CookInn Taiwan 旅人料理教室

閉店・移転、情報の修正などの報告

小籠包もタピオカミルクティーも自分で作って楽しんじゃおう!台湾リピーターにもオススメ

こんにちは、台北ナビです。

今回ナビがやって来たのは、国父紀念館の近くにある台湾料理教室「CookInn Taiwan 旅人料理教室」です。2018年8月にオープンしたばかりのキレイでおしゃれな教室で、英語をメインに日本語にも対応してくれるインターナショナルなスポットです。

小籠包の名店「鼎泰豐」で、ガラス越しに見える職人さんの巧みな技を羨望の眼差しで見つめながら「いつか私も挑戦してみたい」と思っていたナビ……。その10年越しの願いを叶えるべく、小籠包や牛肉麺、タピオカミルクティーなどの4品を作る「粉モノコース」に参加してきました。それでは、予想以上の楽しさと充実ぶりであっという間に過ぎた3時間半のレッスン風景をレポートします。

MRT「国父紀念館」駅から徒歩3分

料理教室は正面に見えるペールオレンジの建物の2階

料理教室は正面に見えるペールオレンジの建物の2階

この看板が目印

この看板が目印

「CookInn Taiwan 旅人料理教室」は、MRT「国父紀念館」駅出口2から徒歩3分のところにあります。国父紀念館から徒歩1分、ショッピングエリアの東区や信義区からも余裕の徒歩圏内で、観光や買い物のついでにも立ち寄りやすい立地です。

世界各国のトラベラーが集う料理教室!日本語にも対応

設備が新しく、清潔感あり

設備が新しく、清潔感あり

大同電鍋の配色もグッドセンス♡

大同電鍋の配色もグッドセンス♡

1人参加の方もいらっしゃいました

1人参加の方もいらっしゃいました


台湾料理の教室と聞いて、なんとなく渋い中華風のインテリアを勝手に予想していたのですが、足を踏み入れるとおしゃれでポップなインテリア。出迎えてくれたスタッフがとってもフレンドリーなことも合間って、1人でも気軽に参加しやすい雰囲気です。

本日の参加メンバーはイギリス、インドネシア、香港、日本からやってきた4組6人。母国語がそれぞれ異なるので、基本は英語で会話が進んでいきます。「英語がわからない……」と今固まったあなた、大丈夫です。日本人が参加する場合は、日本語ができる先生がヘルプに入ってくれるので、その都度、翻訳してくれるんです! 英語、日本語、中国語が飛び交うインターナショナルな料理教室です。

「台湾の食文化を通じて、世界中の人々に台湾をもっと好きになってもらいたい」とこの教室を開いた創始者のChelseaさん。多言語対応に加え、レシピもレストランレベルの味が家に帰ってからも再現可能なように考えられていて、台湾の食文化がググッと親密さを帯びてくるプログラム内容になっています。
多言語に対応!

多言語に対応!

材料はスタッフが事前に準備。実習に集中できるプログラムになっています

材料はスタッフが事前に準備。実習に集中できるプログラムになっています

お家でも再現できる日本語のレシピ付き!

お家でも再現できる日本語のレシピ付き!

子連れにも優しい!

キッズスペースにはおままごとセットや絵本が置いてあって子どもも飽きずに楽しめます キッズスペースにはおままごとセットや絵本が置いてあって子どもも飽きずに楽しめます

キッズスペースにはおままごとセットや絵本が置いてあって子どもも飽きずに楽しめます

子どもが遊べるキッズスペースもあって、パパママにも配慮したイマドキの教室です。もちろん、パパママと一緒に料理教室に参加することも可能。子どもの気分に合わせて、キッズスペースで遊ぶのもよし、料理教室に参加するのもよしと小さな子供を抱える親にはとてもありがたい配慮です。

※12歳以下のお子さんが大人の付き添いで教室に参加する場合、1人目のお子さんは無料。2人目以降は1人800元の別途料金がかかります。詳しくは教室にお問い合わせください。

小籠包も作る「粉モノコース」を体験!市場散策からスタートです

「CookInn Taiwan 旅人料理教室」では、調理するメニューによって4コースを開講しています。そのなかからナビが今回体験したのは念願の小籠包も作れちゃう「粉モノ」体験クラス。伝統市場散策→小籠包、台湾牛肉麵、季節の野菜料理、タピオカミルクティー4品の調理実習→試食という流れで進んでいきます。
※開講日:火・木・土・日、時間:9:30~13:00(ランチタイム含)、受講料:1人2300元。(2019年2500元)
※他の3コースについては最後の段落で紹介しています。

まずは市場散策へレッツゴー!
台北101をバックに記念撮影

台北101をバックに記念撮影

続いて国父紀念館前でもパチリ

続いて国父紀念館前でもパチリ

人気の朝ごはん屋さんで突然のスナックタイム♪

人気の朝ごはん屋さんで突然のスナックタイム♪

光復市場にて。市場は台湾の食文化を体感できる最高の場! 光復市場にて。市場は台湾の食文化を体感できる最高の場! 光復市場にて。市場は台湾の食文化を体感できる最高の場!

光復市場にて。市場は台湾の食文化を体感できる最高の場!

「台湾のLV」と呼ばれる漁師網バッグを持って、料理教室の近くにある「光復市場」へ向かいます。市場に向かう途中に通る国父紀念館で記念撮影したり、地元民に人気の朝ごはん屋さんで『豆漿(ドウジャン)』と『蔥花大餅(ネギの入った中華風パン)』をみんなで頬張ったりと観光要素もたっぷりです。

続いて、50年の歴史がある市場の中へも潜入。この日は中秋節の直後だったこともあり、残念ながらお休みのお店が目立ちましたが、スタッフがこの日使う食材を購入したり、中華料理の調味料を説明してくれたりと、ローカル市場独特の雰囲気を堪能することができました。 (市場散策は50分ほど)

クッキングタイム!

本日のメイン講師Diana先生(右)と日本語担当のVivian先生

本日のメイン講師Diana先生(右)と日本語担当のVivian先生

大きなテーブルを囲んでクッキングスタート!

大きなテーブルを囲んでクッキングスタート!

先生が前で説明と実演を行い、参加者がそれを見ながらそれぞれのスペースで個々に料理する形で進んでいきます。一人一人のスペースが余裕を持って確保してあり、大テーブルでみんなとワイワイ楽しみながらも調理に集中できます。

それでは小籠包、台湾牛肉麵、季節の野菜料理、タピオカミルクティーの4品を約2時間で手際よく作っていきます。スタッフが下ごしらえや時間のかかる煮込み料理をやってくれるので、効率よし!ここでは料理別にご紹介していきますが、実際には4品の調理がテンポよく同時進行で進んでいきます。

小籠包

①皮作り
中力粉に塩、水の順で入れてざっくりとかき混ぜ、作業台に移してコネコネ。手と作業台、生地の3つがピカピカに輝く「三光」の状態を目指します。コシがあって、これがなかなかの力仕事!
計量済みの材料が各自に配られます

計量済みの材料が各自に配られます

「鼎泰豐」で使用している中力粉を使用

「鼎泰豐」で使用している中力粉を使用

塩と水を入れてクルクル

塩と水を入れてクルクル

皮作りって結構力を使う〜!

皮作りって結構力を使う〜!

途中、お隣さんと硬さなどを比べてみたり

途中、お隣さんと硬さなどを比べてみたり

赤ちゃんの肌ような滑らかな生地が理想。ラップに包んで冷蔵庫で30分ほど寝かします

赤ちゃんの肌ような滑らかな生地が理想。ラップに包んで冷蔵庫で30分ほど寝かします


重要ポイントは先生が個別に指導してくれるから分かりやすい!

重要ポイントは先生が個別に指導してくれるから分かりやすい!


②餡作り
豚ひき肉に塩やごま油などの調味料を加え、粘り気が出るまで箸でしっかりとかき混ぜたところで、「これは美味しい小籠包のトップシークレットよ」と言って先生が取り出したのはネギと生姜の入った白い布袋。水の中でモミモミして、その香りと味が移ったモノを餡に入れると、スペシャルな隠し味になるんだとか!これは後々使えそうなテクなのでしっかりメモメモ。

そして、小籠包の滴るスープを作るための鶏の煮こごりが登場。プルプルの煮こごりを細かく刻みながら「この煮こごりを皮の中でスープに変えちゃうなんてやっぱり小籠包ってすごい!」と思っていたら、あっという間に餡が出来ちゃいました。
餡の材料

餡の材料

材料を入れてしっかりと粘りが出るまで混ぜます。納豆の要領でやるといい感じ

材料を入れてしっかりと粘りが出るまで混ぜます。納豆の要領でやるといい感じ

美味しさの秘密は先生の持つ白い袋にあり!

美味しさの秘密は先生の持つ白い袋にあり!

ネギと生姜が水に溶け出していい香り〜!

ネギと生姜が水に溶け出していい香り〜!

煮こごりを細かくカット

煮こごりを細かくカット

これを混ぜたら餡の出来上がり。冷蔵庫でしばし寝かせます

これを混ぜたら餡の出来上がり。冷蔵庫でしばし寝かせます



③形成
ここからが小籠包作りのハイライト!10枚分の皮を作りましたが、3枚は練習で7枚が本番。なので最大3枚までは失敗しても大丈夫です。
生地を切り分けて直径9センチになるまで麺棒で丸く伸ばしていくのですが、これがなかなか難しい…。「中心が厚めになると食感がよくなります。端から中心に向かって麺棒を押し、戻してください」とアドバイスを受けてかんばります。

続いて、全部で25~26グラムになるように餡を載せ、包んでいきます。一番緊張する作業だけど、一番盛り上がる作業でもあり!初挑戦なのに、世界の「鼎泰豐」に張り合っていきなり18ヒダを目指したナビ。うううう…やはり志が高すぎたと反省しつつも、なんとかそれっぽく仕上げました。参加者全員、無口になって没頭したこの作業なのでした~。
伸ばして、伸ばして……弾力があるので意外にも破れたりしません

伸ばして、伸ばして……弾力があるので意外にも破れたりしません

必要な道具はすべて各自準備してあるので、ストレスフリー

必要な道具はすべて各自準備してあるので、ストレスフリー

中心厚めの皮に。なかなかいい感じ!

中心厚めの皮に。なかなかいい感じ!

完璧な口当たりと言われる18ヒダを目指します!

完璧な口当たりと言われる18ヒダを目指します!

ちょっと遠目に見るとイケてる!?

ちょっと遠目に見るとイケてる!?

作品と一緒に撮影してもらい…

作品と一緒に撮影してもらい…

大同電鍋で蒸し蒸し~

大同電鍋で蒸し蒸し~

出来上がりはスープが漏れてなくて大満足!

出来上がりはスープが漏れてなくて大満足!


本日のきゅうりは先ほどの市場でゲット

本日のきゅうりは先ほどの市場でゲット


季節の野菜料理

今回は先ほどの市場散策で買い付けたきゅうりを使って、台湾の小吃店でよく見かける「たたききゅうりの和え物」を作りました。きゅうりをカットして、調味料を合わせるという簡単な料理ですが、美味しいレシピが知れてラッキー!これなら家でも即再現できます。
タネをとると美味しさが増すのだとか!耳寄り情報ゲット

タネをとると美味しさが増すのだとか!耳寄り情報ゲット

唐辛子はタネをとると辛さがグッと押さえられるそう。唐辛子は彩りを鮮やかにしてくれるので、辛いのが苦手な人も取り入れたいテクニック

唐辛子はタネをとると辛さがグッと押さえられるそう。唐辛子は彩りを鮮やかにしてくれるので、辛いのが苦手な人も取り入れたいテクニック

にんにくやごま油、レモン汁などを入れてシェイクシェイク

にんにくやごま油、レモン汁などを入れてシェイクシェイク

Diana先生、ノリノリで楽しすぎ♪

Diana先生、ノリノリで楽しすぎ♪

みんなで盛り上がったシェイクシェイクタイムでした〜

みんなで盛り上がったシェイクシェイクタイムでした〜

水分がしっかり出ていい感じ。冷蔵庫で味をなじませて完成\

水分がしっかり出ていい感じ。冷蔵庫で味をなじませて完成\


ほぼスタッフのおかげで牛肉麺完成

ほぼスタッフのおかげで牛肉麺完成


牛肉麺

牛すねの煮込みなど時間のかかる作業はあらかじめスタッフが済ませてくれていて、参加者は中華スパイスを使った炒め部分を担当しました。花椒(ファージャオ)、八角、陳皮(みかんの皮)、シナモンと言った台湾ならではのスパイスに触れ、台湾料理の奥深さを実感~!牛肉麺の美味しさの秘訣はちゃっかり教えてもらい、そのほかの部分はスタッフが調理しているという「いいとこ取り」です。
牛すねの煮込みはスタッフの方が事前に準備

牛すねの煮込みはスタッフの方が事前に準備

台湾ならではのスパイスが牛肉麺の決め手

台湾ならではのスパイスが牛肉麺の決め手

オイルでスパイスを炒めると芳醇な香りが!

オイルでスパイスを炒めると芳醇な香りが!

スライスした牛肉と野菜、調味料を一緒に炒めて

スライスした牛肉と野菜、調味料を一緒に炒めて

これをスープへ戻してさらに煮込みます

これをスープへ戻してさらに煮込みます

参加者が調理する部分とスタッフが準備する部分がきっちり考えられていて無駄がない内容です

参加者が調理する部分とスタッフが準備する部分がきっちり考えられていて無駄がない内容です


出来たてホヤホヤ~♪

出来たてホヤホヤ~♪


タピオカミルクティー

台湾を代表するドリンク「珍珠奶茶(タピオカミルクティー)」も作っちゃいます。ここできちんと習った後に頂好や家樂福のスーパーマーケットで乾燥タピオカを購入して帰国すれば、日本でも出来たてホヤホヤのタピオカミルクティーが楽しめちゃいます。

そして、Diana先生がリードするシェイクシェイクタイムがまたまた楽しくて、一堂かなり盛り上がりました。盛り上げ方がとても上手くて、とにかく楽しかったクッキングタイム。パフォーマンスも言語もイケてるエンターテイナーに拍手~パチパチパチ。
乾燥タピオカが煮立てるとこんな風に

乾燥タピオカが煮立てるとこんな風に

シェイカーに紅茶と氷、牛乳を入れて思いっきりフリフリ!

シェイカーに紅茶と氷、牛乳を入れて思いっきりフリフリ!

こんもり泡で見た目も綺麗なタピオカミルクティーが完成

こんもり泡で見た目も綺麗なタピオカミルクティーが完成

美味しい台湾料理が完成!

最後はみんなで試食タイムです。先生の教え方とレシピがとてもよくて、初めてにしてはなかなか上手にできたなぁと大満足。外で食べるのと同じくらい美味しくてボリュームもたっぷりです。作って楽しい、食べて美味しいこの料理教室、「台湾料理はもう一通り食べてしまった」という台湾リピーターにもオススメのアクティビティです。

帰りにレッスンの写真付き日本語レシピをもらったので、次は家でも再現しようとウキウキ。また、レッスン中は手がふさがっていてシャッターチャンスを逃すこともあったのですが、先生がたくさん写真を撮ってくれていて、後ほど電子メールで送っていただきました。
念願の小籠包が作れて嬉しすぎ〜

念願の小籠包が作れて嬉しすぎ〜

その日のランチとして美味しくいただきました!

その日のランチとして美味しくいただきました!

記念写真付きのレシピもゲット

記念写真付きのレシピもゲット

他にもこんなコースがあります!

伝統台湾料理体験クラス

伝統台湾料理体験クラス

幸せ台湾菓子クラス

幸せ台湾菓子クラス

台湾の小籠包体験クラス

台湾の小籠包体験クラス

画像提供:CookInn Taiwan 旅人料理教室

伝統台湾料理体験クラス
伝統市場散策→からすみチャーハン、三杯鶏、五味中巻(イカの五味ソース)、木桶入り豆花の調理実習
開講日:水・金
時間:9:30~13:00(ランチタイム込)
受講料:2300元/人(2019年2500元)

幸せ台湾菓子クラス
パイナップルケーキ、冰心綠豆糕の調理実習と台湾茶デモンストレーション
開講日:火・木・土
時間:14:00~16:30
受講料:1800元/人

台湾の小籠包体験クラス
小籠包、季節の野菜料理、タピオカミルクティーの調理実習
開講日:木・金
時間:14:00~16:30
受講料:1950元/人

予約は公式ホームページ(日本語あり)からできます。皆さんもぜひ、台湾の食文化を作って食べて体験してみてくださいね。

以上、台北ナビでした。

記事登録日:2018-10-12

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2018-10-12

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供