スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ビューティー 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


阿法結婚写真館

阿法婚紗館

閉店・移転、情報の修正などの報告

【体験レポート】ナビ読者(アルファにて)

今回、初めてウェディングドレスでの撮影を体験させていただきました。

こんにちは。今まで、2回ほど変身写真という事で、アイドル風やお嬢様風などの写真を撮っていただいた事はありましたが、今回は人生で初のウェディングドレスを着させていただきました。
日本では、純白のウェディングドレスが多いと思いますし、日本人はやはり純白を好みますが、台湾にはたくさんのウェディングドレスがありました。お店の担当の方と、ヘアメイクさんも一緒に衣装を選んでいただき、白とシルバーのウェディングドレスと赤のチャイナドレスの3着になりました。

衣装は3着

3着共とても個性があり、私が実際結婚式で着ようと思っているドレスとは全くイメージは違いました。たとえば、白いウェディングドレスはミニ丈で、後ろの裾部分だけが長くなっているものでした。
シルバーのウェディングドレスは、キラキラのスパンコールがついており、スカートはふわっと広がっていましたが、上半身はかなりフィット感のあるドレッシーなものでした。
最後に赤いチャイナドレスは背中が全部開いており、丈は長かったのですがスリットも太ももまで入った、かなりセクシーなものでした。顔や化粧のせいもあると思いますが、チャイナドレスを着た自分は中国人に見えました。今回かなりインパクトのあるドレスを着させていただきましたが、このようなドレスを着る機会はないのでとても嬉しかったです。本当にモデルになった気分でした。

メイクは?

メイクは、かなり濃厚でした。そうしないと、日本人の顔は薄いですから、映えないんですよね。
まつげはそんなに私は薄くないですし、少ない訳ではないんですが、つけまつげは2枚重ねました(笑)アイライン、アイシャドウも濃厚にしっかり描いてもらいましたから、目が3倍くらい大きくなりました。おかげさまで大きい顔が何だか小さく見えました。でも、目以外は、チークもグロスも抑え気味でした。目がはっきりしていると写真も映えますからね。
3着ともメイクは少しずつ変えていただきましたが、どんどん濃厚になっていったような・・・アイシャドウが、茶系がブルーになり、最後は目の周りがブルーのアイシャドウで全く別人のようでした。化粧が終わった時点ではすごい濃厚ですが、写真に撮ってみるとそんなに濃いわけではなく、自分で言うのもなんですが、程よくキレイになりました。モード系のメイクで、新婦というよりファッションショーに出れそうなモデルメイクでした。

ヘアスタイル

髪型は全てアップ。逆毛を立てて、かなりボリューミーになりました。衣装に合わせ髪型も3パターンにしてもらいました。衣装と合わせて変化をつけて。普段は、アップにする事は少ないですし、逆毛を立てる事はほとんどないので、また違った自分を発見する事ができた気がします。髪飾りもいろんな種類のものをつけてもらい、本当に豪華で派手な頭になりました。はっきり言って派手でしたが、写真に撮ってみると意外とそんなに派手という感じではなく、衣装や背景と一体化し、自然な感じになっていました。

撮影に入ります

実際の撮影は、カメラマンの方が上手く指示を出してくれましたし、和ませてくれましたので、緊張せずリラックスして撮影に臨む事ができました。ポーズや角度、目線など、細かい指示をわかりやすく出してくれましたので、自然な感じで撮影ができましたし、固い表情も撮るにつれてやわらかくなっていきました。また、どの角度がきれいに見えるか、その人のどの顔の表情がいいかを撮影していくうちに見つけてくれ、そのように指示を出してくれるところもさすがプロだと思いました。これは、初心者の方でも安心しておまかせできるのではないのでしょうか。

スタジオの感想

今回は全て室内で撮影しましたが、スタジオにはたくさんの部屋とセットがあり、カメラマンさんが、衣装等のイメージを考えて、その都度場所を変え、小物を取り入れたりと、いろんなシチュエーションで撮影をしました。写真はカラーばかりで艶やかな作品を想像していましたが、中にはモノクロで撮影してくれたものもあって、写真展にあるような一つの作品として出来上がっている感じでした。

撮影を終えて

やっぱり赤いチャイナドレスは、露出も多くセクシー過ぎると思いましたが、このようなドレスを着る機会、そして撮影する機会はないので、本当に貴重だったと思います。私としては、何と言っても白いドレスが一番気に入っています。一番ウエディングドレスに近いからでしょうか。そして、何よりも肌がきれいに見えました。髪飾りもサイドに白いバラを付けて一見大げさにも見えますが、ドレスのスカートがふわっとしている為、ちょうど良いバランスになっていました。やはり、これもプロの見立てでしょう。今回はドレスだけでしたが、他にも本当にたくさんの衣装がありましたので、選ぶのがまず楽しいと思います。今や変身写真は台湾旅行に欠かせない記念の1つだと思います。ぜひみなさんにも撮っていただきたいと思います。

そして、私自身結婚はまだまだこれからですが、実際に結婚する時に、ぜひまた今度は新郎と一緒に撮りたいと思いました。

本当に貴重な体験ありがとうございました。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日 :2010-09-20

ページTOPへ