廬山温泉(南投県)

閉店・移転、情報の修正などの報告

移転が決まっている秘境の温泉。入るなら今です!

photo

日本統治時代の旧名を「富士温泉」といい、「明治温泉(現在の谷關温泉)」、「桜温泉(現在の春陽温泉)」と並んで中部三大温泉と呼ばれました。泉質は無色透明の炭酸水素塩泉(重曹泉)で温度は58~98℃、飲用も可。元々は原住民セデック族が支配していた土地で、傷を受けた動物が温泉に入って傷をいやしたという伝説もあります。国民政府の時代になり、泉質のよさと自然の美しさから天下第一泉とうたわれて人気の秘境温泉となりました。
温泉のある旅館・ホテルへはつり橋を渡っていくほか、手前の商店街も懐かしい日本の温泉街のような風情を残しています。しかし2009年に集中豪雨により大きな被害をうけ、その後の調査の結果、政府により全住民の移転が決定。ただ2015年現在、まだかなりの旅館やホテル、レストランなどが営業しており、最近では日本式入浴ができる半露天風呂などができています。もしかしたら映画「セデック・バレ」の主人公モナ・ルーダオも入ったかもしれないという温泉につかりながら、台湾の歴史に思いをはせるのもおもしろいですね。将来的にはなくなってしまう期間限定の温泉です。

ページTOPへ▲

関連タグ: 温泉 秘湯 秘境 セデック

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-06-30

スポット更新日:2015-06-18

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

登山専門旅行社ツアーに参加して、本格派登山に挑戦!

登山専門旅行社ツアーに参加して、本格派登山に挑戦!

個人では実現するのが大変な登山も、ツアー参加で容易に高山へ登ることができます