(仁愛路二段へ引越し)山海樓

Mountain and Sea House山海樓

閉店・移転、情報の修正などの報告

かわいらしいレトロ空間で台湾料理を!とっておきの時間を過ごしたいなら迷わずココへ

こんにちは、台北ナビです!
近年、昔ながらの雰囲気そのままにステキに甦ったスポットが急増中の台湾。そんな場所がまた1つ誕生しました。「山海樓」はモダンチャイナな空間で、伝統の、だけどどこか新鮮な台湾料理がいただけるレストラン。台北でのとっておきのお食事処をお探しなら、ぜひともチェックしたいお店です。

中山エリアの裏路地に…



ホテル林立エリアであり、ショッピングエリアでもある中山地区。ここに2014年4月にオープンしたのが「山海樓」。リージェント、ロイヤル、オークラプレステージといった高級ホテルから裏通りに入ったところにあります。だからアクセス便利なのにとっても静か。穏やかな空気が流れていました。

気分もUP↑一軒家レストラン


こちらはかつて個人宅だった一軒家をリノベーションしたレストラン。このようなスタイルは台北では珍しい!それだけで気分も高まります。

建造は1932年、日本人医師が住居として使用していたそうで、昭和初期のモダンスタイルを取り入れた庭付きバルコニー付きの2階建て。のちに、台湾人の手に渡りレストランとなり、縁あって「山海楼」に。骨格は残したままほぼ全体を取り壊し、昔の部屋の間取りを生かした造りを再現したという内部はレトロだけどモダン。古き良き時代にタイムスリップしたかのような気分にさせられます。
庭の大きな木は元々の家屋が建てられた時からここでその歴史を見守ってきました 庭の大きな木は元々の家屋が建てられた時からここでその歴史を見守ってきました

庭の大きな木は元々の家屋が建てられた時からここでその歴史を見守ってきました


1階奥にあるのが食事スペース。かわいらしい壁紙がとってもラブリー!それでいて木の床に木枠の窓、革張りソファーが全体的に落ち着いた印象を与えています。テーブル間がゆったりしているだけでなく、テーブルそのものもゆったり。のんびり食事ができそうです。1階は全42席。確実にお食事するためには3~5日前までの予約がベターだとか。
家庭的な料理も楽しめることから「ただいま!」といえる空間作りにこだわりリビング的空間も設置

家庭的な料理も楽しめることから「ただいま!」といえる空間作りにこだわりリビング的空間も設置

リビングに神様が祀られることもある台湾らしく(!?)ここにも。右手に金、左手に銀で金運アップ、アップです!ナビも拝みましたよ~

リビングに神様が祀られることもある台湾らしく(!?)ここにも。右手に金、左手に銀で金運アップ、アップです!ナビも拝みましたよ~

天井も凝っています

天井も凝っています

当時のランプをそのまま再利用

当時のランプをそのまま再利用

8人用

8人用





2階は3部屋、いずれも個室で8・16・22人用となっています。こちらの利用には最低消費が必要で、それぞれ2・4・6万元。どのお部屋もステキなのですが、個人旅行で来台の場合はなかなか利用する機会はないかも?!残念~!かと思いきや、1階が満席の場合は2階を開放することもあるとか。
長テーブルの16人部屋は昔の間取りのまま。丸窓もステキ!こちらは会議室としても利用できプロジェクター等備え付けてあります 長テーブルの16人部屋は昔の間取りのまま。丸窓もステキ!こちらは会議室としても利用できプロジェクター等備え付けてあります

長テーブルの16人部屋は昔の間取りのまま。丸窓もステキ!こちらは会議室としても利用できプロジェクター等備え付けてあります

22人のお部屋はオーナーコレクションの調度品がいっぱい。室内にWC付き 22人のお部屋はオーナーコレクションの調度品がいっぱい。室内にWC付き

22人のお部屋はオーナーコレクションの調度品がいっぱい。室内にWC付き

バルコニーもステキ!ちなみにバルコニーと庭で喫煙も可能 バルコニーもステキ!ちなみにバルコニーと庭で喫煙も可能

バルコニーもステキ!ちなみにバルコニーと庭で喫煙も可能

ナビ、1Fおトイレも拝見!グレンチェックのタイルがオシャレ!

ナビ、1Fおトイレも拝見!グレンチェックのタイルがオシャレ!

デンタルフロスや防虫スプレーなども常備

デンタルフロスや防虫スプレーなども常備

台湾のおもてなし料理を

レストランに入るとすぐ目に入るのがお茶コーナー。13種の台湾茶がオシャレにディスプレイされていて、お茶屋さんみたい~!さらに奥に進むと鮮魚&野菜コーナーが。ここには、その日に仕入れた新鮮な魚介・野菜が並べられ、水槽には生きた魚が泳ぎます。ここで食材を選び好みの調理法でオーダーすることが可能。こんなシステムはまるで街角の熱炒みたい!このようにそこかしこに見受けられる台湾スタイル。「山海樓」のモットーは台湾の風土・歴史・民族が育んできた台湾料理を提供すること。
お茶コーナー。実際テーブルでサンプル茶葉を見ながら香りながら選ぶこともできるそう お茶コーナー。実際テーブルでサンプル茶葉を見ながら香りながら選ぶこともできるそう

お茶コーナー。実際テーブルでサンプル茶葉を見ながら香りながら選ぶこともできるそう

鮮魚・野菜コーナーには毎朝台湾各地から新鮮な野菜や海鮮が届きます(水槽内は澎湖から空輸、氷上は基隆から) 鮮魚・野菜コーナーには毎朝台湾各地から新鮮な野菜や海鮮が届きます(水槽内は澎湖から空輸、氷上は基隆から) 鮮魚・野菜コーナーには毎朝台湾各地から新鮮な野菜や海鮮が届きます(水槽内は澎湖から空輸、氷上は基隆から)

鮮魚・野菜コーナーには毎朝台湾各地から新鮮な野菜や海鮮が届きます(水槽内は澎湖から空輸、氷上は基隆から)

台湾グルメといってまず浮かぶのは夜市や小吃かもしれません。が、かつては多くの手の込んだおもてなし料理を出すレストランが存在していたそう。時と共に廃れていってしまったそれらの料理をここでは新しさというエッセンスを加えて再現。懐かしい台湾の味、他ではもうあまり食べられることがなくなってしまった味をその道の達人たちが再創造、「山海樓」の味としてテーブルへ並びます。

料理は畑から

もう1つのこだわりは「料理の出発点はキッチンではなく畑にある」ということ。できるだけ自然な方法で飼育されたもの、現地に原生する品種を調理することを心がけています。そんな「山海樓」は台湾では名の知れた有機食品・製品を販売する永豊餘生技の傘下。グループの信念「堅持100%健康安全」を貫いています。宜蘭に2つの農場を持ち、そこで栽培された安心の旬の野菜を使用。鶏は台湾の原生種である古早鶏を放牧、抗生剤や抗菌剤等の残留薬物検査に合格した鶏だけを使用しています。牛・豚などの肉類は鶏同様の検査に合格したどれも食べて体に安全なものばかり。

テーブルに並んだごちそう、召し上がれ!


天然からすみ

天日干しした台湾産天然からすみを目の前であぶってテーブルへ。ねっとり感が控えめなのが食べやすい!冬は特に脂がのっているのでオススメです。



海と山の珍味盛り合わせ(下記①~⑥)

6種の山の幸&海の幸が一皿に。少人数で食べきれな~い!なんて場合には単品オーダーも可能(380元/皿:3~4人)。

①サトウキビ燻製の地鶏

放山古早鶏は一般の鶏と違い小さな体ながら、運動量があるのでコリコリとした筋がなく肉がしっかり。サトウキビで燻製にした香りのよい一品。


②地鶏の豚レバー巻き 

宜蘭の特産。蘭陽地方の地鶏をフレッシュレバーで巻いて揚げたもの。クワイのサクッとした食感も楽しい!

③人参豬心 豚ハツのマリネ


朝鮮人参を詰めて2日間漬け込んだハツは、病弱だったオーナーのためにおばあちゃんがよく手作りしてくれたという思い出の一品だとか。

④鮑の醸造醤油漬け ★ナビおすすめ★

タイヤル族に伝わる香料に漬けた生アワビをさらに醸造醤油で2日間漬け込んだもの。噛むほどに染み出る独特の味と香りに病みつきに。

⑤塩漬け卵黄のイカ巻き

鶏卵・ピータン・鹹蛋3つの玉子をゆでたイカに詰めたイカ飯ならぬイカ玉!?柔らかいイカと玉子で老若男女に好まれそう!

⑥捆蹄

じっくり煮込んで骨を取り除いた豚肉を1時間ほど揉み込んで味を馴染ませたら3日間漬け込み1日寝かして冷蔵。手間のかかる料理は結婚する男女が添い遂げるという意味合いが込められているとか。


季節の有機野菜の和え物 
★山海樓Peggyマネージャーおすすめ★


サッとゆでた旬の有機野菜をEXバージンオリーブ油・苦茶・ラードで和えて。野菜本来の味が楽しめるあっさり味。本日はブロッコリーでした。どのお野菜が出てくるかはその日のお楽しみです。


カキフライ

オーナー懐かしの味を再現。屋台でも見かける小吃ですが、こちらのものは小ぶりで味も上品。


鶏とエビの揚げパン

宜蘭の名物料理。卵黄・エビのすり身・トウモロコシ粉などを混ぜ合わせて揚げたもの。外はカラッと中はふっくらトロトロ~。アツアツのうちにどうぞ!


塩卵の四宝スープ

4つの宝とは澎湖の干しタコ・干し貝柱・豚ホルモン・軟骨のこと。4宝を煮込むこと50分。調味料は一切加えていないのに、素材のダシがよ~く出ていて深い味。最後に目の前で塩漬け卵をIN!調理時間がかかるので最低でも1時間前の予約がベター。



焼きビーフン ★ナビおすすめ★

自家製干しエビ・澎湖の干しタコ・季節の野菜と一緒に炒めたビーフン。近ごろはコーンスターチ入りのビーフンが多いのですが、こちらは100%米粉だから歯ごたえよし!

牛のほほ肉の煮込み

草原で4年間かけて飼育された台湾黄牛をじっくり煮込むこと6時間。柔らかく臭みのない肉とコラーゲンを含んだスープで美容効果もあり!?


旬の魚の蒸し物

パイナップルと冬瓜ソースをベースにしたソースとネギ油・トウチーなどを共に蒸したもの。鮮魚コーナーからお好みの魚を選べます。本日は紅條魚。お会計は時価となりこちらで4280元ほど。

煎り紅豆

台南安平の伝統料理。元々は端午節にチマキを作るほどもち米がなかったため、考案されたのだとか。「山海樓」流にアレンジ、アズキだけでなくチンピを入れて丸い形に。上にのるアメ細工が見事!


杏仁豆腐

落花生と杏仁だけで作られた天然スイーツはもっちもち♪ペースト状にするのに40分以上も捏ねるのでこの食感が生まれるのだとか。もう他では食べられません!冬限定のほっこりスイーツ。
自家製のタレ。まずはタレなしで素材の味を楽しんで欲しい! 自家製のタレ。まずはタレなしで素材の味を楽しんで欲しい!

自家製のタレ。まずはタレなしで素材の味を楽しんで欲しい!

日本語OK!で気持ちよくお食事


本日案内してくださったPeggyマーケティングマネージャーは「日本の方にたくさん来てもらいたい!」と我々日本人の来訪を熱烈歓迎。そんなWelcomeの気持ちはサービスにも現れていて日本語のできるスタッフが3人も。「日本人のお客さんだとわかったら彼らが接待いたします!」とのこと。これなら予約の電話も入れやすい!(FBからEZ TABLEを利用したインターネットでの予約もできます)もちろんメニューは日本語専用があり、料理の細かい説明まで日本語だからうれしい~!気持ちよい時間が過ごせそうな予感です♪
ちょっと気の利いたお食事をしたいなら、ぜひ「山海樓」へいらしてはいかがでしょうか?

以上、台北ナビでした。

記事登録日:2015-01-27

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-01-27

スポット更新日:2015-01-28

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供