【日台友好】台湾語の美しい旋律に酔いしれる新感覚の台湾オペラ「Aphrodite阿婆蘭 アーポーラン」ダイジェスト

視聴回数 39 回

5

公開日時 2022.01.09

台湾文化部と財団法人文化台湾基金会が企画した大規模プロジェクト「Taiwan NOW」。台湾の芸術文化を国際的に広めたいという願いを込め「東京2020大会」の開催に合わせて企画されたイベントです。 紆余曲折を経て、高雄の「衛武營國家藝術文化中心(衛武営国家芸術文化センター)」 で公演された、台湾オペラの別名を持つ歌仔戲・「Aphrodite 阿婆蘭 アーポーラン」をもって幕を閉じました。 【ポイント1】 南台湾の歌仔戲3大劇団である「秀琴歌劇團」、「春美歌仔戲戲團」、「明華園天字戲戲團」とのコラボ作品 【ポイント2】 日本現代アートの美術作家・舞台演出家のやなぎみわ氏が演出・脚本を手掛けている 【ポイント3】 台湾原生種の真っ白い胡蝶蘭「阿婆蘭」の物語。日本で好まれているあの真っ白い胡蝶蘭、実はこのクローン阿婆蘭の子孫かもしれないという事実 【ポイント4】 台湾語の美しさを感じられる 台北ナビのレポートは下記記事よりご覧ください。 https://www.taipeinavi.com/special/80013830 インタビュー内容や劇中歌の歌詞が載っているオンラインプログラム冊子(日本語) https://issuu.com/taiwannow/docs/taiwan_now_aphrodite_jp Taiwan NOWオフィシャルサイト https://www.taiwannow.org/jp/ #アーポーラン #阿婆蘭 #日台友好

【日台共同制作】高雄で、新感覚の台湾オペラ「Aphrodite阿婆蘭」に心奪われる

日台文化交流を推進するアート・プロジェクト「Taiwan NOW」のフィナーレに、台湾南部歌仔戲の三大王が集結!