席は解放感いっぱい

光が入り込むカウンター席は解放感いっぱい

3~4名用のゆったりボックス席。座り心地抜群です

3~4名用のゆったりボックス席。座り心地抜群です

テーブル席ではゆっくりかき氷を堪能できます

テーブル席ではゆっくりかき氷を堪能できます

豊富なメニューで1年365日暑い日も寒い日も!

「台湾」といえば南国のようなイメージがありますが、冬はそれなりに寒いんです。だからカキ氷の売り上げは3割も下がってしまうそう。でも取材時もお店は行列でいっぱい…というのも台湾風おしるこのお茶セットやおしるこなど暖かいメニューも豊富に用意されているので、季節問わず老若男女全ての食べたいものを網羅しています。メニューは何を頼んだらいいか決められない程種類が豊富。カキ氷だけで10種類!暖かいデザートが4種類、お茶とセットの香港風スイーツが3種類。スムージーが7種類にソルべ、飲み物、パンケーキなど全て合わせて47種類も。
今の時期は冷凍のマンゴーですが、夏から秋にかけては新鮮マンゴーがたっぷりのったスムージーがいただけちゃいますっ

今の時期は冷凍のマンゴーですが、夏から秋にかけては新鮮マンゴーがたっぷりのったスムージーがいただけちゃいますっ


取材中、お客さんがマンゴーカキ氷をオーダーしていたのですが、店員さんが「冬の間は冷凍マンゴーを使用していますが大丈夫ですか?」と聞いていました。おぉ~正直!と好感を持ちました。
ちなみにマンゴーの季節は3月から10月の間。それ以外の時期は冷凍のものを使用するそうですが、その間の11月から2月はちょうどイチゴの季節!冬は新鮮イチゴのカキ氷が楽しめます
常に行列ができて大人気のこちらのお店。
混み合う時間は開店時間の10時、お昼の13時半から15時半、夜の19時から閉店時間だそうです。お昼と夜はわかるけれど朝の10時に何故?と思ったらスーツケースを持った飛行機に乗るお客さんが「帰国する前にもう一度食べたい!」と訪れるそうです。なるほど~!確かに果物どっさりのカキ氷は何度でも食べたくなっちゃいます。
マンゴースムージーをいただくナビ達。甘酸っぱくっておいし~! マンゴースムージーをいただくナビ達。甘酸っぱくっておいし~!

マンゴースムージーをいただくナビ達。甘酸っぱくっておいし~!

2階席も予約のお客さんでいっぱい。1階席とは違い、ゆったり感漂う空間です

2階席も予約のお客さんでいっぱい。1階席とは違い、ゆったり感漂う空間です

地元の人からも愛されるフルーツカキ氷


永康街という場所柄、外国人のお客さんが多いのではないですか?と伺うと平日は6割程が外国人、とくに日本人のお客さんという事です。平日になると台湾のお客さんも沢山いらっしゃるそうです
駐車場も完備されていて、収容台数35台、店内で500元以上利用すると30分無料になります。
旧正月はほとんどのお店がお休みだったり、早く閉めてしまうのに「スムージー」は365日毎日オープン!「お客様にどんな時でもおいしいかき氷を提供するのが私たちの幸せ」と笑顔で答える蔡さん、頼もしいです~!
こちらが副マネージャーの蔡さん。にこにこ笑顔からスムージーの商品に対する自信が伝わってきます

こちらが副マネージャーの蔡さん。にこにこ笑顔からスムージーの商品に対する自信が伝わってきます


今回の取材で何より印象的だったのが、お話しを伺った蔡さんが商品を紹介する時ものすごくうれしそうに笑っている事。本当にスムージーの商品が大好きでオススメしたくてしょうがないっていう気持ちが伝わってきました。開発のために毎日食べても飽きない、蔡さんが自信を持っているカキ氷がおいしくないわけありません。
ひとつひとつの商品に話しきれないほどのこだわりポイントをつめこんだかき氷は海外の品評会でも高評価を得ていてまさに台湾を代表するデザートです。お話をうかがっただけじゃあ本当においしいのかどうかはわかりません!
なのでさっそく待ちに待ったかき氷を食べちゃいます~!

「スムージー」自信のかき氷、いただいちゃいます!

S6手工鮮奶酪総合草苺雪花氷(イチゴと手作りパンナコッタ雪花氷)

S6手工鮮奶酪総合草苺雪花氷(イチゴと手作りパンナコッタ雪花氷)

S3超級総合芒果雪花氷/雪酪(スーパーフルーツミックスマンゴー雪花氷)

S3超級総合芒果雪花氷/雪酪(スーパーフルーツミックスマンゴー雪花氷)

S9桂醸荔枝雪花氷(キンモクセイライチ雪花氷)

S9桂醸荔枝雪花氷(キンモクセイライチ雪花氷)

S10紅豆抹茶雪花氷(抹茶氷の宇治金時)

S10紅豆抹茶雪花氷(抹茶氷の宇治金時)

「スムージー」のカキ氷は1つを2,3人でシェアしても十分な大きさですが、今回ナビ達は贅沢にも3人で4ついただいちゃいます
4つもテーブルに乗るとやはり圧巻!写真を撮るために待っている時間がおしい程どれもおいしそう…

スムージーオリジナル S9桂醸荔枝雪花氷(キンモクセイライチ雪花氷)

ゴロゴロ入っているライチが贅沢~

ゴロゴロ入っているライチが贅沢~

こちらの4種類はどれも大人気なのですが、その中でも蔡さんも「大好き!」という一押しカキ氷がS9桂醸荔枝雪花氷(キンモクセイライチ雪花氷)
上の黄色いソースとミルクの雪花氷をすくって食べると…あれ?しょっぱい!?特製のキンモクセイの香りのソースは雪花氷の甘さを際立たせるためにもちょっとしょっぱい味になっていて、とっても不思議。これは台湾を代表して海外の展示会などに出品もされるそう。さらにカキ氷についてくるライチは種をくりぬいて甘いパイナップルを詰めてあるという細かさ!蔡さん曰くライチは台湾でもなかなか手に入りにくくなっているそう。そんなライチとしょっぱいソース、ミルクの雪花氷が絶妙なバランスのカキ氷。台湾に住んで4年、初めて出会った一品です。

新鮮イチゴたっぷり S6手工鮮奶酪総合草苺雪花氷(イチゴと手作りパンナコッタ雪花氷)

そして、冬にオススメの新鮮なイチゴたっぷりなS6手工鮮奶酪総合草苺雪花氷(イチゴと手作りパンナコッタ雪花氷)。
ピンク色のイチゴミルク味のカキ氷とたっぷりのイチゴが載っていて、イチゴ好きにはたまらない!見た目もとってもかわいらしく、上にのったパンナコッタがプルプルしています。このパンナコッタもスムージーの特製で、水を一切使わず牛乳だけで作っているので時間が経つと溶けてしまうほどのやわらかさ。甘酸っぱイチゴとの相性もばっちりです。
今回ナビ取材班全員一致で特に大好きだったのがこのイチゴのカキ氷。甘い+酸っぱい+なめらかのバランスがぴったりで、4つの中でも一番になくなりました~!

台湾といえばコレ! S3超級総合芒果雪花氷/雪酪(スーパーフルーツミックスマンゴー雪花氷)


「台湾といえばコレを食べなきゃ!」というマンゴーカキ氷、S3超級総合芒果雪花氷/雪酪(スーパーフルーツミックスマンゴー雪花氷)です。
ミルク味のカキ氷にマンゴーアイス、マンゴーソース、トッピングにマンゴーやイチゴ、キウイがたっぷりのこちらはなんとも贅沢な一品。こちらのお店ではカキ氷になんと3種類のマンゴーをミックスして使っていてアイスクリーム、カキ氷、トッピングとどれも違った味が楽しめるのもポイント!濃厚な甘さのマンゴーにキウイやイチゴの酸味がアクセントになっていて、どんどん食べられちゃう。

台湾風宇治金時はいかがでしょう S10紅豆抹茶雪花氷(抹茶氷の宇治金時)

イチゴかき氷にものっているこのパンナコッタ、絶品です!

イチゴかき氷にものっているこのパンナコッタ、絶品です!


もうひとつは日本でもおなじみ宇治金時の台湾風バージョンS10紅豆抹茶雪花氷(抹茶氷の宇治金時)。フルーツカキ氷がオススメのスムージーですが、万人向けに色んな味があるのもポイントです。抹茶味の雪花氷と台湾産の小豆がぴったり。日本のものとはちょっと違って、甘さひかえめすっきりとした味が特徴です。雪花氷のミルクのやわらかさを楽しむのにぴったりなのがこちら。年配の方に親しみやすい味として大人気だそうですよ

どれもおいしくって食べると幸せな気分になっちゃいます。

スムージーオリジナルの台湾銘菓「パイナップルケーキ」

クッキー部分のホロホロ感がたまらない!

クッキー部分のホロホロ感がたまらない!

こちらのセットについてきます

こちらのセットについてきます

口の中が氷で冷たくなってしまった所でお口直しにスムージー特製のパイナップルケーキをいただきます。
こちらのパイナップルケーキは港式三寶 台湾雙寶という3つのセットについてくるもので、お店で焼いているオリジナルの一口サイズのパイナップルケーキには土マンゴーと洛神花を混ぜたオリジナルジャムが入っていて、外側はクッキーのようなサクサク生地で甘すぎずおいしい!蔡さんに「おいしい、おいしい」と何度も言っていた所、今現在個包装にして販売する計画もされているそう。甘すぎないのもポイントですが、一口サイズというのが食べやすくてポイント高し!です
パイナップルケーキって大きいのはどっかりするので一口っていうのが良いですよね~。

伝統的な中華風デザートセット B3杏糊美満套餐(黒ゴマとアーモンド茶のセット)

そんなおいしいパイナップルケーキがついてくるセットがこちらB3杏糊美満套餐(黒ゴマとアーモンド茶のセット)
香港式のお汁粉に台湾特産の白毫烏龍茶とパイナップルケーキのセットです。
黒ゴマのお汁粉部分と杏仁スープが2色で鮮やかなこちらは、4種類のトッピングから1つを選べます(写真のものは黒米団子です)
カキ氷で冷えたおなかを暖かいお汁粉とさっぱりとした烏龍茶があたためてくれます。さらに烏龍茶は何度でもお湯を足してくれるので、2F席でゆっくりしたいときにオーダーするのにぴったりのメニューです。
あたたかいウーロン茶でお口直し

あたたかいウーロン茶でお口直し

陰陽マークを意識した盛り付けもオシャレ~!

陰陽マークを意識した盛り付けもオシャレ~!

一押しのパイナップルケーキと共に

一押しのパイナップルケーキと共に

お店の看板メニュー「スムージー」

E5香蕉美莓思慕昔(バナナ&ベリースムージー)

E5香蕉美莓思慕昔(バナナ&ベリースムージー)

E1酷夏芒果思慕昔(マンゴースムージー)

E1酷夏芒果思慕昔(マンゴースムージー)

E2愛莓派對思慕昔(ベリーラバースムージー)

E2愛莓派對思慕昔(ベリーラバースムージー)

そして、待ちに待った、お店の名前でもある「スムージー」の登場!
グラスからあふれてきそうなほどたっぷりのスムージー。今回いただいたのはE1酷夏芒果思慕昔(マンゴースムージー)E2愛莓派對思慕昔(ベリーラバースムージー)E5香蕉美莓思慕昔(バナナ&ベリースムージー)の3種類です。お店のオーナーの思い入れのあるスムージーはカキ氷と同じく沢山の種類の新鮮な果物を使って作られていて、マンゴーは3種類、ベリーは4種類、バナナスムージーも台湾の2種類のバナナから作られているんです。フルーツのビタミンたっぷり+ストローで気軽に飲めるので暑い夏日、永康街を散策するときにぴったりですよ!

冷たいデザート片手に街散策

「持ち歩き」とくると日本のお祭りの時みたいに歩きながら食べた~い!!
スムージーには持ち歩き専用のISO認定を受けたカキ氷カップがあるんです!
M2迷你芒果杯(ミニマンゴー雪花氷)

M2迷你芒果杯(ミニマンゴー雪花氷)

M1迷你草苺杯(ミニイチゴ雪花氷)

M1迷你草苺杯(ミニイチゴ雪花氷)

持ち歩き専用カップがあるのは「スムージー」だけ!


中身はM1迷你草苺杯(ミニイチゴ雪花氷)M2迷你芒果杯(ミニマンゴー雪花氷)です。
こちらは持ち歩きを考えて透明のプラスチックのお皿にもち手をつけたようなデザイン。これがすごく頭がいいんですよ~!外で食べる時はふたをしておけばこぼれない、店内で食べる時はふたを持ち手の所に通せばしっかり安定して置けるんです。

台湾ならではの水色の手提げに入れてくれるので手の温度でカキ氷が溶けてしまう心配もなし!台湾のお店のカキ氷はほとんどが店内のみでしか食べられないので食べ歩きを考えたこのデザインは本当に優秀!
ミニカップとはいっても底が深いので結構なボリュームなんです。

あったかデザートも楽しめます

H2焼仙草(あたたかい仙草ゼリー)

H2焼仙草(あたたかい仙草ゼリー)

H1相思紅豆湯(台湾風おしるこ)

H1相思紅豆湯(台湾風おしるこ)

H4白璽相思豆花(豆乳プリン)

H4白璽相思豆花(豆乳プリン)

カキ氷屋さんでは珍しい温かいデザートも種類豊富なスムージー。台湾の昔ながらのデザートがそろっています。H1相思紅豆湯(台湾風おしるこ)H2焼仙草(あたたかい仙草ゼリー)H4白璽相思豆花(豆乳プリン)
台湾風おしるこは日本のものとは違い、あっさりとした水気の多い作り方で、甘いおだんごなどを入れて食べるのですが、ナビはこんなにも具沢山なもの見たことがありません~!もっちもちの大小白とピンク色の白玉、台湾名物のお芋のおだんごがたっぷり入っています。
日本でも定着してきた「豆花(豆乳プリン)」はこちらのお店ではしょうが汁入りで体がとっても温まります。
見た目よりもかなりさっぱりなこちらは他のごちそうを食べた後でもさっぱりするっとおなかに入っちゃう素敵デザート。
3つの中でぜひチャレンジして欲しいのが焼仙草。
「焼いた仙人の草??」と字を見ても全くわからないこのデザートは亀ゼリーと間違われたりもします。薬草を煎じたもので味は薄荷のようなすっきりした香りで甘さがあり、とってもおいしいんです。冷たいとゼリーになって、暖かいと液体になるこの仙草、ただの真っ黒い液体のように見えますが、スプーンですくうと…ほら!おしること比べても負けないくらいの具の多さ。冷房のききすぎた店内、急な雨降りなどで冷えた体を台湾のデザートで中から暖めちゃいましょう~。カキ氷と両方頼んで温・冷楽しむのもアリです!

食べきれないくらいのたっぷりフルーツ W2総合水果鬆餅(フルーツミックスワッフル)

ここまで大量のカキ氷+デザート類を食べたのは初めて!楽しく食べはじめたナビ達ですが、お皿の数がどんどん増えておなかもはちきれんばかりの状態に…。
けれどもカキ氷だけでなく、朝ごはん屋さんが母体のスムージー。おしゃれカフェには必須のワッフルもあるんです!
W1新鮮草苺鬆餅(フレッシュイチゴワッフル)W2総合水果鬆餅(フルーツミックスワッフル)の2種類を本日の〆にいただきました~!
出てきたワッフルを見てびっくり!何人分かわからない程イチゴがたっぷり~!「今年のイチゴはちょっと酸っぱくて…」と言う蔡さん。いえいえ、甘酸っぱくておいしいです。
こちらもお店で製造しているオリジナルイチゴアイスを添えて食べるワッフルは外側サクサク、内側モッチリの絶品です。
フルーツ盛り合わせはこれまたたっぷりのキウイとバナナ、イチゴがトッピングされています。イチゴと比べるとさっぱりしていて甘いものがそんなに好きでない人にもオススメです。スムージーのワッフルへのこだわりはこだわり産地の果物。
台湾にワッフル屋さんは数あれどこんなにどっさり新鮮フルーツを使っている所はなかなかありません。アイスも香料じゃなく本物の果物を使って作っているんですって。
甘酸っぱいワッフルは専門店なみのおいしさです

甘酸っぱいワッフルは専門店なみのおいしさです

練乳もお好みでどうぞ

練乳もお好みでどうぞ

新鮮フルーツがもりだくさんでびっくり~!

新鮮フルーツがもりだくさんでびっくり~!

顔より大きい器にたっぷりのこのワッフル、ブランチやお昼を食べ損ねた時のおやつにぴったりです

見ただけで「おなかいっぱい」なんてもったいない!このおいしさ、ぜひ体験してください

この日撮影したメニューほとんどを食べきったナビスタッフ達。「おなかいっぱいだけど、まだ食べた~い!」 この日撮影したメニューほとんどを食べきったナビスタッフ達。「おなかいっぱいだけど、まだ食べた~い!」 この日撮影したメニューほとんどを食べきったナビスタッフ達。「おなかいっぱいだけど、まだ食べた~い!」

この日撮影したメニューほとんどを食べきったナビスタッフ達。「おなかいっぱいだけど、まだ食べた~い!」


いかがでしたでしょうか?
スムージーのカキ氷を目の前にしたらダイエットなんて言葉はどうでもよくなっちゃうこと請け合いです。
昔ながらのデザート「カキ氷」に斬新さと台湾らしさを詰め込んだ「スムージー」、台湾中にカキ氷屋さんは数あれど、新鮮フルーツにこんなにこだわるお店はなかなかありません。1年365日いつでもオープンの「スムージー」、台湾観光の際はぜひ立ち寄ってみてくださいね。どのデザートも一口食べたら台湾の事をもっと好きになっちゃう事うけあいです!

以上、台北ナビでした。

記事登録日:2013-04-02

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    ジャイアン21

  • photo

    ジャイアン21

  • photo

    月のひつじ

  • photo

    beby

  • photo

    beby

  • photo

    beby

  • photo

    beby

  • photo

    cico1000

  • photo

    はるまむ

  • photo

    れんたろう

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2013-03-22

スポット更新日:2015-02-09

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供