閉店・移転、情報の修正などの報告

世界中の美味しい焼きたてパンを味わう旅へ出かけよう! 松山線にまたまた美食スポットが登場

場所はパイナップルケーキで有名な「佳徳」のすぐ近く。<br>ほかにも、周囲にはパン屋さんが5軒ほどあり、パン屋激戦区!

場所はパイナップルケーキで有名な「佳徳」のすぐ近く。
ほかにも、周囲にはパン屋さんが5軒ほどあり、パン屋激戦区!


こんにちは、台北ナビです。

どんどん進化するMRT松山線に、またまた新しい美食スポットが登場です。それは台湾、日本、ヨーロッパと世界中の焼きたてパンが並ぶ、いま話題のパン屋さん「BAKE CULTURE(貝肯庄)」。

途切れることなく訪れる台湾人のお客さんに混じって、ナビもさっそくお店をチェックしてきました~♪

台湾、日本、ヨーロッパのパンが大集合

お店のロゴはピックアップカー。車に乗って、世界のパンを食べ歩く旅へ出発~! お店のロゴはピックアップカー。車に乗って、世界のパンを食べ歩く旅へ出発~!

お店のロゴはピックアップカー。車に乗って、世界のパンを食べ歩く旅へ出発~!

入ってすぐにロゴの車を発見!!実物くらい大きくてびっくり。

入ってすぐにロゴの車を発見!!実物くらい大きくてびっくり。


2015年8月にオープンしたこのお店の特徴は、なんといってもパンの種類が豊富なこと。台湾、日本、ヨーロッパのパンやケーキが常時50~70種類ほど並びます。

店名の「BAKE CULTURE」には、 パンを通して世界中へ旅に出かけたような気分を味わってほしいという願いが込められているのだとか。吹き抜けで開放感いっぱいの店内に並ぶ、バラエティ豊かな世界各地のパン。

どれにしようかとあれこれ考えていると、なんだか旅に出る時のワクワク感が込み上げでくる感じ♪
台湾、日本、ヨーロッパといろいろなパンが並びます。 台湾、日本、ヨーロッパといろいろなパンが並びます。 台湾、日本、ヨーロッパといろいろなパンが並びます。

台湾、日本、ヨーロッパといろいろなパンが並びます。

人気パンはこれ!


■土耳其岩鹽麵包/Turkish Salted Bread(28元)

一番人気は、日本でもいま話題の塩パンです。

フランス産の小麦粉とバター、トルコの岩塩を使用。とってもシンプルなパンですが、モチモチの生地&しっかりめに施された岩塩が後を引く美味しさ❤ナビもイチ押し。


■瑪格麗特/Margaret Mini Pizza(38元)

水を一切加えず、フレッシュなトマトから出る水分だけで作ったマルガリータピザ。

ほんのりと赤い生地からは自然なトマトのやさしい味わいが!それにチーズ、スライストマト、バジルが加わり、満足感いっぱいの贅沢パン。ナビカメラマンのイチ押しです。

■帕瑪森起司燻雞/Smoked Chicken with Parmesan Cheese Bread(45元)
やや甘めの生地にスモークチキンと濃厚なチーズがたっぷり入ったおかずパン。

外側のホットチリペッパーとパルメザンチーズが一層食欲をそそる、ナビカメラマンのイチ押しパン。


■紫米芋頭/Black Rice With Taro Paste Bread(28元)

「台湾らしいパンが食べたい」という方にオススメ。

台湾産の紫米を練り込んだ弾力のある生地で、大甲産のタロイモで作った餡を包んだパンです。見た目は欧米系のパンですが、台湾素材にこだわった素朴で味わい深い一品。


■蜂蜜羅宋/Russian Bread with Honey(50元)

フランス産の小麦粉とニュージーランドのバターのパン生地に龍眼のハチミツを塗って焼き上げたパン。

斬新なダブル山型は、一番美味しくなるように研究を重ねた結果なのだとか。きめ細かい生地で口当たりがよく、昔どこかで食べたような懐かしい味のするパン。ついつい食べてしまう不思議なパンです!

三杯杏鮑菇/Three Musketeers Bread(68元)<br>台湾料理「三杯杏鮑菇」がヨーロッパのハード系パンと合体。台湾とヨーロッパの絶妙コラボが楽しめます♪

三杯杏鮑菇/Three Musketeers Bread(68元)
台湾料理「三杯杏鮑菇」がヨーロッパのハード系パンと合体。台湾とヨーロッパの絶妙コラボが楽しめます♪

芒果布里歐/Mango Brioche(50元)<br>台湾に来たからにはぜひ食べたいマンゴー。

芒果布里歐/Mango Brioche(50元)
台湾に来たからにはぜひ食べたいマンゴー。

フレッシュなマンゴーを煮詰めたコンポートがブリオッシュに入っています。

フレッシュなマンゴーを煮詰めたコンポートがブリオッシュに入っています。

迷你咕咕洛夫/German Mini Gugelhupf(50元)<br>フランス・アルザス地方の伝統菓子「クグロフ」。レーズン、クランベリー、オレンジピールなどのドライフルーツが入ったケーキのようなパンです。

迷你咕咕洛夫/German Mini Gugelhupf(50元)
フランス・アルザス地方の伝統菓子「クグロフ」。レーズン、クランベリー、オレンジピールなどのドライフルーツが入ったケーキのようなパンです。

葉子/Fougasse(48元)<br>仏プロヴァンス地方の伝統的なパン。葉っぱの形をした“モチモチ”の生地に黒オリーブがたっぷり。

葉子/Fougasse(48元)
仏プロヴァンス地方の伝統的なパン。葉っぱの形をした“モチモチ”の生地に黒オリーブがたっぷり。

爆漿巧克力菠蘿/Chocolate Polo Bun(40元)<br>モリモリのチョコチップがかわいいメロンパン。

爆漿巧克力菠蘿/Chocolate Polo Bun(40元)
モリモリのチョコチップがかわいいメロンパン。

中には、トロトロのチョコレートとお餅が入っています。子どもに大人気。

中には、トロトロのチョコレートとお餅が入っています。子どもに大人気。

こんなにかわいいくまさんのパンもありましたよ!

こんなにかわいいくまさんのパンもありましたよ!

途切れぬお客さん。賑わう理由は…

平日の昼下がり。パンを買い求める人で店内は賑わいを見せています。

平日の昼下がり。パンを買い求める人で店内は賑わいを見せています。


途切れぬことなくお客さんがやってきて、それぞれが思い思いのパンをどっさりと買って行く「BAKE CULTURE」。スタッフに取材し、実際に食べてみて、ナビもお店の賑わいぶりに納得!豊富なパンの種類に加えて、美味しい&良心的な価格なんです。

ここ数年、日本やフランスのパン屋さんがどんどん進出している台湾。だから、いまや台湾にいながらも、日本のパンも、フランスのパンも本場と変わらないものが味わえます。

でも、ここはご当地台湾のパンはもちろん、日本やフランスのパンも本場に引けを取らない美味しさ!この一店舗で世界各地の本場の味が楽しめるのだから、リピーターが多く、人気があるのだなあと実感しました。
小麦粉はフランス、日本、台湾産をパンの種類によって使い分け。バターはニュージーランド、着色には天然素材を使用するなど、素材へもこだわりがみられます。

小麦粉はフランス、日本、台湾産をパンの種類によって使い分け。バターはニュージーランド、着色には天然素材を使用するなど、素材へもこだわりがみられます。

2階でパンを作っている過程を見ることができます。清潔で安心!<br>シェフは15~20年の経験を持つ選りすぐりの職人さん揃い。 2014年烘焙職人大賽の優勝者や2012年美國乳酪歐式麵包の優勝者が名を連ねます。

2階でパンを作っている過程を見ることができます。清潔で安心!
シェフは15~20年の経験を持つ選りすぐりの職人さん揃い。 2014年烘焙職人大賽の優勝者や2012年美國乳酪歐式麵包の優勝者が名を連ねます。

ドイツ製の一台100万元もするWACHTEL社のオーブンを使用。赤外線照明を使用するので、より美味しく発酵。高温で焼き上げ、扉を開けると温度がゆっくりと下降していくので、“パリパリサクサク”の表面が出来上がります。

ドイツ製の一台100万元もするWACHTEL社のオーブンを使用。赤外線照明を使用するので、より美味しく発酵。高温で焼き上げ、扉を開けると温度がゆっくりと下降していくので、“パリパリサクサク”の表面が出来上がります。

小麦粉の物価上昇などに伴い、どんどん値上がりを続ける台湾のパン屋さん。でも、ここのパンは美味しいのにほとんどが20~40元、高くても60元代で良心的です。 小麦粉の物価上昇などに伴い、どんどん値上がりを続ける台湾のパン屋さん。でも、ここのパンは美味しいのにほとんどが20~40元、高くても60元代で良心的です。 小麦粉の物価上昇などに伴い、どんどん値上がりを続ける台湾のパン屋さん。でも、ここのパンは美味しいのにほとんどが20~40元、高くても60元代で良心的です。

小麦粉の物価上昇などに伴い、どんどん値上がりを続ける台湾のパン屋さん。でも、ここのパンは美味しいのにほとんどが20~40元、高くても60元代で良心的です。

主な客層は20~30代のサラリーマン&OL。朝ごはんにベーグルを買って行く人多数。

主な客層は20~30代のサラリーマン&OL。朝ごはんにベーグルを買って行く人多数。

なので、朝7時から営業!

なので、朝7時から営業!

若者だけじゃない!おばさま方も大絶賛♪お気に入りの塩ロールパンをどっさり購入されていました。

若者だけじゃない!おばさま方も大絶賛♪お気に入りの塩ロールパンをどっさり購入されていました。

日本へのお土産、友人宅への手みやげもあります❤


<日持ちするお菓子>
餡がた~っぷり!1個50元で散売りもあります。

餡がた~っぷり!1個50元で散売りもあります。


■土鳳梨酥/PINEAPPLE CAKE(1箱10個入500元)

パッと目を引いた、土鳳梨酥の中国語の発音と掛けた「鳳梨書(パイナップルの本)」。 台湾土産の定番パイナップルケーキもこんな面白いアイデアで、マンネリ化脱出です!

肝心のケーキは、2015年の鳳梨文化節で金賞を獲得したその道30年のシェフが考案。屏東県高樹の厳選したパイナップル、日本のきめ細かい小麦粉、フランス産のバターを使用しています。土パイナップル餡特有の甘酸っぱさがあまりなく、「冬瓜の餡は甘過ぎだけど、土パイナップルの餡はちょっと酸っぱすぎ」という方にぴったり!


■綜合牛軋糖禮盒 /Mixed Nougat(250g/280元) 写真中央
ヌガーの詰め合わせ。アーモンド、ピーナッツ、マカダミアンナッツの3種類の味が入っています。

■牛軋糖咔滋餅/Nougat Cake(12個入り/260元) 写真右
ポップコーン+黒ゴマ+麦芽糖=サクサクパリパリのクッキーです。ほかにも、チョコレートやピーナッツ、クッキーなど合わせて10種類ほどの素材が入っていて、1枚のクッキーでいろんな味が楽しめます。

■鬆餅牛軋糖/Waffle Nougat(1個45元) 写真左
ヌガーをベルギーワッフルで包んだお菓子。パリパリ×ネットリの食感!?


<ケーキ・タルト類>
法式野莓塔/French Berry Tart(289元)<br>アーモンド生地に新鮮なイチゴが載ったタルト。大人も子どもも好きなこと間違いな~し!美味しくて見た目も華やか。

法式野莓塔/French Berry Tart(289元)
アーモンド生地に新鮮なイチゴが載ったタルト。大人も子どもも好きなこと間違いな~し!美味しくて見た目も華やか。

芋泥起士塔/Taro Cheese Cake(299元)<br>タロイモ大好きなナビが真っ先に食いついたタロイモチーズケーキ。ビーツで色付けしたトップのタロイモがとっても色鮮やか!

芋泥起士塔/Taro Cheese Cake(299元)
タロイモ大好きなナビが真っ先に食いついたタロイモチーズケーキ。ビーツで色付けしたトップのタロイモがとっても色鮮やか!

2階はイートインスペース

イートインスペース。最低消費はありません。

イートインスペース。最低消費はありません。

1階でドリンク類も販売。スイスのSCS全自動咖啡機で淹れる、illyのアラビカコーヒーはいかが?

1階でドリンク類も販売。スイスのSCS全自動咖啡機で淹れる、illyのアラビカコーヒーはいかが?

天井が高く、開放感いっぱいの店内。キャッチフレーズは「share the moment」

天井が高く、開放感いっぱいの店内。キャッチフレーズは「share the moment」


階段を登った2階がイートインスペースになっていて、買ったパンをここで食べられます。ちょうど真向かいでパンを焼いているので、とってもいい香りが漂うスペースですよ。

あの人気者に会えるかも…

画像提供:BAKE CULTURE(貝肯庄)

画像提供:BAKE CULTURE(貝肯庄)


ファンの方はすでにご存じと思いますが、台湾の人気アイドルグループ「F4」出身のヴァネスと、「飛輪海」出身のウーズン・ケルビンが出資していることでも話題のパン屋さん。2階のイートインコーナーには、ヴァネスが子どもたちと活動した写真とその時の作品が飾ってありましたよ。

ヴァネスは「蜂蜜羅宋」が大好きで弟さんがこちらに来る際には、いっぱい買ってきてというほど!何でも、商品開発の際には意見も色々出したほどなんだとか。
ケルビンは瑪格麗特と帕瑪森起司燻雞が大好きなんだそう。

3人ともよく来店されるみたいなので、運が良ければ人気者達に会えるかもしれませんよ~❤
画像提供:「BAKE CULTURE(貝肯庄) 画像提供:「BAKE CULTURE(貝肯庄)

画像提供:「BAKE CULTURE(貝肯庄)

彼らが好きなパンはこれら! 彼らが好きなパンはこれら! 彼らが好きなパンはこれら!

彼らが好きなパンはこれら!

飾られている絵も見てみてください 飾られている絵も見てみてください

飾られている絵も見てみてください


世界中の美味しい焼きたてパンがお手頃価格で味わえ、お土産までバッチリ買える「BAKE CULTURE」、みなさんもぜひ訪れてみてくださいね。

以上、台北ナビでした。
お店の前にパンの焼き上がり時間が書いてあります。午後2時ごろが一番パンの種類が多いそうです。 お店の前にパンの焼き上がり時間が書いてあります。午後2時ごろが一番パンの種類が多いそうです。

お店の前にパンの焼き上がり時間が書いてあります。午後2時ごろが一番パンの種類が多いそうです。

記事登録日:2016-02-17

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-02-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供