248農學市集

248農學市集

閉店・移転、情報の修正などの報告

農家さんたちと直接ふれあうなら、是非ここに足を運んでみて♪

photo

台湾で食の安全が叫ばれる前から、安心安全な野菜を取り扱っている農作物のマーケット「248農學市集」。最近台北でもよくファーマーズマーケットを見かけますが、ココこそが台北のファーマーズマーケットの先駆者的な存在といっても過言ではありません。ナビは地方へ取材に行った時、台湾でいい野菜に出合いたかったら、「248」に行きなさい!とたくさんの農家さんから聞きました。
248農學市集は、通称東区と呼ばれる繁華街の一角に週末になると現れます。その場所が248巷だからこの名前がついています。このシンプルなネーミング、覚えやすいだけでなく、飾らないところに好感がもてます!日曜から木曜は近くにある企業の駐車場として利用され、金・土曜はマーケットになります。実際に農作物を作った生産者の方たちが、各ブースで販売しています。発起人の楊さんは、生産者の思いや理念が直接消費者に伝わればとの思いで、マーケットを始めました。1週間に1回ほどのペースで子供から大人まで参加できる料理教室などのイベントも行っています。
ナビたちが訪れた時は、カラフルな寒天料理が出来上がったところでした。調理過程は見ることができなかったのですが、こんなカラフルでヘルシーな料理を親子で作ったら楽しそうだなぁ〜と思いました。イベント詳細は、ホームページに告知あるのでぜひチェックしてくださいね。飛び入り参加もできちゃいます。
旅行者なら、マーケットの雰囲気を体感しつつ、ジャムやドライフルーツ、手作り石鹸など農作物マーケットならではの商品の購入をお薦めします。お土産にできそうなものもありますよ。台湾在住の方なら、スーパーや菜市場とはまた違ったレパートリーの新鮮な野菜や卵などが購入できます。どんな味付けをしたらいいか、どんなお料理が作れるかなど、直接生産者の方に聞けるのがいいですし、安心安全ですね。

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2018-09-19

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供