homey(紅米國際青年旅館)

homey紅米國際青年旅館

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

バックパッカー経験者オーナーのこだわりがつまった大型ホステル、家のように安心、安全、リラックスして楽しく滞在できます

2017年5月、ロビーがおしゃれに生まれ変わりました!
こんにちは、台北ナビです。
皆さんはホステルにどんなイメージがありますか?一般的にホステルとは何人かと相部屋になって泊まる、ドミトリーと言われる部屋があるホテルのこと。一般のホテルに比べて値段も安く、スタッフはもちろん、旅行者同士でも情報交換ができたりと、楽しく滞在できる場所なんです。

とにかく交通の便がよい立地

こちらの看板が目印です

こちらの看板が目印です


MRT「台北車站」駅から歩いて約10分、カラフルな「homey」の看板が出ているので分かりやすいです。この看板のあるビル7Fにあります。エレベーターに乗っている時はこの中にホステルがちゃんとあるのかと、ちょっと不安でしたが、7Fに着いたとたん、広く明るくポップな壁が広がっていて、さらに「チェックインはこちら」というドアを開けると、思わず「きれい、広い!」と口に出してしまうほど、窓も大きく開放的なロビーがありました。
このビルの中にホステルがありますよ。

このビルの中にホステルがありますよ。

7Fを確認したらエレベーターへ。

7Fを確認したらエレベーターへ。

7Fに着きました。一気にウェルカムな雰囲気!

7Fに着きました。一気にウェルカムな雰囲気!

チェックインはこちらです。

チェックインはこちらです。

homey提供画像・フロント前のロビーも広々。

homey提供画像・フロント前のロビーも広々。

台北最大級のホステル

政府の認可を受けています。

政府の認可を受けています。

こちらは2014年5月にオープンした台北では最大級のホステル。7Fと8F合わせてなんと部屋数は30!この日も100人近くのお客さんが滞在中でした。また、新しくてきれいなだけでなく安心して泊まれます。台北のホステルは政府の許可がない所が多いのですが、こちらは台北市政府のお墨付き。防災基準などをクリアしたホステルですので、安心して泊まることができますよ。
homey提供画像・大型ホステルはロビーも広い。

homey提供画像・大型ホステルはロビーも広い。

バックパッカー経験をもとに作ったホステル

オーナーのKellyさん。明るく、親切に紹介していただきました。

オーナーのKellyさん。明るく、親切に紹介していただきました。



今回案内をしてくださったのはオーナーのKellyさん。お兄さんと2人で経営されています。Kellyさん自身がヨーロッパやアメリカをバックパッカーで回った経験があり、数年前は台北には大きいホステルがなかったということで、台北にも大きなホステルを作りたいと考えたのがこちらを始めたきっかけだそうです。そのため、自分自身がお客さんの目線になって様々なところに工夫あり!
例えば、場所選びにしてもこだわりが。ホステルといえば、バックパッカーが多く泊まる場所、バックパッカーは荷物が重いため、何より移動を少なくということで交通の便がよい所。他にも若い人や節約している人が多いため、できるだけ安い値段で提供できるようにと考え、場所を探したそうです。探すこと1年をかけてついにこの場所でオープンに至りました。

名前の「Homey紅米」に込めた思い




お客さんがリラックス、そして安心して家のように過ごしてほしいとの思いから「Home」を入れて作った言葉なのです。台湾では政府の認める宿泊施設の登録時に中国語名も必要だったため、「Homey」と音の似ている「紅米」も用意したとのこと。「Homey」で楽しく、安全に過ごして新しい友達と出会うこと、ここを離れても出会った人やスタッフ、台北を思い出してくれるようなホステルにすることが最大の目標なんだと、明るく、親切に、ときには熱く語ってくれるKellyさん、とても素敵ですね。

観光情報もばっちり

4カ国語対応で安心。日本語OKのスタッフもいらっしゃいます。

4カ国語対応で安心。日本語OKのスタッフもいらっしゃいます。




お客さんは中国や韓国からが最も多く、日本人もだんだんと増えてきているそうで、それに合わせてロビー等に貼ってある表示は、英、中、韓、日の4カ国語でご案内。
やはり日本語があるとぱっと見てとても分かりやすいです。
これがよくある質問をまとめた便利なTravel Guide

これがよくある質問をまとめた便利なTravel Guide


また、ロビーにはTravel Guideと書いてあるポップなディスプレイがありますが、これはお客さんからのよくある質問をまとめたもので、中にはお店の情報や地図が入っています。中から1枚もらって外へ行くことができるのでとても便利。もちろん4カ国語対応です。

ちなみによくある質問としては「おみやげに何を買ったらいいか」「おいしいパイナップルケーキが買いたい」「有名なクラブに行ってみたい」などなどだそうですよ。まずはここをチェックして、分からなければフロントで聞いてみてくださいね。フロントでも観光地への行き方やタクシードライバーにも分かるように中国語のメモを書いてくれたりと、とても親身になってくれます。スタッフからも今日はどこへ行くの?などと積極的にお客さんに声をかけてコミュニケーションをとっています。その声かけがホステルの活気ある雰囲気を作っているんですね。
元気なスタッフさんたち。

元気なスタッフさんたち。

観光案内の冊子もフロントに置いてありました。

観光案内の冊子もフロントに置いてありました。

便利なサービスの数々

台北以外の都市へ遊びに行きたい方に大人気のお得な「高鉄の3日間チケット」もフロントで取り扱っています。あらかじめメールか、直接フロントで申し込めばこちらのフロントでチケットを受け取れるので大変便利(フロントでは最大3日間かかるとのこと)。台北駅近くなので徒歩で駅まで行けるため、台南や高雄といった地方にも朝いちばんの高鉄に乗っていくこともできますね。ホステルというと、長期滞在者がメインなのかなと思いましたが、高雄や台南へ行く前日に1泊だけというのももちろん歓迎です、と優しく答えてくださいました。
その他にもマッサージ店のディスカウントクーポンやタクシー情報などのポスターがたくさん。どんどん活用してお得な旅行にしたいですね。

簡易キッチン、朝食のサービス

homey提供画像

homey提供画像


こちらではうれしい朝食のサービスがあり、コーヒーやお茶、トースト、果物が無料でついています。時間は8時30から11時まで。台湾は朝ごはん屋さんもありますが、知らない土地だとなかなかたどり着かないなんてこともあるので、まずここで軽く食べてからいくのもいいかもしれません。簡単なキッチンもあるので、飲み物を冷やしておいたり、電子レンジで温めたりができるのも嬉しいですね。
朝はこちらに果物が並びます。 朝はこちらに果物が並びます。

朝はこちらに果物が並びます。

冷蔵庫も共用なので大型です。名前を書いて入れておきましょう。

冷蔵庫も共用なので大型です。名前を書いて入れておきましょう。

電子レンジもご自由に。

電子レンジもご自由に。

朝ごはんの時間以外でも暖かいコーヒー、紅茶はいつでもどうぞ。 朝ごはんの時間以外でも暖かいコーヒー、紅茶はいつでもどうぞ。 朝ごはんの時間以外でも暖かいコーヒー、紅茶はいつでもどうぞ。

朝ごはんの時間以外でも暖かいコーヒー、紅茶はいつでもどうぞ。

フロントは23時に閉まるのですが、ロビーは24時間灯りがついているので、本を読んだり、コーヒーを飲んだり、自分のペースでくつろぐことができます。
ロビーの窓は大きくて気持ちいい。

ロビーの窓は大きくて気持ちいい。

パソコンも2台置いてあります。

パソコンも2台置いてあります。

カードゲームも貸し出しています。

カードゲームも貸し出しています。

お腹がすいたらどうぞ

お腹がすいたらどうぞ

こだわりのバスルーム


シャワー、トイレは全て部屋の外にあります。シャワーも24時間使用可能なので、遅い時間でも同室の人に気兼ねなく使えます。
このシャワーも工夫されています。Kellyさんが以前、ホステルでトップ3に入るくらい嫌だったことの一つがシャワーの出が悪いこと。それを考えてお湯は勢いよく出るように、またいつでもお湯がたっぷり出るように、お湯のタンクを24時間回しているそうです。
さらに、シャワーブースと着替える所をしっかりと区切っているので、着替えているときに壁についた水滴で濡れるということがないようにしています。この2点は一般のホテルでも思い当たること、ホステルなのに(失礼!)このシャワースペース、大変レベルが高いと感じました。
シャンプー、ボディソープもあり、ドライヤーも完備、大型なのですぐ乾きそう。女性にはうれしいですね。
個室の中にも仕切りがあるので、着替えるときにも濡れることがありません。

個室の中にも仕切りがあるので、着替えるときにも濡れることがありません。

シャワーの出る勢いにもこだわっています。

シャワーの出る勢いにもこだわっています。

シャンプー、ボディソープ

シャンプー、ボディソープ

大型ドライヤー

大型ドライヤー

その他気になるトイレ、ランドリー

トイレは消毒液も置いてあり、きれいに使われていました。そのうちの個室の一つは女性専用になっています。


長期滞在者には大変助かるランドリー室もあり、洗剤は無料で、洗濯機80元、乾燥機60元で使うことができます。8:30から22:00まで使用可能。
外には荷物用の体重計も。これで買い物をしても空港で慌てて荷物を詰め替える必要もありません。まさにかゆい所に手が届いているなあと感じました。
無料の洗剤。

無料の洗剤。

荷造りしたら計ってみましょう。

荷造りしたら計ってみましょう。

ドミトリーの基本情報

部屋はドミトリーとプライベートがありますが、今回はドミトリーのみご紹介。

女性専用、男女共用があり、4、6、8、10、14人部屋となっています。大人数のグループで1部屋を借りきって利用するというのも可能なので、たくさんのお友達と一緒にワイワイするのも楽しそうです。
どの部屋も共通のベッド、ロッカーが付いています。
部屋はホテルのように、レバーにルームキーをかざして入ります。ドミトリーは多くの人が出入りしますが、これで安全ですね。

とても頑丈なベッドの理由

体重をかけて登ってもびくともしません。

体重をかけて登ってもびくともしません。

実はこのベッド、特注品。見ただけでは分からないのですが、パイプを持ってみるとかなり頑丈。というのも2段ベッドに上がるときに手すりをグッとつかむと、ベッド全体がゆれてしまいますよね。下の人にとってはとても嫌なこと。それをなくすために、重く頑丈なパイプにしているのでどんなに体重をかけてもベッド全体がゆれないようにできています。それに加え、パイプの一部を天井で固定しているお部屋もあり、ナビも試してみましたがびくともしません。これもKellyさんがお客さんの立場になってチェックしているそうです。
ベッドは分厚く、寝心地もよさそうです。
天井までのびているこのパイプの重さが快適さの秘密。

天井までのびているこのパイプの重さが快適さの秘密。

分厚いベッド。

分厚いベッド。

個人用ランプ

個人用ランプ


ベッドの枕元には個人用のランプ、コンセントがついています。世界各国のお客さんが来るということで、コンセントも世界対応!もちろんクーラー完備で夏は涼しく、冬はというと、台湾では一般的に暖房はついていないのですが、寒い場合、掛け布団は1人何枚でも使用可能ということなので快適に過ごせますよとのこと。
寒い場合にはフロントにもう1枚借りましょう。

寒い場合にはフロントにもう1枚借りましょう。

もちろん冷房完備

もちろん冷房完備

シーツは毎日取り替え可能ですので、その場合はフロント前のかごに自分で入れて、一声かけてくださいね。これで清潔なベッドでいつでも休めます。
シーツも毎日取り替えできます。 シーツも毎日取り替えできます。

シーツも毎日取り替えできます。

ロッカー内部にもあります

ロッカーの中にあるコンセント

ロッカーの中にあるコンセント

部屋の中に1人ひとつ、パスワードつきのロッカーあるので、貴重品の管理も安心。鍵ではなく、パスワード付きというのがシャワーの時など大変便利です。ロッカーの中にはここにも2種類のコンセント(USB対応)がついています。部屋の中にもコンセントはたくさんあるのですが、ちょっとトイレやシャワーに行きたいとき、携帯等をそのままにしておくのは少し心配。そんなときにはこのロッカー内で充電をしておけば安心という優れものです。ちょっとしたことなんですが、本当にどこまでも気配りができているホステルです!
優れもののロッカー 優れもののロッカー

優れもののロッカー

部屋ごとにWifiが飛んでいるので、公共機関でよくあるインターネットの速度が遅いとうことはありません。快適にネットがつながれば、旅の情報もスムーズに。

いくつかの部屋を拝見

8Bed Female Dorm (8人女性ドミトリータイプ/ 8-人數 女生 共用)7坪 画像参考714号室
カラフルで明るくきれいな部屋という印象、8人用ということで部屋自体も広いです。窓も大きく、開放的。1人用の椅子とテーブルもあります。
homey提供画像

homey提供画像


4Bed Female Dorm (4人女性ドミトリータイプ/ 4-人數 女生 共用)3坪 画像参考802号室
4人用なので部屋自体はコンパクトですが、天井が高いので広く感じられます。窓が大きくて気持ちいいです。
homey提供画像

homey提供画像

「Homey」のいちばんの魅力は

世界各国のお客さんからの手紙の数々

世界各国のお客さんからの手紙の数々

こちらのホステルは、交通が便利、新しくてきれいなどなど、たくさんのポイントがあるのですが、今回ナビが取材をしていちばんの魅力だと思ったのはKellyさんを始めとするスタッフの皆さんの明るく、親切な応対だと感じました。特にご自身のバックパッカー経験から「家のように安心してリラックスできるホステル」にという熱い思いが様々なところに工夫として現れています。
取材中も帰ってきたお客さんにフレンドリーに声をかけていたりと、とてもいい雰囲気を感じられましたよ。お客さん同士でもお互いの言葉を教え合ったりと交流も活発にあるそう!いろんな人とコミュニケーションできるのもこのホステルのいいところ、楽しく滞在できそうです。
このノートの中にもお客さんの感謝の言葉がぎっしり。

このノートの中にもお客さんの感謝の言葉がぎっしり。

オーナー兄妹のかわいらしいマスコット

オーナー兄妹のかわいらしいマスコット

以上、台北ナビでした。
 

記事登録日:2014-12-15

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2014-12-15

スポット更新日:2017-03-28

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供