日光涵館(九份)

日光涵館

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

お部屋に居ながら変わる景色を楽しめる!九份ステイなら絶景を独り占めできるココ!


【チェックイン時の注意事項】

こちらの民宿は入口がいくつかあるため、お部屋によりチェックイン方法が異なります。

ルーム№1~3→朝食会場となる「涵館咖啡廳」にてチェックインとなります。直接「涵館咖啡廳」へお越しください。
・ルーム№4~7→お部屋でのチェックインとなります。老街に到着次第、お手数ですが、許さんまで(0965-336-889)電話をお願いします。



こんにちは、台北ナビです。

台湾に来たら絶対行きたい場所の1つ、それは郊外の名所、九份ではないでしょうか?電車やバスで90分ほどと気軽にアクセスできることから、台北からの日帰りコースとしてプランに組み込む方も多いですよね。

でもちょっと待って!それではもったいな~いっ!朝も、昼も、夜も素晴らしい九份の風景。それぞれ違った顔を見せる場所だからこそ、近場といえど敢えてステイしたい!そんな時にぴったりな民宿「日光涵館」をご紹介します。

B&Bスタイルの宿


台湾には多くの民宿があり、1番多いのが東部の宜蘭。九份もそれに負けじと近年民宿の数はどんどん増えています。というのも、1日では足りない九份の魅力をもっと満喫したい、という人たちの需要に合わせて増えてきた、というところでしょうか。

一般に民宿というと、民家の空き部屋や空き家を解放した質素なイメージを持ちますが、ここはどちらかというとペンションと呼ぶ方がしっくりくるかもしれません。「日光涵館」はB&B(ベッド&ブレックファスト)―宿泊と朝食を提供する宿泊施設でありスタイルは洋風。そして家庭的な温かなサービスが特徴です。オーナーの娘さん、許家翎さんは日本にステイ経験があり、日本語OKなのも魅力的です。

オールドストリートの外れに

九份に来てまず訪れるのは、セブンイレブン横から入る老街(オールドストリート)でしょう。小吃店やお土産屋さんなど数々の商店が軒を連ねる楽しい通りです。ずっと歩いて行くと、九份観光のメインともいえる提灯階段があります。だいたいの人はここから階段を下って写真を撮って、また上って「阿妹茶酒館」や「九份茶坊」あたりでお茶をして…というコースをたどるのではないでしょうか?

「日光涵館」は階段のさらに先にあります。老街(基山街)を歩いて来たなら、階段を下りずにそのまままっすぐ歩いて行きましょう。途中、下界の素晴らしい景色を眺めつつ、さらに店々の間を抜けて行くと見えてきます。ここら辺まで来ると、人通りもさほど多くなく静かです。

チェックインのポイント


さて、こうしてたどり着いた「日光涵館」。実はステイするお部屋によって入口が変わります。山の中腹に発展した街であるこのエリアならでは、建物が段々構造になっているためです。

この基山街に面した入口から入るのは、ルーム№4、5、6、7のお部屋。ルーム№1、2、3は建物の脇にある階段を少し下って、さらに専用の階段を上がったところにある入口を使います。ちょっとややこしいですね。でも大丈夫!チェックインはそれぞれわかりやすく便利な場所で行なわれるようになっていて、ルーム№4~7はお部屋で、ルーム№1~3は朝食会場となる「涵館咖啡廳」になります。こうすることで、階段を上ったり下りたりすることなく、ラクにわかりやすくチェックインできるようになっています。とはいえ、アップダウンの多い九份、スーツケースは避け、できるだけ身軽に来る事をおすすめします。
チェックイン時に渡されるオリジナルのマップ。これを使い周辺情報を詳しく説明してくれます。これなら道に迷うことなく、九份をすみずみ楽しめますね!

チェックイン時に渡されるオリジナルのマップ。これを使い周辺情報を詳しく説明してくれます。これなら道に迷うことなく、九份をすみずみ楽しめますね!

シンプルだけど必要最低限が揃う室内

民宿なので、アメニティグッズや室内設備は大充実、とはいきませんが、滞在中に困らない程度に必要なものは何でも揃っています。これなら台北の宿にスーツケースを置いて、バックパック1つでやって来ても安心です。

バスルーム
洗面台

洗面台

シャワーのみ

シャワーのみ

トイレ

トイレ

いずれのお部屋もバスタブはありませんが、シャワー・トイレ・洗面台が開放的なセパレート風になっているので広々、気持ちよく使えそう!

アメニティ
シャンプーとボディーソープ

シャンプーとボディーソープ

バスタオルと歯ブラシ。小タオルはご持参ください 

バスタオルと歯ブラシ。小タオルはご持参ください 

ドライヤー

ドライヤー

ベッドルーム 
熱水器

熱水器

冷蔵庫はお部屋によっては共有 

冷蔵庫はお部屋によっては共有 

ティーセットとお茶・コーヒー ティーセットとお茶・コーヒー

ティーセットとお茶・コーヒー

スリッパ

スリッパ

TV

TV

クローゼットはありませんが壁にハンガー

クローゼットはありませんが壁にハンガー

お部屋に異なりますが、窓際にはソファーや椅子が置かれていて、景色を楽しみながらくつろげます お部屋に異なりますが、窓際にはソファーや椅子が置かれていて、景色を楽しみながらくつろげます

お部屋に異なりますが、窓際にはソファーや椅子が置かれていて、景色を楽しみながらくつろげます

ルームNo.4~7にはバルコニーがあります ルームNo.4~7にはバルコニーがあります ルームNo.4~7にはバルコニーがあります

ルームNo.4~7にはバルコニーがあります

ルームNo.1~3はお部屋前の共有テラスをどうぞ ルームNo.1~3はお部屋前の共有テラスをどうぞ

ルームNo.1~3はお部屋前の共有テラスをどうぞ

大きな窓から見える景観がステキ!


最大の特徴はなんといってもお部屋から見える景色。九份には景色を楽しみにやって来る人も多いと思いますが、人がいっぱいの景観台では飽き足らない方にはぜひともおすすめしたいこちら。

どのお部屋からも抜群の眺望が期待できます。室内のソファーやベッドから、またバルコニーから眺める景色はサイコー!朝、昼、夜、晴れた空、流れる雲、降りしきる雨…1日のうちでもコロコロと変わる九份の空を時間ごとに独占できちゃいますよ!

2つとない個性的なお部屋大公開!

1つ1つ異なるユニークなお部屋が7つあります。お気に入りのお部屋を指定してステイしましょう。

日光涵館1(ルームNo.1・1大床) ※最多2名

ルームNo.1~3はメゾネットタイプのお部屋。いずれも下がリビング、上がベッドルームになっています。そして山の傾斜が活かされた造りなので、どちらからも眺めは抜群!
1階  1階 

1階 

2階 2階 2階

2階

日光涵館2(ルームNo.2・1大床) ※最多2名
同じくメゾネットタイプになっています。基本的な造りはルームNo.1と同じです。
画像提供:日光涵館

画像提供:日光涵館

画像提供:日光涵館 画像提供:日光涵館

画像提供:日光涵館

画像提供:日光涵館 画像提供:日光涵館

画像提供:日光涵館


日光涵館3(ルームNo.3・1大床) ※最多2名

メゾネットタイプで基本的な造りはルームNo.1と同じですが、インテリアが微妙に異なります。
1階

1階

2階

2階


日光涵館4(ルームNo.4・2大床) ※最多4名

基山街にある入口から入りますが、ドアを開けて階段を下りたところにあるのがルーム4と5で、それぞれ別々の部屋になります。特徴的な造りから大家族やグループでコネクティングルーム風に両方借りてステイしてもよさそう。海に面したお部屋はベッドからもソファーからもバルコニーからも眺めよし!2名で使用する際には2名料金でステイできますが、ベッドの使用は原則ダブル1台のみとなり、2台使用するときには追加でベッド使用料(部屋代は2名分のまま)が必要になりますのでご注意ください。
※冷蔵庫はルームNo.5と共有です。
フクロウがテーマのインテリアです フクロウがテーマのインテリアです

フクロウがテーマのインテリアです


日光涵館5(ルームNo.5・2大床) ※最多4名

ルームNo.4と隣り合う入口で、造りもほぼ同様です。2名時のベッド利用のルールも同じになります。異なるのはテーマ!こちらはネコがいっぱいのお部屋です。
※冷蔵庫はルームNo.4と共有です。
にゃんこ好きにはたまらないお部屋

にゃんこ好きにはたまらないお部屋

日光涵館6(ルームNo.6・2大床) ※最多4名

こちらもルームNo.4と部屋の造りやベッド使用のルールなど基本的なことは同じですが、共通のドアを開けたすぐそばにあるもう1つのドアから入るため、ルームNo.4・5よりも若干高い位置に部屋があります。モダンながらところどころに古きよき台湾を感じるインテリアが配置されているのもイイ感じです。
オールド台湾風のインテリアが見え隠れ オールド台湾風のインテリアが見え隠れ オールド台湾風のインテリアが見え隠れ

オールド台湾風のインテリアが見え隠れ


日光涵館7(ルームNo.7・4大床) ※最多8名

最大で8名までステイできる大きなお部屋で、入口も基山街沿いに単独であるので、ちょっとした自分ち気取りができそうです。メゾネットタイプになっていて、上と下にベッドが2台ずつあるので大家族でも1つのお部屋にステイ可能!2名で使用する場合は、2名料金が適応となりますがベッドの使用は1台のみ。2台使用する場合には別途料金がかかります。
1階 1階

1階

2階 2階

2階

広々のテーブルスペースとバルコニー 広々のテーブルスペースとバルコニー 広々のテーブルスペースとバルコニー

広々のテーブルスペースとバルコニー

朝食は系列のカフェで

朝食はここから徒歩5分ほどのカフェ「涵館咖啡廳」でどうぞ。8時半~10時までと割とゆっくりなので、朝の散歩を楽しみつつ、出かけてみるのもいいかもしれません。

今度の九份は泊まって楽しみたい


ステイすれば九份の魅力をあますことなく楽しめる外、周辺の観光地(金瓜石、基隆、十分など)へも併せてめぐることができますよ!2度目の九份ならなおさら。九份ステイでいつもと違った楽しみ方をしてみませんか?

以上、台北ナビでした。

記事登録日:2016-06-28

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    くるぱ

  • photo

    くるぱ

  • photo

    unche

  • photo

    unche

  • photo

    unche

  • photo

    unche

  • photo

    unche

  • photo

    fksmmm

  • photo

    fksmmm

  • photo

    tomatomoon

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-06-28

スポット更新日:2016-10-12

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

九份観光のおすすめスポット

九份観光のおすすめスポット

九份のすべてがここにぎゅ~~~と凝縮されています!