閉店・移転、情報の修正などの報告

もしかして世界的にも珍しい試み!?秘密にしておきたい!でも行ったら思わず言いふらしたくなる!とっておきの場所

こんにちは、台北ナビです。

今日は、Barとひとことで言ってしまうには勿体なさすぎるエンターテイメント感満載の秘密の場所をご紹介します。

よく見ていないと通り過ぎてしまいそうな入口


市民大道裏の路地にひっそりと控えめにあるこのBAR。MRT「忠孝復興」駅のSOGO台北復興館(通称:白SOGO)より北側、マンションが建ち並び、住宅、飲食店や服飾店などが所々に入り混じる場所です。周りにはカフェや美容院などもありますが、こちらは夜になってからの営業&ドア自体も黒いのでよく見ていないとスッと通り過ぎてしまいます。

マンションの駐車場とエントランスの間に、黒いドアと角が丸くなった黒いアーチを見つけたら、今日ご紹介する「Room by Le Kief」です。
ロゴもかな〜り控えめ

ロゴもかな〜り控えめ

このカーテンの奥です

このカーテンの奥です

宇宙をイメージした空間

宇宙をイメージした空間

季節毎にメニューもグラスもガラリと変身します!


この「Room by Le Kief」は、今回ナビがお会いしたSEVENさんをはじめ3人のオーナーによって2018年秋にオープン。ちなみに國父紀念館付近にある「Le Kief菱玖洋服」が1店舗目で、「Room by Le Kief」は2号店という扱いです。「Le Kief菱玖洋服」が20~35歳をターゲットにした比較的若い層をターゲットにしていますが、「Room by Le Kief」は大人の男女(30〜45歳)に向けたお店で、ふたつの店舗は全く趣向が違っています。

注目したいのは、もしかして世界でもこんな場所はふたつとはないのではないかと思えるほど珍しい形式をとっていること。その企画力は、大げさな言い方かもしれませんが、「少なくともコスト度返しで手間暇をかけている」「仕事の域を飛び出してしまい超越している!」とナビは思いました。まるでギャラリーのような、はたまたエンターテイメントのような。とにかくひとことでBARとは言えない空間です。

企画は季節ごとの3ヶ月に1回変わっていき、その度にメニュー、そしてそれに付随するカクテルグラス、空間全体の雰囲気もすべて変わります。
現在のSEASON2のmenuは、台湾人イラストレーターA-bei Liuさんによるシュールなイラストが、名刺大サイズでメニューになっています。お持ちかえり自由なので記念になりますね! 現在のSEASON2のmenuは、台湾人イラストレーターA-bei Liuさんによるシュールなイラストが、名刺大サイズでメニューになっています。お持ちかえり自由なので記念になりますね! 現在のSEASON2のmenuは、台湾人イラストレーターA-bei Liuさんによるシュールなイラストが、名刺大サイズでメニューになっています。お持ちかえり自由なので記念になりますね!

現在のSEASON2のmenuは、台湾人イラストレーターA-bei Liuさんによるシュールなイラストが、名刺大サイズでメニューになっています。お持ちかえり自由なので記念になりますね!

暖炉や絨毯は今回のテーマに付随したコーディネート 暖炉や絨毯は今回のテーマに付随したコーディネート

暖炉や絨毯は今回のテーマに付随したコーディネート

中央にあるバー台は、パフォーマンス・ステージ


ドアから通路を少し進み、カーテンを捲るとあるのがふたつのバー台。ひとつはカクテルを作るステージ、もうひとつはカナッペ(カクテルに付いてくるおつまみ)を作るステージです。天井から光のループが降りていてステージ感を強く演出しています。

営業中、奥に薄暗く明かりが灯るのは実験室と呼ばれる場所。ここで日々企画についての食材や素材などが研究されています。また、このお店の鍵となる、独創的な材料で作られたオリジナルのリキュールに関してもここで自作しています。そして、ステージを囲むように、椅子とテーブルがあり、カクテルやカナッペを作る様子は、近くに行って見ることもできます。
ナビたちが訪れた時は営業時間前だったので奥が実験室だということがわかりやすかったですが、営業中は光のループが天井から降りてきて、全体的にかなり暗くなります ナビたちが訪れた時は営業時間前だったので奥が実験室だということがわかりやすかったですが、営業中は光のループが天井から降りてきて、全体的にかなり暗くなります ナビたちが訪れた時は営業時間前だったので奥が実験室だということがわかりやすかったですが、営業中は光のループが天井から降りてきて、全体的にかなり暗くなります

ナビたちが訪れた時は営業時間前だったので奥が実験室だということがわかりやすかったですが、営業中は光のループが天井から降りてきて、全体的にかなり暗くなります

真剣な眼差しでカクテルを作るSEVENさん

真剣な眼差しでカクテルを作るSEVENさん

カナッペもかなり凝っています〜

カナッペもかなり凝っています〜

SEASON 2のテーマは『旅と香水』

先にもお伝えしましたが、シーズン毎による企画は一期一会です。今回訪れた時のSEASON 2(〜3/19)は9つのメニューがあり、7つの国(台湾、日本、タイ、フランス、イギリス、ノルウェー)と、森林・CLUB。テーマは『旅と香水』です。 「台湾」や「CLUB」のカクテルって不思議なメニューですが、それぞれの国や場所からイメージされる香りを、お店で作られる自家製リキュールを組み合わせて忠実に再現したもの。口に含むと、その場所や素材そのものが頭に浮かぶという凄い感覚が味わえます。

今回はSEASON 2(~2019/3/19までのメニュー)の中の台湾、フランス、CLUBを紹介します。すべてのメニューはカクテルとカナッペがセットになっての提供されます。
テーマである『香水』に合わせて9つのメニューで調合された『香水』

テーマである『香水』に合わせて9つのメニューで調合された『香水』

今シーズンはこの香りを嗅いで選ぶこともできます

今シーズンはこの香りを嗅いで選ぶこともできます


* 「台湾」 500元
カクテルの材料:艾草(ヨモギ)、鐵觀音、胡椒

台北の迪化街やお寺のイメージからインスピレーションを得ています。このグラスは一体どこで見つけてきたのでしょう?と思えるくらい個性的なグラス。飲み方は、一気にふたつの管から吸い込むこと。はじめのひとくちで2cmほど同じ量を吸って口の中に含み、香りや味を楽しんでください。カクテル自体はほんのり甘いのですが、ベースのリキュールであるヨモギや鉄観音の香りが口いっぱいに広がり、コショウがピリリと引き締めてくれます。ちなみにこの後に出てくる「フランス」「CLUB」と共にカクテルのアルコール度数は30度ほどになるので、ご自身でコントロールしながら楽しんでくださいね。

カナッペの材料:大頭菜(カブ),香料
鳥の巣をイメージした、さつまいもテイストのベースはすべてのカナッペ共通です。カブのスライスとぽん菓子、香油などを使い、シャキシャキした食感のミニミニサラダ。まるで中華料理を食べているかのようでした。

* 「フランス」700元
カクテルの材料:玫瑰(バラ)、東加豆(トンカ豆)、肉桂(シナモン)

フランスパンと赤ワインのイメージからこの組み合わせのセットになっています。大きめの繊細な脚のワイングラス、ベースリキュールとなっているダマスクローズの香りがほんのりと香る上品なオリジナル赤ワイン風カクテル。飲む時は、赤ワインをイメージして飲んでください。

カナッペの材料:鵝肝(フォアグラ),麵包(バゲット)
ミニフランスパンをイメージ。中には濃厚なフォアグラが入っていて、食べた瞬間口の中にとってもいい香りが広がります。こちらは、フランス料理を食べているかのような優雅な気分になります。

* 「CLUB」 700元
カクテルの材料:可可(カカオ),菸草(タバコ),香草(バニラ)

カカオリキュールを使ったカクテルで、旅に出た時にCLUBを訪れてみたという設定。CLUBのアンダーグラウンド感を醸し出し、タバコ、皮革(レザー)や木のイメージの香料も少しだけ使用しています。なので、口に含むと、確かにタバコの草のような……レザーのような香りが鼻に抜けるのです。ただ、それは不快に感じる香りではなく、まさに「CLUB」のイメージをかきたてるスイッチのような存在。味は甘め。カカオやタバコから連想されるような苦みや渋みはありません。鼻で感じる香りと舌で感じる味が違うので、純粋に「楽しい」と思えます。さらに甘いカナッペと合わせると、口の中にたくさんの味が広がり、グルメ評論家の言葉を借りれば「宝石箱」という表現がピッタリ。見た目に黒いカクテルに見えますが、バタフライピーを使っていて実際は濃いパープルです。

カナッペの材料:雪茄(シガー)、起司(チーズ)
たばこを吸っている途中のイメージで、チョコレートに包まれたクリームチーズが乗っています。単にクリームチーズというよりは、高級で芳醇な生クリームのようなしっとり感があります。CLUBで雰囲気や音楽に浸っている感覚になりました。

あえて「日本」を選ばなかったのですが、どんなんだろう?とは気になり、聞いてみたら、カクテルをお試しさせてくれました。実は9つのメニューの中で「日本」は人気なんだそうです。
* 「日本」  500元
カクテルの材料:青蘋果(青リンゴ)、米、檀木(サンダルウッド)

グラスも日本から調達。海胆のようでもありますが、日本の神社にある柄杓もイメージしているんだとか。浮かんでいるのは金木犀の花。中にも金木犀が入っています。甘酸っぱく、花の香りがアクセントになっていて、女性は好きな人が多いかもしれません。少しとろみがあり、とても飲みやすいカクテルです。

ちなみにSEASON 1のテーマは『CANDY』でした。キャンディーと聞くと可愛らしくてカラフル、そして楽しいイメージが沸きますが、こちらの『CANDY』は大人な雰囲気のもの。焼肉のタレを薄く固めたものや綿菓子、焼いたパン+バターのテイストのカクテルに、ヤクルトのようなりんごの乳酸菌飲料を足してあったり。IPAビールの泡は砂浜のイメージだったりとクリエイティブに富んでいます。
画像提供:Room by Le Kief

画像提供:Room by Le Kief

画像提供:Room by Le Kief

画像提供:Room by Le Kief

とにかく、発想が半端ないです!

通常ではあまり聞いた事のない材料だったり、香料だったりがふんだんに使用してあり、「これはなんですか?」の質問や「えー!」「へぇ〜」などの驚き、発想への関心の連続だったナビたち。このアイデアを考え出しているのがLe Kiefを立ち上げた3人のメンバーのひとり、SEVENさん。ご自身はもともとフランス料理のコックさんだったそうです。年齢としては30代とお若いですが、ものを語る仕草や受け答えは、落ち着いていて、人を惹きつけます。なぜこんなに手を掛けた形式にしたのか?それは「ずっと同じものを飲んでいるのはおもしろくないので、変化していくもの=可能性と考えたから」だそうです。まさに感服でした!!
しつこいようですが、最後にもう一度言います。季節毎の企画は一期一会です、是非ご自身でこのユーモア溢れるパフォーマンスを体感しに来てください!

以上、SEASON毎に足を運びたい!と思っている台北ナビがお届けしました。

記事登録日:2019-03-14

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2019-03-14

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供