スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


閉店・移転、情報の修正などの報告

【体験レポート】癒しの島、小琉球

ぼぉ~っとする幸せ!南国リゾート小琉球で思う存分リラックス!!

こんにちは、台北ナビです。最近ちょっと疲れたなぁと思っていたので、小琉球にやってきました。高雄に1年ほど住んでいたナビ。小琉球に来るのは今回が3回目。なぜかいつもナビの心を軽くしてくれる小琉球。小さい島につまった癒しの秘密とは・・・。

東港は海鮮の宝庫

9時半の新幹線に乗り、台北から1時間半で高雄の左營駅へ。ここから車で40分ほどで東港へ。14時の船までは時間があるのでお昼ご飯と行きましょう!疲れている時は食べなくちゃねっ!
さて、ナビが訪れたのは老舗の海鮮料理屋さん「東昇」。ちょうど3組の披露宴が行われていました。地元の方にも大人気なんですね。最強の胃を持つナビは海鮮で一度も当たったことがないのですが、地元の人でも新しくないものや不衛生な海鮮を食べるとたちまち中ってしまうそう。でもこちらは安心!扱うネタは新鮮なものばかり。刺身も日本のものと遜色ないほどです。ナビがうまい!とうなったのは「鹽焗處女蟳」。殻が変わる前のカニのことを處女蟳というらしいのですが、殻と実の間に新たに殻となる皮があるんです。そこがおいしいのなんのって!2日連続でこちらを訪ねてしまいました。また身も詰っていて食べ応えバッチリ!実はナビ、カニミソなるものがあまり得意ではなかったのですが、生れて初めてカニミソがおいしい!!ということを知りました。「鹽焗處女蟳」は殻の周りを塩で敷き詰め焼き上げるのですが、焼き上がった後のこの塩が甘くおいしいです。少しお行儀は悪いですが、カニを食べ終わってから指をなめてみることをオススメします。
「東昇餐廳」
住所:屏東県東港鎮光復路二段66号
電話:(08)832-3112/(08)832-3113

刺身。エビにショウガを付けて食べるのが爽やか~

刺身。エビにショウガを付けて食べるのが爽やか~

鹽焗處女蟳

鹽焗處女蟳

ガーリッキーな桜海老チャーハン。東港の名物です

ガーリッキーな桜海老チャーハン。東港の名物です

カヅキ油のスープ。ピクルス入りですっぱいです。夏場に食べたい一品

カヅキ油のスープ。ピクルス入りですっぱいです。夏場に食べたい一品

うなぎの肝臓。希少なものです。とってもクリ―ミー!

うなぎの肝臓。希少なものです。とってもクリ―ミー!

実が引き締まっておいしい!

実が引き締まっておいしい!

カラスミもあります

カラスミもあります

牡蠣麺線

牡蠣麺線

船に乗ってミニトリップ!!


さぁお腹がい~ぱいになったところで船に乗りましょう!この船ですが、ビックリするくらいクーラーがガンガンにかかっています。クーラーをつけるか消すかどちらかの選択肢しかないそうで、ほとんどの船はクーラーをガンガンにつけるそうです。絶対防寒対策をお忘れなく!離島に行くのになぁと思っていますね~?夏は日焼け防止として、冬は風よけとして台湾の離島に行く際は絶対長袖を持参してください!そうしないときっと後悔しますよ~。

小琉球はスイート

簡さんと彭侑士さんご夫妻

簡さんと彭侑士さんご夫妻



小琉球に到着しました!30分ほど船に乗っていただけなのに、どこか空気というか雰囲気が変わるから不思議です。ナビは観光局の主催する「愛情盟約Party」というものに参加してきました。これは観光局が国内外から愛の物語を募集し、入選したカップルには小琉球での結婚式をプレゼントするもの。ナビが参加した日は、小琉球が属す屏東県の簡さんとカリフォルニア州の彭侑士さんカップル、そして、香港の張さんとマレーシアの章さんカップル!
簡さんと彭侑士さんは異国のキャンパスで知り合い、1セメスターが終わった頃に簡さんから思いを告げ始まった交際。今ではかわいいお子さんもいて幸せいっぱいのご様子。
張さんと章さん

張さんと章さん



2010年初旬、張さんのお父さんが亡くなり、毎日塞ぎ込んでいた張さん。このままではいけない!とマレーシアの方たちと自転車で台湾一周の旅に参加。そこで章さんと出会い、その旅の中で愛が芽生えました。空港では涙の別れとなってしまったそう。もうすぐ結婚する予定だそうです。台湾が生んだ縁!台湾には2人の思い出の場所がいっぱいなのだとか。
ふた組ともとっても仲がよく終始ピッタリ一緒にいました。うらやましい~!海の音を聞き、風を受けながらの結婚式はとっても和やかに行われました。ナビも幸せのおすそ分けをしてもらい、温かい気持ちになれました。ナビもいつかいい人と一緒に来れますよ~に!
台湾の結婚式ではバルーンが大活躍!

台湾の結婚式ではバルーンが大活躍!

海が見えます!

海が見えます!

えっ?バイオリンくんが先に深紅の絨毯を歩いちゃってますが・・・

えっ?バイオリンくんが先に深紅の絨毯を歩いちゃってますが・・・

真剣にお言葉を聞きます

真剣にお言葉を聞きます

小琉球 リゾート カヌー シュノーケリング 台湾 オススメ 観光 お土産 台湾南部 自然 海 離島屏東
お幸せに~ お幸せに~ お幸せに~

お幸せに~

小琉球は民宿だらけ!!

10年ほど前は小琉球にいっても何をしていいのかわからない・・・と言われていたほど何もなかったとか。でも今は自然をきちんと残しながら整備が行われ、観光しやすくなりました。と同時に民宿も激増!!今では95軒にものぼるそう。ということは小琉球の民宿は新しくキレイなところが多い!ということなのです。ナビの宿泊した民宿は「南国海岸」という民宿。民宿と聞くとなぜかボロイ、設備が悪い、アメニティがほぼなし・・・というのを想像してしまいますよね?しかも離島だし・・・でもここは違いました。というか小琉球の民宿はリゾート感をとても大事にしており、ホテルと遜色ない所が多いのです(もちろん例外もありますが・・・)

「南国海岸」
住所:屏東県琉球郷杉福村肚仔坪路8号
電話:(08)861-3830


他の民宿がどんなものか気になったので、小琉球のリゾート風民宿のパイオニア的存在「八村」という民宿を見せてもらいました。民宿は8つのヴィラに分かれており、バリ島の雰囲気満載。それもそのはず、オブジェはバリ島から取り寄せたり、オーナー自ら製作しているんです。この「八村」の家族が経営する民宿も一帯にあり、「八村」一族が小琉球の発展に寄与しているのです。いつかナビも泊まってみたいなぁ・・・。
「八村」 「八村」 「八村」

「八村」

地中海

地中海

小琉球 リゾート カヌー シュノーケリング 台湾 オススメ 観光 お土産 台湾南部 自然 海 離島屏東
「八村Villa館」
住所:屏東県琉球鄉復興路161-10号
電話:(08)861-1133/(08)861-1188

「地中海渡假民宿」
住所:屏東県929琉球鄉復興路161-9号
電話:(08)861-3927

夕食前にブラブラ



昼食はまんぷくりんになるまで食べてしまったナビ。夕食の前に消化をせねば!と街をブラブラすることにしてみました。老街は短いのですが、台湾本島では見たことのない魚や食べ物が売ってありじっくり見るのに最適!しかも小琉球の方達はマイペースに仕事をしているので、こっちも自分のペースでお店を見れるのが魅力的!
小琉球 リゾート カヌー シュノーケリング 台湾 オススメ 観光 お土産 台湾南部 自然 海 離島屏東 小琉球 リゾート カヌー シュノーケリング 台湾 オススメ 観光 お土産 台湾南部 自然 海 離島屏東 サイクリングも楽しそう!

サイクリングも楽しそう!



ナビはポストカードなどのお土産品を売っているショップへ。自分では到底撮影できない美しいポストカードを購入!また、許願草(願いの叶う草)を買っちゃいました。こちらで売っているのは店長さんが手作りで許願草の周りにカラフルな糸を巻いているんです。1本40元ととってもリーズナブルなのにかわいい!!まず、自分の好きな色を選び、お願いごとをします。男性は左手に、女性は右手に許願草をしっかりと結びます。許願草が切れたり、ほどけたりしたらその願い事が叶うのだそう!ナビの許願草はいつ切れてくれるのかなぁ・・・。
全部手作り!

全部手作り!

許願草

許願草

お店の方がしっかり付けてくれます

お店の方がしっかり付けてくれます

星の形をした砂が中に!

星の形をした砂が中に!

リゾート気分を盛り上げてくれるアクセサリー

リゾート気分を盛り上げてくれるアクセサリー

小琉球のハンコもあります

小琉球のハンコもあります

老街を抜け、港の方までやってきました。ここもお土産が売っているんですよ!お店に入ってお土産を物色していると、店長さんが「あの自転車に乗って売ってるやつがおいしいの~!」と自分のお店よりも推薦してくれるので自転車を追いかけてみました。そこには人懐っこい笑顔を見せる李さんが。蜜仔蕃薯糖とは地瓜酥とも呼ばれ、薄くスライスしたサツマイモのお菓子なのですが、甘過ぎずサクサクとした歯触りも抜群!ナビには古早味蕃薯糖(原味)と古早味花生糖がおいしかったです。しかもこれらはすべて李さんの手作り!おばあちゃんから教わったレシピ通り作り、おばあちゃんの味を守るため今までの仕事も辞めたんです。おばあちゃん思いですよね。そんな話を聞いたら大量に買っちゃうのがナビの弱いところ。1袋に10個入り100元です。おみやげにピッタリ!

「蜜仔蕃薯糖」
(09)3079-3277
港あたりを自転車に乗ってうろうろしています。

トラベルインフォメーションセンター!わからないことがあればここを利用しましょう!

トラベルインフォメーションセンター!わからないことがあればここを利用しましょう!

蒋介石と孫文が並ぶ貴重な場所!

蒋介石と孫文が並ぶ貴重な場所!

海鮮づくし~

小琉球に来たらやっぱり海鮮を食べないと!ですよね。ナビは沙瑪基島露営区内にあるレストランで観光局の方たちと夕食をいただくことに!お食事が出てくるのを待っていたら「愛情盟約Party」に参加されたマレーシア人の章さんの友達3人組と遭遇。もちろん一緒のテーブルでお食事をスタートさせました。ちょっと会っただけで友達!となれる台湾ってほんと開放的!観光局の簡さんや友達3人もよほど嬉しかったらしく、ビールをどんどん一気していきます。
台湾では乾杯!と言ってコップを合わせたら最後、必ず一気をしなければなりません。空前の一気ブームがナビのテーブルに訪れ、みんないい気分に酔っ払いました。そんな時にもおいしい海鮮を味わえるのが食いしん坊ナビ!台湾らしく炒め物や揚げ物、お刺身にお鍋まであり、海鮮三昧!!しかも、サメや貝柱、はたまた見たことないお魚さんまでた~くさん。お腹もまんぷくになりました。外に目をやると元宵節に平溪で行われる天燈あげを楽しんでいる方々が!この日は風がとっても強かったので、天燈が上に上がらず横へ飛び、あわや火事!という感じでした。でも、天燈ってすごくキレイで心奪われるんですよね。

「小琉球沙瑪基度假區」
住所:屏東県琉球鄉杉福村美人路1号
電話:(08)861-4880-1
FAX :(08)861-4883

こんなに新鮮なものをお鍋へ!贅沢です こんなに新鮮なものをお鍋へ!贅沢です

こんなに新鮮なものをお鍋へ!贅沢です

メインは肉汁を吸ったイカさん

メインは肉汁を吸ったイカさん

小琉球 リゾート カヌー シュノーケリング 台湾 オススメ 観光 お土産 台湾南部 自然 海 離島屏東 小琉球 リゾート カヌー シュノーケリング 台湾 オススメ 観光 お土産 台湾南部 自然 海 離島屏東

食後のお散歩

酔い醒ましとお腹の調整のためまたブラブラすることに!碧雲寺は小琉球の方にはとても信仰のある場所。お参りするには靴を脱いで入るのが日本らしくて好きです。小琉球の方々にとってとても大切な場所だということがわかります。また、ここのおみくじは他のお寺とちょっと違うのです。おみくじは2つ引きましょう!もちろんあの赤い半月形を2個投げて神様にこのおみくじでいいかを聞くのを忘れずに!お許しが出たら、お寺の方に何が書いてあるか聞きましょう。またおみくじの内容も普通は4文書いてあるのですが、こちらは右側に書いてある1文のみ。ナビも興味津々だったのですが、この日はお寺も閉まる寸前でおみくじ出来ず・・・。リベンジのためまた来ま~す!
小琉球 リゾート カヌー シュノーケリング 台湾 オススメ 観光 お土産 台湾南部 自然 海 離島屏東 誰に聞いてもよく理由のわからない風習。怖い・・・

誰に聞いてもよく理由のわからない風習。怖い・・・


碧雲寺の階段を下りていくと竹林生態濕地公園がありました。ライトアップされてきれい~。どこを切りとっても絵になる素敵な散歩コースです。夏には蓮の花が池に咲いてきれいになるそうです。見たかったなぁ・・・。関西人のナビには竹林といえば京都!のイメージが強いのですが、小琉球にもあったなんて!ナビが訪れた時にはナビ達以外には誰もおらず、穴場スポット!おしゃべりしながらゆっくり歩きました。気持ちいい!!

歩いたらやっぱりちょっとお腹がすいてきて・・・。すごい食欲でしょ?観光局の廖さんいちおしの「阿婆マントウ」へ。ナビはアズキと黒糖をその場で食べました!うまい!デカイ!安い!こりゃ絶対買わなきゃ損ですね!とっても大きいのにひとつたったの10元!ちゃり~ん!ナビ、朝ごはん用にたくさん買い込みました。老街近くの消防署付近にありました!

空を見上げればプラネタリウム

その後また港まで歩き、コーヒーをしばいていたら空の雲が少なくなってきてお星様が見えてきました。さきほど酔っ払っていた簡さんは星博士!早速電話をして小琉球一辺鄙な場所にある「小琉球航空站」へ。そうここはヘリコプターなどが着陸するための場所。周りに街灯などがないので星観察には適しているのです。簡さんの星説明はこれがシリウスです!だけで留まらず、中華圏と欧米での物語も聞かせてくれます。シリウスは中国人にとって「海賊の星」と思われていました。これは青白く光ったり、時にはわずかに黄色に光ったりして、民衆の注意を引いていたから。昔の人はその時に海賊が来て、悪さを働くと考えていたそうです。しかも冬に見られるシリウス!冬は泥棒が一番多い季節だったとか。うぅ~んなるほど~!星を見上げながら物語を聞くって、ロマンチックだわぁ~。
お昼の「小琉球航空站」(

お昼の「小琉球航空站」(

小琉球 リゾート カヌー シュノーケリング 台湾 オススメ 観光 お土産 台湾南部 自然 海 離島屏東

アオウミガメに遭遇!!

翌朝、沙瑪基島露営区のベンチでぼ~っとしようとやってくると、アオウミガメ(綠蠵龜)が海にいるじゃありませんか!!5分に一度くらい呼吸のために浮きあがってくるのですが、見えた時はすごく嬉しいです。張り切って写真を撮ろうと思ってもうまく撮れず・・・。カメさんに気をとられていましたが、海が透き通っていて、感動します。
真ん中の黒いのがカメさん

真ん中の黒いのがカメさん

海底の砂が見えるんですよ~

海底の砂が見えるんですよ~

ゆっくりしたつもりがあっという間の小琉球の旅でした。小琉球の住民はのんびり。原付もゆったりとしたスピードで走るほど。小琉球タイムの流れはのんびり!何日でもいたくなる小琉球!あと2日くらいは欲しかったかも・・・以上もう小琉球が恋しい台北ナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日 :2011-02-16

ページTOPへ