ソロ シンガー ホテル

(旧 賓城旅社)Solo Singer Hotel
※このページからお申込みいただいたホテルはお客様と弊社の提携先であるEAN(エクスペディア・アフェリイト・ネットワーク)との直接のご契約となります。必ず予約ページにある利用規約を熟読の上ご利用ください。

閉店・移転、情報の修正などの報告

レトロな趣きあふれるNew Style Hotelで過ごすとっておきの休日、暮らすように旅しよう~!

こんにちは、台北ナビです。台北からわずか40分ほどの温泉地、新北投エリアにまたひとつステキなホテルがオープン。普通のホテルとはちょっと違ったスタイルの旅を提案する「Solo Singer Inn」に本日おじゃまして来ました!

北投?新北投?どっち?


「北投温泉」は別名「新北投温泉」とも呼ばれ、MRT「新北投」駅一帯に広がる温泉街を示しています。「Solo Singer Inn」はMRT「新北投」駅とMRT「北投」駅の中間地点に位置し、どちらからも徒歩7分ほど。MRT「新北投」駅へは支線乗り換えが必要ですが、MRT「北投」駅は台北駅から一直線、30分ほどで到着です。人気の観光スポット士林夜市や淡水へは15分ほどでOK!意外とアクセス便利です。

前身は小さな旅社


もともとこちらは「賓城旅社」という50年以上もの歴史ある旅館でした。かつては周辺には多くのホテル・旅館があったそうですが、時代の流れとともに、その多くは山に近い新北投方面へ。旧市街の旅館は忘れ去られ、いつしか姿を消して…。こちらもそんな運命をたどる予定でした。

が、そんな寂れた旅社を見つけたのがSolo Singer集団。「ある日、北投の古い民家が立ち並ぶ路地裏を歩いていると、そこにあったんです、時代を超えてもなおそこに佇む旅社が」そう話してくれたのは、本日案内して下さったSolo Singer集団のクリエイティブディレクターのIsisさん。
雰囲気あるフロント

雰囲気あるフロント

Solo Singer 集団って?

そうして、「賓城旅社」の再建に乗り出したSolo Singer 集団。そんな彼らってどんなグループなんでしょう? 旅行好き・台湾好き、のクリエイターたちが集まってできたグループで、それぞれホテル経営やデザイナー・作家・イベンター…などなど異なるバックグラウンドを持っています。それぞれの得意分野を活かし、台湾の古きよき伝統を守ろうと一致団結、「賓城旅社」のオーナーから経営権を譲り受け、昔の雰囲気を残しつつ、新たな風を送り込むといった形でリノベーションしました。そうして、寂れかけていた旅社は北投の街並みにすっかり溶け込むレトロでお洒落な空間に生まれ変わりました。

土地モノを大切に


Solo Singer集団は、ただ単に時代がかったノスタルジーを作り出すことが目的ではありません。

「初めて旅社を見つけた帰り道、旅社前の路地を楽しそうに歌いながら歩いてきた下校途中の女の子とすれ違ったんです。その瞬間、このエリアの生活価値に触れたというか…この旅社を新たに再建することの意味を感じたんです」と、Isisさんは話します。

北投という昔からそこに存在する街のよさを、この旅社を通じて世界各国の人々に伝えること、そんな空間を目指しているんです。
茶室の小窓からのぞくと見えるかつてこの辺りでよく採石された唭哩岸石 茶室の小窓からのぞくと見えるかつてこの辺りでよく採石された唭哩岸石

茶室の小窓からのぞくと見えるかつてこの辺りでよく採石された唭哩岸石

鏡はかつての旅社で使われていた窓枠をリサイクル

鏡はかつての旅社で使われていた窓枠をリサイクル

階段の転落防止に使われたのは以前窓に取り付けられていた防犯用の柵

階段の転落防止に使われたのは以前窓に取り付けられていた防犯用の柵

以前使われていた電話交換機も今やインテリアの一部に・・・

以前使われていた電話交換機も今やインテリアの一部に・・・

提供されるパイナップルケーキやコーヒー、朝食などは北投のショップから。北投の味を堪能してください~ 提供されるパイナップルケーキやコーヒー、朝食などは北投のショップから。北投の味を堪能してください~

提供されるパイナップルケーキやコーヒー、朝食などは北投のショップから。北投の味を堪能してください~

泊まる、だけではない「暮らし」があり!

だから、そんなクリエイティブな若者が集まったSolo Singerが手がけた空間は、単なるホテルに留まりません。客室はツイン・トリプルなど全部で10室。共同スペースとして、茶室・書斎・キッチンなどを設けてあります。まさに、こじんまりとしたホテルは、暮らすようにステイしたいそんな場所。温かな雰囲気も相まって、「ただいま~!」と帰りたくなるような空間です。
陽射しが注ぐ書斎で本を読んだり、まどろんだり・・・ココで朝食を食べてもOKだとか 陽射しが注ぐ書斎で本を読んだり、まどろんだり・・・ココで朝食を食べてもOKだとか 陽射しが注ぐ書斎で本を読んだり、まどろんだり・・・ココで朝食を食べてもOKだとか

陽射しが注ぐ書斎で本を読んだり、まどろんだり・・・ココで朝食を食べてもOKだとか

書斎から続くバルコニーからは北投の古い街並みが見下ろせます。奥には瞑想用?の不思議な個室空間もあり 書斎から続くバルコニーからは北投の古い街並みが見下ろせます。奥には瞑想用?の不思議な個室空間もあり

書斎から続くバルコニーからは北投の古い街並みが見下ろせます。奥には瞑想用?の不思議な個室空間もあり

キッチンにある食器やお鍋は自由に使ってよし!スナック・お茶類もココにあるので(客室にお茶パックはありませんがこちらからお持ちください)好きなだけどうぞ。冷蔵庫もこちらをご利用くださいね~ キッチンにある食器やお鍋は自由に使ってよし!スナック・お茶類もココにあるので(客室にお茶パックはありませんがこちらからお持ちください)好きなだけどうぞ。冷蔵庫もこちらをご利用くださいね~ キッチンにある食器やお鍋は自由に使ってよし!スナック・お茶類もココにあるので(客室にお茶パックはありませんがこちらからお持ちください)好きなだけどうぞ。冷蔵庫もこちらをご利用くださいね~

キッチンにある食器やお鍋は自由に使ってよし!スナック・お茶類もココにあるので(客室にお茶パックはありませんがこちらからお持ちください)好きなだけどうぞ。冷蔵庫もこちらをご利用くださいね~

入り口目の前はリビング。ココにいたら、別のゲストと必ずお知り合いになれちゃいそう♪ 入り口目の前はリビング。ココにいたら、別のゲストと必ずお知り合いになれちゃいそう♪

入り口目の前はリビング。ココにいたら、別のゲストと必ずお知り合いになれちゃいそう♪

お部屋拝見~!


共同スペースだけでなく、お部屋も凝っています。それぞれ異なるデザイナーが手がけているので、一部屋一部屋違った表情を持っていて泊まるごとに楽しい!ただ、ブッキングの関係上、部屋ナンバーを指定してのご予約は行なっていないとのこと。どの部屋に当たるかチェックインするまでのお楽しみ~♪


(部屋によりデザインが異なるためファシリティも若干異なりますが、だいたい以下の感じが標準装備です)
 普段にない時間の流れを感じてもらおうと、どの部屋にもテレビがない代わりに本が。本はゲストによって英語だったり日本語だったりするそうです  普段にない時間の流れを感じてもらおうと、どの部屋にもテレビがない代わりに本が。本はゲストによって英語だったり日本語だったりするそうです

 普段にない時間の流れを感じてもらおうと、どの部屋にもテレビがない代わりに本が。本はゲストによって英語だったり日本語だったりするそうです

ファシリティはシンプルに。ドレッサー兼デスク兼タナ?? ファシリティはシンプルに。ドレッサー兼デスク兼タナ??

ファシリティはシンプルに。ドレッサー兼デスク兼タナ??

ポットとカップ(お茶類はキッチンからとってネ)、スナック、ポストカード(1Fポストに入れてネ)あり ポットとカップ(お茶類はキッチンからとってネ)、スナック、ポストカード(1Fポストに入れてネ)あり

ポットとカップ(お茶類はキッチンからとってネ)、スナック、ポストカード(1Fポストに入れてネ)あり

懐かしい駄菓子

懐かしい駄菓子

電話はインテリア用

電話はインテリア用

クロゼットはなくハンガー

クロゼットはなくハンガー

バゲージラック

バゲージラック

どの部屋もバスルームはシンプルなシャワーのみ。温泉街にありながら、温泉がないのがちょっと残念・・・近くの温泉にでかけよう~! どの部屋もバスルームはシンプルなシャワーのみ。温泉街にありながら、温泉がないのがちょっと残念・・・近くの温泉にでかけよう~! どの部屋もバスルームはシンプルなシャワーのみ。温泉街にありながら、温泉がないのがちょっと残念・・・近くの温泉にでかけよう~!

どの部屋もバスルームはシンプルなシャワーのみ。温泉街にありながら、温泉がないのがちょっと残念・・・近くの温泉にでかけよう~!

アメニティはロクシタン♪ アメニティはロクシタン♪

アメニティはロクシタン♪

蛇口もレトロな雰囲気~

蛇口もレトロな雰囲気~

中はドライヤーです

中はドライヤーです

客室紹介

お部屋はそれぞれタイトルがついていて、その紹介文が室内にあるブックレットに書かれています。なんだかわくわくしちゃう!周辺は背の低い昔ながらの家屋が建ち並ぶエリアのため、3階建てだというこちらのホテルでさえノッポの部類に入ります。そのため、どの部屋からでも光と風が通る気持ちのよい造りなんだそう。
Double Room(ダブルルーム/雙人房・1雙床)画像参考:202号室(小白間) 11㎡


ライトは当時のものをそのまま使用。フローリング床も趣きがありマス!シンプルで落ち着く造り。本職は舞踊家さんによるデザインなのだとか。


Twin Room(ツインルーム/雙人房・2單床) 11㎡
仲良し姉妹のお部屋のようなかわいらしさ♪お友達とステイしたい!


Triple Room(トリプルルーム/三人房・1雙床+1單床) 
画像参考:201号室(参人房) 16㎡

2台のベッドは離れておいてあるので適度なプライベート感が。壁の小さなドアからは出てくる言葉がおもしろい!そんなお部屋をデザインしたのは詩人のお方。なるほど、言葉がデザインポイントになっているんですね~!


Triple Room(トリプルルーム/三人房・1雙床+1ふとん)画像参考:303号室(顕影之心) 16

ベッドと離れたところにあるたたみにふとんを敷いて。ベッドに寝ると広がるアートギャラリーがユニーク!作家さんによるデザインで、セレクトされている本にもこだわりが。

Twin Double Room(ツインダブルルーム/四人房・2雙床)
ベッド間もゆったりしているのが特徴的。

Japanese Style Room(ジャパニーズスタイルルーム/日式雙人房・2ふとん)9
たたみでなく板の間にふとんを敷くスタイルで。

Traditional Suite Room(トラディショナルスイートルーム/傳統套房・1雙床+2ふとん) 29
天井が高く、戸建てを思わせる雰囲気が贅沢!

Solo Singer Life!!!

また、「Solo Singer Inn」は「Solo Singer Life」という別の一面も持っていて、不定期ではありますが、イベントや講座なども行なっています。それらを通し、台湾文化を広く海外の人にも知ってもらおうというのが狙い。これからますます活発に活動していく予定というから、こちらも楽しみですね。
温泉にお出かけの際に貸し出される台湾バッグ!?を持つIsisさん 温泉にお出かけの際に貸し出される台湾バッグ!?を持つIsisさん

温泉にお出かけの際に貸し出される台湾バッグ!?を持つIsisさん

小さなホテルはその運営が心配されるところですが、こちらはきちんと登記もしてあり安心!

小さなホテルはその運営が心配されるところですが、こちらはきちんと登記もしてあり安心!

ホテルオリジナルのポストカードは無料でプレゼント!

ホテルオリジナルのポストカードは無料でプレゼント!

ゲストブックもアートな雰囲気! ゲストブックもアートな雰囲気!

ゲストブックもアートな雰囲気!

フロント前ではいろいろ販売もされています フロント前ではいろいろ販売もされています フロント前ではいろいろ販売もされています

フロント前ではいろいろ販売もされています

道に迷ったら「賓城旅社」の看板を目印に(今後「Solo Singer Inn」のロゴに変更予定もあり) 道に迷ったら「賓城旅社」の看板を目印に(今後「Solo Singer Inn」のロゴに変更予定もあり) 道に迷ったら「賓城旅社」の看板を目印に(今後「Solo Singer Inn」のロゴに変更予定もあり)

道に迷ったら「賓城旅社」の看板を目印に(今後「Solo Singer Inn」のロゴに変更予定もあり)



北投の街にス~っと溶け込んだレトロがお洒落な「Solo Singer Inn」で、アナタも北投人をきどってステイ、街を歩いてみませんか?暮らしの中にどっぷりと浸かれば、いつもと違った台湾に出会えるかもしれません。「Solo Singer Inn」はそんな旅をきっと約束してくれるはず!


以上、台北ナビでした。

記事登録日:2013-06-27

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2013-06-27

スポット更新日:2019-04-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供