閉店・移転、情報の修正などの報告

やっぱり美味しい元祖「擔仔麵」!老舗でほっこり懐かしい台南料理をいただきます

こんにちは、台北ナビです。

美味しいモノが溢れる台湾。旅行中、限られた日程と胃袋の中で何をチョイスしようか……とあれこれ悩みますよね。

今回は数ある美食レストランから、台南料理の老舗「度小月」をご紹介します。久しぶりに永康店を訪れたら名物の「擔仔麵」は安定の美味しさ健在、そしてリニューアルして店内の雰囲気がググ~ンと素敵になっていました。

台南名物「擔仔麵」はこうして生まれた!

おしぼりに「擔仔」と呼ばれる天秤棒のイラスト発見!

おしぼりに「擔仔」と呼ばれる天秤棒のイラスト発見!

「度小月」の誕生は、今から100年以上前の1895年にまでさかのぼります。中国福建省の漳州から台南へ移り住み、漁師をしていた洪芋頭さん。台南海域の夏場は台風が多く、その時期は漁業のみで生計を立てるのはとても厳しかったそうです。そこで漳州に住んでいた頃に作り方を覚えた麺を使ってこの時期を乗り切れないものか……と考え始めます。

エビで出汁をとり、豚肉を炒め……試行錯誤を重ねた結果、独特の風味あるおいしい麺が完成。これを『閑散期(中国語:小月)を乗り越える(中国語:度)』という意味の屋号「度小月擔仔麵」で売り始め、その味わいがいつしか大人気に!ということで漁師を辞めて、こちらを本業にしたのだそう。台湾らしいサクセスストリーにほっこりしちゃいます。
ちなみに、「擔仔」と呼ばれる天秤棒を担ぎ、この麺を売り歩いたことからこの麺を「擔仔麵」と呼ぶようになったのだとか。いまや台南名物としてすっかり定着し、街中の小吃店でよく見かける定番メニューです。

グルメもショッピングも楽しめる好立地な「永康店」

レトロモダンにリニューアル!

レトロモダンにリニューアル!

「度小月」は現在、台湾5店舗、中国26店舗、そして香港やマカオにも店を構えてビッグスケールに成長しています。その中で、今回紹介している「永康店」は観光スポット永康街のメインストリートにあって超好立地。お食事ついでにMITのお土産を買ったり、マンゴーかき氷を楽しんだりもできちゃいます。

そして、外観は昔とほぼ変わっていないのですが、中へ入ってみるといつの間にかリフォームして素敵になってる!特に2階は明るく広々~、そして木材をふんだんに使った台湾らしいデザインでゆったりとくつろげます。
1階は22席。こちらはほどんどが2人掛けのテーブル

1階は22席。こちらはほどんどが2人掛けのテーブル

2階は72席で広々〜!大人数だって大丈夫 2階は72席で広々〜!大人数だって大丈夫

2階は72席で広々〜!大人数だって大丈夫

すりガラスやモザイク細工など台湾らしいデザインも散りばめて♡ すりガラスやモザイク細工など台湾らしいデザインも散りばめて♡ すりガラスやモザイク細工など台湾らしいデザインも散りばめて♡

すりガラスやモザイク細工など台湾らしいデザインも散りばめて♡

「擔仔麵」を食べなきゃはじまらない!

擔仔麵50元

擔仔麵50元

この店の名物であり、台湾を代表する麺料理である「擔仔麵(タンツー麺)」。台南にある古蹟と108軒の伝統グルメ店を描いた小ぶりのお椀に、麺と特製肉そぼろ、エビが丁寧に盛り付けされています。スープの周りに連なるお店がとってもいい感じです♪

お店オススメの食べ方に従い、まずは肉そぼろをお箸で混ぜ混ぜ。香りを楽しんでからスープを一口飲んで、いただきます!インドネシアボルネオ島のマングローブエビの頭でとった出汁に、こってり系の肉そぼろが合わさって旨味たっぷり~。これがモチっとした細い油麺によく絡み、箸が進みます。やや甘めの昔懐かしい味わいなのですが「五賢酢」という酢が入っているので後味すっきりで、『100年以上も台湾で愛される麺だけある』という納得の美味しさです。小ぶりなので『もっと食べたい~』と思わせるところがまたまた憎い!
肉燥が入った真っ黒い鍋!タレを継ぎ足して使用されてきた鍋肌には肉のゼラチン質が高く積まれ、その歴史を感じることができます

肉燥が入った真っ黒い鍋!タレを継ぎ足して使用されてきた鍋肌には肉のゼラチン質が高く積まれ、その歴史を感じることができます

米粉(ビーフン)バージョンもあります

米粉(ビーフン)バージョンもあります

パクチーやニンニクが不要の場合はオーダー時に伝えると抜いてもらえますよ

パクチーやニンニクが不要の場合はオーダー時に伝えると抜いてもらえますよ

素敵なお碗は台南のお店でも使われていますよ~!

素敵なお碗は台南のお店でも使われていますよ~!

食べ終わったら台南にはどんな名店があるのかしげしげ観察……

食べ終わったら台南にはどんな名店があるのかしげしげ観察……

これもオススメ!

阮維忠店長のオススメをご紹介〜!

阮維忠店長のオススメをご紹介〜!

ここに来たら「擔仔麵」はマストオーダーとして、お次は「度小月」の人気トップ10を中心に阮維忠店長のオススメを紹介してもらいました。これもチェックチェックチェック〜♪

見た目通りのサクサク感

見た目通りのサクサク感

黃金蝦捲/200元

台南名物の台湾式揚げエビ巻き。中身はエビと特製肉そぼろで、これを豚の内臓を包んでいる網状の脂肪「アミアブラ」で包んで揚げています。衣がサックサクで、エビの甘みと豚肉のジューシーさが口の中にいっぱい!衣のサクサク感がポイントなので、出てきたらすぐに食べてくださいね。そのまま食べてもしっかりと味がついていますが、お好みでわさび入りのとろみ醤油をつけて召し上がれ。

台湾の小さい牡蠣もなかなかイケる!

台湾の小さい牡蠣もなかなかイケる!

安平蚵仔酥/220元

台南と言えば、牡蠣も有名です。こちらでは台南市安平から毎日直送する新鮮な牡蠣のサクサク揚げがいただけます。日本の牡蠣に比べてかなり小ぶりですが、牡蠣の味はしっかりあります。外は薄い衣でサクサク、中は甘みたっぷりのとろける食感でこれはビールにあう~!

これは思わず「ビールください」と店員さんに言っちゃう……

これは思わず「ビールください」と店員さんに言っちゃう……

百哩三杯雞/320元

台湾式居酒屋で必ず頼んじゃう「三杯」シリーズ。生姜と台湾バジルがアクセントになった濃い目の味付けで、老舗らしく安定した美味しさです。ほかではあまり見かけないエリンギが入っていて、ヘルシー&歯ごたえありで気に入りました。

シャキシャキ感がたまらない!

シャキシャキ感がたまらない!

XO醬炒水蓮/280元

永康店限定のメニュー。高雄市美濃の特産である水蓮を、特製の手作りXO醬で炒めた一品。厳選した新鮮素材を使っているので、シャキシャキッとした水蓮独特の食感が際立っています。XO醬と唐辛子、ニンニクで、ピリリッとした辛さの中に旨味あり。

北部店舗のみの販売

北部店舗のみの販売

杏仁豆腐/60元

マンゴーかき氷にタピオカドリンク、豆花……と種類豊富で魅惑的な台湾デザート。豪華なメンツに囲まれてちょっと影を潜めていますが、杏仁豆腐もとっても美味しいんです。
ここの杏仁豆腐はシロップを垂らして、レモンスライスとクコの実をトッピング。プルンプルン&なめらか食感で、シロップの甘さとレモンの爽やかさが絶妙に混じり合います。さっぱり系デザートを食後にどうぞ。

お一人様やサク飯にも使える、やっぱり美味しい定番レストラン!

さすが老舗店、安定感のある美味しい料理揃いで、「やっぱり外さないレストラン」と今回改めて確信しました。名物の「擔仔麵」は50元というお手軽さで、お一人様やサク飯にもかなり使えると思います。「何を食べようか……?」と迷ったら、お味も値段も立地もグッドな「度小月」の永康店へぜひ!

以上、台北ナビでした。

記事更新日:2019-12-06

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    ジンズ

  • photo

    ジンズ

  • photo

    ジンズ

  • photo

    ジンズ

  • photo

    popomar

  • photo

    popomar

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2019-12-06

スポット更新日:2015-02-04

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

支店情報

地図で見る

度小月(台南本店)

度小月(台南本店)

台湾小吃の最もスタンダード「擔仔麵」の超老舗店!台南では絶対ココに行かなきゃ!

関連記事

遠百信義A13

遠百信義A13

信義エリアに誕生!「大稻埕」を再現したフォトジェニックな街並みが圧巻で、大充実のグルメも見逃せない!!

料理研究家オガワチエコ・おうちで本格台湾料理『第二回目・擔仔麵(担仔麺)』

料理研究家オガワチエコ・おうちで本格台湾料理『第二回目・擔仔麵(担仔麺)』

干しエビの香り漂う『擔仔麵(ダンザイミェン)』をご家庭で!

度小月(台南本店)

度小月(台南本店)

台湾小吃の最もスタンダード「擔仔麵」の超老舗店!台南では絶対ココに行かなきゃ!