ザッツ・宝塚エンターテイメント!

タカラジェンヌ星組40名、来台!

宝塚歌劇団星組の総勢40名が、4月6日から4月14日まで、計12回の公演を行うため、来台しました~!星組男役トップスターの柚希礼音(ゆずきれおん)さんと娘役トップの夢咲ねねさんが、リハーサル後に記者会見

宝塚歌劇団星組の総勢40名が、4月6日から4月14日まで、計12回の公演を行うため、来台しました~!星組男役トップスターの柚希礼音(ゆずきれおん)さんと娘役トップの夢咲ねねさんが、リハーサル後に記者会見

東日本大震災で、台湾より多くの義捐金や励ましが寄せられたことへの感謝とお礼を込めての開催です、場所は、台北市の「国家戯劇院」、チケットはほぼ完売\n

東日本大震災で、台湾より多くの義捐金や励ましが寄せられたことへの感謝とお礼を込めての開催です、場所は、台北市の「国家戯劇院」、チケットはほぼ完売\n

今回は3部構成で、日本色いっぱいの「宝塚ジャポニズム~序破急~」、台湾のアルセーヌ・ルパン楚留香が主人公のミュージカル「怪盗楚留香外伝-花盗人-」、そして、タカラヅカならではのレビュー「エトワール ド タカラヅカ」の3本立て

今回は3部構成で、日本色いっぱいの「宝塚ジャポニズム~序破急~」、台湾のアルセーヌ・ルパン楚留香が主人公のミュージカル「怪盗楚留香外伝-花盗人-」、そして、タカラヅカならではのレビュー「エトワール ド タカラヅカ」の3本立て

「宝塚ジャポニズム~序破急~」では、桜、千体仏、荒城の月がテーマで、和装のタカラジェンヌたちの踊りや美しい舞台装置にうっとり

「宝塚ジャポニズム~序破急~」では、桜、千体仏、荒城の月がテーマで、和装のタカラジェンヌたちの踊りや美しい舞台装置にうっとり

2部に入ると、男役トップスターの柚希礼音さんの魅力満載のミュージカル

2部に入ると、男役トップスターの柚希礼音さんの魅力満載のミュージカル

ナビはメディア向けのリハーサルを拝見、台湾のお客様のために、ステージの両側には字幕もあります

ナビはメディア向けのリハーサルを拝見、台湾のお客様のために、ステージの両側には字幕もあります

柚希礼音さんの動作や男っぽいしぐさや目線などに惚れてしまいます

柚希礼音さんの動作や男っぽいしぐさや目線などに惚れてしまいます

歌や踊りだけでなく、コミカルなやり取りもあって、楽しめます♪

歌や踊りだけでなく、コミカルなやり取りもあって、楽しめます♪

3部は、これぞ「ザ・タカラヅカ」の本領発揮!!

3部は、これぞ「ザ・タカラヅカ」の本領発揮!!

最初から最後まで、感嘆とため息の連続

最初から最後まで、感嘆とため息の連続

さすが男役の星組と言われるだけあって・・・

さすが男役の星組と言われるだけあって・・・

男役がかっこよすぎ・・・

男役がかっこよすぎ・・・

娘役たちの登場です!

娘役たちの登場です!

衣装が可愛い♪

衣装が可愛い♪

星組のカラー「青」一色のステージ

星組のカラー「青」一色のステージ

もう、どうしましょう・・・

もう、どうしましょう・・・

後半には、「月亮代表我的心」や「望春風」など台湾の歌も

後半には、「月亮代表我的心」や「望春風」など台湾の歌も

徐々に、タカラジェンヌの魅力に骨抜きになります、そして、すみれの花咲く頃・・・

徐々に、タカラジェンヌの魅力に骨抜きになります、そして、すみれの花咲く頃・・・

最後ヅカジェンヌたちが総動員登場となると、ステージは豪華絢爛、まさに本場「宝塚」にいるような錯覚を覚えました

最後ヅカジェンヌたちが総動員登場となると、ステージは豪華絢爛、まさに本場「宝塚」にいるような錯覚を覚えました

来年は宝塚歌劇団創立100年目を迎えます!

来年は宝塚歌劇団創立100年目を迎えます!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2013-04-06

ページTOPへ▲

関連記事

星組のタカラジェンヌが台北に到着~!!

星組のタカラジェンヌが台北に到着~!!

20日から台湾公演を行う宝塚歌劇団星組が窓口機関を表敬訪問しました!

国家戯劇院

国家戯劇院

台湾のシンボル的建築物のひとつ。観劇以外にもレストランやカフェ、コーヒーショップで休憩!

その他の記事を見る