台北楽客商旅

Look Hotel Taipei台北樂客商旅

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

MRT駅から徒歩3分、台北駅からも徒歩圏内と好立地なのに、環境はとても静か。2010年秋にオープンしたスタイリッシュなホテル!

こんにちは、台北ナビです。今回は、MRT「台大醫院」駅から歩いてすぐの「台北樂客商旅」をご紹介します。交通の要・台北駅にも近いので、市内の移動だけでなく、ちょっと遠くへ…というときにも便利。観光はもちろん、ビジネスのお客様にもおすすめです。

抜群の立地条件

MRT「台大醫院」駅から徒歩約3分と、とても便利な「台北樂客商」。4番出口から二二八公園を北に抜け歩道に出たら左折、そのまま直進したところにこちらのホテルはあります。独立したビルではないため若干探しづらくいので、進行方向左側に注目して歩きましょう。突き当たりの手前で、「台北樂客商」の看板とホテルのフロントが見えてきますよ。台北駅からでも十分徒歩圏内です。

ホテルから北へ歩けば、三越デパートや様々なショップが建ち並ぶ賑やかなエリアにたどり着きます。庶民的な食堂からカフェ、ファーストフード店も多数あり、食事には事欠きません。コンビニも徒歩1分圏内に2軒ありますので、どうぞご安心ください。

また、ホテルの東側には、台北市民の憩いの場・二二八紀念公園があります。そのためか、ホテル周辺は落ち着いた雰囲気。
少し早起きした朝は、ぜひ公園に足を運んでみましょう。公園をゆっくり散歩しながら南国の植物を観察したり、太極拳に勤しむお年寄りたちを眺めたり。大都会・台北の少し違った一面が垣間見られるかもしれません。

お部屋の紹介

こちらのホテルは、以前別の用途で使用されていたビルを改装の上、2010年10月末にオープンしました。ナビが訪ねたときは1階のフロント部分が未完成ではありましたが、フロントの方が明るく出迎えてくれました(2010年12月に完工予定)。リフォームしたて!ということだけあって、ホテル内はどこもピカピカ、清潔。目下、香港やマレーシアなどのお客様が中心だそうで、日本の方は一部とのこと。でも、日本人対策にぬかりはありません。ホテルスタッフは全員基本的な日本語会話ができますので、ご安心ください。

ホテル全体が茶色を基調としたデザインで、落ち着いた大人の雰囲気。廊下、室内ともに額絵が飾ってある他は特別な装飾はされておらず、至ってシンプルな内装です。防音もしっかりしていて、街中のホテルなのにとても静かに保たれているのがうれしいところ。ここなら、観光やビジネスに疲れた身体をゆっくり休ませることができそうです。

ホテルは1階部分がフロントで、3階から12階が客室フロアです。客室総数は98で、お部屋の種類は全部で5タイプ準備されています。

お部屋は全室カードキーです。ドアノブ上のセンサーにカードをかざし、ロックを解きましょう。なんだか、ハイテクな感じ。

アメニティは全タイプ共通です。シャンプーリンス、歯ブラシはもちろん、デンタルフロスからボディローションまで何でも揃っています。

全室共通のアメニティ

全室共通のアメニティ

シャンプー・ボディソープはシャワーの隣に

シャンプー・ボディソープはシャワーの隣に

また、ミネラルウォーター、お茶、コーヒー、ポット、冷蔵庫、セーフティーボックスと、必要なものは準備されています。また、全室でインターネットが利用でき(有線のみ。ランケーブル借用の場合は100元のデポジットが必要)、NHKを含めたケーブルチャンネルも視聴できます。

お水は各部屋2本ずつ、冷蔵庫の中にあります

お水は各部屋2本ずつ、冷蔵庫の中にあります

コーヒーとお茶もサービス

コーヒーとお茶もサービス

ロゴ入りのタオル

ロゴ入りのタオル

荷物置きも完備

荷物置きも完備

備え付けのドライヤー

備え付けのドライヤー

ロゴ入りのマグカップ

ロゴ入りのマグカップ

すべてのお部屋でトイレとシャワーブースが別々に設置されています。

すべてのお部屋でトイレとシャワーブースが別々に設置されています。

クローゼット

クローゼット

今回は、標準套房(Double Room)、菁英套房(Twin Room)、豪華套房(Deluxe Double Room)、尊爵套房(Deluxe Twin Room)の4タイプをご紹介します。


こちらは段差がなく、お部屋自体も少し広めです

こちらは段差がなく、お部屋自体も少し広めです

Standard Double Room(スタンダードダブルルーム/標準套房)
こちらは一番スタンダードなお部屋ですが、高級感は十分です。同じタイプでも部屋のサイズが異なることがありますが、いずれも十分な広さ。バスタブはなく、シャワーブースだけのお部屋ですが、洗面台は広々としています。

フロアとバスルームの間に段差があるお部屋

フロアとバスルームの間に段差があるお部屋

ゆったりとした洗面台

ゆったりとした洗面台

デスク周りはすっきりとしています

デスク周りはすっきりとしています

足が伸ばせるソファです

足が伸ばせるソファです


Prestige Twin Room(プレステージツインルーム/菁英套房)
ツインタイプのスタンダードルームです。先ほどのダブルルームと設備や広さは基本的に一緒ですが、こちらのお部屋は洗面台が独立しています。よりおしゃれ感が増しますね。

このお部屋には窓がありますが、開けることはできません。ルームナンバーの下一桁が奇数の場合は窓あり、偶数は窓なしのお部屋です。また、元々ホテルではなかった建物を改築しているため、同じスタンダードタイプのお部屋でも広さが異なることがあります。チェックイン時に、一度確認されることをおすすめします。


Deluxe Double Room(デラックスダブルルーム/豪華套房) 
こちらはお部屋のサイズがより広くなり、バスタブも装備されています。そして、特筆すべきは、洗面台が2台あること!朝の準備に時間がかかり、旅の友から顰蹙を買い続けてきたナビ的には、画期的すぎるこの設備。ありがとう、「台北樂客商旅」。

扉付きのバスルーム

扉付きのバスルーム

バスタブ(シャワーブースは遠いところにあります)

バスタブ(シャワーブースは遠いところにあります)

洗面台1(シャワーブース側)

洗面台1(シャワーブース側)

バスルームに設置されたクローゼット

バスルームに設置されたクローゼット

洗面台2(バスタブ側)

洗面台2(バスタブ側)

エキストラベッドにも変化するソファベッドです

エキストラベッドにも変化するソファベッドです


Grand Twin Room(グランドツインルーム/尊爵套房) 
こちらは、ツインのデラックスルームです。お部屋の広さも十分で、洗面台が2台とバスタブがしっかり備え付けられています。

明るく、広々としたバスルーム

明るく、広々としたバスルーム

シャワーとバスタブが同じブース内にあります

シャワーとバスタブが同じブース内にあります

サービス―ランドリーサービスを無料でご提供!

先ほど洗面台2台に感激していたナビでしたが、またもやすばらしい設備を発見してしまいました。それは、こちらの洗濯機と乾燥機。セルフ式ランドリーサービスなのですが、なんと無料で使用できます(しかも、洗剤もサービス!)。旅行に行くたびに靴下や下着を地道に手洗いし、タオルでポンポン叩いているナビにとって、この機器たちはまさに救世主。持ってくる荷物が少なくて済みますし、洗濯物が乾くかどうかを心配する必要もありません!また、アイロンセットの貸し出しもありますので、必要な際はフロントにご連絡ください。

ランドリールーム(12階エレベーターホールの右手) ランドリールーム(12階エレベーターホールの右手)

ランドリールーム(12階エレベーターホールの右手)

朝食と休憩場所

朝食はホテル3階のレストランで取ります。モーニングビュッフェは、中華料理と洋食があります。
レストラン内はとても広々として、明るい雰囲気。こんなレストランで朝食を取った日は、よいことが起こりそうです。

また、こちらのレストランでは終日、コーヒーとお茶の無料提供と無線LANのサービスを行っています。お泊りのお客様だけでなくお連れの方にもご利用頂けますので、待ち合わせ場所に、またお仕事にも最適の場ではないでしょうか。

ナビのおすすめポイント

全体的に、清潔でシンプル、そしてスタイリッシュなホテルであるという印象を受けました。立地の割りにはとても静かな環境が保たれ、お部屋の広さも十分。MRTへのアクセスの良さはもちろん、台北駅や空港行きのバスターミナルまで徒歩圏内ですので、長距離の移動をお考えの方や早朝に帰国される方などには特におすすめです。

以上、台北ナビでした。

記事登録日:2010-12-22

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    トミーさん

  • photo

    トミーさん

  • photo

    osiba0714

  • photo

    drybox

  • photo

    drybox

  • photo

    drybox

  • photo

    drybox

  • photo

    drybox

  • photo

    yukiree

  • photo

    yukiree

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-12-22

スポット更新日:2014-03-20

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

エリアを歩こう~龍山寺~

エリアを歩こう~龍山寺~

古い街並みの中に残る台湾のよさ、庶民の生活がむき出しになっている伝統的な市場がおもしろい!