5/26~ ニウ・チェンザー監督最新作「軍中楽園」公開!

幸せを望んでもがく男女の姿を描いた衝撃作です

画像提供:太秦

画像提供:太秦

台湾の巨匠『悲情城市』のホウ・シャオシェン監督が完成を望み編集に協力したニウ・チェンザー監督の最新作『軍中楽園』が5月26日(土)より、ユーロスペース、シネマ・ジャック&ベティ、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショーが決定しました。運命に翻弄された男と女の甘美で残酷な物語を予感させる、妖艶な女性が鮮やかで色気が匂いたつ美しさと妖しさを合わせ持つ大人の世界が表現されています。

あらすじ


1969年、中国と台湾が対立していた時代。砲撃が降り注ぐ攻防の最前線だった島に配属された台湾青年兵ルオ・バオタイ。エリート部隊に配属されるも、カナヅチであることが判明し、「特約茶室」を管理する831部隊で働くことに。そこは「軍中楽園」と呼ばれる娼館だった。事情を抱えて働く様々な女たち。どこか影のある女、ニーニーと出会い、奇妙な友情を育むバオタイ。男たちに愛を囁く小悪魔アジャオとの未来を夢見る一途な大陸出身の老兵ラオジャン。過酷な現実に打ちのめされた若き兵士ホワシンは空虚な愛に逃避する。ある日、バオタイのもとに純潔を誓った婚約者から別れの手紙が届く。その悲しみを受け止めてくれたニーニーにやがて惹かれていくバオタイだったが、彼女が許されぬ「罪」を背負っていると知り…。

戦いの最前線だった小さな島で、40年間公然の秘密とされた“楽園”
歴史的背景をベースに男女が紡ぐ倫理を超えた悲哀の叙情


台湾の巨匠『悲情城市』のホウ・シャオシェンが完成を望み編集に協力した本作の監督は、『モンガに散る』のニウ・チェンザー。戦後の台湾で40年にわたり公然の秘密であった実在の娼館を舞台に、不条理な運命に翻弄されながらも幸せを望んでいた男と女の甘美で残酷な真実の姿に迫る。当時の街並み、軍が運営した娼館の様子など時代背景を綿密にリサーチし大規模セットで再現。さらに、鮮やかな色彩感覚で匂いたつ色気と耽美な世界を作り上げている。複雑な歴史を真摯に描き、圧倒的リアリティでエンターテイメントに昇華させたことが世界でも高く評価され、第65回ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品、第19回釜山国際映画祭オープニング作品に選出された。そして、争いの歴史の狭間で、家族に会うことも叶わなかったニウ監督の父の姿を投影したかのような老兵ラオジャンを、深みをもって演じた中国人俳優チェン・ジェンビンが、第51回金馬奨最優秀助演男優賞を受賞。最優秀助演女優賞には、穢れた日々を過ごしながらも凛とした透明感を纏う演技で観客を魅了したレジーナ・ワンが受賞している。

キャスト・スタッフ

画像提供:太秦

画像提供:太秦

監督、脚本、エグゼクティブ・プロデューサー:ニウ・チェンザー 編集協力:ホウ・シャオシェン
出演:イーサン・ルアン、レジーナ・ワン、チェン・ジェンビン、チェン・イーハン
監修協力:野嶋剛 提供・配給・宣伝:太秦 公式:gun-to-rakuen.com
2014年/台湾/カラー/DCP/シネマスコープ/133分/5.1ch/字幕翻訳:神部明世
 

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-04-09

ページTOPへ▲

その他の記事を見る