閉店・移転、情報の修正などの報告

タイヤル族の姉弟が展開するセンス抜群の原住民雑貨店

こんにちは、台北ナビです。

今日ご紹介するのは、淡水の老街(オールドタウン)を抜けた先にある原住民雑貨のお店、淡水の観光名所のひとつ「紅毛城」のちょうど斜向かいに位置する「河文Hbun」です。

店名の由来

店名の「河文Hbun」は、タイヤル語で2つの流域(文化)が交わる所という意味です。この淡水も川と海の交わる場所。「河文Hbun」が「みんなが交流できる場所となれば」との想いで命名しました。その名の通り、お店は世界各国からの旅人が訪れていますよ。

姉弟が切り盛りする店内には、彼らが自ら出向いて台湾全土から集めた台湾原住民族のセンスの良い雑貨が並びます。
「河文Hbun」はタイヤル語、店頭はガラス張りで入りやすい雰囲気です 「河文Hbun」はタイヤル語、店頭はガラス張りで入りやすい雰囲気です

「河文Hbun」はタイヤル語、店頭はガラス張りで入りやすい雰囲気です

台湾原住民族の創り出した工芸品

「恐らくみなさんのイメージにある台湾の工芸品は、あまり質が良くなく、チープなものなのではないでしょうか。しかしこのお店を開くにあたり、色々な原住民部落を回った時に感じたのが、『ひとつひとつの工芸品がとても巧妙に作られている』ということでした。ただ、販売やディスプレイの方法で、作品の価値を下げてしまっていることに気づいたんです。そのため、原住民たちの作った素晴らしい作品にお客様の目をファーカスしてもらうため、シンプルな内装にしました。」

「若い頃は自分の家族以外で原住民と接することはあまりなかったのですが、このお店を開く前の会社員時代に(国家機関の)原住民族委員会の仕事をしつつ原住民の創り出すものに関わっていました。そこで深く色々な原住民との関わり方や展示の仕方などを学びました。やはり色々な影響を受けてここに至るのだと思っています。」と語ってくれたのは、オーナーのDavidさん。ご出身は新竹県尖石ですが、淡水の大学に通っていたためこの地区にとても愛着があるのだとか。

因みにDavidさんのお姉さんは大学の教授、Davidさん自身はインダストリアルデザイナーの肩書きも持っているんです。さまざまな経験や経歴を積み重ねた2人が手を合わせて開いたお店。ほかのお店と一線を画す魅力があるのもうなづけます。
Davidさんご自身の作品。インダストリアルデザイナーなだけにお洒落でさりげなくつけられる粋な感じも出ています。男性が付けたらセンスが良い、女性が付けたらカッコいいブレスレット。 Davidさんご自身の作品。インダストリアルデザイナーなだけにお洒落でさりげなくつけられる粋な感じも出ています。男性が付けたらセンスが良い、女性が付けたらカッコいいブレスレット。

Davidさんご自身の作品。インダストリアルデザイナーなだけにお洒落でさりげなくつけられる粋な感じも出ています。男性が付けたらセンスが良い、女性が付けたらカッコいいブレスレット。

セレクト基準はシックなもの

基本的に色が鮮やか過ぎるものや個性的過ぎるものは選んではいません。『多くの人が手に取りやすい』という基準を設けて商品をセレクトしています。よくある民芸品店や土産店で目にする原住民テイストの作品とちょっと違うデザインなのは一目でわかるはずです。
パっと見では原住民感があまりないくらい落ち着いたトーンです

パっと見では原住民感があまりないくらい落ち着いたトーンです

烏來のタイヤル族の80代のおばあさんが作ったトート。普段はこのような派手なものはセレクトしませんが、おばあさんが頑張っているため応援したいとの思いでお店に置いています

烏來のタイヤル族の80代のおばあさんが作ったトート。普段はこのような派手なものはセレクトしませんが、おばあさんが頑張っているため応援したいとの思いでお店に置いています

ではナビのオススメを紹介しましょう!


ガマルアン 花蓮の阿美族

1人は阿美族、2人は漢族の3人でデザイン

日本人のお洒落な方たちに特に人気のブランド「ガマルアン」です。しっかりした帆布バッグの手持ち部分は阿美族の伝統的な編み方になっています。メガネケースと名刺入れ。革なので使えば使うほどいい感じになってきます!
バッグ(大)3980元(小)2380元

バッグ(大)3980元(小)2380元

メガネケース 1980元と名刺入れ1680元

メガネケース 1980元と名刺入れ1680元


口琴700元

口琴700元

口琴 新竹のタイヤル族

喜怒哀楽を表現するために日常的よく使われた楽器です。求愛の際も使われたそう。Davidさんがサンプルを吹いて聞かせてくれましたが、とても素敵な音色でした!その素敵な音色を出せるまでには訓練が必要だそうです。小さな可愛らしい木箱に入った感じも価値が増します。

月桃シリーズ 台東の阿美族

台湾の低山部にある植物、月桃の茎の板状繊維を使って作られたポーチやバッグなど。牛革や独特な風合いの布と組み合わせることで高級感が出ています。白い可愛らしい花の咲く月桃。変わりダネアイテムとしてもオススメです。
月桃シリーズ、手提げトート1280元

月桃シリーズ、手提げトート1280元

独特な風合いの布と組み合わせたリュック2980元

独特な風合いの布と組み合わせたリュック2980元

月桃はこんなキュートな花を付けます

月桃はこんなキュートな花を付けます

ちょうどお店に来ていたカナダ人観光客の方にモデルになってもらいました!似合う!!

ちょうどお店に来ていたカナダ人観光客の方にモデルになってもらいました!似合う!!

きっちりした網目で手仕事の繊細さが伝わってきます

きっちりした網目で手仕事の繊細さが伝わってきます


WALKINGSUN苗栗のタイヤル族

苗栗の石壁部落で作られる精緻でクールなデザインの名刺入れやお財布など。持っていると一目置かれそうなアイテムばかりです。
ナビ介オススメです! ナビ介オススメです! ナビ介オススメです!

ナビ介オススメです!


ピアス 台東のタロコ族 / がま口コインケース 阿美族×パイワン族の夫婦

日本滞在経験のあるタロコ族の30代の女性がデザインしています。今のファッション感覚と原住民テイストをmixしたデザインになっています。紫のがま口は、阿美族の奥様がデザインをし、パイワン族の旦那様が形にしました。とてもチャーミングで使っていくうちに愛着がどんどん湧いてきそう。

ほかにも存在感大の凝ったピアスのシリーズや愛嬌のある豚さんやふくろうの木彫り、100%の黒米ワインや小米ワイン、各原住民族がインディーズで出したCDなどもあります。
100%の黒米ワインや小米ワイン

100%の黒米ワインや小米ワイン

 Davidさんのお気に入りは台玖線

Davidさんのお気に入りは台玖線

店内で売られているものは、手作りで数が限定されているものがほとんどの一期一会です。出合ったら、ときめいたら、即購入をオススメします。いずれは「工芸品を作る全ての原住民のものをお店に置きたい」というDavidさん。淡水における台湾原住民の文化と人々が交わる場所となるように、前進していく彼をナビたちは応援したいと思います。是非、淡水で台湾原住民族の文化に触れてみてください!

以上、台北ナビでした。

記事登録日:2019-07-08

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2019-07-08

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

紅毛城 (淡水)

紅毛城 (淡水)

かつては城塞、その後はイギリス領事館に。台湾における最古建築の1つ

淡水漁人碼頭 (新北市)

淡水漁人碼頭 (新北市)

台湾の夕日がいちばん綺麗に眺められる場所、漁人碼頭

淡水

淡水

小吃・食べ歩き・歴史名所・夕陽・カフェ・お土産…こ~んなキーワードがいっぱいのブラブラ散歩

領事館(淡水)

領事館(淡水)

プロバンス風のインテリアでまとめてあるオシャレなカフェに足を伸ばしてみましょう。

淡水(2009年版)

淡水(2009年版)

気軽に行ける日帰りスポットとして大人気。屋台も充実、散歩しながら名物を食べるのが楽しい!