【Zepp Asia Interviews】Vol.13 YELLOW

視聴回数 1279 回

41

公開日時 2022.09.30

- 唱、作、演俱佳的YELLOW黃宣自以YELLOW之名,於2018、2019年陸續發表EP《都市病》、《馬戲團》,並於2020年發表首張完整專輯《浮世擊》。以狂傲不羈的現場演出及獨特的強烈氣息,吸引眾多樂迷喜愛,甫出道便榮獲2019年第三十屆最佳單曲製作人獎,連續三年發行之作品皆入圍金曲獎多項大獎,於今年也獲得第十二屆金音獎最佳創作歌手獎,更連續三年帶領他的樂團入圍最佳現場演出之肯定,被媒體譽為橫空出世的全能音樂鬼才。難以定義的音樂風格,揉捏Jazz、Neo-Soul、Funk、R&B、Rock和獨有電子聲響,創造專屬於YELLOW之「Cyberfunk」風味。YELLOW的創作一直試圖尋找自由且寬廣的藝術維度。聽感刺激後之留白更是黃宣自我的逃逸漫遊。極具渲染力的音樂張力,和台灣少見的靈騷律動,讓黃宣在短短數年間成為道上口耳相傳,才氣縱橫的前衛存在。頗受時尚潮流領域所喜愛的個人外型,加上掩蓋不住的強烈個人氣息,也讓黃宣成為眾家媒體和品牌的新寵,多次登台走秀,曾合作之品牌如KENZO, Gucci,Burberry, Dior, H&M, Adidas......等,更於今年為2021臺北時裝周製作了主題曲〈PARADIGM〉,並與徐若瑄共同演唱。此外除了自身音樂作品外,憑藉精湛且全才的幕後製作功力,於幕後也參與眾多知名歌手之製作與演唱,曲風多變,合作對象範疇橫跨主流及獨立音樂圈。 最新專輯《BEANSTALK》已於2021年底發行於各大串流平台。 Hsuan Huang, aka YELLOW, who is an excellent in singing, composing, and acting, released EPs“URBAN DISEASE”(2018) and “ CIRCUS FEVER”(2019) and released his first full album YELLOW FICTION in 2020. The live performances all have an arrogant and uninhibited unique atmosphere which attracted many fans. Hsuan Huang is the recipient of the 30th Best Single Producer Award in 2019 as soon as it debuted, and the discography released for three consecutive years have been shortlisted for the highest honor in the Taiwan music industry. He is a l so the recipient of the Best Singer- Songwriter Award at the 12th Golden Music Awards this year, and the nominees for the Best Live Performance for three consecutive years. Hsuan Huang is praised by the media as a n omnipotent new musical genius. Indefinable music style, kneading with Jazz, Neo-Soul, Funk, R&B, Rock, and unique electronic sound, these all to create the “Cyberfunk” exclusive to YELLOW. YELLOW’s creation has always tried to look for a freely borderless artistic dimension. Leaving a lone the blank space after the auditory stimulations is Hsuan Huang’ s self-escape roaming. The brilliant music tension and the spiritual rhythm that rarely seen in Taiwan have made Hsuan Huang become an avant-garde existence that has been passed down by word of mouth and talented in just a few years. His personal appearance is very popular around the fashion industry, which coupled up with the strong atmosphere that cannot be concealed. This made Hsuan Huang a new fashion favorite around the various media and brands. Hsuan Huang has walked down the runway for times with the brands such as KENZO, Gucci, Burberry, Dior, H& M, Adidas… etc. Moreover, 2021 Taipei Fashion Week this year’ s theme song“PARADIGM” was produced by Hsuan Huang and featured this song with Vivian Hsu. His versatile skill on behind-the-scenes production has taken a superb music works of his own. He continues to participate in the song production and performance with many well-known singers to blink out variety of music styles, a long scopes to the collaborations spans on the mainstream and the indie music. The latest album BEANSTALK(2021) has released on all major streaming services on Dec. 20th, 2021. イエロー(ファン・シュエン)は、歌唱・作詞作曲・パフォーマンスの才を併せ持つアーティスト。2018年に”URBAN DISEASE”(EP)、2019年にEP”CIRCUS FEVER”(EP)、2020年に初のフルアルバム”YELLOW FICTION”をリリース。彼の自由にして解き放たれた独特のパフォーマンスは多くの聴衆を魅了。デビュー直後に第30回ベストシングル楽曲プロデューサー賞を受賞。3年連続で金曲獎(日本のレコード大賞に相当)の多くの部門にノミネート。2021年金音獎(インディーズ音楽アワード)ではベストクリエイティブアーティスト賞を受賞。更には3年連続で同アワードのベストライブパフォーマンス賞にノミネートされ、メディアから“突如として現れた音楽の鬼才”と称される。彼の音楽スタイルは定義し難く、ジャズ、ネオソウル、ファンク、R&B、ロックと独特な電子音を用いて、イエローだけの“サイバーファンク”を作り出す。イエローの創作はいつも芸術の次元を自由に超えたところで試みられる。音による刺激のあとに訪れる余白、それはイエロー自らが逃げ込んでぶらつく領域でもある。音楽に見られるテンション、そして台湾ではそう聞かれないゾクゾクするような旋律がそこにある。ここ数年で一気に知られるようなり、縦横無尽に展開する前衛的な存在として圧倒的なプレゼンスを誇る。彼の容姿はファッション業界においても大変人気がある。隠しようがない個人の強烈なオーラは、イエローを多くのブランドイメージキャラクターに採用するまでになる。多くのファッションショーに登場し、これまでにKENZO, Gucci, Burberry, Dior, H&M, Adidasなどのランウェイを歩いた。2021年台北ファッションウィークの主題歌”PARADIGM”を制作し、これはビビアン・スーとともに歌われた。 自身の音楽制作活動の他は、制作プロデューサーとして多くのアーティストに関与。メジャー・インディーを問わず、楽曲制作、歌唱、共演を果たしている。 最新アルバム”BEANSTALK”は、2021年末に各プラットフォームにてリリースされた。 【Zepp Asia Interviews】 Zepp Asia Interviews是一個透過訪問介紹在台灣的藝人及樂團的影像計畫。無論是線上主流音樂又或是獨立音樂,不限任何曲風,由Zepp New Taipei總監擔任訪問者,為大家帶來不同的音樂介紹。影片不定期更新中。希望大家可以持續關注! Zepp Asia Interviews は、台湾で活動するアーティストを紹介していく動画プログラムです。メジャーやインディーズ、ジャンルを問わずZepp New Taipei の支配人がインタビューしていきます。不定期更新ですが、手作りでやっていますので、暖かく見守ってください。 Zepp Asia Interview is a video program which introduce activities of Taiwanese artists. Regardless of genre, Zepp manager interviews major and indies artists. Although the program is made in-house and updated irregularly, we hope you would keep an eye on it and enjoy the program. 【Zepp Hall Network Inc.】 Zepp Hall Network Inc.是日本最大展演場館營運公司,也是Sony Music Entertainment Japan的子公司。開業二十年的Zepp擁有最完整的展演系統及技術水準,目前日本國內有8個場館。 Zepp Hall Network Inc. is most famous & popular concert venue company in Japan. Zepp was established in 1998, is a subsidiary of Sony Music Entertainment Japan, total of 10 branches in Japan, Taiwan, and Malaysia. Zepp New Taipei accommodates 2245 people capacity as standing use. Opned in July 2020. #藝人採訪 #YELLOW #Zepp #ZeppNewTaipei #Jazz #Neo-Soul #Funk #R&B #Rock #Blus #田村正和 #常田大希 #kinggnu #millenniumparade #PERIMETRON #ZeppAsiaInterviews #台湾 #台湾音楽 #台灣音樂 #台湾ロック #台灣搖滾 #台湾アーティスト #台灣藝人

【台湾音楽】Zepp New Taipeiが教えてくれる台湾アーティスト紹介①『黄宣(YELLOW)』

歌えて、奏でて、つくれて、踊れて、話せて、被写体になれる「なんでも屋」の『黄宣(YELLOW)』!前向きで、おもしろくて、かっこいい彼の魅力に迫ります