GRASA Nails & Beauty

GRASA凝膠指甲專門店

閉店・移転、情報の修正などの報告

【体験レポート】手スベスベ、足はツルツルになりました!

アクセスよし、90分で手足のケアが完璧にできます!これで迎え立つ夏も自信満々で乗り切れます!

 
こんにちは、久々にナビトミです。今日は、ネイルのお店「GRASA」へやってきました。MRT「中山」駅を降りたら、新光三越「南西店」に向かって左側の角を曲がってまっすぐ。「集客」という店で左折したら、70mくらいで先に明るい店先が目に入ってきます。店内には右側カウンターがハンドネイル、左にフット用の気持ちよさそうな椅子が2つ。奥にはフェイスやボディマッサージができる部屋が3つありました。今日のコースは手と足のケアが同時に受けられるコースなので、フットネイルの椅子に座ります。ジーンズを穿いてきたので、下だけエステ用のスカートに着替え。フットネイルをされる方はサンダルを履いてくることをオススメします。

日々のお手入れは大切


いつも思うのですが、大きなゆったりとした椅子に座り、至れり尽くせりのサービスが受けられるネイルって、究極の極楽だと思います。一時期は、ネイルに凝っていたナビトミですが、ここ数年はさっぱり。お手入れは、当たり前の爪切りと必要に迫られてネイルカラーをするくらいで、全く自然のままに放置していました。
さすがに去年の夏は、お手入れを欠かしてない人が見たら目を背けたくなるほどのサバンナ高原状態。特にかかとはみっともないなあと思ってはいたのですが、忙しさに追われてるうちに(ということにしておきます)、あっという間に靴下が必要な季節となりました。そんなわけで、その後の数ヶ月間、全く美しくない足は靴下に秘かに隠され続けてきたのです。そして、今日!やっと日の目を見ることに・・・。

ハンドマッサージから

 
さあ!と椅子に座りました!手と足と別の人が担当になるのですが、GRASAのネイリストは経験豊富な方たちばかりなので、安心して身を任せられます。まずは、手のケアから。
爪切りと2種類のヤスリで、爪の形を整えてもらいます。
と、ほぼ同時に、待ちに待ってたフットケアも開始。まずはちょうどいい温度のお湯にそのまま足をつけます。バスパウダーは、殺菌作用もあるそうで泡立っていました。 その後、ふくらはぎにはスクラブジェルを塗ってくれました。ささっと拭きとってもらった後は、足の皮が一肌向けたようにさっぱり。
足裏は角質を取るためにクリームを。ラッピングしてもらい、足裏の角質が柔らかくなるのを待ちます。 その間、手と同じように爪切りとヤスリで爪の形を整えてもらいます。
この時ネイリストの方に、爪の切り方がちょっと変わってるわね、と言われました。告白すると、親指が深爪で大変なことになったことがあるナビトミは、自分で切る時は、爪の先の方だけ直線ラインで切っているのです。
台湾では、台湾シャンプーが200元以内でできる地元の美容院なら、大体爪切り担当の人がいます。ワアピー(おそらく台湾語)と言って、予約の時も「請問、ワアピー在マ?」と聞くと、爪切り担当の人が電話口に出てきてくれます。多くは台湾人のおばちゃんで、深爪処理をしてくれるのですが、経験豊富な人に任せたら、病院まで行かなくとも、ここできれ~いに治るのです。ナビトミも数か月に一回はそういうところで爪を切ってもらってるのですが、この時は、自分でバッサリ切った後でした。ネイリストの彼女は見かねたのか、形を整えておくわね、と、とっても見栄えがいい形にしてくれました。感謝…。
お湯がはられて、足をつけます

お湯がはられて、足をつけます

その後、足裏に角質取りのクリーム

その後、足裏に角質取りのクリーム

指だけ残してラッピング

指だけ残してラッピング

両手は、甘皮処理のために爪の生え際にクリームを塗ってもらってから、黄色いお湯につけました。
甘皮処理のためクリームを

甘皮処理のためクリームを

手をつけたところで、蓋を取ってみたらこんな色でした

手をつけたところで、蓋を取ってみたらこんな色でした

両手をつけて間に、足の爪を整えたりのケア

両手をつけて間に、足の爪を整えたりのケア

足の方も同時進行で、甘皮処理のため生え際にクリーム。クリームを塗って数分後には、余分なものを取ってくれ、その後ガーゼで生え際のあたりを入念に拭いてくれました。さらに粗いのや細かいヤスリで磨いたり整えたりしてこの段階は終了!
足の爪はこれできれいになりました 足の爪はこれできれいになりました 足の爪はこれできれいになりました

足の爪はこれできれいになりました


今度は手です。柔らかくなった甘皮は丁寧に取られ、爪がきれいになってきたのがわかります。甘皮も取れて、見た目もさっぱり、気分もすっきり。もうこれでいいんでは?とほぼ満足してしまいました。 
色が白くなった?

色が白くなった?

丁寧に拭き取ってもらって

丁寧に拭き取ってもらって

甘皮きれいに取れました

甘皮きれいに取れました

マッサージタイム

しかし、ネイルケアというのは、同じような動作が多く、手間暇かけるものだなあと、ナビトミは極楽にいながら、生来のせっかちが災いし、ちょっと飽きてきました。たぶん…フットケアだけなら、目を閉じて眠ることもできると思うんですが。実際薄いカーテンで仕切ってるので透けて見えた向かいの女性は、ぐっすりお休みのようでしたし…。が、ハンドケアが一緒だと眠ろうにも眠れません。しかし、このコースは90分内で手足両方のケア+カラーということなので、結構テキパキと進められていき、そのため手や足を上げたり下ろしたり。短時間できれいを求めている人にはいいだろうなあ、あまりゆっくりくつろぐという感じではないなあ、と思っていると、手足のマッサージタイムに入りました。


手足のマッサージクリームは、WhiteTea と書かれたO.P.Iブランド。ほのかにいい香り。しかし、このマッサージ、SPA風のゆったりしたものではなく、足裏マッサージやさんも顔負けのツボにグイグイ入ってくるもの。これは効きそう。あの?時間短縮してもいいですよ~と言ったナビトミに、いえ、これは気持がいいから10分間はやらないと、とGRASAのスタッフ。くつろげるというよりも、もみしだかれて、正直イタ気持ちよかったというのが本音です。泡った後は確かにシャキッとなりました。マッサージタイムは、されるがままになりましょう。

マッサージの途中で

このクリームで角質さん、さようなら~!でも、ウオノメまでは柔らかくしてくれませんでした

このクリームで角質さん、さようなら~!でも、ウオノメまでは柔らかくしてくれませんでした

先ほど手のマッサージを始めた時、足の方は足裏の角質を取る段階がありました。角質クリームをきれいに落としてから、足裏をタワシのようなものでゴシゴシしてもらうのですが、ここで、左の小指付近に異和感を感じたナビトミ。左足の小指下のほうに大きなウオノメを発見されてしまい、これ、かなり硬いわよと驚かれました。わあ、本当!と他のスタッフも覗き込んできます。そんなに見なくても…と思ってしまいましたが、これ、いつもどうやって処理してるの?と聞かれ、自分の手の爪で引きちぎっているの、と答えたら、ダメダメ~とかなり強く言われました。たまに足裏マッサージやさんで取ってもらったりもするんですけどね。しばらく行ってなかったんで、ウオノメは、かなりすごい状態になっていました。しかも右側はなくて、左側だけこんなに硬いというのは、歩き方にも問題があるんですよね…。

マッサージが終わった後



手の方は、さらに入念なケアに入ります。GRASAはすべてO.P.Iブランドを使用しているのですが、肘まで保湿クリームを塗ってもらい、ラッピングとなりました。 
手のラッピングの間、足の方は保湿クリーム。しかし、塗った後にさっと拭いてくれ、ネイルケアの段階に入りました。
これで、足終了! これで、足終了!

これで、足終了!



手のラッピングの後はヌルヌルをきれいに拭いてもらい、再度さっぱりとしたクリームを塗ってもらいました。かすかにいい香りがします。
手も終了 手も終了

手も終了

ネイルを塗ってもらうことに

ネイルを塗ってもらっても、光沢をつけてもらうのでも値段は変わりません。この日カラーにする?光沢つけるだけでいい?と聞かれ、片方ずつ違うのにしたいと答えたナビトミ。またしてもお店のスタッフに笑われましたが、ま、その比較を見たいというのと、まだサンダルの季節じゃないので~と思ったのが第一の理由ですが、この日からお天気は夏っぽくなり。やはり、手は光沢で、足はカラーにすればよかったと後で悔やんだナビです。いずれにしても手は肘までスベスベに、足はかかとまでツルツルになりました。
GRASA Nails & Beauty ジェル スカルプチュア フレンチ アート エステまつげパーマ この組み合わせに決定

この組み合わせに決定

GRASA Nails & Beauty ジェル スカルプチュア フレンチ アート エステまつげパーマ
最後まで

最後まで

抜かりなく

抜かりなく

生まれ変わった?

生まれ変わった?

カラリング下地

カラリング下地

お店の人が選んでくれた色

お店の人が選んでくれた色

足も片方はカラーで、変?

足も片方はカラーで、変?

この手足ケアコース、旅行で来て手足をきれいに決めたい!普段から手足の手入れは行き届かせておきたいという方にはピッタリのコースかと思います。
 これで今年は無敵の夏を迎えられる!と、勢いこんだところで、定期的なケアを欠かさなければねと言われ、また日を置いて来なければと心に誓ったナビトミです。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日 :2011-04-20

ページTOPへ