ロイヤル シーズンズホテル台北(皇家季節酒店-台北館)

Royal Seasons Hotel Taipei皇家季節酒店-台北館
  • 台北市 > 迪化街
  • DXビジネス&スタンダード ,ビジネス
  •         

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

南京西路エリアにあるホテル、フカフカのカーペット、カウチのある客室など、テーマを持つユニークなインテリアをお楽しみください



こんにちは、台北ナビです。
これまで古びたホテルが並ぶ円環エリアの南京西路が、今では変わりつつあります。「皇家季節酒店」は、以前「皇家四季飯店」として経典館と皇家館と、2棟をそれぞれ別のホテル名で呼んでいましたが、2010年7月に「皇家季節酒店」と統一されました。
浴室など全体的に清潔感あふれ、客室のカーペットなどにも暖色系で落ち着けるのが好印象でした。それでは、李マネージャーに館内を案内してもらいましょう。

ハデなディスプレイに驚くなかれ


自動ドアを抜けると、いきなり左側にローマの庭園のようなディスプレイにちょっとびっくり。
それでは、客室案内にて、このホテルのよさをご説明することにしましょう。
入口のこの趣味は、台湾ならでは

入口のこの趣味は、台湾ならでは

全館、無線LANだそうです

エレベータで客室フロアに降りると、フカフカのカーペットがお出迎え。とても気持ちがよいです。まずは、ビジネスマンがもっとも気になるネットサービスですが、こちらは全館無線LANが完備、しかも無料サービス。有線LANも無料で使用可能です。ビジネスホテル式対応としてこれ以上のサービスはないですね。
客室内は、さすがにできたてのホテル、どこも清潔で、特にバスルームの手入れが行き届いていると感じました。
各室に液晶テレビが入っていました。

各室に液晶テレビが入っていました。

冷蔵庫の飲み物は一本10元、という奉仕品。

冷蔵庫の飲み物は一本10元、という奉仕品。

クラッカーがおいてあるのもなにげないサービス。

クラッカーがおいてあるのもなにげないサービス。

ポットの形が可愛かったです。

ポットの形が可愛かったです。

浴室は新しいホテルだけあって、ピカピカで気持ちよかったです。
浴室は新しいホテルだけあって、ピカピカで気持ちよかったです。

浴室は新しいホテルだけあって、ピカピカで気持ちよかったです。

旧経典館(1館)の客室

こちらの客室は、「バリ島」「ビクトリア風」など、それぞれテーマを持っていて、ベッドの飾り、ソファ、カーペットが様々なインテリアでまとめられていて、とっても個性的。これを趣味がいいととるか悪いととるかは、お好み次第。が、ツインルームもあって、観光客にも活用できるのでは、と思いました。

Deluxe Double/Twin Room(デラックスルーム/ 豪華客房) 9坪

旧皇家館(2館)はシンプル設備とゴージャスな雰囲気

お洒落なムードが漂い、どこかヨーロッパのホテルを感じさせる造りに。ロビーは高級ホテルのような華美さはありませんが、清潔でシンプル。1歩ドアを入ると、どこかお金持ちのお宅におじゃましたような、そんな気持ちになりました。

そうなんです、「ホテル」でありながら全体的なデザインがマンション風のホテルとでも言いましょうか…。「家」を意識したインテリアになっているようなのです。それもヨーロッパの邸宅、ナビはそんな印象を受けました。エレベーターを降りてまず目につく、正面の壁紙やシャンデリア…TVで見た欧州の家に招かれたみたい!お部屋の中に入ってみてもやはり同様の印象です。
重厚感のあるドア、フカフカの絨毯、窓に掛けられたカーテンやベッドカバーのファブリック(無地ではなく織物なんです)、洒落た柄入りの壁紙、そして、机の上に置かれたインテリア小物…。「簡素なデザイン」を謳う現代ホテルが多い中、「我が家」に招かれたような、ちょっと高級感があって温かみのある雰囲気はとても貴重。それでいて、過度になりすぎない設備。シンプルに必要最低限のものだけを揃え、滞在を便利にしています。
ベッドサイドにはアクセサリートレイが。

ベッドサイドにはアクセサリートレイが。

小物類もオリジナルでまとめられ・・・

小物類もオリジナルでまとめられ・・・

部屋により異なるインテリア

そして、「我が家風」をさらに強調するのが、部屋ごとに異なるインテリア。ナビは一部のお部屋だけ見せていただいたので、ここでご紹介している以上に(部屋の数だけ、と言った方がいいかもしれません)お部屋の種類があると言ってもいいでしょう。同じルームタイプでも、使用している家具や内装が微妙に違うため、ステイするたびに、新鮮な気分を味わうことができます。それはやはり、知人宅におじゃまして、お部屋ごとにインテリアが異なるのと同じ感覚、ですよね。 また、全室ウォシュレット付トイレなのも嬉しいですよねっ!

ジャグジーバス+シャワーブースの分離型だからのんびり入浴

浴室はいずれのお部屋も浴槽・シャワー分離型を採用。そして、部屋のグレードにかかわらず、ジャグジーがついています(バスタブの大きさだけは異なります)。ローション・コンディショナーといったものまであるのでポイント高しです。
アメニティが入っているボックスもステキ!
アメニティが入っているボックスもステキ!

アメニティが入っているボックスもステキ!

旧皇家館(2館)客室情報

Executive Double/Twin Room(エグゼクティブルーム/行政客房) 10坪 
(ベッドサイズ)105×200cm×2 
※ダブルの場合は2ベッドをコネクト

ベッドはツインかダブルから選べ、ダブルはツインベッド2つを並べたものですが、きちんとマットで1つの状態につなげてあるので、中央がくぼんでしまう…ようなことはありませんよ。バスルームは部屋により、ベッドルームとの間がガラス窓になっています。

Triple Room(トリプルルーム/季節三人房) 12坪 

(ベッドサイズ)90×200cm×3

すべてのフロアのコーナーにつくられたこのタイプは、バスルームがポイント。角部屋ならではの採光のよさを最大限に活かしたとーっても広い快適なバスルームを実現。もちろん、ベッドルームにも窓があり。このクラス以上のお部屋にはワインクーラー付きです。3人旅に是非オススメしたいお部屋のタイプです。

Seasons Suite Room(シーズンスイートルーム/季節套房) 15坪
(ベッドサイズ175)×210cm×1

チャイニーズスタイルで統一した落ち着いたお部屋。使用されている家具の細工が見事です!バスルームも広めに設計。バスタブは大きめタイプなので、ゆったりとお湯につかれそう♪ 
(ベッドサイズ)175×210cm×1
ベッドルームとリビングスペースはTV台で区切られた開放的なスイートルーム。ドアがない分、より広々と感じます。こちらはヨーロピアン調+チャイナ風スタイルのインテリアでまとめられたお部屋。

オリジナルレシピでバツグンの味!ステイ客しか食べられないのが残念

朝食はビュッフェスタイル。どれもとってもいい味なので、ぜひ朝食はホテルでとっていただきたいものです。しかも、メニューは豊富だから、長期でステイするなら、毎日違うメニューで楽しめます。また、各種ドリンク、カップ麺などのセミビュッフェは朝だけでなく、24時間対応。小腹がすいたらいつでもここで腹ごしらえできますよ!

付帯施設

● ダイニングルーム・ラウンジ

朝食(7:00-10:00)はこちらでいただきます。内容は和食・洋食・中華のビュッフェメニュー。トースト、ドリンク、カップラーメンなどのセミビュッフェは24時間無料で利用可能です! 
● ビジネスセンター

数台のコンピュータが置かれ、24時間無料でお使いいただけます。もちろん、日本語の読み書きOKです!プリンターも完備(制限枚数を超えるプリントアウトは要使用料)。ビジネスマンでなくともうれしいサービスですね。
ビジネスセンターではコーヒーも無料サービス!

ビジネスセンターではコーヒーも無料サービス!

 ● ミーティングルーム

有料の会議室です。会合に必要なプロジェクター、スクリーン、DVDプレーヤーも別料金で貸出OK!

オリジナルツアーで台湾散策!

ホテルでは、午前・午後・夜とオリジナルのツアーをご用意。低価格で台北を楽しめるツアーになっています。特に、ホテルから徒歩5分ほどで行ける迪化街は人気の観光スポット。地元ならではの案内が付き、恋愛の神様として人気の月下老人の祀られる「霞海城隍廟」やお手頃価格のショップにもご案内。短時間で中華デザートや夜市まで楽しめるコースになっています。到着初日、チェックインしたら上手に利用したいサービスでもあります。

以上、台北ナビでした。

記事登録日:2010-07-07

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    まじーちゃん

  • photo

    まじーちゃん

  • photo

    まじーちゃん

  • photo

    まじーちゃん

  • photo

    まじーちゃん

  • photo

    まじーちゃん

  • photo

    まじーちゃん

  • photo

    まじーちゃん

  • photo

    まじーちゃん

  • photo

    タージー

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-07-09

スポット更新日:2014-11-20

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

支店情報

地図で見る

ロイヤル シーズンズホテル ホットスプリング(皇家季節酒店 北投館)

ロイヤル シーズンズホテル ホットスプリング(皇家季節酒店 北投館)

高級感が漂う各部屋、温泉とアフタヌーンティーを楽しむツアーもあるんです。

関連記事

1/14~12/31 桃園空港MRT台北駅周辺 送迎シャトルバス運行!

1/14~12/31 桃園空港MRT台北駅周辺 送迎シャトルバス運行!

試験的に台北駅周辺にある8つのホテルから駅までを結びます

エリアを歩こう~シティスイーツ台北(城市商旅)付近~

エリアを歩こう~シティスイーツ台北(城市商旅)付近~

意外と知られていなかった!このホテル周辺の驚くべき名所と便利性!