閉店・移転、情報の修正などの報告

關山弁当の創始店で、現在關山駅のホームでも販売している有名駅弁です!

photo

台湾にも米の名産地がいくつかありますが、東部關山の米もしかり。そのいい香りを放つ關山米を使用した「源昌」の弁当は、1970年創業。昔ながらの木片の弁当箱に入った關山の名物の弁当屋さんには、毎日朝からひっきりなしにお客さんが訪れます。木片利用の利点は、適度に弁当内の水分を吸収するので、蓋を開けた時の状態が作った時のままに近いこと、木が本来持つ香りが食材の匂いを更に引き立て、食欲を増進させるなどなど。アツアツの白いご飯の上には手作りの新鮮な具材が上へ上へと積まれています。
中身はハム、香腸(台湾ソーセージ)、煮込み卵半分、キャベツ、ショウガ、瓜の漬物。豚肉は2種類あって、一つは燒肉、もう一つは赤身の部分の切り身。もちろん主役はこの豚肉たち。味付けは全体的にあっさりめで食べやすく、この肉の旨味を引き立たせているのが、源昌自慢のピリ辛の蘿蔔乾(干し大根の漬物)。ご飯、肉、蘿蔔乾を一緒に口にほおり込むと至福の時。全体的に食感はシャキシャキあり、柔らかあり、歯ごたえものあり。味も甘味、辛みなど口の中で食材と味のオーケストラが繰り広げられる感じです。
お店は台鉄「關山」駅を降りてすぐ左にあり。駅で降りない場合もご安心を。現在(2015年)はホームでも販売中。「源昌」の男の子たちが3人、列車の停車前にホームで待機しています。購入希望の方は、窓から叫ぶか、短い停車時間なら乗降口まで行って待っていましょう!看板の關山飯包は、一つ70元です。 

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-09-22

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

2016年駅弁フェスティバルが始まります!

2016年駅弁フェスティバルが始まります!

8月5日~8日、世貿一館で行われる「台湾美食展」にて、お待ちしています!

台湾の駅弁

台湾の駅弁

ここ数年、台湾の駅弁は種類が増えて、味も格段よくなりました!