スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場

1/6-15 写真展「たいわんキャラ」@tokyoarts gallery

1月6~15日、tokyoarts galleryにて写真展「たいわんキャラ」が開催されます

台湾で増殖し続けるマスコットキャラクター。
それは、世界でたったひとつのオリジナル作品。台湾の街中に溢れ、街をより楽しくさせます。

今や、台湾文化の一つとも言えるこのマスコットキャラクター。台湾在住の写真家、近藤悟さんが現地で撮影した最新シリーズ。日本初、台湾マスコットキャラクター写真展。あなたの知らない台湾をお見せします。

写真展「たいわんキャラ」


日時1/6(金)~1/15(日)  11:00~20:00 (1/15~18:00)
場所:tokyoarts gallery(東京都渋谷区東2-23-8)
電話:03-6427-6665

※Closed on 1月10日(火)
詳しくはtokyoarts galleryホームページ及びfacebookをご覧ください。

Artist statement

私が初めて、台湾を訪れたのは20年ほど前です。2泊3日の短い旅でした。その時の印象は、初めて訪れたという感じはなく、私の子供の頃の東京を思い出させる、どこか懐かしく、人間味に溢れた街でした。孫がおじいちゃんの手を引いて、楽しそうに歩いていたり、鼻水が垂れたままの子供がいたり、市場や屋台でいろんなものが食べることができたり、夕方、道端に長椅子を出し、そこにランニング姿のおじちゃん達がお茶を飲みながら、将棋
(のようなもの)を指していたりと、私が子供の頃見た風景がそこにはまだ残っていました。

台湾といえば、マンゴー、小籠包、101、故宮、足裏マッサージ、夜市などが有名ですが、今、街中にマスコットキャラクター人形が急増しています。

マスコットキャラクター人形は、世界でたった一つのキャラクター。企業、お店、地域またはイベントの為に、その企業精神や地域性、コンセプトを凝縮し、擬人化したものです。それは、文字よりも、早く、分かりやすく、覚えやすく、他と差別化できる看板であり、広告塔の役目を行います。そして、無機質な企業やお店に、命を与え、顔を与え、私たちと感情を持って、繋がることができるコミュニケーションツールでもあります。

日本でも、30、40年前の昭和時代、多くの店頭にマスコットキャラクターを見ることができました。不二家のペコちゃん、コルゲンコーワのケロちゃん、佐藤製薬のサトちゃんなどです。今でも若干残ってはいるものの、大部分は時代ともに、店頭から消えていってしまいました。台湾でも、その頃からマスコットキャラクターは存在していましたが、今のように多くの店頭で見られるようになったのは、ここ数年のことです。しかも、その容姿は、昔の日本のものとは異なり、より進化し、多様化し、個性的になっています。

私は台湾に移住して8年が経ちます。近代化はしつつも、未だ、20年前の印象とさほど変わらず、台湾は人間味溢れる元気な街です。店頭マスコットキャラクターは、私達の生活に身近で、親しみ易く、街をより楽しく、賑やかにしています。それは街に溶け込み、台湾の日常風景の一部となり、いまや台灣文化のひとつになっています。

台湾キャラクターは、懐かしさと新しさと人間味が融合した台湾そのものであります。

近藤悟 - Satoru Kondo

1969年東京生まれ。ロンドン芸術大学修了後、台湾台北へ移住。現在、フリーランスとして活動中。
いのちを題材とした作品は、国内外での個展、写真コンテストで高い評価を受け、多くの賞を獲得している。
2013年、世界最大規模の写真コンテスト、Sony Wold Photography Award プロフェッショナル部門で、日本人初の1位を受賞している。また、同2013年、藝術家黃心健と合作し、新しく開通した地下鉄”101 / 世界貿易センター”駅に、公共芸術として、作品が半永久的に展示されている。

■Awards
2014 PX3 Prix de la Photographie Paris : プロフェッショナル 「花」部門 2位
2013 Sony World Photography Awards プロフェッショナル 「花と自然」部門1位

2012 International Fine Art Photography Award : ファイナリスト
2012 International Photography Awards : 入選

2011 日本広告写真家協会 APAアワード : 入選
2011 International Photography Awards : 入選
2010 台灣Epson「台灣尊榮賞」: 評審獎
2010 日本秋山庄太郎記念 :「花」部門賞
2010 日本ニッコールフォトコンテスト : 準特選
■Solo Exhibition
2014 板橋435藝文特區、台北、台灣
2012 20号鉄道芸術倉庫、台中、台灣
2011 台東故事館、台東、台灣
2011 勤美天地CMP BLOCK、台中、台灣
2010 Jazz爵士写真ギャラリー、台北、台灣
2010 国立臺北科技大学芸文センター、台北、台灣
2010 東吳大学アートセンター、台北、台灣
■Group Exhibition
2015 高雄芸術博覧会、高雄、台灣
2014 台湾写真芸術博覧会、台北、台灣
2013 サマーセットハウス 、ロンドン 、イギリス
2013 台湾写真芸術博覧会、台北、台灣
2012 東京都写真美術館、東京、日本
2012 NoFound Photo Fair、 パリ、フランス
2012 Jazz爵士写真ギャラリー、台北、台灣
2011 Nikon Salon、東京、日本
2011 台北市写真センター、台北、台灣
2011 8F現代アートスペース、台北、台灣
2010 台湾写真博物館、台北、台灣
■Public Art
2013 台北市政府地下鉄101/世界貿易センター駅 公共芸術、台北、台灣

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-01-06

ページTOPへ▲

その他の記事を見る