Joy Wedding Photography (新店)

囍悦攝影禮服精品婚紗

閉店・移転、情報の修正などの報告

【体験レポート】ナビ読者(JOYにて)

新たな自分発見!!メイク中はモデル気分です。



今回JOY WEDDING PHOGRAPHYさんにお邪魔してきました。
まず 場所は台北メインステーションからタクシーで300元、MRTに乗り七張駅まで30元。ただし七張駅から少し複雑なので、七張駅からタクシーで行くのが早くて無難です。

まずは予約確認から…

 前日に店を訪れたら、台湾のお客様でいっぱいでした。
言葉が話せない私は、予約を確認して頂くことができるか心配になりましたが、受付の方は、少し日本語がわかる方で安心しました。郊外にも関わらずこれだけお客様が多いのはきっと、写真館としてのレベルも高いのだろうと想像は膨らみます。

さて、当日は日本のベッキーさんに似たかわいい通訳さんがいて、言葉は下手だけど一生懸命伝えてくださってとても温かい対応でした。余談ですが、台湾では最近よくカラーコンタクトがはやっているようで、街中でみる多くの若者がカラコンなんです。それも、ブルーの・・・。通訳さんがベッキーに似てるのはそのせいでしょうか。

チャイナドレスに挑戦!


この日は、モデル体験ということで4着とも店側が用意してくださった、わりとシンプルなチャイナドレスに挑戦しました!ドレスコードがチャイナテイストで!ということだったので、洋風ドレスも着たかったけど、洋風柄のチャイナドレスを含んだ4着が用意されてました。自分で選んだ衣装ではない分、新たな自分を発見できるのでは?と期待が膨らみます。 もし、たくさんの日本人に来ていただくならいろんなテイストを掲載したらもっと選択肢が広がるのになぁ・・と思ってしまいました・・・。でもドレスをしまっているクローゼットを覗くと、今まで行った本格的結婚写真館と変わらず、高そうなドレスがところ狭しと掛けられてました!1着1着、ちゃんとカバーがかけられていて、数から言っても白のウェディングに力を入れてるようでした。あぁ、いつか着てみたい~! 

新たな自分発見!!メイク中はモデル気分

メイクさんですが、技術は確かです。眉毛の書き方も、申し分ない腕前でしたし、アイメイクの色の配合、アイプチの位置も完璧です。アイプチはテープで二重の幅を広げるのですが、ここが一番気を使うところだといってました。
どうですか?ゴージャスになったでしょ?? どうですか?ゴージャスになったでしょ??

どうですか?ゴージャスになったでしょ??

髪の造形もとても早いほうだと思います

髪の造形もとても早いほうだと思います


ここで前日に厳しく注意を受けていたのですが 髪は洗ってこないでくださいとのこと。え?!聞き違い!?と驚いたけど・・・少々違和感はありましたが 言われた通りにしていきました。逆毛をつくりやすくするためなのか、熱とスプレーによる傷みをできるだけ保護するために オイリーにしたいのでしょうか?私はカメラさんの腕前もさることながら、メイクさんの技術のほうが重要視するので、ここのメイクさんは間違いないと思います!
今回、爪はネイルチップを日本から持ってきましたのでそれを使用しましたが、はじめ裸爪だったのでマニキュアを塗ってくれようとしました。ヘッドパーツも豊富で、髪のアレンジの幅が広がります。私はワイヤーのカチュシャを使用してもらい、日本ではあまり見ないヘッドドレスに新たな自分を発見!わあ、モデルさんみたいにしてくれてる~!!
途中、通訳さんが 一口サイズのチーズケーキの差し入れをしてくださり、お腹も、ノドもかわいてくるので ホントありがたかったです。 

いざ撮影へ

 カメラマンと、ムードメーカーである髭のアシスタントのおじさんが 時折私を笑わせてくださって ポーズが下手で緊張していた私もだんだんノッてきちゃいました。とびきりの笑顔を引きだしてくださるアシスタントさんに本当に感謝です!ポーズを真似て。といわれてゴツいアシスタントさんのする女性的な仕草に笑わされて・・でも、私がするよりキマッてます!このトトロのようなアシスタントさんがカメラマンに昇格したら、またこのお店に来たいなあ・・・。あ、ちなみにポーズの指導は全然厳しくなかったです。自然な体勢だったのですが、出来上がりは劇的に写っているのでしょうかね~?室内撮影のスタジオのセットは結構狭いですが、いろんな小道具が用意してあり、誰ともかぶらない写真がとれそうでした。鳥籠、花、窓枠、扇子、カーテン、すだれ シャンデリアはもはや常識のアイテム!?他にもグランドピアノから巨大ぬいぐるみや小物までが山積みで何があるのか確認できません!アイテム豊富です!

雨の中の撮影タイム

 メイクさんとカメラさんとアシスタントさんと一緒にタクシーで寺院ロケに向かいます。お祈りを真剣にされている参拝の方の邪魔にならないように注意して・・・。
観光客の方もたくさんいましたが、台湾ではめずらしくないのか気にせず撮影できます。当日は残念ながら雨がひどく降っていたのですが、傘もさしてくれて、まるでお姫様気分!でした。カメラさん達がびしょ濡れになってしまった雨の寺院での撮影がどのように写っているか楽しみだな。
雨での撮影は覚悟していましたが やはり晴れている空と写せればなあ・・・と残念でしたが、今となっては雨の趣がある写真もいい思い出です。 撮影が終わってお店に帰って来ると、メイクをナチュラルになおしてもらえました。今回は、写真選択をしていません。お店側にまかせているので、自分が選んだ偏ったアングルより色々な作品を期待してます。

最後に、このような素晴らしい企画に参加させていただけたことを心から感謝いたします。
一生思い出に残る作品です。 

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日 :2010-10-13

ページTOPへ