大稲埕217号公館

Dihua 217 Manor大稻埕217號公館

閉店・移転、情報の修正などの報告

旅人にくつろぎの時間と空間を。旅先で気ままに過ごしたカフェがモデルのスペイン風のバル

photo

カフェと居酒屋が1つになったような空間はまさにスペインのバルみたい。コーヒーやベルギービールを飲みながら、ピザや水餃子などの軽食をどうぞ!2014年にオープンしたばかり。そのため、メニューは今後も試行錯誤の上さまざまなチェンジがありそうですが、期待したいのはお食事メニューの充実。食いしん坊ナビの感想は「もっといろいろ食べられたらいいな~!」

オーナーは元アニメーションクリエーター。パソコンに向かって1日を過ごしていましたが、「大好きな愛犬Twinkleともっと一緒に過ごしたい!」と思い切った転身、迪化街にここをオープンしました。ベースは一人旅でよく利用した外国のカフェ。読書をしたり、ネットをしたり・・・自分ペースで自由に過ごせる空間を目指しています。店内は、そんなオーナーの「自由に過ごして欲しい」との思いがあふれていて、WiFiフリー、置いてある本も自由に読めるそうですよ。極めつけはドッグカフェじゃないけれど、ペットを連れての入店も大歓迎!なのだとか。そんな旅人も、ペットも温かく迎えてくれる「大稲埕217号公館」。居心地よくってついつい長居してしまいそうです。

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-03-31

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供