ステキな民宿でディープに花蓮観光!

旧・日本人開拓村@花蓮県

ここは花蓮駅から台東へ向かって6つ目の駅「寿豐」。日本時代に開拓が進んだ地区ですが、現在はいたって静かな農村です。花蓮といえば市内とタロコ峡谷くらいしか行ったことがなかったナビ、ここでディープな花蓮の歴史に触れてきました。

ここは花蓮駅から台東へ向かって6つ目の駅「寿豐」。日本時代に開拓が進んだ地区ですが、現在はいたって静かな農村です。花蓮といえば市内とタロコ峡谷くらいしか行ったことがなかったナビ、ここでディープな花蓮の歴史に触れてきました。

お宿はこちら。花蓮県政府からグリーン(エコ)&おもてなしの民宿として認定されています。

お宿はこちら。花蓮県政府からグリーン(エコ)&おもてなしの民宿として認定されています。

なんたって民宿のテラスから一望できるのは、100年近い歴史を誇る旧・豊田神社(現・碧蓮寺)。

なんたって民宿のテラスから一望できるのは、100年近い歴史を誇る旧・豊田神社(現・碧蓮寺)。

周囲の楽しみ方はオーナーさんがしっかり教えてくれます。オーナーのアンジーさん(左)と日本語が上手なお母さん(右)

周囲の楽しみ方はオーナーさんがしっかり教えてくれます。オーナーのアンジーさん(左)と日本語が上手なお母さん(右)

民宿自体もステキ。民宿を囲むように、雨水を利用した生態池がしつらえてあり、お部屋の窓から小魚にエサをあげることも。

民宿自体もステキ。民宿を囲むように、雨水を利用した生態池がしつらえてあり、お部屋の窓から小魚にエサをあげることも。

お部屋も13~17坪という広さに加え、海外旅行が趣味だったというオーナーのこだわりが随所にありました。

お部屋も13~17坪という広さに加え、海外旅行が趣味だったというオーナーのこだわりが随所にありました。

Wi-fiや大型液晶テレビなどの設備も完備しつつ、広い庭とテラス、う~ん、のんびりできそう!

Wi-fiや大型液晶テレビなどの設備も完備しつつ、広い庭とテラス、う~ん、のんびりできそう!

では、自転車を借りて、日本時代の開拓村の遺跡めぐりに行ってきま~す!

では、自転車を借りて、日本時代の開拓村の遺跡めぐりに行ってきま~す!


豊田安琪花園 casa de angie
花蓮県寿豊郷豊裡村豊正路一段65号
(03)8655227
関連タグ:花蓮民宿開拓村

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2013-05-07

ページTOPへ▲

関連記事

向日広場(花蓮県)

向日広場(花蓮県)

花蓮からのイルカウォッチングツアーは、こちらから出発できます

100年前の日本人開拓村を訪ねて(花蓮・旧豊田村)

100年前の日本人開拓村を訪ねて(花蓮・旧豊田村)

日本人移民によって開かれた農村は今もその精神と美しい自然を保っていました。

その他の記事を見る