【2019年7月6日&13日限定出発】大人気の「マンゴー狩りツアー」参加者募集中!『台北・台南出発』

閉店・移転、情報の修正などの報告

掲示板ご利用の前にコミュニティ掲示板ガイドラインをご参照ください。
以下の投稿を禁止します。内容の有無にかかわらず削除、IDの停止をいたします。
・各種団体、施設の告知・宣伝、募集・勧誘活動など
・名前、住所、電話番号など個人を特定できる情報の投稿
・明らかに男女交際を目的とした「出会い系」としての掲示板の利用
※ユーザー同士の交流を規制するものではございませんが、あくまで自己責任の範囲でお願いします。
  • トピック:6件
  • コメント:0件
トピック 投稿日
投稿者:ovayuyogayu

口コミ掲示板ラクして美味しかったです

2017-07-24
往復新幹線でゆったり、現地はバスで巡り、最後は温泉という何ともラクチンで色んな意味で「美味しい」旅でした。

夜遅くに戻った私を心配して待ってくれていたホテルの従業員に一つプレゼントしたら、とても喜んでいました。

1日中食べていたのに翌日は目覚め爽やか&お腹スッキリは、マンゴーと野菜鍋と温泉の効果だと思います。
また機会があれば参加したいです。
 
訪問日:2017/07
投稿者:hour1863

Q&A掲示板気になります

2017-06-06
私も気になっていることがあるのですが、自分で採ったマンゴーって食べ頃になるまで1週間位かかると思うんです。
だから皆、自分で採ったマンゴーはちゃんと台湾で食べているのかな、と。
実際参加した方に聞いた事があるのですが、普通に「日本に持って帰った」と言っていて、引きました。
こっそり日本に密輸している方も大勢いる…?それ前提のツアーって一体…
食べ頃になるまで台湾にいられる長期間の旅行者ならいいのですが、このツアーの為に来られる短期間旅行の方もいると思うのです。
一応自分で採ったマンゴーがいまいちだった場合、交換しますとはありますが、絶対自分で採ったマンゴーを持ち帰りたいと思うと思うんです。
マンゴー狩りと銘打っているのなら、自分で狩った物を持ち帰るのが醍醐味だと思います。
でも、食べ頃になる前に日本に帰国。
「しょうがないよね~」ってスーツケースに忍ばせて。
罪を背負って帰国、そんなの嫌です。

そこんところ、どうなんでしょうか?
奇跡的に、明日明後日食べ頃のマンゴーを狩る事ができれば問題ないんですが。

いつか参加したいと思っていた憧れのツアーなのですが、この疑問が晴れるまではやっぱり参加を迷います。 
コメント(全4件)

縦縦横横

2017-06-06
日本に持ち帰るのは個人の問題で、ツアー企画会社には責任はない。話を一緒にしてはいけない。
もし、空港で見つかったら、その場で没収になるだけ。数量が密輸レベルであれば、法律で裁かれるだけ、それを知ってやるのなら心配はいらない。見つかったら『しょ~がないわね』と笑って言えばいい。その先は知らん(苦笑)。
ま、知らん顔してバゲッジにしれっと混入させても、バゲッジをX光線の機械に通した時、多分税関職員も分かっていると思うよ。
hour1863さんの言う通り、罪を背負ってまで、背中に冷や汗をかきながら日本に持ち帰り、それを武勇伝のようにみんなに話すって、その人、どんだけのアフォ?

マンゴーの出来は自然のことなので絶対はないけど、愛文は7~8月に旬を迎える時期なので、基本その場で食べられるのではないかな。
でもさ、みんな台湾にきたら、『マンゴー~!マンゴ~!!』ってばかり言って、どれだけ食べるん?普通、多くても5個くらい食べたら、ごちそうさまってならないかな。 

ケイケイです

2017-06-06
昨年参加しました。
農園で採ったマンゴーはホテルの冷蔵庫でキンキンに冷やして、次の日から食べましたが、すごく美味しかったですよ。一緒に行った友人は「もぎたてのマンゴーはエグ味が無くて、台北で食べるのより美味しい」と言ってました。品種にもよるかもしれないですけどね。
採った時に農園の方が「これはすぐ食べられる」とか「これは何日後ですね」と教えてくれました。アップルマンゴーなので、真っ赤なのは見るからに美味しそうで、みんななるべく赤いものを探しました。後で農園の方が採ったものと交換している方もいました。
台南発はもう2日とも満席になってますね。参加されるなら早めに申し込んだ方が良いかもしれないですね。

 

夕焼番長

2017-06-06
去年参加しました!

勘違いしないでください。
輸出用のマンゴーを選別するわけでもないので、食べごろになるまで何日もかかる状態のモノを刈り取り体験するのではありません。
畑に行って、農家の人が食べごろな実の見分け方をレクチャーしてくれますし、そのあとも採ったマンゴーを見せると、すぐ食べるのには適さないようなモノはちゃんと交換してくれます。だから、日本に持ち帰ることを前提にしているなんて邪推は無用ですよ。

それに、ただフレッシュなマンゴーを食べたいだけなのなら、市内の市場でツアー代金分のマンゴーを買い漁ったほうがよろしいかと思いますよ。 

hour1863

2017-06-06
皆様、色々な情報ありがとうございます!

私は大きな勘違いをしていたようです。
私は食べ頃のマンゴーを採る事が難しいと思っていました。
宮崎の落下するまで待つマンゴー以外は、メロンのように採ってから完熟を待つ物の方が多いと思っていました。
私は採れたてほやほやな新鮮なマンゴーより、何日か経ったマンゴーの方がより甘みが増すと思っていました。
すぐに食べられるマンゴーを狩れる確率はどれくらいなのかなと。

皆様のお話で、採れたてでも美味しくいただけるマンゴーが狩れるとわかり本当に良かったです。
数年間、心の中でもやもや悩んでいました。
ただマンゴーをたらふく食べたいだけなら夕焼番長さんが言うように自分でもできると思い、今までは玉井市場で買いあさって食べまくっていました。
私の中でこのツアーに参加する意味は、「自分で選び採ったマンゴーを帰国までにちゃんと美味しく食べること」なので。

中々聞けずにいましたが、思いきって質問してよかったです。
来年以降の参加を検討します!
 
投稿者:painappuru55

Q&A掲示板迷っています。

2017-06-03
参加しようか迷っている者です。
「マンゴー狩り(1個)」とあったのですが、マンゴーは一個しか狩ることができないのでしょうか。たくさん狩っても、持ち帰れるのは一個だけということでしょうか?
マンゴーって、たしか市街でも一つ100円か200円ほどで買えましたよね?それでも行く価値があるか、ちょっと教えて欲しいです。 
コメント(全4件)

osiba0714

2017-06-03
持ち帰れるのが1個 というわけではなく
おみやげとして提供されるのが1個 という意味だと思います。

このスポットへの口コミを読んでると、狩った分は
持ち帰れる(台湾にいる間に食べきれる分でしょうけど)
ように思えますが。 

painappuru55

2017-06-04
>>osiba0714さん、ありがとうございます。

ということは、狩った分+お土産として1個ということですよね?
それなら行ってみる価値がありそうです!!滞在期間が長いので、カゴいっぱい採ろうと思います。
 

ケイケイです

2017-06-05
去年このツアーに参加して、楽しかったので今年も申し込みました。
マンゴー狩りをする農園で持ち帰れた数をはっきり覚えてないのですが、確か1〜2個だったような。いくつか採ってみて、その中から特に良いのを選びました。
私はマンゴー狩りの前に寄る玉井市場で5個位買いました。計6個入った鞄はすごく重かったです。
訪れる場所はどこも個人でも行けますが、短時間で周るのは大変なので、ツアーだと楽でしたよ。
 

夕焼番長

2017-06-06
昨年参加しました!

そのときの状態にもよるようですが、自分が参加したときは、畑で刈り取って持ち帰ったのはひとり2個まで。
事前に農家の人が食べごろな実の見分け方をレクチャーしてくれますが、よさそうなものをじっくり選んで採ってるとそれなりに時間がかかりますよ。

日本でよくある「なし狩り」とか「いちご狩り」のように、制限時間内にその場で食い散らかすという意味の「狩り」ではありません。あくまでも「体験」だと思ったほうがいいです。
でも、そのあとに「ほぼ食べ放題」状態のマンゴーが提供されますので安心してください。
 
投稿者:ケイケイです

Q&A掲示板スーツケース持参でも大丈夫でしょうか

2016-06-13
今回のマンゴー狩りツアーに申し込みました!楽しみにしています!
台南駅からの参加で、嘉義駅までご一緒させていただきます。
スーツケースかバックパックなどの大きな荷物を持って集合場所に行く事になるのですが、移動は貸し切りバスなどでしょうか。ツアーの最中に荷物がじゃまにならないかちょっと心配しています。 
コメント(全1件)

夕焼番長

2016-07-22
もしかしたらご一緒された方かもしれませんが・・・・

バスは中型の貸切バスでした。
荷物も積み込めそうでしたよ。 
投稿者:夕焼番長

口コミ掲示板2016/7/16のツアーに参加してきました!

2016-07-22
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • いくら食べても減りません(笑)

  • 白い袋がぜんぶマンゴー!

  • ニュースでもマンゴー不作を伝えてました

7月16日のツアーに参加しました!
今年はナビさんのツアー報告アップはないということですので、明日(7/23)の第2回ツアーに参加される方のために情報です。
・・・といっても、何人の方がここを見られるのか、不明ですが(笑)

一部のブログでは、いくら往復の新幹線指定席チケまでついてるとはいえ、ひとり2万円以上は高いという方もいますが、自力でバスやタクシーを乗り継いでまわったりする手間を考えれば、これはこれでアリだなと思います。


集合場所の台北駅東三門は、いろんな人たちの集合場所になっているようで大混雑でした。
台北ナビの小旗を持った人を探してください。
セブンイレブンも長蛇の列でしたが、ほかの場所はスカスカです。
そして東三門の目印になるはずのSLはブルーシトがかかって修理中(?)でした。


今年はマンゴーの大不作ってことで、たしかに玉井の市場にはマンゴーが少なかったです。
でも、日本人からすればこれで不作?って思うくらい賑やかでした。
値段もここ20年くらいでは最高額だそうですが、それでも安い!!
残念ながら日本には買って帰れないので、自分たちはドライマンゴーとパイナップルでガマンしました(意外に知られていませんが、パイナップルは植物検疫を受けてパスすれば日本に持ち込めます)


ドライマンゴーの美味しい食べ方。
小さくカットしてプレーンヨーグルト(某ナ○ュレなど安いものでじゅうぶん)に放り込んで冷蔵庫にひと晩放置します。
すると、見事に生マンゴーの食感が復活します!
できれば加糖されてないもののほうが「ホンモノ感」が増します。


メインイベントのマンゴー狩りですが、例年おじゃましている農園が不作ということで、別の農園に行きました。(このような臨機応変なことができるのもツアーならでは!)
農家の方に教えていただいて、いい感じのマンゴーを刈り取る体験ができます。
この日はめちゃ暑い日だったので、汗だくです。
もし残念なマンゴーを獲ってしまっても、あとで食べごろのマンゴーと交換してくれるので問題なしです。


昼食では、ひとテーブルに大きな金魚鉢みたいなガラス器に、これでもかってくらい盛られたカットマンゴーが登場してテンションはマックスになります。
とりあえず、全員が写真撮影し終えるまでは待ちましょう(笑)
このマンゴー盛り、食べて気がつきましたが複数の種類がミックスされてました。
なので、いつまでも食べ飽きません。

そして台北ナビさんのレポ通り、自家製ピザもいただけます!
カフェの庭にある石窯で焼いてるんだそうです。
見た目はマルゲリータなんだけど、食べると微かに中華風?
もうひとつはチョコとシナモン、ナッツがのったデザートピザです。
自分はこっちのほうが好きでした。

食べ放題、ってわけではないですが、ぜったいに食べきれません(断言)
確実に腹いっぱいになります。
参加者全員、タッパーを持ってこなかったことを後悔しました。
ぜひタッパー持参をおすすめします!

そのあとは農場レジャーランドみたいなところで夕食です(爆)
マンゴーをさんざん食べて2時間以内に夕食というブロイラーなみの給餌攻勢です。
野菜しゃぶしゃぶみたいなものがメインですが、そのほかにも盛り沢山なサイドメニューが次から次へとサーブされます。
運んでくるお姉ちゃんがいろんな意味でカワイかったです。
自分たちのテーブルで高評価だったのは、カボチャのフリッターとカボチャご飯。
なんだか、昭和のお母さんがおやつに作りそうな懐かしい味でした(笑)

とにかく、間違いなく食べきれません。
もったいないです!
2テーブルに分かれての食事でしたが、どちらのテーブルも残菜だらけでちょっと残念。
空腹なら絶対に完食してたと思います(悔)

この夕食をもっと軽いものにするなどして料金を下げるとかするともっといいのになぁって思いました。


食後は温泉です。
屋外の風呂は男女混合で水着とキャップ着用(キャップがなくても受付でビニールのシャワーキャップがもらえますし、水泳帽の販売もしてました)
泥湯は別府の泥地獄みたいにドロドロではありませんが、浴槽の横に泥が入った桶がありましたので、それを全身に塗ったくって乾くまで放置です。
アロマ風呂は水風呂です。
ドクターフィッシュも体験できました。
内風呂も泥湯でした。

日中のイベントでかなり汗だくになりますので、着替えを持って行くことをお薦めします。
せっかく温泉に入ってサッパリしても、また汗まみれの服を着ると残念なキモチになるのは日本人の性ですね。

ここで喰い&遊び倒しますので、帰りの新幹線は爆睡必須です。
でも、終点が台北駅ではなくなったので乗り越さないように注意が必要です。
そして、自分たちはせっかく収穫したマンゴーを帰りのバスの網棚に忘れてきちゃいました(爆)

ナビさん! あの忘れ物マンゴーは自分たちのです!!
いまさらですが・・・ 
訪問日:2016/07
投稿者:さとみーにょ

Q&A掲示板日曜のツアーについて

2015-04-29
お伺いする場所が違っていたら申し訳ありませんが、7月5日催行のツアーについて教えてください。
前日は台北に宿泊し、朝に新幹線で台南の待ち合わせ場所に行く予定です。
行きの台北から台南までの新幹線は自分たちで手配することになるかと思いますが、
帰りは嘉義駅から台北までの新幹線がツアーに含まれているのでしょうか?
(日程を見るとそのように書いてあるのですが、台南出発と書かれているので、念のための確認となります。)
お手数ですが、ご回答いただけますと幸いです。 
コメント(全2件)

osiba0714

2015-04-29
ナビへの質問なら、ページの一番下の「お問い合わせ」からしたら、回答もらえると思います。
しかし、台北発のプランとの差額と、注意書き「台南から出発される方は台南までの交通と嘉義からの交通をご自身で手配してください。」から考えて、嘉義駅から台北までの新幹線代金も自分で払う。
が濃厚な気がします。 

さとみーにょ

2015-04-30
>>osiba0714さん
コメントありがとうございます。
「お問い合わせ」から確認してみます。
ありがとうございます!
 
  • 1