深坑豆腐街(2006年版)

閉店・移転、情報の修正などの報告

【体験レポート】豆腐料理がおいしく食べれるストリートへGO!

豆腐の街で、煮・焼・揚…いろんな豆腐料理を食べてきました~!食べ歩きもこりゃまた楽し♪


こんにちは、台北ナビのシャオめぐです。今日は豆腐の街「深坑」に来ております。台湾の豆腐といえば…臭豆腐!「強烈なニオイがダメ」という方も少なくないと思いますが、シャオめぐも以前はそんなひとりでした。夜市に行くとプ~ンとただようあのニオイ。初めてあのニオイに出くわした時、思わずウッ!…鼻をつまんでやり過ごしたものです。今となればそれも懐かしいなぁ…

オイシイものに出会えば変わる!?


シャオめぐはどうやって臭豆腐を克服(?)したかといえば…それは簡単。ある時友人にすすめられて食べた臭豆腐がとってもおいしかったから!それまでも、何度かひと口ふた口と少しだけ食べたことはあったのですが、やっぱりダメ…でも、一度そのオイシイ臭豆腐を食べてからは…「これはもしや臭いのではなくて、イイ香り“香豆腐”なのでは…」などという、まるで台湾人みたいな発言まで飛び出ちゃう!たしかにニオイだけ嗅ぐと強烈は強烈なのですが、口にするとそれほどまでではないんですよ。シャオめぐ的なオススメは、臭豆腐未経験OR初心者の方は串焼きから。そして→揚げ→煮込み、と難易度(臭い度)が上がりますので、ご参考までにー。
さて、長々と語ってしまいましたが、これもみなさんに臭豆腐を毛嫌いしてほしくなくて…です。それでもやっぱり苦手、という方でも、ここ「深坑豆腐街」ではそのほかの豆腐料理や、食べ歩きも充分楽しめますので、まずはご覧あれ~★

到着~、そして早速ゲット!

この木が目印

この木が目印

ここからスタート!

ここからスタート!

シャオめぐは今回、この近くにオープンした「フーロンホテル-深坑」の取材でやってきたついでに、2回目の「深坑豆腐街」に訪れることに。前回個人的に初めて来たときも「やっぱり深坑の臭豆腐はオイシイんだ~」と思った記憶があったので、ルンルンで向かいました。臭豆腐好きでよかったー。もし嫌いだったら地獄のような取材になってしまいますもんね…。
「深坑豆腐街」の目印は大きな2本の木。今日はおじいちゃんおばあちゃんたちが木陰で涼んでいます。そこから伸びる約200mが、ズラリとお店が並ぶ「深坑豆腐街」。「深坑老街」とも呼ばれています。入口付近には臭豆腐の串焼きの屋台が何軒か並びます。串焼きはこの辺りがいちばん多いので、まず買って、食べながらブラブラ歩き始めるのがいいですよ。ちなみに、シャオめぐは串焼きがいちばん好き!1本30元のところが多いよう。おもしろいのが、何軒かのお店が「元祖1号店」を名乗っているのですが、本当のところは不明…フィーリングでお店を選んでみましょうか。シャオめぐたちが買ったお店は、串焼き臭豆腐には付き物の、泡菜(キムチ)がお好みで選べました。辛いのか、酸っぱいのか…シャオめぐは酸っぱいのが好き。さらに、きゅうりも挟んでくれます。香菜はパスだな~。
何軒か「元祖1号店」があるんですよね…。

何軒か「元祖1号店」があるんですよね…。

ここで買ってみようかな~

ここで買ってみようかな~

深坑豆腐街(2006年版) 豆腐 豆腐料理 臭豆腐 観光名産

1軒目:「大樹下」

深坑豆腐街(2006年版) 豆腐 豆腐料理 臭豆腐 観光名産 深坑豆腐街(2006年版) 豆腐 豆腐料理 臭豆腐 観光名産
早速、1軒目に入ったのは入口右手にある「大樹下」。覚えやすい店名ですね…地元客にも結構名の知れたお店です。ここが真の元祖1号店という話も聞きました。注文したのは、メニューに書かれたオススメ「豆腐三吃」。3つともセットで頼むと450元になりおトクに。
豆腐羮100元

豆腐羮100元


酢っぱ辛くて、酸辣湯(サンラータン)のような味付けでした。豆腐がいっぱい入っていて、おいしく食べました~。
紅焼豆腐40元

紅焼豆腐40元


かなり塩分を感じるお味。少し辛みもあります。ご飯と一緒に食べたくなりました。
豆瓣豆腐魚350元

豆瓣豆腐魚350元


魚の大きさにビックリ。スズキでした。揚げてあり、身も多く食べ応えがあるのですが、豆腐との関係性がないらしく…周りの豆腐はマーボー豆腐みたいな味付けになっていました。

以上の3品はどれも臭豆腐ではなく、普通の豆腐を使った料理です。メニューには臭豆腐もありますが、苦手な人にはこの「豆腐三吃」をオススメします。魚は量があるので、3人以上の時は頼んでもよさそうですが、ふたり以下の場合はやめておいた方がよさそうです。
「大樹下」
住所:台北県深坑郷深坑街163号
電話:(02)2662-5688
営業時間:9:00~20:00

ぶらぶら

深坑豆腐街(2006年版) 豆腐 豆腐料理 臭豆腐 観光名産 深坑豆腐街(2006年版) 豆腐 豆腐料理 臭豆腐 観光名産 深坑豆腐街(2006年版) 豆腐 豆腐料理 臭豆腐 観光名産
客家風の草餅

客家風の草餅

深坑豆腐街(2006年版) 豆腐 豆腐料理 臭豆腐 観光名産
ぶらぶらし始めると、豆腐以外にもいろいろ魅力的なものがありました!客家風の草餅はいろんな色・味があって、おみやげにもよさそう。「雪子肉粽」というチマキのお店を発見!「ここの、おいしいんだよー」と、台湾人ナビスタッフの張さんがおみやげ用に購入!台湾人が認める味は期待できそうっ!1個30元で5種類ありました。シャオめぐは豆腐用に胃袋のスペースを確保しておきたかったので、次回にすることに…
さてさて、続いてはアイスを発見♪いろんな味があるアイスキャンディーにも惹かれたのですが、シャオめぐが選んだのは、となりにあった卵みたいなカワイイ形の「鶏蛋冰」1個15元。ほかの場所にも売っているそうですが、シャオめぐは初めて見たのです。そして、ピーナッツ味をチョイス。同行のもうひとりの台湾人ナビスタッフ銭くんはグレープ味。あっさりシャーベットのようなお味でした。…と、胃袋うんぬん言っていたのに食べてしまった…。
こちらでは粉圓を作成中…

こちらでは粉圓を作成中…

ドライフルーツ。トマトを試食したら甘かった~♪

ドライフルーツ。トマトを試食したら甘かった~♪

銭くん酸梅湯を購入~

銭くん酸梅湯を購入~

30元だよ

30元だよ

深坑豆腐街(2006年版) 豆腐 豆腐料理 臭豆腐 観光名産 深坑豆腐街(2006年版) 豆腐 豆腐料理 臭豆腐 観光名産 じゃーん!

じゃーん!

またまた、足を止めてしまったのは「まずかったらお金返すよ」とすごい自信のイノシシ肉ソーセージの屋台前。銭くん今度はソーセージを購入。1本40元。感想は「ちょっと脂っこいかな…」串焼きも1本40元で、3本買うと100元に。

…そうだ、臭豆腐食べなきゃ!!

2軒目:「深坑廟口王水成豆腐老店」

深坑豆腐街(2006年版) 豆腐 豆腐料理 臭豆腐 観光名産 深坑豆腐街(2006年版) 豆腐 豆腐料理 臭豆腐 観光名産
麻辣臭豆腐60元

麻辣臭豆腐60元

かなりよそ見をしてしまいましたが…気を取り直してやってきたのが「深坑廟口王水成豆腐老店」。ここが特徴的なのは、本当に「集順廟」という廟の目の前に座席が並ぶこと。このローカルな感じがなんともイイですねぇ。この日も地元の人でにぎわっていました。メニューに★印が付いているのがオススメメニュー。臭豆腐は2種類。どちらも煮込み系の「麻辣(辛い)」か「蒜香(ニンニク)」。シャオめぐは辛いのが得意ではないので、食べたことがなかった「麻辣臭豆腐」ですが、台湾人は好んで食べます。…というわけで、初挑戦!「煮込み系がいちばん臭い」と思っているので…大丈夫かなぁ…。
初挑戦!

初挑戦!


あっ、思ったより臭くない!そして、辛くもない!結構イケるかも…と思っていると、少ししたら唇がピリピリと…でも、煮込み系も案外臭くないんだ~、と、また新たな領域に足を踏み入れたシャオめぐでした。
「深坑廟口王水成豆腐老店」
住所:台北県深坑郷深坑街123号
電話:(02)2662-4645
営業時間:9:00~21:00

3軒目:「好家園」

深坑豆腐街(2006年版) 豆腐 豆腐料理 臭豆腐 観光名産 深坑豆腐街(2006年版) 豆腐 豆腐料理 臭豆腐 観光名産
炸臭豆腐50元

炸臭豆腐50元

むぎゅー

むぎゅー


そういえば、まだ2番目に好きな「炸(揚げ)臭豆腐」を食べてなーい、ということで、少しバックして訪れたのが、ここ「好家園」。臭豆腐のメニューがダントツで豊富でした。麻辣(辛い)、紅焼(味付け)、清蒸(蒸し)、韓式(韓国風)、さらに臭豆腐を使った料理も多数。シャオめぐも揚げたての炸臭豆腐を試食!おいしーい!皮はサクッサク、中はフワフワ。歯ごたえがたまりません!臭みも全然ないし…酸っぱいキムチも一緒に食べるとよりさわやかになります。シャオめぐはかなり高得点!と思ったのですが…張さんと銭くんは「ここのもおいしいけど、もっとおいしい所あるよ」と…。やっぱり台湾人は臭豆腐の味にきびしいのかな!?
「好家園」
住所:台北県深坑郷深坑街141号
電話:(02)2664-8779
営業時間:9:00~22:00

ほかにも気になるお店がチラホラ…

深坑豆腐街(2006年版) 豆腐 豆腐料理 臭豆腐 観光名産 深坑豆腐街(2006年版) 豆腐 豆腐料理 臭豆腐 観光名産 深坑豆腐街(2006年版) 豆腐 豆腐料理 臭豆腐 観光名産
「好家園」の向かいにある「古早暦」は、レトロな店内が魅力的。昔の手描き映画ポスターが飾られ、置かれた雑貨や家具もいい味出してます。こちらも多くのお客さんでにぎわっていました。「豆腐巻」がオススメの一品だそう。

「好家園」となりの「六嬸婆」の建物も目を惹きました。石造りになっていて、赤く縁取られた入口や窓に趣きを感じます。


また、「深坑豆腐街」ではお持ち帰り用に、生の臭豆腐を販売しているところもよく見かけます。購入すると「麻辣」などのタレを一緒につけてくれます。でも、張さんの話によると、やはりお店で食べた方がオイシイ、ということでした。


さぁ、もうお腹いっぱーい。となったところで、また見つけてしまったのが、「豆腐冰淇淋(豆腐アイス)」の文字。じゃあ、ここでシメといきましょうか~♪1個30元で、4種類。深坑豆腐アイス、顔香豆腐アイス(大豆の香り高い健康味らしい)、ゴマ豆腐アイス、キャラメル豆腐アイスの中から、やっぱり深坑豆腐アイスをセレクト!豆腐の味というか…炭の香りが香ばしい豆乳の味がしました。甘過ぎず、お口直しには最適!
「徳興洋樓」
住所:台北県深坑郷深坑街48号
電話:(02)2664-4525
営業時間:10:00~20:00(土日21:00まで)

さて、お腹パンパン大満足の豆腐三昧でしたが、豆腐街が終わりに近づく辺りから、建ち並ぶお店が赤レンガ造りになっていました。改装工事中だと思われる店舗もあるなど、今後おそらくこの「深坑豆腐街」すべて、赤レンガの建物が連なる「老街」らしい街並みに変身するのでは、と。そしたら、さらに期待できそうだなぁ、また来なくっちゃ!と思わされたシャオめぐなのでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日 :2010-07-05

ページTOPへ