家美飯店

ウェルカムホテルWelcome Hotel家美飯店

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

手ごろなプライスでゴージャスな気分を♪アメニティにはフランス製を使う気遣いや清潔感あふれる室内が人気

こんにちは、台北ナビです。
台北駅からタクシーで5分。MRT「善導寺」駅から歩いて3分という好立地条件に、外見は目立たないビルだけど、内部はゴージャス&リーズナブルなビジネスホテルがあるって知ってました?

ホテルは林森北路と市民大通の交差点南西にありますが、ちょうど目の前は大きな公園になっているため、都心でも非常に静かです。外から見るとこの建物は、日本の一般ビルのようで、入口には和風な観葉植物が飾られています。しかし、中に入ると、一転、豪華なシャンデリアが下がる欧風のフロントがお客様を待っています。黒の大理石カウンター、その後ろの壁には金色のタイルがあしらわれ、紫色のスーツをピシリと着こなしたフロントスタッフが、てきぱきと実務をこなしています。

ホテルの入口は、いたって普通なんです。ただ緑が多くあしらわれています。 ホテルの入口は、いたって普通なんです。ただ緑が多くあしらわれています。

ホテルの入口は、いたって普通なんです。ただ緑が多くあしらわれています。

おごそかな雰囲気のどっしりとしたフロント

おごそかな雰囲気のどっしりとしたフロント


いらっしゃいませ!とっても気さくなフロントスタッフ

土と植物の美



フロントは欧風ゴージャスですが、それとともに目につくのが、観葉植物や花、そして各客室フロアーに飾られる陶器とガラスの置物。
このホテルのオーナーは非常に芸術好きで、特に陶器はコレクションをしてらっしゃるんだとか。そして、そのコレクションの陶器に、「生きた」植物を添えることで、さらにフレッシュさとパワーをお客様にも与えたいと考えていらっしゃるそうですよ。このホテルではいたるところに生花がかざられていますが、ご存知ですか?生花を維持するのには、とても、手間暇とお金がかかるということを!こういうところからも、ホテルのきめ細かいサービスがうかがい知れます。

大きな生花が飾られています。

大きな生花が飾られています。

各部屋にかならずある、小さな生花。

各部屋にかならずある、小さな生花。

かわいらしい動物の陶器の置物がエレベーターの前に。

かわいらしい動物の陶器の置物がエレベーターの前に。

廊下に入ると、こうして陶器の芸術作品があなたをお出迎え。 廊下に入ると、こうして陶器の芸術作品があなたをお出迎え。

廊下に入ると、こうして陶器の芸術作品があなたをお出迎え。

アメニティ

まずは、お約束の水まわりチェック。家美の浴室は、すべて赤大理石でできていて、非常にはなやか。スタンダードシングルにはバスタブはありませんが、その他のお部屋にはすべてバスタブ完備。バスアメニティは小さな竹製のかごにしまわれ、丁寧な印象を受けました。フランス製のバスアメニティにプラス台湾では珍しくマウスウォッシュまで!



バスルームでは下着などを干すために、洗濯紐が固定されています。


 

お部屋のデザインは、どの客室もそう大差はありません。ふかふかのじゅうたんに、白やブラウンのシンプルでいて上品な家具が落ち着きを添えています。お部屋のところどころには、オーナーコレクションのガラス作品や陶器作品が飾られており、サイドテーブルには生花が。

壁にかけられているのも陶器

壁にかけられているのも陶器

ガラスのニューアートっぽい壺も

ガラスのニューアートっぽい壺も

大きな窓もこのホテルの特徴。目の前が広々とした空き地になっていて、また、空地は立ち入り禁止なので、夜になってもとても静か。のぞかれる心配もありません。翌朝はすがすがしい朝の光で目が覚めるでしょう。

セーフティボックスや靴べら、ブラシ、靴磨きタオル、など、ビジネスマン必携のものは当然完備。冷蔵庫の中にも、飲み物が準備されています セーフティボックスや靴べら、ブラシ、靴磨きタオル、など、ビジネスマン必携のものは当然完備。冷蔵庫の中にも、飲み物が準備されています セーフティボックスや靴べら、ブラシ、靴磨きタオル、など、ビジネスマン必携のものは当然完備。冷蔵庫の中にも、飲み物が準備されています

セーフティボックスや靴べら、ブラシ、靴磨きタオル、など、ビジネスマン必携のものは当然完備。冷蔵庫の中にも、飲み物が準備されています

←フラットテレビ全室完備。 ↑LANケーブルももちろんあります。

←フラットテレビ全室完備。 ↑LANケーブルももちろんあります。

コンセントもこんな感じ

コンセントもこんな感じ

カードで金庫管理をするタイプです

カードで金庫管理をするタイプです

一番リーズナブルなお部屋で、広々としています。このタイプのお部屋にはバスタブはありませんが、同じく赤い大理石の高級感ある浴室です。




■Superior Single(スーペリアシングル/精緻客房)

小さな机があるため、ちょっとした作業などができます。パソコンで夜も仕事が多いあなたは、この部屋をどうぞ。




Deluxe Single(デラックスシングル/豪華客房)

ホテルで一番大きなクローゼットと大きな鏡台が目立つお部屋。ビジネスデスクはちょっと小さめです。




Deluxe Twin(デラックスツイン/精緻雙人房)


シングルベットが2つのお部屋。
ちょっと狭い感じになってしまう感もありますが、ビジネスホテルでツインがあるホテルはとても少ないんですよ!




Dynasty Suite(ダイナスティスイート/家美套房)

このホテルのスイートルーム。広々としたベットルームと小さな玄関があるのが特徴。

ホテル設備

朝ごはんのレストラン 朝ごはんのレストラン

朝ごはんのレストラン

ホテル自体がこじんまりとしているので、プールやジムなどの大きな施設はありませんが、朝ごはんを食べるレストランや、ビジネスセンターは完備されていました。ビジネスセンターは、雑誌(中国語経済紙)やパソコンプリンターはもちろん、何より驚いたのは、スチームアイロンが置かれていること。確かに、仕事上パリッとしたシャツとピッチリと折り目のあるスーツを着るのが、ビジネスマンの最低マナー。また、ちょっと質の悪い洋服も、スチームアイロンをかけると、あっというまに上質に見えるものですから、皆さんなるべく使っちゃいましょう。ビジネスセンターは、フロントにあるわけでもなく、別個の独立した部屋となっています。静かにパソコンが使えるのはうれしいですね。

ビジネスセンター。各パソコンは区切られ、落ち着いて作業ができます。ちょっとリラックスできる空間です。 ビジネスセンター。各パソコンは区切られ、落ち着いて作業ができます。ちょっとリラックスできる空間です。 ビジネスセンター。各パソコンは区切られ、落ち着いて作業ができます。ちょっとリラックスできる空間です。

ビジネスセンター。各パソコンは区切られ、落ち着いて作業ができます。ちょっとリラックスできる空間です。





廊下側には窓が少ないため、ホテルは気を利かせて各フロアーの通路に空気清浄機を置いています。エレベーター降りて「ムム??変なにおい」なんてことはありませんよ!


付近の様子

ホテルのすぐわきを通る林森北路をさらに北に上ると、台湾一の日本人飲み屋街に行きつきます。きっとビジネスマンの出張者なら、毎晩の夕食はここで、っていう方も多いのでは。歩いて5分圏内にはMRTの駅やマクドナルドがあり。ホテルの朝ごはんではなくて、台湾風朝ごはんを楽しみたいというなら、阜杭豆漿も歩いてすぐです。ホテルの隣にある大鵬湾食堂はナビでも紹介済みです。
せっかくですからいろいろと歩いてみて、台湾らしさを満喫してください。台北ナビでした。

アクセス抜群
MRT「善導寺」出口1を出て、ちょうど反対側に向かってすぐのちょうどキリンのマークの建物がある交差点を左(北)に曲がります。次の交差点にガソリンスタンドがあり、そのスタンドの隣にホテルがあります。MRT「善導寺」出口1から所要時間3分と超近距離。

一番出口の裏側

一番出口の裏側

ここを左折

ここを左折

ガソリンスタンドの隣に…

ガソリンスタンドの隣に…

ホテルがあります

ホテルがあります

ホテルのすぐそばから台北駅が見えます。(タクシーで来る場合は5分ぐらい)

ホテルのすぐそばから台北駅が見えます。(タクシーで来る場合は5分ぐらい)

  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2008-10-14

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    tdaisay

  • photo

    tdaisay

  • photo

    heihei

  • photo

    heihei

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2002-12-27

スポット更新日:2014-03-04

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供