台南ライチータウホテル(台南來七桃旅店)

Lai Chi Te Hotel Tainan
※このページからお申込みいただいたホテルはお客様と弊社の提携先であるEAN(エクスペディア・アフェリイト・ネットワーク)との直接のご契約となります。必ず予約ページにある利用規約を熟読の上ご利用ください。

閉店・移転、情報の修正などの報告

赤崁楼から徒歩2分、市中心に位置する観光に便利なシンプル&清潔なホテルです


こんにちは、台北ナビです。
台南といえばの古跡や由緒ある建造物、そして台南が発祥といわれる台湾小吃を味わうのが台南観光の醍醐味ですよね。
今回ご紹介するホテルは、第一級古跡「赤崁楼」、「武廟」のとなり、しかも台南の有名小吃の80%が集中しているという西門園環エリアに位置する便利&クリーンなホテルです。

ホテルは路地裏にひっそり隠れています。



ホテルは駅からタクシーだと約8分、料金は90元前後です。徒歩だと15~20分ほど。重い荷物を持っていたり、夜遅い到着の場合はタクシーを利用された方がいいでしょう。
ホテルは大通りから路地裏に入った少々見つけにくい場所にあります。ホテルの路地に入るには3つの行き方がありますが、分かりやすいのは西門園環(園環:ロータリーの意味)沿い、西門路二段372巷の中華郵政(郵便局)の路地、もしくは「悦津鹹粥」の路地から。路地には車は入れないので、このどちらかの店舗前で下車してください。
3つ目の行き方は、成功路と新美街の交差点を左折、郡緯街を越えた一つ目の路地を入るルートです。距離的には一番近いので、駅から徒歩でこられる方はこのルートがおすすめです。これら3つの行き方、それぞれ路地には標識が出ていますのでお見逃しなく。
中華郵政(郵便局)の路地から 中華郵政(郵便局)の路地から

中華郵政(郵便局)の路地から

「悦津鹹粥」の路地から 「悦津鹹粥」の路地から

「悦津鹹粥」の路地から

成功路と新美街の交差点を左折、郡緯街を超えさらに直進、一つ目の路地から 成功路と新美街の交差点を左折、郡緯街を超えさらに直進、一つ目の路地から

成功路と新美街の交差点を左折、郡緯街を超えさらに直進、一つ目の路地から



ナビはこの日、駅からタクシーでホテルへ。
民族路を通って西門園環へ向かいます。ちょうど西門園環を右折したすぐのところ、道なりに中華郵政が見えたのでここで下車、その左横に細い路地がありました。頭上には「赤崁理髪店」、そして「来七桃旅店」の看板が。路地に入って約50メートルほどでホテルに到着です。
路地頭上の看板が目印、路地の壁にも標識が 路地頭上の看板が目印、路地の壁にも標識が

路地頭上の看板が目印、路地の壁にも標識が

西門路二段372巷の標識

西門路二段372巷の標識

細い路地を入ると…

細い路地を入ると…

ホテルがみえました

ホテルがみえました

古き良き時代を偲ばせる来七桃旅店




来七桃旅店の位置する西門園環エリアは、かつては「赤崁楼」、「祀典武廟」を基点に商業の中心地として台南で最も栄えた場所でした。今でも大通りから一歩路地裏に踏み込むと、当時の繁栄をしのばす古い建築物が数多く残されおり、台南の歴史の変遷を肌で感じることができます。
来七桃旅店は、その前身は台南の老舗ホテル「亞都大旅社」でした。当時の建物は老朽化が進み朽ち果てていましたが、現在の来七桃旅店のオーナーによって改築され、2012年に来七桃旅店として再び日の目を見ることとなったのです。
ホテルの名称「来七桃」とは台湾語の「ライチッタゥ」の発音を中国語漢字音に当てたもので、「遊びにおいで」という意味。名前の通り、「観光」というよりも、「遊びに行く」感覚で、気軽に台南を楽しみたい方に最適なホテルです。「シンプル・レトロ・エコ」をモットーにした来七桃旅店、さっそく館内をご紹介いたしましょう。

まずはフロントをご紹介



正面入り口を入るとすぐにフロント。
フロントには所々にレトロな置物がかざってあります。フロントのお姉さんはとてもフレンドリー。全体的にアットホームな雰囲気です。
昔の商人たちが使っていた算盤

昔の商人たちが使っていた算盤

ドーナツ盤レコードプレーヤーとスライド映写機。今でも立派に動きます。1960年代に生産されたものだそう

ドーナツ盤レコードプレーヤーとスライド映写機。今でも立派に動きます。1960年代に生産されたものだそう

ダイヤル式金庫の中には歯ブラシとカミソリが。エコのため必要な方はここから自分で取るようになっています ダイヤル式金庫の中には歯ブラシとカミソリが。エコのため必要な方はここから自分で取るようになっています

ダイヤル式金庫の中には歯ブラシとカミソリが。エコのため必要な方はここから自分で取るようになっています

客室紹介

客室は全部で35部屋。1階から6階までが客室です。

悠閒單人房:シングルルーム 9部屋
お部屋は広くありませんが、冷蔵庫、テレビ、ポット、タオル、使い捨てスリッパ、シャワー用品、ドライヤー、WIFIなど必要なものは全て揃っています。シャワールームはとても清潔で、シングルベッドは一般のより大きめの4インチ、質の高いベッドを採用しているので快適です。2人まで宿泊可(その場合別途追加料金がかかります)。
お部屋はシンプルにまとめてあります

お部屋はシンプルにまとめてあります

冷蔵庫もあります

冷蔵庫もあります

アメニティ・バスソープ・シャンプーは台湾ナチュラルコスメブランド「上山採薬」

アメニティ・バスソープ・シャンプーは台湾ナチュラルコスメブランド「上山採薬」

カップ、スリッパ、タオルなど、必要なものは全て揃っています カップ、スリッパ、タオルなど、必要なものは全て揃っています

カップ、スリッパ、タオルなど、必要なものは全て揃っています

バスタブはありませんが、とても清潔でぴかぴかしてます バスタブはありませんが、とても清潔でぴかぴかしてます

バスタブはありませんが、とても清潔でぴかぴかしてます

シンプルで清潔感あふれるお部屋です シンプルで清潔感あふれるお部屋です

シンプルで清潔感あふれるお部屋です


復古雙人房:ダブルベッドルーム 24部屋
こちらは2人部屋。インテリアはどのお部屋もシンプルな雰囲気に統一されています。
こちらは別の間取りのお部屋です。

溫馨家庭房:ファミリールーム 2部屋
一番大きい4人部屋です。こちらはフローリングが敷いてありますので、素足でゆっくりくつろげます。使い捨てスリッパもありますので必要な方はどうぞ。家族旅行にぴったりですね。

アットホームな雰囲気の公共スペース「七桃廳」

開放時間:10時~23時
7階にある「七桃廳」は、お客さんが自由に使用できる公共スペース。館内のエレベーターで6階まで上がり、さらに階段で7階へ上ります。ここには飲水機、テーブル、洗濯機、、ゲーム台などが置かれています。夜市で食べ物を持ち帰ってみんなでわいわい食べたり、ベランダでビールを片手に一服、あるいは洗濯をしながら待ち時間に他のお客さんと交流・・・なんてこともできますね。
また室内にはオーナーが集めた貴重な骨董品が展示されており、古きよきものを大切にする台南人の心意気が端々に見られます。ホテルに着いたらまず「七桃廳」に足を運んでみましょう。
昔台湾のラジオ局で使われていたテープレコーダーや歴史的文献資料、骨董品が展示されています。ゲーム台は現代のものです。 昔台湾のラジオ局で使われていたテープレコーダーや歴史的文献資料、骨董品が展示されています。ゲーム台は現代のものです。 昔台湾のラジオ局で使われていたテープレコーダーや歴史的文献資料、骨董品が展示されています。ゲーム台は現代のものです。

昔台湾のラジオ局で使われていたテープレコーダーや歴史的文献資料、骨董品が展示されています。ゲーム台は現代のものです。

モノクロ・カラー・セピア色の3種が選べるテレビ。台湾に5台しかないそうです。残念ながら映りません。

モノクロ・カラー・セピア色の3種が選べるテレビ。台湾に5台しかないそうです。残念ながら映りません。

懐かしのゲーム台。

懐かしのゲーム台。

ホワイトボードには訪れた人たちのメッセージがたくさん書かれていました。

ホワイトボードには訪れた人たちのメッセージがたくさん書かれていました。

先客はくまさん。癒されますね。

先客はくまさん。癒されますね。

洗濯機と乾燥機は室内に設置されています。洗剤はフロントでもらえます。

洗濯機と乾燥機は室内に設置されています。洗剤はフロントでもらえます。

チェックイン時に朝食を注文します

朝食メニューはフロントと各部屋にあります。

朝食メニューはフロントと各部屋にあります。



さてこのホテルは朝食付きです。チェックインの際、次の日の朝食を注文しておきましょう。朝食は洋式のサンドイッチか、台湾式のお粥のどちらかを選択。ここで気をつけたいのは洋式の場合、フロントのお姉さんが指定の時間にお部屋まで届けてくれますが、台湾式の場合は、すぐ近くの「悦津鹹粥」というお粥屋さんへ直接行くことになります。なのでお連れの方とどちらかにオーダーを統一した方がいいかもしれません。ちなみにナビは台南の有名四大お粥の店の一つである「悦津鹹粥」の台湾式朝食をおすすめします。ホテルから目と鼻の先、徒歩20秒のお隣さんです。



こちらは洋式朝食の一例。飲み物がつきます。



台湾式朝食の一例。写真はフロントのお姉さんおすすめの総合粥。

ホテル付近には有名な台湾小吃店が集結!

台南四大お粥店の一つ、「悦津鹹粥」。

台南四大お粥店の一つ、「悦津鹹粥」。


ホテルからすぐ近くの「赤崁樓」付近には、ホテルの朝食で食べれる「悦津鹹粥」のほか、担仔麵の「度小月」、屋台おすし屋さん「山根壽司」、「鎮傳四神湯」や「義豐阿川冬瓜茶」などなど、地元人御用達のグルメの店が集結しています。しかも何れもホテルから徒歩圏内にありますのでとても便利。荷物を置いたらフロントで地図をもらって、さっそく台南のうまいもの巡りにお出かけください!
以上、台北ナビでした。

記事登録日:2014-02-14

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2014-02-14

スポット更新日:2019-04-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供