ロイヤルパレスホテル(豪麗飯店)

ROYAL PALACE HOTEL豪麗飯店

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

東区の中心「忠孝復興」駅からすぐのグッドロケーション!ニュー&ゴージャスなビジネスホテルです


こんにちは、台北ナビです。
デパートや小さなおしゃれショップも建ち並びショッピングが楽しい & 
昼はカフェ、夜はバーで食事にも困らない & 
台湾の若者も集まり、とにかくにぎやかな場所と言えば…
東区です!

この辺りはあまりにも繁華街過ぎて、逆にホテルが少ないのがたまにキズだったのですが…ありましたよ!
今回ご紹介するのは、その名も「ロイヤルパレスホテル」です。

グッドロケーション

その東区の中心地とは、駅でいうとMRT「忠孝復興」駅。
そんな繁華街の中心にホテルなんてあったかな!?と思ったのですが、大通りから一本だけ入ったところにありました。何回もこの辺りには訪れていましたが、どうりで気付かないはずです。駅からは約7分の距離。ホテルからは…徒歩1分でレストラン、3分でパブやバー、5分でSOGO、9分で敦南誠品書店などなど…どこへでも気軽に訪れることができるグッドロケーションが自慢です。
また、一度見たら印象に残るホテルでもあります。それは、とても新しく、ゴージャスだから!ヨーロピアンの宮殿といったテイストで、入口にはキラキラに光る金も多用され、訪れるだけで豪華な気分にさせてくれます。「ロイヤルパレスホテル」は以前からこの場所で営業していましたが、2010年4月に全面改装オープンを果たし、イメージを一新したのだそう。
早速中へ入ってみましょう

早速中へ入ってみましょう

中はもっとゴージャス


入ってまず目を惹くのは、大きく美しい生け花。
よくよく見てみると、その台の下にはシルバーの豹がいました。そして今度は上に目を向けると金の背景に孔雀が描かれた豪華な絵が飾られています。右側にはソファが置かれ、コーヒーやお茶を飲むことができます。いつでも利用できるので、待ち合わせやちょっとした接待をするのにも便利。新聞もあり、日本語の新聞は産経新聞と読売新聞の2種類が。日本語の旅行ガイドブックなども用意されていました。
イタリア製の食器などが飾られていました

イタリア製の食器などが飾られていました

さらにその奥がチェックインフロント。ゆっくり落ち着いて手続きができるようイスに腰掛けることができます。これなら気兼ねなく旅の相談などもできそうです。スタッフさんは日本語も問題ないということですので安心ですね。もちろん日本円への両替や空港送迎の手配も可能です。

■備品・アメニティ情報

カードキーには日本語の案内もあります

カードキーには日本語の案内もあります


お部屋のグレードにより差はありますが、ウェルカムフルーツは全部屋に用意されています。
必要なものは充分なほど揃っていますので、客室内ではなに不自由なく過ごすことができますよ。ネットはフリーです。毎朝の新聞サービスなどもあり、ビジネス利用も多いというのが納得できます。
全部屋にウェルカムフルーツとミネラルウォーターのサービスが

全部屋にウェルカムフルーツとミネラルウォーターのサービスが

ベッド脇のボタンでいろいろ調整できます 

ベッド脇のボタンでいろいろ調整できます 

ドライヤー

ドライヤー

シャンプーとボディソープ

シャンプーとボディソープ

どの部屋も洗い場とバスタブが分かれているので使いやすい

どの部屋も洗い場とバスタブが分かれているので使いやすい

毎朝新聞を届けてくれます(日本語・中国語・英語の希望を伝えましょう)

毎朝新聞を届けてくれます(日本語・中国語・英語の希望を伝えましょう)

■客室情報


金のエレベーターに乗ってお部屋へ案内してもらいました。部屋は全部で70部屋。日本人の利用も多く、全体の約60%を占めます。旅行客だけでなく、ビジネス客も目立つそうです。
エレベーター、中もキラキラなんです

エレベーター、中もキラキラなんです

通路には優雅な音楽が流れています

通路には優雅な音楽が流れています


■Standard Room(スタンダードルーム/標準客房)
明るいイメージ。ダブルベッドが1台のコンパクトなお部屋。ナビは1人で泊まるならこれで充分だと思いました。浴室はバスタブはなくシャワーだけです。

■Superior Room(スーペリアルーム/精緻客房)
さきほどのスタンダードルームより少しゆったりとしています。雰囲気も変わって赤を基調とし落ち着いています。このタイプのお部屋は全部で17室あります。

■Deluxe Room(デラックスルーム/豪華客房)
窓際に足が伸ばせる一人掛けソファがあり、ここで景色を眺めながらお茶を飲んだらいい気分でしょう。こちらのお部屋には女の子の憧れ!?ネコ足バスタブがありました!一度は入ってみたいものです。

■Standard Twin Room(スタンダードツインルーム/標準雙人客房)
ソファや絨毯がかわいらしいので、女子2人組旅行に人気が出そうなお部屋だな、と思いました。広さも適度で使い勝手がよさそうです。


■Deluxe Twin Room(デラックスツインルーム/豪華雙人客房)
上品な雰囲気でゆったりとくつろげそうです。母娘旅やご夫婦での利用に最適なのでは…

■Triple Room(トリプルルーム/ダブルベッド1台とシングル1台/3人客房)
3名まで利用できるトリプルルームです。3名利用の場合、ダブルベッドに2名寝るようになるので、ファミリー利用にはいいかもしれません。

■Royal Suite Room(ロイヤルスイート/豪麗套房)

こちらのお部屋はベッドルームのほかにリビングが付いています。
輸入もののソファ柄がモダン。窓際にはゆったりとしたライティングデスクが置かれています。スイートなので備品やアメニティもほか部屋と一線を隔しています。
テレビが大きく、音響もPhilips製の最新もの。グラス、カップはバカラなどの高級品です。冷蔵庫の中のものはすべてフリー。バスアメニティはロクシタンです。
ネコ足バスタブでした

ネコ足バスタブでした

バスローブもあります

バスローブもあります

グラスやカップも上質のものを

グラスやカップも上質のものを

そのほか施設

レストラン「紗舞縭SHABURI」
和洋中勢揃い

和洋中勢揃い

ホテルの1階部分には和食レストランが併設されており、朝食は有料でここで食べることができるのです。朝食時間は7:00~10:00。一般の方も利用可能なことから、地元の人にも人気だそう。ほかにも台北市内に5店舗の支店があるお店です。お店のデザインは日本人のデザイナーが手掛けたのだとか…朝ごはんが和食、ナビにとってはうれしいです。しかもかなり本格的!
キッチンカウンターがあって、日本で学んだシェフが料理を担当。朝なのに握りたてのお寿司などが出てくるんですよ!握り寿司だけでなく巻き物も。台湾のお寿司はシャリがいまいち…だと個人的に思うのですが、ここのは日本人にも合格点のお味でした。ほかには焼き魚や茶碗蒸しもありました。やっぱり中華がイイ!という方もご安心を。餃子・シュウマイなどの蒸し物系やおかゆ、麺などが豊富にあります。洋食は新鮮サラダやその場で作ってくれる卵料理(たまご炒め・目玉焼き・オムレツ・フレンチトースト)もありますので、和洋中を思う存分全部食べ尽くしちゃいましょう!

ジム
9Fにはルームカードキーで24時間利用可能なジムがあります。テレビも完備で、水・タオルも用意されています。
ビジネスセンター・会議室
こちらも24時間利用可能です。パソコンが5台あり、プリンターの利用も無料です。また、すごくいいサービスだと思ったのが、ホテルがノートパソコンの貸し出しもしていること!部屋での利用も無料なんですって。これはビジネス客だけでなくともありがたいですよね。
ビジネスセンター隣には会議室が。緑の庭付きの会議室なんて贅沢です…

繁華街とはいえ、ローカルショッピングも楽しめ、「頂好Wellcome」スーパーが忠孝東路の向かい側にあり、なんと24時間オープン!利用しない手はありませんよ。
日本人リピーターも多いというこちらのホテル。立地の良さだけでなく、何度も利用したくなるような魅力あるホテルなんですね。ぜひ、その魅力を実感してみてください。
以上、台北ナビでした。

記事更新日:2010-09-06

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2002-08-05

スポット更新日:2014-04-21

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供